えっそれでいいの?絶対にかゆみが出ない白髪染めは超簡単に見つけられる!

えっそれでいいの?絶対にかゆみが出ない白髪染めは超簡単に見つけられる!

かといって、白髪染めしないで過ごすのも白髪が目立って面倒だし…そんな方に一言、はっきり言います!

実はかゆみを気にする人ほど、逆に染める頻度を増やした方がいいんです!

イヤイヤイヤ、何言ってんの!?絶対ヤバいじゃん!

なんて思った方は多いはず。

そこで今回は、そのワケについてお話していこうと思います。

白髪染めしてるけどフケが出て困る!なんて人も、是非参考にしていってくださいね。

白髪染めでかゆみが出るなら頻繁に白髪染めした方がいい!

白髪染めでかゆみが出るなら頻繁に白髪染めした方がいい!

こう言われて、「ウソでしょ?」ってびっくりした方は多いはず。

普通に考えて白髪を染めて痒い思いをしているのに「もっと染めた方が良い」なんて、まるでもっと痒くなった方が良いって言われているみたいですよね。

でも実はかゆみが出る原因を見ていけば、そう断言できるわけも自然と見えてくるんです。

だからこそまずは簡単に、その理由を確認していきましょう!

かゆくなるのは成分もだけど○○が一番の原因!

そもそも頭皮がかゆくなる原因って何だと思いますか?

おそらく、「よく聞くジアミンやパラベンのせい?」と思う人が多いはず。

確かに、成分的に見ればこのようなものは刺激が強いのでかゆくなる可能性は高いですし、人によってはアレルギー症状が現れて赤くなることも多いです。

しかし実は成分以上に、染める際に起きる化学反応こそがかゆみが起きるヤバい原因だったんです!

と言うのも、白髪染めはジアミンやパラベンと言った成分同士が結合して、キューティクル(髪を守るバリア)を無理矢理開き、髪の中まで染めていきます。

この化学反応が髪を傷ませる原因になるので、髪の毛に近い頭皮もダメージを負ってかゆくなると言うこと。

つまり、成分だけが原因ってわけではなく、かゆみの原因はむしろ染める方法にあるということなんです!

かゆみゼロ!頻繁に使える白髪染めは『染めない』!?

そう考えると、刺激の強い成分が少なくて染める方法も今までと違う白髪染めって、一体どういうものになるの?と思いますよね。

実はかゆくなる原因って、そもそも「髪の中まで染めようとする」刺激の強い成分がたくさん使われているのが一番の原因なんですよ。

もっと分かりやすく言うと、白髪を『染めよう』とするから痒みがひどくなるってこと。

だったら白髪を『染めず』に『隠せば』いいんです。

要は、白髪染めって白髪をなくすために行うことだから、『染めること』にそこまでこだわらなくても、目立たないぐらい『隠せれば』いいと思いませんか?

こう考えると、染めなくても白髪が目立たなくなるのであれば、『白髪染め』としては問題ないわけですし。

これこそが本当の意味での、かゆみが起きない白髪染めのキーポイントになるって言えると思いませんか?

かゆみゼロ!頻繁に使うこれからの白髪染めはどこを見て選べば良い?

かゆみゼロ!頻繁に使うこれからの白髪染めはどこを見て選べば良い?

という事は、これから白髪染めを使う時は今まで通りのものが使えなくなると言う事になるので、どういうものを選べば良いのか難しいですよね。

そんなこれからの白髪染めの選び方を知りたい人のために、最低限ここだけは注目しよう!というポイントを3つ集めてみました。

刺激の低い成分が使われているかどうか

先ほどまでの話で、白髪染めには刺激の強いジアミンやパラベンと言った成分が使われているというのはわかったと思います。

つまり、その話を踏まえたうえで痒くならないためには、ジアミンやパラベンといった成分が配合されていない、無添加で皮膚に使っても問題ないものが配合されているものを選べば、痒みを極力抑えられることになるという事になると思いませんか?

頭皮・髪を保湿・保護してくれる成分が含まれているか

それから頭皮が乾燥しやすいとかゆみの原因になりフケが出やすくなるので、髪だけではなく頭皮も保護してくれる成分が含まれているものを選ぶと、もっとかゆみを抑えられます。

特に潤い成分…例えばトリートメント効果が高いもの等が含まれていると、みずみずしい頭皮と髪を保つことが出来るので、髪はツヤツヤになりますし頭皮のかゆみ・フケも抑えられるんです!

放置時間が短くてしっかり染まるかどうか

また、頭皮に染料が触れる時間が長いとその分染まりがよくてもかぶれが起きて痒みの元になるので、染め置きの時間は短く、且つしっかり染まるものを選ぶと良いんですよ。

よく放置時間が短いと染まりが悪いなんて言う人もいますが、染め方さえきちんとすれば短い時間でもしっかり染まるものが多いので、放置時間は短くてもきちんと染められることが出来ちゃいます。

染めてる間も染めた後もかゆくならない白髪染めはこれ

染めてる間も染めた後もかゆくならない白髪染めはこれ

そして3つの条件を満たしている白髪染めの中でも特におすすめなのが、トリートメントタイプの白髪染め!

まず、トリートメントタイプの良いところは、刺激の強いジアミンやパラベンなどの成分が配合されていないところです。

この刺激の強い成分が配合されていないことによって髪・頭皮に与えるダメージが減り、さらにカラートリートメントは髪をコーティングして染める方法なので、化学反応を起こさずに白髪を隠すことも可能。

つまり、先ほど話した痒くなる原因を回避出来る白髪染めということになるんですよ!

しかもトリートメント効果が強いので、髪と頭皮をしっかり保護してくれちゃいます。

そんな中でも特におすすめの白髪染めが利尻ヘアカラートリートメント。

利尻ヘアカラー商品画像

利尻ヘアカラーは髪の表面をコーティングして染めるだけではなく、キューティクルの隙間にも染料を入れて染め上げてきます。

実は髪の毛って染めたことがなくても、寝ている間に枕や寝具に擦れるだけで傷むため、髪の毛をいじってなくてもキューティクルは開いている事が多いんですよ。

そんな元々開いていたキューティクルの隙間に染料を入れるため、染まりがとても良く染め時間も短く済む白髪染めなんです。

利尻ヘアカラー全4色で染めた画像

実際に画像を見ればわかると思いますが、白髪100%の毛束がはっきり染まっていますね。

でも正直、画像を見るだけじゃなかなか信用できないと思います。

そこで、利尻ヘアカラーで染めたことがある人達の口コミをいくつかまとめたので、使ってみた人はどの様に感じたのかチェックしてみましょう!

p=4775_口コミ1 p=4775_口コミ2 p=4775_口コミ3

実際に使ってみた人達はかなり染まり具合も実感しており、特に色持ちも良いと言っている人が多く見られました。

利尻ヘアカラー全4色色持ち

また、痒みを感じないという人も多く、利尻ヘアカラーは一度でも白髪染めで痒い思いをした人こそ、使うと効果を実感できますよ!

超絶ヤバい!こういう商品は頻繁に使用しないで!

超絶ヤバい!こういう商品は頻繁に使用しないで!

さて、ここまで痒みの原因、痒みが起きずに使える白髪染めを紹介してきましたが、では逆に確実にかゆみが起きる白髪染めって何なのか、気になりませんか?

痒みが起きない白髪染めを知るのも大事ですが、もっと痒みを遠ざけたい人はかゆみが起きる白髪染めも知っておいた方がお得ですよ!

この商品は絶対避けて!確実に痒くなる白髪染め

特に、ヘアカラーと同じ化学反応を起こして染めるものは確実にかゆみが発生するので、このようなものは使わないように気を付けた方が安全。

ヘアカラー・オハグロ商品画像

あまり知っている人は少ないと思いますが、オハグロ式の白髪染めはヘアカラーと同じ化学反応によって染めるので、痒みが起きる可能性が高く注意が必要になりますよ!

実は危険?安全なものでも痒くなることもある

その他、実はかゆみが起きることが少ないヘアマニキュアも、タール系色素と言う塗装工事などに使われるものを使用しているため、かぶれが起きてかゆみが発生することも!

また、安全性が高いと言われているヘナも植物を中心に使っているので、植物でかぶれたことがある人やアレルギー持ちの人は確実にかゆみが発生してしまうんです。

ヘアマニキュア・ヘナ商品画像

いくら安全性が高いと言われている白髪染めでも、かゆみが起こる可能性は十分にあり得るので、使わないように気をつけましょう。

まとめ

白髪染めを使うとかゆみが出る人は、意外と沢山います。

特にヘアカラータイプの白髪染めは染め方によりかゆみが発症するので、極力使わないようにするのが安全です。

そんな中でも利尻ヘアカラーはかゆみが起きることもほとんどなく、染まり具合も文句なしの仕上がりになるので、今まで痒みに悩まされていた!と思う人ほど、ぜひ使って欲しい白髪染めになりますね!

今日からあなたも、利尻ヘアカラーで痒み知らずの白髪染めを体験してみましょう!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です