やるだけ無駄!?市販商品で部分白髪染めすると、確実に失敗する羽目になるんです!

やるだけ無駄!?市販商品で部分白髪染めすると、確実に失敗する羽目になるんです!

部分的に白髪がちらほら生えちゃっているけど、そこだけを染めるのは面倒!

そんな理由で市販の白髪染めをドバッと髪全体につけたのはいいものの、気になる部分だけが全然染まらないし、メーカーを変えても結果はまったく同じ…なーんて経験をしたことがあるはず。

実はそれって絶対に失敗するってご存知でしたか?

それでも、「やっぱ難しそうだし美容室で染めてもらった方が良いかも…。」と考えるのは一旦ストップ。

何を隠そうセルフ染めで難しいテクニックが一切いらないのに、気になった白髪部分を確実に染める方法があるんですよ。

と言うわけで今回は、その方法と市販商品で部分染めしても失敗しちゃうワケについてみなさんに紹介します!

無駄だった!?市販商品で部分白髪染めって実は失敗しやすい方法だった!

無駄だった!?市販商品で部分白髪染めって実は失敗しやすい方法だった!

冒頭で既にお話しましたが、市販商品で気になる部分だけ染めようと思ってもはっきり言って『無駄』なんですよ。

なんて言われても、ピンとこない方は多いはず。

そこでまずは、なんで染めることが無駄と言えるのか、その理由についてお話していこうと思います。

色が入りきらず仕上がりに納得できない白髪染め方法は○○が原因!

そもそも、市販の白髪染めと言えば下のような1剤・2剤を混ぜ合わせるヘアカラー剤が一般的ですよね。

1剤・2剤を混ぜ合わせるヘアカラー剤

確かに、このような白髪染めは化学反応を使って髪の内側からしっかり染める分色付きが良さそうですし、白髪の無い状態を維持しやすいと思うのも頷けます。

ただ、この手のタイプの白髪染めってキューティクルを開きっぱなしにして、髪の栄養分と一緒に色素も流れてしまうから、髪がボロボロになったり色落ちも早くなったりするんですよ。

もっと言えば、美容院でも同じようなやり方で白髪染めしているので色落ちしやすいのは一緒。

そう考えると、1剤と2剤を混ぜ合わせるヘアカラーで白髪を染めても、いずれ後悔するのが目に見えるのではないでしょうか?

まだある!部分白髪染めで失敗しやすい原因となる白髪染め方法

かといって、このようなヘアマニキュアタイプの白髪染めもおすすめはできません。

ヘアマニキュアタイプの白髪染め

こういったヘアマニキュアの白髪染めって手先が器用じゃないとしっかり隠す事ができないですし、頭皮に染料を付けてしまうと洗い流すのがとっても大変なんですよ。

しかも、気になる部分だけ染めようとしても色ムラが出来やすく不自然に見えちゃいますし…。

そう考えると、ヘアマニキュアも部分白髪染めにはあまり適していないってことにも納得できるのではないでしょうか。

部分的にちらほら生える白髪は『染めようとする』から失敗する

部分的にちらほら生える白髪は『染めようとする』から失敗する

そもそも、気になる部分だけの白髪をどうにかするために『染める』必要って、本当にあるんでしょうか?

こめかみや生え際、耳の後ろなどちらほらと見える白髪部分の為に、髪がボロボロになるのも承知で髪全体を染めるのもバカらしいですし、なかなかしっかり染まることもないはず。

もっと言うと、白髪が目立たなくなればいいのではないでしょうか。

だからこそ、「染める」にこだわらず「白髪を目立たなくさせる」ことを意識して、やり方を変えていくことが、完璧な白髪ゼロの状態を維持する方法と言えるんですよ。

カラートリートメントって実はかなり『使えるヤツ』なんです

「髪の内側から染めると失敗する」なんてお話をしましたが、カラートリートメントなら髪全体に塗っても白髪だけ目立たなくできるので、自然な髪色にすることができるんです。

とは言え、「他の商品じゃダメなの?」なんて思っちゃいますよね。

実際色んな白髪染め商品がありますし。

でも、白髪染めトリートメントって実はかなり優秀な存在だったんですよ。

そう考えると、部分的に生えた白髪を目立たなくするんだったら、リスク無しで簡単に隠せるカラートリートメントが一番と言えるのではないでしょうか。

要注意!失敗しないために見ておきたい3つのポイント、教えます!

そんなカラートリートメントですが、適当に選んで使ってしまうと失敗するだけです。

仕上がりを見て満足するためにも、今から紹介する3つのポイントはよく確認してくださいね!

① 一回である程度染まること

カラートリートメントは主に植物染料・HC染料・塩基性染料といった3つの染料を使っていますが、商品によって使っている染料やバランスに違いがあります。

そのため、髪の染まり具合にも違いがあるので、1回である程度染めることができる商品を選ぶといいでしょう。

② 肌に付いてもすぐ落とせること

また、使われている染料やバランスによって染料の落としやすさもかなり違いがあります。

髪や頭皮に付いた染料はしっかり落とさないとダメージやかぶれの原因になるので、簡単に落とせるものを使うといいですね。

③ 手軽に使えるかどうか

いかに染まり具合が良い商品でも、ゴム手袋やヘアキャップなど色々準備する必要があるものは大変ですし面倒にも感じてしまいます。

頻繁に染める必要があるからこそ、お風呂に入ったついでに使うことができたり特に準備したりする必要のない手軽に染められる商品を選ぶといいですよ。

完璧にキレイな髪色を取り戻すカラートリートメントの定番はコレ!

完璧にキレイな髪色を取り戻すカラートリートメントの定番はコレ!

そしてそんな白髪染めトリートメントの中でも、特におすすめなのが『利尻ヘアカラートリートメント』!

というのも、利尻ヘアカラートリートメントに使われている染料には、上でも軽く触れた植物染料・HC染料・塩基性染料の全部をバランスよく配合しています。

そのため

髪全体に塗って30分おいた利尻ヘアカラートリートメント

髪全体に染料を塗って30分置く!

たったそれだけで、このようにまばらに生えて目立った白髪も1発でキレイにすることができるんです。

さらに、利尻ヘアカラートリートメントは髪を染めた色がまったく落ちないのに、頭皮や手に付いた染料を洗い流すのはとっても楽チン♪

利尻ヘアカラートリートメントは頭皮や手に付いても洗い流すのがとっても楽チン

お湯で洗い流しちゃえばこんな感じでササッとキレイにできるので、染める前にゴム手袋などを用意する必要がありません!

もちろん、お風呂のついでに染めることができるので、気軽に白髪をキレイにすることができちゃいます。

ヘアカラー剤のように色々と準備したりヘアマニキュアのように難しいテクニックが必要だったりすると面倒に感じますが、利尻ヘアカラートリートメントなら若々しさを維持するのがとっても簡単なんです。

そう考えると、利尻ヘアカラートリートメントは失敗しない条件を全て満たした理想の白髪染めといえるのではないでしょうか。

ちなみに、利尻ヘアカラートリートメントは市販でも売られていますが、ネットで買った方が断然お得。

利尻ヘアカラートリートメントはネットで買った方が断然お得

白髪を目立たなくさせるためにしばらく使うことを考えると、負担はやっぱり少ない方がいいですよね。

ネットから購入すれば1,000円引きになるので、興味を持った方は市販ではなくネットで購入されてみてはいかがでしょうか。

そうすれば、安く手軽に若々しい髪色を取り戻すことができますよ。

まとめ

部分的に白髪を染めようにも、市販のヘアカラー剤ではすぐに色落ちしますし、簡単そうに見えるヘアマニキュアも意外に塗るのが難しいので失敗してしまった方も多いでしょう。

でも、ヘアカラートリートメントだったら手軽にばっちりと色を付ける事ができるのできっと満足できるはずですよ!

市販商品で失敗続きだった方は是非試してみてはいかがでしょうか。

その中でも特に利尻ヘアカラートリートメントは、失敗しない3つのポイントをばっちり押さえているので「部分的に白髪染めしたい!」なんて方にぴったりです。

お風呂のついでにパパッと染められて部分白髪のケアがかなり楽になるので、興味がある方は手に取ってみてくださいね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です