ヘナ染め初心者必見!?ヘナで白髪染めする頻度や使い方まで、確実に納得できる仕上がりにするポイント教えます!

ヘナってどれくらいの頻度で染めればいいの?

これって初めてヘナ染めに挑戦する!と思っている人であれば、誰もが一度は考えることではないでしょうか。

特に美容院や自宅で白髪染めをしていた人だと、染める頻度だけではなく手間もかかってしまいそうって思ってしまいがち。

もっと言うとどの程度染まってくれるのか、どれくらいの期間で色落ちしてしまうかも気になるはずです。

そこで今回は初めてヘナ染めに挑戦する人でも確実に納得いく仕上がりを実現する”頻度”についてお話していこうと思います。

確実にヘナ染めでキレイな髪色を取り戻したい!

そう思っている人は是非参考にしてみてくださいね。

そもそもヘナで白髪染めする”頻度”って、実は決まっていない!

そもそもヘナ染めの頻度って明確な決まりがない!

まず最初にハッキリ言っておきます!
ヘナ染めする頻度って実は決まっていません!

なんて言うと、美容院やメーカーに問い合わせて

「1ヵ月に1回で良いよ♪」
「1週間に1回染めることをオススメします!」

と言われた人はびっくりすると思いますが、正直な所ここで言われる頻度って、その人の考えや都合でしかないんですよ。

というのも、そもそもヘナって基本的に『植物由来の染料』を使って髪を染めるため、そのため、一般的な白髪染めのように髪の中まで入り込んで色素に直接働きかけることはしません。

つまり、髪をコーティングする形で白髪を目立たなくさせるものってワケです。

そのため、『白髪が気になったら染める』って感じで使い続けて良いものなんですよ。

初めてヘナ染めする人はある程度短いスパンで染める必要があるだけ!

とはいっても、初めてヘナ染めに挑戦するって人は注意が必要です。

さっきも言ったけどヘナ染めは髪の表面にしかとどまることができないから、どうしても使い始めは髪に染料がなかなか定着してくれません。

早い話、どれだけ長い時間放置しても色落ちしやすい状態になっているってワケ。

だからこそ使い始めてから3回くらいまでは、週に1回の高頻度で染めて髪にヘナを馴染ませる必要があるんですよ。

そう言われるとちょっと手間がかかると思うかもしれませんが、ある程度髪に馴染んでしまえばこっちの物。

色落ちしにくくなったな~と感じたら徐々に染める頻度を長くしていくようにしましょう。

初めてヘナ染めする方は要チェック!染める前に知っておいて欲しいこと

初めてヘナ染めに挑戦する人は事前に知っておきたいことがいくつかあります。

また初めてヘナで白髪染めしようと思っている人って元々別な白髪染め、例えば市販の白髪染めを使っていた人もいれば、パーマを当てていた方もいると思います…が!

実はそんな人ほどヘナを使い始めると、『仕上がりに納得できない!』って思ってしまうことが多いんですよ。

元々ケミカル剤で染めていた人は”ヘナショック”に要注意!?

というのも、市販の白髪染めなどのヘアカラー剤やパーマ剤などを使った後って、髪は思っている以上にダメージが残っている状態なんです。

皆さんも染めた後やパーマを当てた後って『ちょっと髪がギシギシしてるな…』って思ったことがあると思います。

そんな傷んだ髪にヘナ染めをしてしまうと、妙に髪がギシギシしたり変な色に染まっていたりと、仕上がりが悪くなる”ヘナショック”が起きることが多いんです。

ヘナショックが原因でヘナ染めを辞める人は多いけど、我慢して続けることを選択して!

ただ、そんな『ヘナショック』って裏を返せば、アナタの髪を健康な状態に戻すためのデトックス期間でもあります。

市販商品や美容室のヘアサロンなどで一般的に使うヘアカラーでの白髪染めは、先ほどから言っているように髪に甚大なダメージを知らず知らずのうちに与えてしまっているんです。

ヘナはそんな髪質も染めながら改善し、本来の美しさ・健康を取り戻す手伝いをしてくれます。

まり、初めてヘナ染めに挑戦してみたけど…

  • 仕上がりが悪い!
  • ヘナって自分に合わないのかな?
  • 超色落ちするじゃん!

そう思ってしまうような状態になってしまうのって、実は当たり前のことだったってワケ。

だからこそ説明した週1回に染めることってとっても大事なんですよ。

髪にヘナを馴染ませることで、染まりを良くするだけじゃなく、髪そのものも健康な状態にしていく。

そう考えるとなんだか希望が持てませんか?

ヘナ染めし続けている人から学ぶ!今後使い続けることを考えた時の染める頻度は?

染め続けることを考えた時の染める頻度はどれくらい?

さて、ここまで『初めてヘナ染めに挑戦する人』の染める頻度についてお話してきましたが、今後ヘナ染めを続けていくことも考えると、ある程度使い続けていく場合の染める頻度もちょっと気になるトコロのはず。

先ほど「気になったら染めてOK!」なんて言いましたが、やっぱり定期的に染めるのであればある程度の頻度は参考にしておきたいですよね。

というわけで、ヘナ歴の長い愛用者の意見をまとめてみました!

だいたい1ヵ月に1回のペースで染めるのが定番だった!

あごのラインのショートボブで、1ヶ月に一回染めます。使い方は説明書通りです。2箱を3ヶ月くらいで使うので、割とたっぷり目に塗ってます。当然ですが、生え際や頭頂部などは、髪の毛が見えなくなるくらい厚めに塗った方が染まりがいいです。あとはタオルとシャワーキャップ。夏は2時間くらい、冬でも3時間くらいは、家事や半身浴をしながら時間を置いてます。

(参考:楽天)

今のところ4週間置きにヘナしています。1つに二袋入っているのでコスパもいい。

(参考:アットコスメ)

こうして見てみるとわかるように、ヘナ染めしている人の中でも特に『1ヵ月に1回』の頻度で染めている人が一番多くいました。

個人的には染め方の特性上、色落ちが比較的早いと思っていたんだけど、それは杞憂だったみたいですね。

ちょっと放置時間は長いけど、一般的な白髪染めと同様の持続力を十分期待できると考えると、ちょっと使ってみたいと思いませんか?

気になる人はちょっと頻度が多い「2~3週間に1回」で染めている

取説通り使って、黒髪部分は殆ど変化なし。白髪はオレンジ色に染まり、自然なメッシュに仕上がります。リタッチは2、3週間に1回、ケミカル製品とほぼ同じ頻度です。使用開始前と比べると、全体にハリとコシが出たように感じます。

(参考:Amazon)

私は、白髪染め目的で使っていますから、気軽に、ヘナをしたい時に、こちらのヘナを使っています。大体、2週間に1度のペースです。生え際の白髪がキラリと光るとヘナをしたくなります。

(参考:アットコスメ)

そして次に多かったのが2、3週間に1回の頻度で染めている人!

上記の口コミでもわかるように、白髪がキラッと目立つのが気になった人が染めているようです。

ヘナは個人差もあるし毎日の生活習慣の違いで色落ちに多少違いが生まれてしまうもの。

そのため、白髪がどうしても気になるのであれば、2~3週間で色落ちしてしまう、そう考えて使ってみるのも一つの手だと思いますよ。

【知っトク情報!】ヘナ染め歴が長い人は染める頻度だけではなく○○して染めている!?

ヘナ染め歴が長い人の使い方のコツもちょっと知っておこう!

加えて、ヘナ染めの愛用者の意見を見てみると説明書通りに使っている人もいれば、ヘナで染料を作る時や染めた後に一工夫加えて染め上がりにより満足している人も多くいました。

そこで最後にちょこっとだけ、その中でも特に気になったコツについてお話しておこうと思います。

空気の層を作るイメージで使う?

ヘナ歴10年以上になります。

(中略)

今までの使用方法と違い、濡れたままの髪に塗って、1時間ほどで流し、しかも自然に乾かすといいとの事!全く今までの方法と違うので、最初は「??」でしたが説明通りにやりました。すると、なんかモチが今までと違うと感じました。1週間しても、あまり白髪部分が目立ちません。今まで使ったどのヘナよりモチがいいと思います。「空気の層を作るのが大事」とは驚きでした。

(参考:Amazon)

まずはヘナ染め勝因の説明書通りにやってみた人の意見から見てみましょう。

上記の口コミで気になるポイントは「空気の層を作る」ところだと思うんですが、実はこれってヘナだけではなく”木藍”を利用して染めるときに大切なポイントなんですよね

そのため、ヘナ100%で染めようと思っている人は関係のないことのように感じてしまうと思います。

しかし、ヘナ100%の白髪染めってどうしてもオレンジ系の明るい色に染まってしまうもの。

ヘナ+木藍商品ってこのような商品!

暗い色に染めたくて木藍も使われているヘナ染め商品、例えば上のような商品を使う時は、乾いたタオル(黒系の色が汚れは目立ちにくいですよ)を巻いて、その上からアルミキャップなどをふんわり被るようにしましょう。

染料を髪に付けた後にドライヤーで加熱+放置時間を長くする!?

ヘナ歴8年。

(中略)

オレンジを半々にミックスしたものを白い部分、生え際と頭頂部の根元部分に塗る。そして今度は②のオレンジだけ溶いたもの(これはダマができにくくなめらかでした。私はお湯の温度は指示どうりの42~43℃測って。浄水器の水を使っています。)を残り全体毛先まで塗り、ラップでおおってドライヤーで加温。

その後家事をしながら約3時間そのまま過ごして洗い流しました。

ワクワクの仕上がりは。。。ナイス!

頭頂部の白髪が多いところは明るいブラウン、全体的には濃いめのブラウンベースに明るいブラウンのメッシュが入った感じ。屋外で光に当たるともっと明るいのでは。

(中略)

ヘナは最初はキシキシして色も入ってないかな?!と思うのですが2~3日すると落ち着いてきますよ。

私は今回は時間をかけたせいか、洗い流す時なめらかな感じがして、色もしっかり入ってる感じです。

(参考:Amazon)

そしてこの口コミは説明書の使い方…というよりも染料を付けた後のワンポイントテクニック。

私たちの髪って実は日光などの紫外線や温かい場所にあると、髪の表面のキューティクルが開きやすく、逆に寒い場所などではキューティクルがキュッと閉じているですよ。

そのため、ドライヤーなどで軽く髪を温めることで、より染まりやすくすること出来ます。

そう考えると、このテクニックはかなり役立つ情報と言えるのでは?

ヘナ+○○で染まりだけではなく指通りも良くなるってホントなの?

そして意外に多かったのが、ペーストを作る際に色々混ぜて髪に塗布している人!

最早ヘナの醍醐味のように感じますが、各々自分なりにいろいろ付け足して髪に付けている人って本当に多いんです!

その中でも特に多かったのがこの2つ!

植物油系を足せば染めた後のパサつきをおさえられる!

オリーブオイルを入れて時々かき混ぜつつ約30分放置

(参考:アットコスメ)

まずはオリーブオイルにホホバオイル、グレープシードオイルなどの植物油をペーストに混ぜること。

実はヘナって髪の油分を吸収する作用がやや強いため、人によっては髪がパサパサになってしまうこともよくあるんですよね。

そのため、このように植物油を混ぜることって非常に有効なコツになるんですよ。

えっ紅茶を混ぜれば○○なの?

ヘナを煮出したカモミールティーで溶く

(参考:アットコスメ)

ヘナ50gに約150ccの濃い紅茶で練って2~3時間寝かせます。

紅茶は赤みを出したい時、コーヒーは赤みを抑えたい時に使うようです。

(参考:アットコスメ)

そして意外に多かった意見としては、紅茶でヘナを混ぜること。

口コミにもあるように、染まり方に影響すると書かれているんですが、実のところ染まり具合に大きく影響すると言うことはありません…。

ただ、ヘナ独特の草っぽいニオイを消臭するところでは若干の効果があります。

そのため、ニオイが気になるって人は気にならなくなるかも…くらいの間隔で試してみるのが良いかもしれませんね。

中には様々なものを混ぜて使っている人も!

ペーストを作るに当たっては、濃く煮出した紅茶とジャスミンティーを混ぜ、卵1個、椿油、ホホバオイル、はちみつ、牛乳少々を入れて、よく混ぜます。付属の木のへらでは量が多いと混ぜにくいので、途中から割りばしを使用。滑らかなペースト状になってから、30分ほど放置します。

(参考:アットコスメ)

他には、最早ペーストを作るというより料理を作るような感覚で色々混ぜている人も多くいました。

流石に初めて染める!なんて人は敬遠したい所ですが、ある程度使い続けて慣れてきたら試してみるのも一つの手だと思いますよ。

まとめ

ヘナは植物由来の染料だけで髪を染めるため、基本的な染める頻度はアナタがどれだけ白髪が気になるかで頻度を多くする・少なくすることが大切です。

早い話、染める頻度は自分次第ってワケです。

ただ、初めてヘナ染めに挑戦しようと思っているのであれば、最初は毎週使う気持ちでいた方が確実な染まりを実感できると思います。

白髪はこの先ずっと向き合い続けていかないといけないモノ。

だからこそ、ヘナ染めともうまく付き合ってキレイな髪を維持していきましょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です