辞めた方がいい!?カラートリートメントで茶色に染めたい人必見の真実はコレだ!

辞めた方がいい!?カラートリートメントで茶色に染めたい人必見の真実はコレだ!

「黒髪から茶色に染めたい!」

なんて思った人の中には、髪へのダメージも気になるから出来れば傷みにくいカラートリートメントで染めたい!と考えた人も多いはず。

確かにカラートリートメントって皆さんご存知の通り、ヘアカラーと比べると比較的安全・安心だし、髪もパサパサ傷まずキレイに染められそうって思いますよね。

でも、ちょっと待ってください!

そもそもの話、カラートリートメントは『白髪』しか染まらない、なんて聞いたことはありませんか?

だとすると、あなたのその髪ではカラートリートメントを使っても納得できる髪色にならないかもしれません!

こう言われて「え!?なんで出来ないの?」と思ったあなたのために、今回は抱えている疑問を徹底的に解説していこうと思います!

本当にカラートリートメントで黒髪は染まらないのか、確実に茶色に染めるためには何が必要なのかなど、あなたが知りたいことをまとめて紹介していきますよ!

これが真実!カラートリートメントで茶色に染めれる人・染められない人!

これが真実!カラートリートメントで茶色に染めれる人・染められない人!

冒頭でも軽く触れましたが、カラートリートメントについて「白髪だけ染まる」って聞いたことがある人も多いはず。

でも正直、『染める』という点ではヘアカラーと同じなのに、なんでカラートリートメントは元の髪が染められないのかはピンときませんよね。

そこでまずは、カラートリートメントで茶色に染められる人と染められない人にはどういう違いがあるのか、一緒に考えていきましょう!

黒髪の方や染めたことがない人は茶色に染めることはできません!

最初に結論から言ってしまうと、実はカラートリートメントは地毛が暗めの人や黒髪の人にとっては、使うだけ無駄なモノになってしまうんです。

というのも、ヘアカラータイプは成分同士の化学反応で髪の内部まで染めるのに対し、ヘアカラートリートメントは髪の表面に染料をコーティングする染め方になります。

つまりヘアカラーは髪の中まで染めるため、元々の髪色を抜く『脱色する行為』があるのに対し、ヘアカラートリートメントは髪の表面に色を付けるだけなので、その必要がないんです。

そのため染まりはヘアカラーよりも弱く、「白髪しか染まらない」と言われることも多いんですよ。

茶髪の人の髪色維持にはカラートリートメントは『アリ』

ただ、すでに茶色や金・ピンクのように『既にヘアカラーをしている人』なら話は別になります。

むしろこのタイプの人は積極的に使って欲しいと言えるんですよ。

と言うのも、ヘアカラーって先ほども言ったように髪の中まで染めるため、染料を中まで届けるためにはキューティクル(髪のバリア)を無理矢理開く必要があります。

そのため、髪を染めるとバサバサと傷むことが多かったんです。

しかも一度開いたキューティクルは二度と閉じないため、ずっと開きっぱなしになることも…。

でも、実はカラートリートメントって『キューティクルがある程度開いた状態』の方が開いた隙間から染料が入り込むため、色が定着しやすくなるんです。

それにバリア(キューティクル)を開いた後に元の髪色を脱色しているってことは、その分カラートリートメントの色は定着しやすいですし。

そう考えると、カラートリートメントは一度でも染めたことがある人こそ使える髪染めと言えると思いませんか?

黒髪から茶髪へ!カラートリートメントが出来る限界を知っておこう!

黒髪から茶髪へ!カラートリートメントが出来る限界を知っておこう!

とはいえ、茶髪になるために敢えて髪が傷むヘアカラーはしたくない!って考える人もいるはず。

今までの話の通りだと、カラートリートメントで黒髪が染まらないなら、もう美容院で染めるしかないの?なんて思っちゃいますよね。

しかし、実は黒髪にもカラートリートメントは使おうと思えば使えるため、ちょっとした変化なら楽しむことが出来ちゃうんですよ!

「あれ?若干茶色っぽくない?」なんてほんのり茶髪は可能っちゃ可能

そもそも、一言で『茶色』って言ってもその種類は様々です。

例えばすごく明るめの茶色もあれば、逆に黒に近い暗めの茶色もありますよね。

その中でもベースが黒に近い色だと、黒髪から茶色にするのであれば多少染まった感じの髪色にすることが可能なんです。

でも言葉で説明してもいまいちわからないと思うので、具体的に示すのなら…

黒に近い茶色はこげ茶色のイメージ

こんな感じの髪色になるため、カラートリートメントを使えばギリギリ「黒ではないかな?」という色にすることが可能なんですよ。

ただ、個人的な感想を言うとやっぱりちゃんと茶色に染めたいのなら、1回茶髪にしてからカラートリートメントを使った方が染まりを実感出来て良いかもしれませんね。

カラートリートメントで茶色に染めるならおしゃれ用より白髪用がマスト!?

カラートリートメントで茶色に染めるならおしゃれ用より白髪用がマスト!?

そんな風に茶色に染めることもある程度なら可能なカラートリートメントですが、一口にカラートリートメントと言っても下の画像のようなオシャレ用のものより、

市販のカラートリートメントは意外と種類が豊富

白髪用のカラートリートメントの方がおすすめなんです。

正直どこかどう違うのかがよく分からない人が多いと思うので、これから分かりやすく説明していきます!

普通のカラートリートメントより白髪用の方が超優秀!?そのワケ

実は、普通のカラートリートメントは「おしゃれな色」を楽しむもののため、カラーバリエーションが多いのが良いところ。

ですが、その分色持ちや髪のケアにはそこまで力を入れていないため、普通のカラートリートメントは約1週間しか色持ちせず、髪の補修力も少ないため美髪ケアもあまり期待できないんです。

逆に白髪用は「染めた白髪をどれだけ長く隠せて若々しい髪を保てるか」が重要なため、色のバリエーションは少ないものの色持ちは約2週間、若々しい髪にするために美髪ケアもバッチリ出来るものばかりなんですよ。

つまり、白髪用のカラートリートメントを選んだ方が茶色い髪を長持ちできて、染めてもきれいな髪を保てるってことになるわけです。

ダメージ0で短期間でがっつりいけるカラートリートメントはココにちゅうも~く!

そうなると、どこに注目すればいいか悩む人も多いと思いますが、実は下の3つのポイントさえおさえておけば、簡単に理想の髪に出来るカラートリートメントを見つけることが出来ちゃいます。

ここさえしっかり押さえておけば、何も問題ありませんよ!

① 植物染料・HC染料・塩基性染料の3種類が配合されていること

最初に注目して欲しいのはやっぱり染まり具合。

ヘアカラートリートメントはヘアカラータイプより染まりが良くないものの、植物染料・HC染料・塩基性染料の3つが配合されていると、かなり染まりが良いカラートリートメントと言えるんです。

この3つが配合されていることにより発色の良さや色の定着率がかなり変わるため、染料が2つしか配合されていないものは染まりが悪くなることもあるんですよ。

② 何が無添加であるかしっかりわかること

また、髪や頭皮をボロボロにしたくないのなら無添加のものを選ぶとグッド。

しかし、無添加と言っても中身は様々あるため、例えばジアミンやパラベンなどのアレルギーが起きる可能性がある成分を配合していないなど、何を使っていないから無添加なのかは知っておいて損はないんです。

③ トリートメント効果がきちんと期待できるかどうか

そして、やっぱり最後に気にして欲しいのがどれだけきれいな髪を保てるか。

ヘアカラートリートメントと言うからには、どれもトリートメント効果がありそうと思うかもしれませんが、商品によってはトリートメント効果が物足りないものもあります。

それに、美髪ケアと言っても髪をサラサラにしたいのかツヤツヤにしたいのかでもまた変わってくるので、どういう効果を求めているのかはきちんと知っておくと良いですよ!

茶髪から黒染めも対応可!?茶髪キープに役立つ白髪用のカラートリートメントはコレ!

茶髪から黒染めも対応可!?茶髪キープに役立つ白髪用のカラートリートメントはコレ!

そんな3つの条件をしっかり満たしている白髪染めトリートメントが、利尻ヘアカラートリートメントです!

利尻ヘアカラーは若い人も使いやすいカラートリートメント

利尻ヘアカラーは、特に白髪用のトリートメントの中でもかなり染まりがよく、先ほど話した3つの染料、植物染料・HC染料・塩基性染料を使用しているため、こんなにもしっかり染まっちゃいます。

ダークブラウンは一番の人気色

白髪100%の毛束が1回でここまではっきり染まるため、染めれば染めるほど色濃くなっていくのも特徴ですね。

しかも、元々アレルギー持ちの人でも使えるようにジアミンやパラベンと言った成分が配合されていない無添加のため、髪や頭皮がボロボロになる可能性も減らせます。

代わりにトリートメント効果が高いため、髪に潤いを与えて指通りの良いみずみずしい髪に仕上げてくれるんです。

使えば使うほど髪質が良くなるので、むしろトリートメントとしても使えるのかもしれませんね!

超意外!白髪用のカラートリートメントで茶髪にしている女子大生も多かった!

超意外!白髪用のカラートリートメントで茶髪にしている女子大生も多かった!

でも、染まり具合などの実験した画像を見ても、実際に使った人がどう思ったのかが分からないとなかなか手は出せませんよね。

もしかしたら、使ってみた人はあまり良くなかった…などと思っている可能性もあるわけですし。

でも実は利尻ヘアカラーの効果に満足している人ってとても多かったんです!

 

p=5102_twitter1 p=5102_twitter2 p=5102_twitter3

このように、意外と若い人でも利尻ヘアカラーを使っている事が多く、特に髪質も良くなることから美髪ケアもかねて使っている人が多いということが分かります。

やっぱりどれだけきれいな色に染めても、サラツヤな髪を保てるのならそっちの方が使いたくなりますよね。

もしかしたらあなたの友達のきれいな髪をしているあの子も、利尻ヘアカラーを使って美髪ケアをしつつ染めていたのかもしれませんよ!

まとめ

ヘアカラートリートメントは黒髪を染めるのには向いていないため、一度茶色に染めてから使うことをおすすめします。

特に、利尻ヘアカラーは髪の染まりも良くトリートメント効果も高いため、納得できる髪に仕上げられる可能性が高く、きれいな髪を保ちながら染めたい人がよく使っている商品でもあるんですよ!

実際に使ってみた人も納得の仕上がりに出来た人が多いため、使ってみるときっと利尻ヘアカラーの効果を実感できますよ。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です