鼻毛の白髪って実はあって当たり前!?意外に知らない白髪の世界と気になる対策法は?

鼻毛の白髪って実はあって当たり前!?意外に知らない白髪の世界と気になる対策法は?

「これって異常なの!?」

伸びてきたから…そんな理由でピンっと抜いた”鼻毛”を見たら、白髪が混じっていた…。

これ、実際にあなたの身に起きたら結構ショックですよね。

髪の毛に白髪があるのはわかるけど、意外なところから”老け”を感じるのはやっぱり嫌なもの。できることなら避けて通りたい道だと思うじゃないですか。

でも実は鼻毛の白髪って20代から生え始めることがあるもので、特段気にすることでもなかったって知ってました?

今回はそんな皆さんが意外だと思う、鼻毛の白髪についていろいろとお話していこうと思います。

そもそも鼻毛の白髪は生えて当たり前だった!?

そもそも鼻毛の白髪は生えて当たり前だった!?

冒頭でもお話しましたが、そもそも鼻毛の白髪って気づきにくいだけで、案外生え始めていることが多いもの!

言ってしまえば「抜いた鼻毛が白かった」なんて話って、実は良くある話なんです!

…なんて言っても、やっぱりいきなり鼻から白髪が出現するとショックですし、なぜ生えるようになったか気になるトコロ。

そこでまずは”白髪”にスポットライトを当て、体に何が起こり始めているのか見てみましょう。

白髪が生える仕組みはどこの場所も一緒

そもそも、私たちの体毛って毛根で作られた直後はメラニン色素が含まれていないため、基本的には真っ白。

そして毛根の一番先にある毛乳頭が毛細血管から栄養を摂り込み、毛母細胞へ供給する際にメラニン色素が作られ、取り込むことで体毛に色が付いているんです…って言っても難しすぎますよね?

簡単に言うと、髪を作る部分に何らかの原因が引き金となり、メラニン色素が作られなくなることで、白い毛のまま伸びてしまうってワケです。

言ってしまえば、毛がある部位は全部白髪になる可能性を秘めているんですよ。

白髪は鼻から生え始めるって知ってた?

しかもこの毛が白いまま(白髪が)伸びちゃう場所って、

“鼻毛⇒髪⇒ヒゲ⇒体毛⇒眉毛”

基本的にはこのような順番で白髪に変わっていきます。

つまり、鼻毛の白髪ってどこの場所よりも先にこっそりと生え始めている物なんです。

そのため、例えば「髪に白髪は1本もない!けど鼻毛を見たら白髪がピョコンとあった!」

こんな人も案外多かったりします。

周りの同年代も鼻毛に白髪がある。

そう考えると、ちょっと鼻毛の白髪に対する不安・不信感が和らぎませんか?

鼻毛が白髪になる一番の原因はみんながやりがちな○○だった

鼻毛が白髪になる一番の原因はみんながやりがちな○○だった

ただ、いくら鼻毛の白髪は生えてて当たり前だと言っても、『なんで生えるか』気になる方は多いはず。

出来ることならやっぱり白髪の無い状態が好ましいわけですし…。

そこでここからは、そんな鼻毛の白髪が生える原因をまとめてみました。

”抜いて処理する”ことで鼻毛の白髪は増えやすくなる!?

鼻毛を抜く人のイメージ

「えっマジで!?」

なんて声が聞こえてきそうですが、20代なのに鼻毛に白髪が出来始める人って、ほとんどの方が鼻毛を”抜いて処理”してきた人。

確かに鼻毛を抜くって爽快です。

ちょっと前だと、ブラジリアンワックスやGOSSOと言った商品を使い、まとめて抜く人も多くいました。

(かくいう私も白髪が伸びたら抜く派の一人でしたし…)

でも、実はこの”鼻毛を抜く”行為って、鼻の中の粘膜が痛んで炎症や化膿の原因に繋がりやすいですし、メラニン色素を作る場所(色素細胞)が痛み、結果として鼻毛が白髪になりやすくなってしまうんですよね。

そう考えると、20代という若さでも鼻毛の白髪ってできちゃうって言う話も分かるのではないでしょうか。

白髪が生えてしまう仕組みから探ると○○が引き金になることが多い?

ほかにも白髪が生える仕組みから鼻毛に白髪が生える理由を探ってみると、様々なきっかけから起きる『血行不良』がトリガーとなって白髪が生え始める人は多いです。

というのも、血液ってただ体全体に酸素だけではなく、栄養を届けている体の中の配達員。

そんな大事な血液が流れる血管の状態が悪くなって、血流がドロドロになったりキュッと縮んだりしたら…?

当然色素細胞に充分な栄養が届け難くなり、白髪が増え始めてしまうことは目に見えてわかりますはず。

そして、そんな血行不良は以下の原因で起きることが多いんですよ。

食生活の乱れ

食生活が乱れている人のイメージ

私たちの毛の色を作るメラニン色素は食べたモノの栄養から作られています。

特にチロシンを作るアミノ酸やミネラル、ビタミンなどが足りなくなると白髪が増えるようになってしまうんですよね。

もっと言うと毎日深酒してしまうのも、血行不良に繋がってしまう原因となってしまいます。

睡眠不足

睡眠不足のイメージ

寝不足は血の巡りが悪くなるし、寝る時間が不規則だと成長ホルモンの分泌が妨げられて健康な毛、つまり黒髪になることはありません。

それに疲れも溜まりやすくなり、毎日元気に過ごすことができなくなってしまうというように、まさに負の連鎖が続いてしまいます。

ストレス

ストレスのイメージ

メラニン色素を作るメラノサイト(色素細胞)は神経系の細胞で、例えるならガラスハートの細胞です。

そのため、例えば上司からの叱咤や陰湿ないじめ等というような、ストレスが溜まりがちな生活を送っていると、メラノサイトが正常に働かなくなり、メラニン色素が作られなくなり、結果として白髪が増える原因とつながってしまいます。

運動不足

運動不足のイメージ

私たちの筋肉は言ってしまえば血液を体中に送るポンプのような役割を担っているため、毎日座りっぱなしな状態でいると、血の巡りが滞ってしまいます。

その結果満足に栄養が運ばれなくなり、白髪増加に繋がってしまうんですよ。

 

こうして見てみると、皆さんが何気なく過ごしている日常の中にも白髪の原因って潜んでいることがわかりますね。

喫煙者は要注意!?タバコの煙が鼻毛白髪の原因に?

喫煙者のイメージ

また、喫煙者って非喫煙者と比べて4倍白髪になりやすいのも事実。

というのもタバコに含まれるニコチンって血管を収縮させる作用があるんですよね。

その上ニコチンって体にとっては有害物質の為、退治しようと大量のビタミンを消費してしまいます。

つまり、血管収縮×ビタミン不足のダブルパンチで白髪が生えやすくなるってワケです。

加えてタバコの煙は鼻も通過して体外に排出されるため、結果的に鼻毛も伸びやすくなって白髪が目立ちやすくなります。

もちろん加齢や遺伝といった原因も考えられます

加齢・遺伝のイメージ

ちなみにここまで触れてなかったんですが、遺伝や加齢と言った避けられない原因もあるんですが、実は白髪って直接体に害を与えることがないため、まだ研究段階なんですよね。

そう考えると実際のところは、両親の白髪になりやすい食生活や生活習慣を一緒にやっていることが白髪になりやすくなる。

このような因果関係があると考えておいた方がいいかもしれませんね。

鼻毛の白髪を作らない・増やさないために今できることって何がある?

鼻毛の白髪を作らない・増やさないために今できることって何がある?

さて、鼻毛にできる白髪の原因をお話してきましたが、ここだけの話意外と自分でなんとかできそうって何となく思った方も多いはず。

とは言え、具体的にどうすればいいのかのイメージ出来ていない方も多いと思うので、改めて鼻毛の白髪の対策について考えてみましょう。

一番はやっぱり毎日の生活の見直しから

まずはやっぱり生活習慣の見直しをすること。

白髪の原因は食生活の乱れや睡眠・運動不足、ストレスの溜めすぎというように、意外と自分自身の生活が引き金となっていることが多いです。

そのため、例えば食事を海藻類や魚介類をメインとした和食に切り替えることを心掛けつつ、週1回以上思いっきり体を動かしてぐっすり眠る、お酒を飲みすぎないようにするといった簡単なことからはじめて見るのが良いと思いますよ。

もちろん、喫煙しているのであればきっぱりやめろとは言いませんが、本数を減らすところから始めてみてください。

今ある鼻毛の白髪は「抜かずに切る」ように!

【画像】鼻毛カッターのイメージ

そして先ほども言いましたが、鼻毛の白髪は”抜く”ことから負の歯車が回り始めています。

加えて実際に鼻毛を抜き続けると、鼻毛の白髪が出始める年齢が早まることは事例としても多いです。

頭髪にある白髪は抜かずに切らないと思います。

それと同じように鼻毛も伸びてきたら、切ることを心掛けてくださいね。

病気の可能性もちょっと考えておいて!

ただ、それでも鼻毛の白髪が改善されなかった、遺伝や加齢も考えられないといった場合は病気が原因かもしれません。

中でも特に白髪がどうしても増えてしまう病気は以下。

フォークト・小柳・原田病

20~40代の女性に多い病気。
メラニン色素の細胞を異物と誤認し、防衛反応を起こす病気で網膜剥離に繋がることも。

甲状腺疾患

首の前部・のどぼとけのすぐ下あたりにある甲状腺の機能が低下して起きる病気で、甲状腺ホルモンの分泌が低下するとホルモンバランスが乱れ、結果鼻毛の白髪に繋がってしまいます。

尋常性白斑

皮膚の色素を作る部位の機能が損失する皮膚疾患の一つ。

色素が作られないので肌が斑点のように白くなり、その部分の毛は全て白髪となってしまうので、もしかしたら…と思ったら皮膚科に相談するようにしましょう。

 

こうして見てもらうとわかるように基本的に重大な病気の場合が多く、白髪に気づく前に何らかの症状が起きている可能性が高いです。

そのため、まずは生活習慣の見直しをし、このような病気にならないように心がけておけばまず問題はないと思いますよ。

まとめ

鼻毛に白髪…

初めて見た時はかなりショックを受けると思いますが、案外みんな似たような経験をしていますし、気づかないだけで鼻毛の白髪が隠れていることも多いです。

だからこそ、日々の生活を見直すところからまずはじめつつ、鼻毛の白髪は抜かずに切るトコロから始めていきましょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です