アレルギーの人でも使える安全な白髪染めはコレ!

アレルギーの人でも使える白髪染めって根本的なあることを避けるだけで良いんです!

ジュクジュクとしたかゆいような痛いようなアレルギー症状。

1度でもそんな経験をしてしまうと、白髪が気になってどうしても染めたい!

って思うことがあってもなかなか勇気が出ないですよね。

でも、実はそんなアレルギーになってしまった人でも、根本的なあることを避けるだけでまた白髪の無いキレイな髪色を楽しめると言われたら…

ちょっと気になりませんか?

所長

そこで今回はそんな白髪染めについて徹底解説しちゃいます!

もう二度とひどいアレルギー症状を起こしたくない!

あのかぶれから解放されたい!

なんて考えている人は是非参考にしていってくださいね。

アレルギーの人でも使える白髪染めは染めることにこだわらない

アレルギーの人でも使える白髪染めは『染める』ことにこだわらない方がいい

というわけで、所長から結論からドドンと言いますが、

所長

アレルギーの人でも使える白髪染めはまず「染める」ことにこだわらない方がいいです!

なーんていきなり言われても納得できない方の方が多いはず。

そこでまずはそのワケについてお話していきたいと思います。

アレルギーを引き起こす成分は全て「染める」ことがきっかけ

そもそも、白髪染めで『アレルギー』を引き起こしてしまう成分って、皆さんご存知の「ジアミン」をはじめ、パラベンや過酸化水素水、アルカリ剤などがあげられます。

でも今あげた成分って、1剤・2剤混ぜるような白髪染めって髪の表面にあるキューティクルを無理やり開いて、中にある色素を直接『染める』為には必要不可欠な成分でもあるんですよ。

ヘアカラーはこのように髪の中まで染めている

もっと言うと、髪を染めるために化学反応を起こしているので、髪だけじゃなく頭皮にも悪影響がありますし。

所長

そう考えると、アレルギー症状が一度出てしまった場合は、『染める』ことにこだわらない方が良いって思えるのではないでしょうか。

アレルギーの人の白髪染めは染めるのではなく、ぼかして目立たせなくすることが重要

そして、染めることにこだわらない、アレルギーに悩む方のこれからの白髪対策で意識してほしいのが「ぼかして目立たなくさせる」こと。

確かに髪の中まで色を入れることができれば染まり具合も良いですし、色持ちも良いです。

でも、そのためにアレルギー症状に我慢するのは、アナフィラキシーショックなど最悪の事態につながる危険性もありますし、そんな危険を冒してまで白髪対策するのもバカらしいですよね。

だからこそ、白髪染めでアレルギーが出てしまった方のこれからの白髪対策は、今まで使っていた『白髪が染まる』白髪染めから、『白髪をぼかす』白髪染めへとシフトしていく。

所長

これこそが、アレルギー症状に悩まされずに白髪ゼロのキレイな髪色を楽しむために必要な事って言えるんですよ。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

白髪を染めるからぼかすへ!アレルギーの人の安全な白髪対策!

染めるからぼかすへ。白髪対策するならココに注目!

そう考えると、今までの『染める』白髪染めを選んでいた時に見ていたポイントは役に立ちませんし、「どこに注目すればいいのか」もわからなくなってしまいますよね。

所長

実はこれから紹介していく3つのポイントさえ押さえておけば、超簡単に見分けることができちゃうんです。

ポイント① 髪だけじゃなく頭皮も保護・補修してくれるかどうか

白髪染めでアレルギーが起きる原因って、何も成分だけが悪い!

ってことはありません。

というのも、実はアレルギーに限らずかぶれの原因って「肌が刺激性のある染料に負けてしまう」ことも一つの要因となることもあります。

つまり、肌が弱いこともアレルギーの原因になりかねないってワケです。

所長

だからこそ、頭皮にも優しく保護・補修してくれるような成分が含まれているかチェックしておくようにしましょうね。

ポイント② 白髪染めの染まり具合・色持ちがそこそこな事

「白髪を染める」白髪染めを使わずに髪を染めるとなると、使われる染料も限られますし、色持ちや染まり具合はどうしても悪くなります。

特に刺激が少なくアレルギーが起きた方でも使いやすい「ノンジアミン」や「ジアミンフリー」の白髪染めを使うとなると、植物由来の染料やHC・塩基性染料で染める白髪染めを使うことになります。

所長

そのため商品によっては染まる・染まらないが明確に分かれてしまうので、染まり具合も色持ちも良いかどうかは見ておくといいです。

ポイント③ 染める時間の調整が気軽にできること

いくらアレルギーが起きにくいからといっても、白髪をぼかして目立たなくさせる白髪染めにも、アレルギーの引き金となる可能性があります。

そのため、いくら『安全だ!アレルギーの症状が起きる可能性は低い!』なんて白髪染めでも、万が一のことを考えて頭皮や髪に付ける時間は長すぎない方がいいです。

ヘナのような植物染料で染めるものがいい例ですね。

時間もかかるし、植物アレルギーになったらかぶれてしまいます。

所長

だからこそ、肌に塗布する時間を調整できるかどうかも、見ておきたいポイントになるんですよ。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

アレルギーの人でも使える安全な白髪染めはカラートリートメント

アレルギーの人でも使える白髪染めはカラートリートメントがベスト!

そして今紹介した条件を全て満たしているのが、白髪用の『カラートリートメント』なんです。

文字通り『トリートメント』なので、髪や頭皮を補修する成分もたくさん含まれているので、安心して使い続けることができますし、色持ちも1~2週間程度とそこそこ。

先ほどのカラー剤とは違い、キューティクルは開かず髪の毛にコーティングする形で染めるので、髪や頭皮に優しいのが特徴です。(下の図では右側です)

染料の特性上徐々に染まっては行きますが、染める時間の調整もできるため自然な髪色に白髪をぼかしていくことができます。

所長

まさにアレルギーに悩む人にうってつけの白髪ケアができると思いませんか?

アレルギーの人におすすめなのが『利尻ヘアカラートリートメント』

そんな白髪染めトリートメントの中でも、特におすすめなのがコレです!

1回の染めでかなり白髪を目立たなくさせることができちゃう利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント!

天然由来の植物染料をはじめ、HC染料・塩基性染料の3種類を配合していて、1回の染めでかなり白髪を目立たなくさせることができちゃいます!

使うたびにまとまりパサつくこともなくなっていく

こうして見てもらうとわかりますが、1回の染めでも充分白髪を隠していくことができることがわかりますね。

また、上の画像では分かりづらいですが、トリートメント成分が豊富に含まれているので、使うたびに髪がまとまりパサつくこともなくなっていきます。

染め時間は30分から1時間程度とやや時間はかかりますが、お風呂でサッと染めるのであれば10分程度と短い時間で染められるのもポイント。

所長

アレルギーが心配な方でも気軽に使っていくことができると思います。

そう考えると、利尻ヘアカラートリートメントって、白髪用のカラートリートメントの中でも特に使って損がない商品と言えるのではないでしょうか。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

アレルギーでも使える白髪染めの評判口コミ

アレルギーに悩む人でも、白髪0でキレイな髪色を楽しむ人は多いです

さて、ここまで読んでみて、アレルギーの人でも使える白髪染めとして『ぼかす』ことで白髪を目立たなくさせた方が良い!

と言うことがわかってきました。

とはいうものの、本当にこれが無難な方法なのか気になった方も多いはず。

実は白髪染めで一度はかぶれたことがある人でも、白髪ゼロのキレイな髪色を楽しむために白髪用のカラートリートメントに切り替えている人が多いのも事実なんですよ。

p=4804_twitter1
p=4804_twitter2
p=4804_twitter3

こうして見てみるとわかりますが、白髪用のカラートリートメントで白髪をぼかすことって、かぶれたことのある人の白髪対策としては定番中の定番。

でも、使っている商品を見てみるとやっぱり先ほど紹介した条件を満たしていない白髪染めを使ってしまっているせいか、仕上がりに納得できない方も多いみたいですね。

所長

そう考えると、改めて『利尻ヘアカラートリートメント』ってかなり頼もしい存在になると考えることができますね。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

アレルギーの人でも使える安全な白髪染めまとめ

このページのまとめ

・アレルギーの人の白髪対策では『染める』のではなく『ぼかして目立たなく』するのが重要です。

・染めるタイプの「ヘアカラー剤」ではなく、ぼかすタイプの「ヘアカラートリートメント」で対策することで、髪や頭皮を労わりながら白髪ケアができます。

・当ラボがおすすめする『利尻ヘアカラートリートメント』は染まり具合もそこそこですし、美髪成分もたっぷり配合しています。アレルギー体質の方にはうってつけの商品です。

「白髪染めしたらアレルギー症状が出た!」

こうなってしまった方にとって白髪染め選びって本当に苦労します。

しっかり染まるけどまたかぶれてしまうかもしれないし、逆にかぶれないけどなかなか染まらない。

何かと失敗して後悔することは多くなってきます。

でも、今回お話したように『染める』から『ぼかす』に意識を変えていけば、納得いく仕上がりにもなりますし、もう2度とかぶれる心配する必要もなくなるんです!

所長

キレイな髪をまだまだ保っていくためにも、今回紹介したポイントは忘れないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。