徐々に染まるは嘘!?一回で染まる白髪染めトリートメントって実は存在するんです!

出来るだけ頭皮に影響がなく、かつ1回で染まる物を!

そう思って白髪染めトリートメントを探している方、意外と多いのではないでしょうか。

白髪染めトリートメントと言うと、肌に優しい染料をつかっているためかぶれにくいものではありますが、同時に徐々に染まっていくイメージが強い物。

とは言え、のんびり目立たなくさせるのではなく、やっぱり1回で納得いく仕上がりにしていきたいと思いますし、何かコツがあるのでは?と思っている方もいると思います。

そこで今回は、本当に白髪染めトリートメントは一回で染める事が出来ないのか。

また、一回で染まる白髪染めトリートメントの使い方やコツなどを紹介しちゃいます!

そこまで白髪があるわけじゃないけど、たった数本の白髪が超気になる!なんて人も、是非参考にしていってくださいね。

白髪染めトリートメントは一回で”白髪を目立たなくさせる程度” に染めてくれる!

まずハッキリ言っておきます!

そもそも、白髪染めトリートメント=徐々に染まる、そう考えること自体が大間違い!

確かに白髪染めトリートメントは髪の中にある色素から染めることが無いため、一般的な白髪染め(カラー剤)ほどの染色力はありません!

しかし、だからと言って染まりが悪いというわけでもないんですよ。

実は目立たないだけで白髪染めトリートメントは結構色が定着する

これは実際に見てもらった方が分かりやすいと思います。

こちらは白髪100%の毛束を説明書通りに白髪染めトリートメントで染めてみた結果なんですが1回でもある程度、と言うよりもかなり染まっていることが分かりますよね。

という事は、白髪染めトリートメントは商品にもよるとは思いますが、基本的には1回でも十分白髪を目立たなくさせられるという事にも繋がってきます。

ただ、明るい色だと元の髪色と比べて中途半端に明るい色に染まってしまい、目立ちやすくなってしまうのも事実。

ブラウンなどの色を選ぼうとしているのであれば、一回では染まりにくいと考えておいた方が良いと言えるでしょう。

白髪の量がまだ少ない人であれば、一回で白髪が目立たなくなる

とは言え、実際に白髪染めトリートメントを使うことを想定すると、100%白髪な状態ってまずありえない話だと思いますし、どちらかと言うと白髪がまだらにあるような人や、カラー剤での白髪染めをしたくないという人の方が多いはず。

そう思って、白髪50%の毛束にも同じ商品を使って試してみました。

こうして見てみると、光の当たり方次第では目立つこともあるかもしれませんが、基本的に1回である程度白髪が髪と馴染んでいくことが分かると思います。

そう考えると、白髪染めトリートメントは一回でもある程度白髪を目立たなくさせることが出来る。

そう認識を改めた方が良いと思いませんか?

より確実に一回で染めたいなら!白髪染めトリートメント愛用者から学ぶ『賢い使い方』

ただ、いくら白髪染めトリートメントが一回である程度染まるとはいえ、出来る事ならより確実に1回で目立たなくさせたい、そう思った方も多いはず。

確かに先ほど紹介した染まり具合を見ると、まだ少し白髪は残っているようにも見えますし。

そこで注目したいのが、白髪染めトリートメントを愛用している人の”口コミ”

実は愛用者の中には、自分なりの『応用テクニック』を紹介している人も多く、参考になる場合が多いです。

ここからは、そんな口コミの中から誰でも挑戦しやすい、賢い使い方をいくつか紹介していこうと思う

放置時間を超長くする!

原則ルール無視で、介護用ビニール手袋してシャンプー前の乾いた髪に直接すり込んでシャワーキャップして6時間以上放置すると、しっかり染まって2週間以上もちます。

刺激臭もないし、私はかぶれないし、髪もしっとりつやつやします。

(引用:https://www.cosme.net/product/product_id/2954213/review/503718897)

白髪染めトリートメントは一般的な白髪染め、いわゆるカラー剤のような商品と違って使われる染料は比較的肌に優しい染料が使われています。

そのため、放置時間を長く取ることは定番の方法となっていますが、ここまで長い放置時間を設けている人がいるのは結構稀な事。

とは言え、確実に染め切ることが出来ているし、倍色持ちしてくれると自己評価しているのはちょっと気になりますよね。

ただ、デメリットとしては時間が必要な事、痒みや違和感が出やすくなることが考えられます。

染料自体は肌に優しいので、ヒリヒリしたりしみたりすることはほとんどないですが、万が一刺激を感じたらすぐに染料を落とすようにしましょう。

白髪染めトリートメントを使う時にはシャンプーをしない!?

どこかの白髪染めに関するサイトで、

「これで染める日はシャンプーはしない。乾いた髪に直接塗った後、30分~1時間くらいキャップをかぶって(あるいはラップして)放置してから、お湯で流すだけでいい」と書かれていました。

いつも流した後は普通にシャンプートリートメントをしていたので、驚きながらもその通りにしてみました。

そうしたら、これまでよりもずっと色の定着が良いし、乾かしてからもシャンプーしたときより髪が柔らかく、つやが出た感じになりました。

トリートメントも何もつけずに乾かしたにもかかわらず、爆発したりせずしっとりまとまったので、2度びっくり。

お湯が透明になるまで良く良く流すので、シャンプーしてないからといって不潔感も感じません。

それ以来シャンプーは次の日にするようになりました。

(引用:https://www.cosme.net/product/product_id/2954213/review/505097211)

実は市販されているシャンプーは意外に洗浄力が強く、染めた後の定着した染料も同時に落としてしまいます。

特にシリコン入りのシャンプーは洗った後の指通りを良くすることが出来ますが、同時に髪をコーティングしてしまうので、同じ働きをする白髪染めトリートメントの邪魔をしてしまうんです。

そのため、『染めた後にシャンプーをしない』と言う単純ですぐできる方法でも、かなり染まり具合を変えることが出来ちゃうんですよね。

ただ、これは髪を保湿・補修してくれるなどと言ったトリートメント効果が高い白髪染めを使うことが大前提となるので、使う商品も限られてきます。

白髪染めトリートメントは濡れた髪よりも乾いた髪に塗った方が染まりは良くなると言われることが多いですが、機会があれば試してみるのも一つの手ですよ。

ちょっと待て!一回で染まる白髪染めトリートメントには条件がある

ただ、先ほどからチラチラと言っていますが、いくら白髪染めトリートメントが一回である程度染まるとはいえ、これからお話する”3つの条件”を満たしていないと染まり具合に納得できないことが多いです。

だからこそ、白髪染めトリートメントを選ぶときのポイントとして押さえておくようにしましょう。

HC染料・塩基染料の両方が使われていること

白髪染めトリートメントに使われる染料は、HC染料・塩基性染料・植物由来の染料・タール色素の4種類のいずれか、もしくは複数配合しています。

その中でも注目しておきたいのが、HC染料と塩基性染料の2種類が必ず使われているかどうか。

成分表を見て”HC〇”、そして”塩基性〇”の両方が書かれているかどうかチェックしておきましょう。

その上で、例えば『クチナシ』や『ベニバナ』のような植物染料が含まれていると、よりしっかりとした染まりを実感できると思います。

ちなみに資生堂のプリオールのように『赤227』や『橙205』と表記される、タール色素のみで染める白髪染めトリートメントは、はっきり言って超染まりが悪いので使うのを避けた方が良いですよ。

推奨している放置時間が『30分程度』となっている

先ほどの応用テクニックでも軽く触れましたが、白髪染めトリートメントは放置時間が長ければ長いほど、しっかり色を定着させることが出来ます。

逆に考えると、短時間で染まる事自体あり得ないってワケですね。

白髪染めトリートメントの放置時間が書かれた商品は多いですよね

それなのにパッケージに『3分(もしくは5分)で染まる』と書かれている商品があるのは、ヘアカラーの”つなぎ”としての利用が前提となっているだけ。

早い話、白髪染めトリートメントだけでは不十分なんです!

そのため、最低でも30分は放置するように、と書かれているかどうかも大事なポイントになってくるんですよ。

あなたの髪に合うトリートメント効果が十分期待できるかどうか

また、白髪染め”トリートメント”という名の通り、トリートメント効果が期待できるかどうかも見落としてはいけません。

白髪染めトリートメント商品を紐解いていくと、植物由来の成分だけではなく髪を保湿したり柔らかさを与えたりする成分が、それぞれ厳選して配合しています。

そのため、いくら染まりが良くてもご自身が感じている髪のトラブルが解消されず、後悔してしまうことも良くある話なんですよね。

だからこそ、使われているトリートメント成分がどのような効果を期待することが出来るのか、そして自分の髪の悩みの解決につながるかどうかを見ておくようにしましょう。

条件を満たす、使って損なしの白髪染めトリートメントはコレだ!

そして上記の条件を満たしつつ、しっかり染まる白髪染めトリートメントとしてオススメなのが利尻ヘアカラートリートメント。

実は冒頭の方で紹介した白髪100%・50%の毛束にそれぞれ塗布しているのは利尻ヘアカラートリートメントなんですよ。

※乾いた髪に塗布し、30分放置したのちに洗い流しています。

改めて染まり具合を見てみると、流石昔からずーっと販売し続けられているだけあって、1回染めただけでもある程度白髪が目立たなくなっていますね。

また、画像では伝わりにくいとは思いますが、トリートメント効果も十分。

保水・保湿性に優れ、傷んだ髪を補修する成分が含まれていることもあり、まとまりのある髪質へと導いてくれますよ。

まとめ

白髪染めトリートメントは徐々に染まっていく物。

そんなイメージを持つ方は多いと思いますが、そのイメージ自体が大間違い!

染まりを良くする”コツ”さえ押さえてしまえば、一回で確実に白髪を目立たなくさせることが出来ますし、同時に艶のある髪質へと導くことが出来るんです。

とは言え、白髪染めトリートメントって単品でも十分染まってくれるものもあれば、逆にヘアカラーと併用して使うことで初めて染まってくれるものと言うように、しっかり染まる・染まらないがある為、選んだ商品によっては1回で染め切れないことも。

だからこそ、今回紹介した3つのポイントを押さえつつ商品を選んでいくようにしましょう。

また、白髪染めトリートメント選びに悩んだら、まずは利尻ヘアカラートリートメントから試してみることをおすすめしますよ。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です