眉毛の白髪は『老い』の証?白髪染めで簡単にあなたのカラダから追放しちゃいませんか?

「顔の8割の印象を決める超重要な場所」とまで言われる“眉毛”

そんな眉毛にある日突然、片方だけ白髪が目立つようになったらちょっと恥ずかしいですよね。

その上、片方にしかなかった眉毛の白髪がどんどん増えて眉毛全てが白髪になったら…そう考えると、ちょっとゾッとしてしまった方も多いはず。

でも、いざ眉毛の白髪をなんとかしようと思っても、

  • 眉毛の白髪は抜くと増えるかもしれない
  • 染めるのは結構危険な気がする
  • 身体に何か異変が起きているから、何をやってもダメなのでは?

なんて考えて、何から始めたらよいか不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そんな眉毛の白髪の原因からみんながやっている無難な対処法まで、まとめて紹介していこうと思います。

眉毛の白髪は老い?それとも何か別の原因があるの?白髪の原因を簡単にまとめてみた

眉毛の白髪の原因をまとめてみた

頭髪に白髪が生えてくるのは単純に年を取ったから…と考えることができますが、いきなり眉毛に白髪があると健康状態や体に異変が起きているのではないかと不安になる方も多いはず。

眉毛の白髪って実は誰でも生える可能性がある!

結論から言うと、眉毛の白髪の原因って大きく分けると

  • 加齢(老化)
  • 眼精疲労による血行不良

この2つが主な原因。

早い話10代だろうが40代だろうが、スマホやパソコンを長時間見て目を酷使したり、ストレスを抱え込んでしまったりすると、眉毛の白髪の量を加速させてしまうんです!

そう考えると、眉毛の白髪って年齢関係なく生える可能性があり、特にスマホやパソコンとにらめっこする時間が長い人ほど、眉毛に白髪が生えやすいと思っておくと良いかもしれませんね。

眉毛に白髪が生えたら?最も賢い対処法は○○をすることだった!

眉毛の白髪の対処法としてベストなのは何?

そんな”加齢に伴う老化”や”目の疲れ”から生え始める眉毛の白髪。

実際に検索してみた方ならわかると思いますが、抜くと白髪の量が増えるといわれていたり、染めるのはかなり危険と書かれていたり…

正直、「結局どうすればよいの?」と混乱してしまった方も多いのではないでしょうか。

だからこそここでもう一度、『どの対処法が一番無難で安全なのか』について、皆さんと一緒に考えて行きたいと思います。

眉毛の白髪の対処法を簡単に見てみよう!

眉毛の白髪の対処法といえば、抜く・切る(剃る)・染めると言うように、頭髪に出た白髪と同じような対処法があげられます。

でも、いざ眉毛に白髪を見つけた時って、1、2本程度だったらピッと抜いてしまったり、整えるときにササッと切ったりしてしまう事の方が多いはず。

でも、それって実は『やってはいけない眉毛の白髪ケア』なんです!

眉毛の白髪ケアで結構無難なのは、実は『染める』こと?その理由

というのも、眉毛を”抜く”と言う行為は、眉毛の生え変わりの周期を乱して生えてこなくなってしまうんですよね。

しかも、周辺の皮膚が引っ張られて、瞼のたるみやか穴にダメージが加わり、埋没毛や眉ニキビといったお肌トラブルも多くなります

また、眉毛を”切る(剃る)”といった行為は、抜くよりは安全とは言え、間違って黒い眉毛も一緒に切る可能性も高く、眉毛のバランスが悪くなることも考えられるんです

眉毛は顔の印象を大きく変える場所でもあるので、こういった凡ミスはしたくないところ。

そう考えると、抜くことも切る・剃ることよりも、『染める』ことが一番楽と言えますね。

気になった時に頭髪の白髪と一緒に使えますし、髪の色と併せてよりおしゃれ感を出すことも出来ますし、良い印象もしっかりと与えてくれますよ。

【注意!】ただ『染める』のはとっても危険な行為!

しかし、適当な白髪染めで眉毛の白髪を『染めればよい』と言うわけではありません。

眉毛は目にかなり近い場所。

眉毛の白髪を染めようと思って、市販の1剤・2剤を混ぜて使うような、『カラー剤』を使ったときに目に入ろうものなら激痛が起きて失明…なんてことも考えられますよね。

しかも目の周りの肌はとても敏感で、頭皮でかぶれなかった人でもかぶれる恐れがありますし…

頭皮にあれだけダメージを与えるのに、眉毛はそこまでダメージがないと思うのは大きな間違いです。

かといって、マスカラのような”一時的に白髪を隠す”ような物だと根本的に眉毛の白髪ケアとは言い切れません。

化粧で隠せるとは言え、スッピンの時に誰かに見られて「化粧している時としてない時で10歳違うように見える」なんて言われたくないですよね。

では、どんな白髪染めが眉毛の白髪対策に好ましいかと言うと、下の3つのポイントが重要になります。

①危険な染料・添加物を使っていないこと

詳しく言うと、カラー剤のようにジアミンやパラベン、過酸化水素水といった成分が入っていないことが大前提。

下手をすれば失明も考えられるからこそ、染める成分は極力低刺激なもの、例えば『毎日使っても安全』と言い切れるくらいの白髪染めが好ましいです。

②眉毛周辺の肌に付いてもすぐに落ちること

眉毛は顔の印象を決めると冒頭でも言ったように、目の周辺は特に目に付く場所。

染料が残ってしまうと殴られた後のような、痛々しい状態になりかねません。

染料が他の場所に付着しても、簡単に落とせるようなものを選ぶようにしましょう。

③眉毛を補修してくれるもの

先ほどもお話したように、眉毛の白髪は基本的に生活の乱れやスマホ等の見過ぎなどによる眼精疲労が主な原因。

つまり再び黒い毛が生える可能性もあります

そう考えると、髪を補修するように眉毛も補修してダメージを軽減させてあげることが、黒い毛を再び取り戻せる近道になるかもしれませんね。

 

そして、この3つのポイントを満たしているのが、白髪染めトリートメントなんです。

その名の通り、”トリートメントタイプ”なので、素手で扱えるほど低刺激な染料しか使われていないですし、髪を保護する成分もばっちり。

しかも、目の周りの皮膚に付いてもかぶれる心配をする必要がありません。

そのため、眉毛白髪を定期的に染めている人の多くが白髪染めトリートメントをうまく利用しているんですよ。

眉毛の白髪の対処なら利尻ヘアカラートリートメントが無難!

眉毛の白髪は利尻ヘアカラートリートメントが無難

そんな白髪染めトリートメントの中でも、特におすすめなのが『利尻ヘアカラートリートメント』!

元々「肌が弱い人でも利用できる」ように作られている為、仮に毎日染めたとしても安全に染め続けることが出来ます。

そして特長的なのが植物由来の保湿成分がたくさん含まれていること。

毎日のお化粧に含まれる化学物質で、多少なりともダメージが蓄積されてきた眉毛の補修効果も期待できるため、眉毛の白髪をこれ以上増やさないための努力に繋がるんです。

また、瞼やおでこといった眉毛周辺の肌に付着しても、お風呂でサッとこするだけでキレイに落とせるのもうれしいポイント。

ただデメリットになるのが、ちょっとお値段が高いところ…なんですが!

下の公式サイトからの購入だとお得に購入することが出来ますし、眉毛だけならちょっとずつしか使わないため、減りも遅いです。

そう考えると眉毛の白髪対策として利尻ヘアカラー使うのは、アリと言えるのではないでしょうか。

利尻ヘアカラーを利用する人は意外と多いのも事実

利尻ヘアカラートリートメント利用者のTwitter画面① 利尻ヘアカラートリートメント利用者のTwitter画面② 利尻ヘアカラートリートメント利用者のTwitter画面③

また、こうして見てもらうとわかりますが、意外と利尻ヘアカラートリートメントで眉毛を染める人は多いです。

そう考えると、眉毛の白髪が気になっている人の多くが利尻ヘアカラートリートメントを利用するのは、無難で納得できる方法と言えるのかもしれませんね。

眉毛の白髪をヘアカラートリートメントで染める人、実は結構多いんです!

眉毛の白髪を染めている人は多い

さて、ここまで眉毛の白髪対策として利尻ヘアカラートリートメントで染めるのが、無難な方法だと紹介してきましたが…

実は利尻ヘアカラートリートメントに限らず、ヘアカラートリートメントを利用して眉毛を染める人って結構多いんです。

 

眉毛の白髪を染める人のTwitter画面① 眉毛の白髪を染める人のTwitter画面② 眉毛の白髪を染める人のTwitter画面③

周りがこのようにカラートリートメントで眉毛の白髪を染めていると聞くと、ちょっとだけ眉毛の白髪染めのハードルが下がったような気がしますよね。

冒頭でもお話したように、眉毛は顔の印象を決めつける大事なパーツ。

そんな場所に白髪が生えてしまうと、髪以上に老け感や疲労感を演出してしまい相手に良い印象を与えてくれるわけがありません。

だからこそ、アナタも周りの人と同じように眉毛も白髪染めしてしまうのが無難な方法と言えるのではないでしょうか。

まとめ

抜く・切る・剃ると眉毛を整えるついでに見つけた白髪をケアするのはNG行為。

これは皆さんもよく分かったと思いますし、眉毛の白髪対策の中でも基本的には『染めてしまう』のが最も賢く、そして無難だと言うことが分かったはずです。

しかし、ただ『染める』といってもカラー剤のように危険な成分が含まれていると、最悪失明の可能性があります。

会う人会う人に、老けたね~なんて言われて恥ずかしい思いをする前に、第一印象を決めつける眉毛の白髪は利尻ヘアカラートリートメントで、しっかりと『染める』ようにしてみてはどうでしょうか。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です