眉毛の白髪は今や”老い”が原因じゃない!?白髪染め?抜く?切る?納得できる対処法、教えます!

顔の印象の8割を決める超重要なパーツである眉毛

カタチがちょっと崩れるだけでもめちゃめちゃ印象が変わる、そんな場所にいきなり白髪が生え始めた

それも全部白髪になるわけじゃなく片方だけだったりまばらだったり。

明らかに年齢以上に見られると思うから、そのままにしておきたくはないけど、

  • 抜くと増えるかも!
  • 危険だから染めるのはちょっと…

そう思ってどう対処していけばいいか悩んでしまっている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな悩みを抱えている人に向けて、周りの人がやっている無難な眉毛の白髪対策について、お話していこうと思います。

周りから「急に老けたんじゃない?」なんて言われてしまった、という人も是非参考にしていってくださいね。

眉毛の白髪って何が原因?実は若い人ほど生えやすいって知ってた?

今や眉毛の白髪は若い人ほど気になりやすくなっている?

そもそも頭髪の白髪は『年だしな…』なんて思うことができますが、思ってもいなかった眉毛に白髪が生え始めると、なんで生えてきたのか気になってしまう方も多いと思います。

そこでまずはサクッとこの疑問を解決していきましょう。

基本的にどこの部分も白髪が生える原因は一緒

結論から言うと、眉毛の白髪も頭髪の白髪も基本的な原因は一緒。

そのため、

  • 加齢(老化)
  • 食生活・生活習慣の乱れ
  • ストレス

大きく分けるとこの3つが原因となり、眉毛の白髪が増えてしまいます。

眉毛の白髪は『スマホの見過ぎ』が今や一番の原因!?

スマホを見る機会が多くなっている人のイメージ

ただ、眉毛の白髪は上記であげた原因の中でも生活習慣、特にスマホなどの見過ぎによる眼精疲労・血行不良が原因で白髪が増えることが多いです。

最近はスマホ病という言葉ができるほど、LINEにYouTube、SNSにスマホアプリなどなど…何かとスマホに触れる時間が増えてきています。

もっと言うと、仕事でもパソコンを使用する場面は増えてきている為、長時間目を酷使することが当たり前になってきているんですよね。

そう考えると今や眉毛の白髪って、10代だろうが40代だろうが関係なく生える可能性が高くなってきていると言えるんですよ。

抜く?切る?染めちゃう?眉毛の白髪はどう対処するのが一番かズバリ教えます!

抜く?切る?染める?眉毛の白髪の対処法について考えてみよう!

そしてここからが本題。

眉毛の白髪の対処法と言うと抜く・切る(剃る)・染めるといった対処法を考えることができますがバレずに納得できる仕上がりになるか気になるはず。

いったい何が一番効率的で効果的なのか、一緒に考えてみましょう。

眉毛の白髪を”抜く”。実はコレ、一番やっちゃいけない方法だった!?

眉毛を抜く人のイメージ

まず何よりも覚えておいて欲しいのが、抜くことは一番ダメってこと!

これは抜くと白髪が増えるから~なんてことを言いたいわけではありません。

眉毛を抜いてしまうと生え変わりの周期が乱れたり細胞が傷ついたりして、二度とその場所に眉毛が生えず、形が悪くなることがあります。

その上、周辺の皮膚が引っ張られてまぶたのたるみや繭ニキビと言った肌トラブルにつながることも…。

つまり、眉毛の白髪を抜いてしまうと、余計に『老け感』を与えるスパイスになるだけってわけです。

そのため、白髪があるから毛抜きでピンッ!と抜くのは絶対にしないようにしましょう。

眉毛の白髪を”切る”のも根本的な解決には至っていない

眉毛を切る人のイメージ

また、”切る”ことも根本的な解決には至らないことも覚えておいてください。

確かに眉毛の白髪を”切る”ことは、抜いてしまうことよりも安全です。

しかし、間違って健康な黒い眉毛もまとめて切ってしまいやすく、結果眉毛のバランス崩れて印象が悪くなってしまうことに繋がりかねません。

冒頭でもお話しましたが、眉毛の顔の印象をガラッと変える大切なパーツ。

だからこそ、悪印象よりも好印象を与えたい、そう思うのであれば切る・剃るといった対策は避けておいた方がいいと言えるでしょう。

怖いけど確実?眉毛の白髪はやっぱり『染めちゃう』のが一番手っ取り早い!

眉毛を染める人のイメージ

そうなってくると、消去法になってしまいましたが眉毛の白髪は『染める』のが無難と言うことができますね。

気になった時に頭髪の白髪と一緒に使って目立たなくさせることができますし、髪色と併せてよりおしゃれ感を出して好印象を与えることも可能です。

眉毛を染める人は意外と多い人のイメージ_Twitter①
眉毛を染める人は意外と多い人のイメージ_Twitter②

もっと言うと、意外に周りの人も眉毛の白髪を染めて目立たなくしている人は多いのも事実。

そう考えると意外にも『染める』ことって定番な方法とも言えるのではないでしょうか。

なぜ危険?眉毛の白髪染めの認識の違いから生まれる恐怖感

なぜ危険?眉毛の白髪染めすることって実は認識を間違っているだけだった!?

ただ、いくら「染めるのが一番手っ取り早い方法だ」と言っても、やっぱり危険なイメージは付きまとってしまうはず。

そのため、眉毛に白髪染めって本当に大丈夫?なんだか危険そうだけど…なんて思った方も多いと思います。

確かに眉毛は目にかなり近く、目に入ると失明する可能性は捨てきれないし目の周りの肌は他の場所と比べて薄いため、かぶれる可能性も高いです。

しかし、実はこのようにマイナスに捉えてしまうのは、『頭髪と眉毛の白髪を一緒に考えてしまっていること』にあるんですよ。

眉毛の白髪染めが危険な一番の原因は使われている薬剤が強力すぎるから

そもそも白髪染めと言うと、皆さんが連想するのは下のようなヘアカラー剤のはず。

一般的にイメージする『白髪染め』商品はカラー剤が多い。

確かにこれらの白髪染め商品ってお手頃価格で売られていますし、まんべんなく白髪を目立たなくさせることができます。

しかしその反面、髪の中まで薬剤を浸透させるためにジアミンやパラベン、過酸化水素と言った成分がこれでもかってくらい使われていますよね?

早い話、そんな危険な薬剤が目に入ったら大変な目にあいますよってことです。

そのうえ、眉毛の下のまぶたは皮膚が薄い場所ってことも考えると、眉毛をヘアカラー剤で染めるってかなり抵抗感がありませんか?

だからこそ、険な薬剤や添加物が入っていない事、ここは大前提と考える必要があるんですよね。

なんだか10歳老けて見える!?そう思わせる『染める』方法も

眉毛の白髪対策として販売されている白髪染め商品

そこで注目されるのが、最近では上のような『ヘアマスカラ』なんて商品。

ドラッグストア等でも見かけるし、日常的にお化粧をしている女性ならなおさらお手軽に使えそう、そう感じて手を伸ばす人は多いと思います。

でも、実際は一時的に隠すだけで眉毛の白髪と永遠にサヨナラ…というわけではありませんし、もっと言うと雨などで簡単に落ちてしまうんですよ。

眉毛の白髪を安全に染めたい…注目したい3つの条件

このように、眉毛の白髪対策は頭髪の白髪対策と違って染めることもなく、すぐ落ちない白髪染めを見つけることが大切になってきます。

要は白髪染めがある程度限定されているってわけですね。

そして、そんな白髪染めを見極めるために抑えておいて欲しいのが、以下の3つのポイントになります。

※先ほど触れた危険な薬剤が入っているかどうかは当たり前のことなので割愛します。

液だれしにくいかどうか

何度も言いますが、眉毛は顔の印象を決める大事なパーツ。

裏を返せば、そんな眉毛辺りに染料などが色残りしてしまうと、殴られた後のような痛々しい状態になりかねませんし印象もかなり悪くなってしまいます。

そのため、なるべく染料が液だれせず、肌についてもすぐに落とせるかどうかは見ておくようにしましょうね。

染める時間が短くてもある程度染まってくれる

いくら液だれしにくい白髪染めを選んでも、放置時間が長ければどうしても液だれする可能性が高くなりますし、最悪眉毛の下にある目に入る危険性も高くなってしまいます。

だからこそ放置時間はなるべく短く、何度も使うこと徐々に白髪が目立たなくなっていく商品を選ぶようことが大切ですよ。

眉毛を補修・保湿してくれるかどうか

ちょっと意外と感じるかもしれませんが、ここも大事なポイントの一つ。

眉毛の白髪は先ほどスマホなどの見過ぎによる眼精疲労も原因だと言いましたが、他にも紫外線と言った直接的なダメージも要因になることが多いです。

つまり、私たちの毛は思っている以上に傷みやすいってワケです。

そのため、髪を補修するように眉毛も補修し、ダメージを軽減させてあげることも大切になってくるんですよ。

眉毛の白髪でもう悩まない!使いたい白髪染めはコレだった!

眉毛の白髪でもう悩まない!今後使っていきたい白髪染めってこういう商品!

そして上記の条件のすべてを満たしているのが白髪用のカラートリートメント!。

先ほど紹介した危険な薬剤は基本的に使われていませんし、濡れた状態で眉毛に塗布すればすぐに落とすこともでき、商品の中には液だれしにくいものも多いです。

加えて、毎日5分~10分程度の放置時間で徐々に目立たなくなるため、自然な仕上がりになりやすいのもポイント。

もちろん、髪に塗布しても同じような効果が期待できるので、一緒にまとめてやっちゃうのも一つの手になってきますよ。

中でも定番で誰もが手に取れるおすすめ商品は…

利尻ヘアカラートリートメント商品画像

そんな白髪用のカラートリートメントの中でもまず試してみてほしいのが、利尻ヘアカラートリートメント。

皆さんもドラッグストアで見かけたことがあると思うこの商品は、染まり良し、安全良し、使い勝手良しの三拍子がそろっているんですよ。

元々敏感肌向けに作られたこともあり、危険な薬剤だけではなく鉱物油や酸化剤といった成分も無添加ですし、ドロッとしたテクスチャだから液だれしにくくなっています。

そして肝心の染まり具合もある程度期待できるのも嬉しいところ。

利尻ヘアカラートリートメントの染まりの良さがわかるイメージ画像

※人気色のダークブラウンを使用しています。

このように使い続けることで白髪を自然に目立たなくさせることができます。

そう考えると、眉毛の白髪対策としてはかなり有効な手段と言えるのではないでしょうか。

眉毛の白髪を染めるか否か…悩んでいる人はこれを見てほしい!

眉毛の白髪を染めるか否か…悩んでいる人はここを見て!

さて、ここまで眉毛の白髪対策についてあれこれ話してきましたが、まだ中には「染める」ことに抵抗がある人も多いと思います。

眉毛に白髪があってショックを受けた人_Twitter①
眉毛に白髪があってショックを受けた人_Twitter②

しかしこうして見てもらうとわかると思いますが、眉毛の白髪って自分が思っている以上に悪目立ちしており、染めずに放置しているとかなり注目を集めてしまっています。

もっと言うと、抜くなど間違った方法をしてしまって変な眉毛になって後悔している人も少なくはありません。

頭髪の白髪染めのついでに眉毛も染めてしまった人のTwitter
眉毛の白髪を染めないといけないと考えている人のTwitter
カラートリートメントでうまい具合に眉毛の白髪をごまかしている人、多いです。

一方で眉毛の白髪染めをしている人の様子を見てみると…染めたことで気持ちに余裕ができていることも分かります

中には利尻ヘアカラーで染めている人も少なからずいるみたいですね。

そう考えるとこの先も整った眉毛で居つつ、白髪の無い状態にしたいのであれば、利尻ヘアカラーで染めることを選択した方が良いと言えるのではないでしょうか。

まとめ

思っていなかった場所に白髪が生える。

特に眉毛に生えた白髪って人目につきやすく、隠そうと思ってもなかなか難しいことが多い上に、抜いちゃえ!と思ってしまいがちです。

でも抜いてしまうと毛根が傷み、生えてこなくなることも多いですし、何より白髪がまた増える可能性だってあります。

だからこそ、眉毛に生えてしまった白髪は白髪用のカラートリートメントで徐々に目立たなくさせること、意外にこれが大切だと思うんです。

皆さんも鏡を見て白髪が生えたと思ったら、是非今回紹介した白髪用のカラートリートメントを試してみてくださいね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です