根元の白髪染めは超優秀なアレで楽々!?簡単に手っ取り早く染めたい方必見!

どれだけ染めても数週間もすればすぐ目立つ。

そんな前髪や頭頂部などの根元白髪ってめちゃめちゃ厄介ですよね。

気になる根元部分だけ白髪染めしようにも頭皮がピリピリ痛みそうだし、すぐに取れそうって思ってなかなか良い方法が見つからないし、かといって美容院に行ってその部分だけ染めるのも気が引ける。

そう思っている人は多いと思います…が!

実は根元の白髪って難しいテクニックなしで、誰でも超簡単に染めることが出来るんです!

そこで今回は、そんなゼロテクで根元の白髪だけをしっかり目立たなくさせる方法を、皆さんに伝授しちゃいます。

手っ取り早く根元の白髪を何とかしたい!って思っている方も是非参考にしていってくださいね。

根元の白髪染めで失敗する原因は『やり方』自体に問題アリ?

根元の白髪染めで失敗する原因はやり方が原因

最初にハッキリ言っておきたいのがここ!

確かに根元の白髪を何とかしたいって思う気持ちはわかります。

でも、そもそもの「やり方」自体に問題があったから失敗していただけだとしたら?

まずはそんな失敗する原因を一緒に見ていこうと思います。

マスカラ?筆?実はソレ、結構テクニックが必要で難しい!

市販されている白髪隠し商品

例えば、上のようなマニキュアタイプや筆タイプのような『部分的に白髪を隠す』白髪染め。

これって実は根元の白髪を染めるのには向いていないんです。

というのも、マニキュアタイプや筆タイプのような商品って確かに気になった時にササッと使えるのは魅力的ではあるんですが、一方で目に見える部分だけ染まって裏側は全く染まってなかったり、色の調整が難しかったりとちょっとテクニックが必要になります。

つまり、手先が不器用で細かい作業が苦手な方にとっては色ムラも染め残しも起きやすいってワケです。

そう考えると、こういった手軽そうに見える白髪染めほど、意外と失敗しやすいことがわかると思います。

わざわざ根元だけ染めようと考えるからダメなんです!

もっと言うと、そもそも「根元の白髪だけ」染めようとする。

そう考えること自体が大間違い!

確かに気になる白髪が根元だけなので、そこだけ染めたい気持ちもわかります。

気になる部分だけ染めることさえできれば、キレイな髪色に出来ますし。

ただ、先ほどもお話したように根元だけ染めようとすると、ある程度の技術やテクニックが必要ですし、髪はまた生えてくるので白髪はすぐに目立つようになりますよね?

だったら、別に髪全体にドバっと付けて根元部分だけ染まるようにすれば問題ないと思いませんか?

つまり、根元だけじゃなくまるっと髪全体を染めてしまうこと。

これこそが、余計なテクニック不要で超簡単、かつ確実に白髪が目立たなくなる、『根元白髪』の対策ポイントになってくるんですよ。

根元の白髪染めで完璧に染めるならココを見ろ!

根元の白髪染めで完璧に染めるための注目ポイント

ただ、根元だけの染める方法から、髪全体を染める方法へ切り替えるとなると気になるのが、やっぱり使う白髪染め。

根元の白髪が気になるたびに全体的に染めるとなると、髪や頭皮には確実にダメージを与えてしまいそうですし、もしかしたら白髪以外の悩みが増えるかもしれませんし。

そこで注目してほしいのがこれからお話する3つのポイントです。

① 素手で扱えるかどうか

一番見分けやすいのがここ!

根元部分の白髪って皆さんも知っての通り、頭皮に一番近いですよね。

そんな場所に刺激の強いジアミンやパラベンといった成分が付着すると、根元部分の白髪を染めることは出来ても、尋常じゃない負担が髪や頭皮にかかります。

つまり危険な成分が使われていないことは、根元部分の白髪を染めるためには必須な条件。

だからこそ、素手で扱えるかどうかが一番手っ取り早く見分ける秘訣になるってワケです。

② 肌に付いた染料がすぐに落とせるか

また、根元の白髪を染めるときに気にしてほしいのが、肌に付いたときの色残り。

白髪染め商品の中には、染料が頭皮や肌に付くとなかなか落ちない商品も結構多いです。

せっかく根元の白髪をキレイに染めたのに、頭皮に汚れがあったら明らかに染めたことがバレてしまいますし嫌ですよね。

だからこそ、頭皮や髪の生え際部分に染料が付いても、石鹸等ですぐに落とせるかどうかも見ておいて損はないと思いますよ。

③ いつでも染めることが出来ること

そして意外と見落としがちなポイントになるのがここ。

根元の白髪は、特に髪が伸び始めたタイミングで目立ち始める厄介な存在。

そう考えると、染める短い頻度で染め続けていく必要があります。

だからこそ例えば「毎日染めても大丈夫!」「むしろ髪質が良くなった気さえする!」なんて思える白髪染め選ぶようにしましょうね。

 

そして、上の条件を満たす白髪染めになるのが、ズバリ「白髪染めトリートメント」!

というのも、白髪染めトリートメントって髪の表面をコーティングする形で白髪を目立たなくさせるため、ジアミンやパラベンといった危険な薬剤を使う必要が無いんです。

そのため、早い話髪へのダメージはゼロですし、素手で扱っても何ら問題もありません。

しかも!

使われている染料は肌に付いてもすぐに落とすことが出来ますし、髪の表面に色を付けるだけなので、たとえ毎日使っても髪も頭皮も痛むことがないですし。

その上、その名の通り白髪染め『トリートメント』の為、髪や頭皮を労わる成分が多く含まれており、白髪を染めた後もツヤのある髪を維持することが出来るんです。

だからこそ、根元の白髪にはうってつけって言えるんですよ♪

白髪染めトリートメントで根元だけ染めるならこの商品はおすすめ!

利尻ヘアカラートリートメント

そんな白髪染めトリートメントの中でも、利尻ヘアカラートリートメントは特におすすめ。

元々敏感肌の方用に作られている為、ジアミン・パラベンをはじめとした頭皮に悪影響を与えかねない成分は一切使われていないので、仮に毎日使ったとしても髪や頭皮を傷めうることはありません。

また、使われている染料も低刺激で落ちやすいので、素手でササッと使うこともできちゃうんですよ。

そして注目なのが、染まり具合!

利尻ヘアカラートリートメント各種染まり具合

見てもらうとわかるように、1回でもしっかり染まってくれるので、気になりやすい根元の白髪もしっかりケア出来ちゃいます。

そう考えると、根元の白髪対策として、かなり重宝すると言えるのではないでしょうか。

根元白髪が気になる人ほど白髪染めトリートメントで染めています

さて、ここまでで根元の白髪対策についていろいろとお話してきましたが、そもそも白髪染めトリートメントで根元の白髪を染めるのってメジャーな方法と言えるのか、ちょっと気になった方も多いはず。

ご安心を。

実は根元の白髪が気になる人にとって、白髪染めトリートメントは定番中の定番なんですよ。

5041_Twitter_1 5041_Twitter_2 5041_Twitter_3

こうして見てみると、根元の白髪が気になる人ほど地毛の色と併せるためにカラートリートメントを積極的に使っていることがわかりますね。

また、先ほど紹介した条件を満たしていない白髪染めトリートメントを使っている人もいて、「染まらない!」だとか「うっすら染まった」とツイートしている人もちらほらといます。

そう考えると改めて利尻ヘアカラートリートメントはかなり優秀な白髪染めトリートメントってことがわかりますね。

まとめ

染めても染めても髪が伸びるとすぐに目立つ根元の白髪。

キレイな髪色で過ごしていきたい人にとって、これほど厄介な存在ってなかなかないと思いますが、わざわざそこだけをピンポイントに染める必要は全くない。

そう考えると、これからの白髪対策も簡単になってくるはず。

だからこそ白髪染めトリートメントは使っておいて損はないと思いますよ。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です