変幻自在!?おしゃれ染めした髪をカラートリートメントでキープor別な色に染めたいならコレを見ろ!

変幻自在!?おしゃれ染めした髪をカラートリートメントでキープor別な色に染めたいならコレを見ろ!
  • オシャレに染めた髪色を長持ちさせたい!
  • 1日だけ黒髪にしないといけないんだけど、そのためにわざわざ気に入った髪に染めるのはちょっと…
  • ちょっと今の髪、明るすぎるから徐々に暗い色に染めて調整したいな…
  • 染めてもすぐに色落ちしてしまう…

そんな時に役立つのが、ズバリカラートリートメント!

けど、本当にキレイな髪色にすることができるのか、変な色に染まってしまわないか心配…そう考える人も多いはずです。

そこで今回は皆さんがちょっと気になっていたカラートリートメントとおしゃれ染めの相性から、確実にキレイな状態にするまでに抑えておいて欲しいポイントをまとめて紹介しちゃいます!

そもそもおしゃれ染めした後にカラートリートメントってして良いの?

そもそもおしゃれ染めした後にカラートリートメントってして良いの?

そう思っている人も多いはず。

まずは、そんなカラートリートメントとおしゃれ染め(ヘアカラー)の相性について簡単に見ていきましょう。

結論から言うと『使い方さえ間違えなければ大丈夫』

結論から言いますが、カラートリートメントと白髪染めの相性って、みんなが思っているほど良くありません。

というのも、皆さんがイメージしているおしゃれ染め(ヘアカラー)って、髪の中まで薬液が浸透し、中から発色するように作用することで染まってくれるんです。

それに対しカラートリートメントは染料自体の分子が大きいこともあり、髪の表面にしか染料が定着しません

おしゃれ染めと白髪染め、染まり方の違いを見てみると…

(参考:DEMI)

つまり、そもそも染まる仕組みが違うから、使い方を間違えてしまうと髪が余計にボロボロになってしまったり、変な色に染まったりと悲惨な状態になってしまうってワケです。

おしゃれ染めした後にカラートリートメントで染めるときのポイントは?

おしゃれ染めした後にカラートリートメントで染めるときのポイントは?

とは言え、全く相性が悪いってわけではありません。

染めるときにちょっと注意すればだれでも簡単に併用可能ですし、一時的に黒染めしたり染めた髪をキープしたりすることは可能ですよ。

髪が緑に変化する!?なんて失敗をする人の特徴はココ!

先ほども簡単にお話しましたが、カラートリートメントとヘアカラー(おしゃれ染め)は染まる仕組みから違うため、使われている染料同士が化学反応を起こし、別な色に染まることが考えられるんです。

ただ、そんな失敗をする人って例えば

  • カラートリートメントを使った次の日にすぐおしゃれ染めする
  • おしゃれ染めしたけど気に入らなかったから、その日のうちにカラートリートメントを使ってしまった

このように日にちを空けずに、カラートリートメントとおしゃれ染めをしてしまった場合に多いんですよね。

そのため、カラートリートメントで一時的な黒染めをするのであれば、染めた後はしっかり色が落ちるまで何もしないことが大切。

カラートリートメントした髪をおしゃれ染めする時はデメリットを逆手にとれ!?

また、カラートリートメントのデメリットを逆手にとること。

実はこれも重要なポイント。

例えばカラートリートメントは髪の表面に定着する”だけ”なので、市販のシャンプーのような洗浄力の強いものを毎日使うだけで、色落ちしてくれます。

逆にシャンプーをした後にカラートリートメントを使うと、染めた髪色を維持することができちゃうんですよね。

そのため、おしゃれ染めよりもカラートリートメントをどう使っていくか、ここがキーポイントになる、そう言えるのではないでしょうか。

使った後の染め直しもバッチリなカラートリートメントは何が良い?

使った後の染め直しもバッチリなカラートリートメントは何が良い?

そう考えるとネックになってくるのが、カラートリートメントをどう選ぶかというところ…なんですが、結論から言うと『白髪用』のカラートリートメントが超使えるんですよ。

断然『白髪用』のカラートリートメント!?でもなんで?

市販の黒に染まるカラートリートメント一例

確かにおしゃれ用のカラートリートメントにも暗めの色に染めてくれる商品はありますし、パッケージもおしゃれで手に取りやすいと思います。

でも、実はこういった商品って染色力が弱く、確実に何回も使わないといけないんですよ。

一方で白髪用のカラートリートメントって、元々髪に色が付いていない『白髪』を地毛の色(黒髪)に馴染むように染めるために作られているため、染色力はかなり強め。

そのため1回でもがっつり染まってくれることが多いんですよ。

どれでもいいわけじゃない!?白髪用のカラートリートメントの落とし穴

ただ、そんな白髪用のカラートリートメントも適当に選ぶのはダメ!

市販の白髪用のカラートリートメント商品一例

というのも、上記のようなドラッグストアに売っている白髪用のカラートリートメントって、おしゃれ用のカラートリートメントと同様にそこまで染色力が強くありません。

もっと言うとトリートメント効果もそこまでないんですよね。

いくら一時的な黒髪だとしても、ツヤがなくパサついたままだと、染めたことがバレてしまいますし、見た目的にも良くありません。

そのため白髪用のカラートリートメントも『染まりの良さ』と『トリートメント効果』、ここは絶対に外せないポイントとして見ておいた方がいいと思いますよ。

具体的にはどんな商品がおすすめなの?

では逆にどんな白髪用のカラートリートメントが良いかと言うと…定番だと利尻ヘアカラートリートメントですね。

利尻ヘアカラートリートメント商品

ドラッグストアなどで見かけて、『高っ!?』と思ったことがあると思いますが、実はコスパがよく、値段以上の染まりを実感することができます。

利尻ヘアカラートリートメントの染まり具合

こうして見てもらうとわかると思いますが、全4色とやや少ないものの染まりは抜群ですし、画像では伝わりにくいですが使うたびにまとまりやツヤも生まれています。

利尻ヘアカラートリートメント 全色の色落ちの仕方

加えて持続力もそこそこあり、緩やかに色落ちしてくれるのもポイントですね。

就活や受験のタイミングで白髪用のカラートリートメントを使う人、意外に多いです

就活や受験のタイミングで白髪用のカラートリートメントを使う人、意外に多いです

さて、ここまでおしゃれ染めした後のカラートリートメントについてあれこれお話してきましたが、ちょっと『白髪用のカラートリートメント』を使うことに抵抗感がある人も多いのではないでしょうか。

確かに、白髪用って聞いただけでも老けたような気になってしまいますし、できることなら使いたくないと考えるのも分かります。

Twitter①Twitter②Twitter③

でも、こうして見てもらうとわかるように、大学受験や面接と言ったかっちりとした絶対に外せない場に行く前に、一時的な黒染めとしてカラートリートメントを使っている方って結構多いんですよね。

中でも利尻ヘアカラートリートメントは定番中の定番。

そう考えると、利尻ヘアカラーで黒染してみるのって結構アリなのではないでしょうか。

まとめ

おしゃれ染めして気に入っていた髪だからこそ、カラートリートメントで一時的にごまかす。

このような事って大学受験や面接と言った時だけではなく、法事や式典などで今後も行う可能性がありますし、その時にササッと手軽に元の髪型に戻せたら嬉しいですよね。

髪色はアナタの個性ですし、できれば維持していきたいもの。

だからこそ、今回お話したことは忘れないでくださいね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です