確実に変わったを実感!メンズの部分染めって実は超簡単にできちゃうんです!

確実に変わったを実感!メンズの部分染めって実は超簡単にできちゃうんです!

今どきの若い子は一部分だけいろんな色に染めておしゃれにしてるけど、こっちは一部分だけ白髪。何とかしたいなぁ。

そう思って気になる頭頂部や分け目、耳の上などの白髪だけを部分染めようとしたけど、色ムラが出るし、染まってない部分もあるしで失敗続き。

かといって美容院で染めてもらうのは予算オーバーだから、自分でなんとか自然な感じに染めたい!

なんて思っている方は多いはず…ですが!

必要な技術一切なし!誰でも超簡単、かつ完璧に部分染め出来る方法があるとしたら?ちょっと試してみたいと思いませんか?

今回はそんな不器用な方でもすぐにできる秘訣を、皆さんに紹介していこうと思います。

染めて時間が経つと茶色っぽくなるんだよな…なんて人も、是非参考にしていってくださいね。

失敗して当たり前?メンズの部分染めで色ムラ・染め残しがある原因はコレだ!

失敗して当たり前?メンズの部分染めで色ムラ・染め残しがある原因はコレだ!

部分染めで失敗する原因って、あまり気にしたことがないはず。

説明書通りにやれば問題ないはずなのに、なぜか染まりが悪かったり色ムラがあったりするのには何らかの原因が必ず理由があると思います…が!

実はソレ、単に『使ったものが悪かっただけ』かもしれませんよ。

色ムラや染め残しがあったり、色が落ちたりするのは○○が原因

というのも、実は皆さんが部分染めするときに使っている1剤・2剤を混ぜるようなヘアカラータイプの白髪染めって、元々『髪全体に使うため』に作られているので、一部分だけ気になる場所を染めるってこと自体がかなり難しいことなんです。

それこそ、専門的な技術を持つ美容師でも手を焼くほどに。

しかもこのようなヘアカラータイプの商品は、髪の表面にあるキューティクルを開いて中にある色素を直接染めています。

ここで厄介なのが「開いたキューティクルは二度と閉じない」こと。

早い話髪が痛むから色も落ちやすくなってしまうってワケです。

そう考えると、自分で部分染めして色ムラや染め残しがあったり、色が落ちたりする原因にも納得できますし、今までやっていたことがどれだけ『無駄な方法だった』のかがわかると思います。

そもそも自然な色に『染める』こと自体が失敗する元凶なんです!

もっと言うと、気になる部分だけを自然な色に『染める』こと自体が大間違い!

確かに髪の中から染めることが出来ればしっかり色も入って長持ちします。

でも先ほども言ったように髪の中まで染めてしまえば、必ずといっていいほど髪が痛み毎日のシャンプーなんかで簡単に色が落ちやすくなりますし、その部分だけしっかり染めようとするとどうしてもテクニックは必要になりますし。

そもそも、わざわざ無駄な努力をして『染める』のではなく、自然な感じに「目立たなく」なれば問題はないはずです。

そう考えると部分染めは「染める」ことにこだわらず、「目立たなくさせる」ようにやり方をシフトしていく。

これこそが誰でも簡単に、かつ納得いく仕上がりにするための秘訣と言えるんですよ。

『染める』以外の方法で気になる部分を自然な髪色に染めるならココに注目

『染める』以外の方法で気になる部分を自然な髪色に染めるならココに注目

とは言え、気になる部分を「染める」ことから「目立たなくさせる」ことへと認識を改めた時に気になることと言えば、使う商品。

どこに注目すればいいのかがキーポイントになると思いますが、これからお話する3つのポイントをおさえておけば問題はないですよ。

素手で染料に触れても大丈夫かどうか

白髪染めと言えばビニール手袋やゴム手袋を使わないとヤバいもの!なんてイメージがありますが、これってカラー剤に危険な薬剤が使われている時だけに当てはまること。

つまり、皆さんも耳にすることが多いジアミンやパラベンといった成分が使われていなければ、別に素手で扱ってもいいんですよ。

それに素手で扱えるのであればお風呂に入った時にサッと使えますし、面倒な準備も必要なくなります。

また、素手で扱えるくらい安全なら頭皮への影響も考えなくていいのでより気軽にドバっと使っていくことが出来ますよ。

1回でもある程度染まってくれること

染めずに目立たなくさせると言うことは、カラー剤と比べるとどうしても色の染まり具合が悪くなってしまうことに繋がってしまうんですが、中にはある程度しっかり色が付く商品もあります。

そのため、パッケージに書かれているような染まり具合を見るのではなく、実際にどの程度染まってくれるのかを見ておくようにすると失敗しにくいですよ。

2~3日に1回程度染めることが出来ること

これ、実は意外と重要なポイントになります。

というのも、地毛の色ってただの『黒』ではなく人によって本当に若干の違いがありますし、例えば市販の黒染めはそんな人の個性に合わせて作られているわけではないですよね。

そのため、自然な感じに気になる部分を染めるとなると、ある程度色の調整が必要になります。

だからこそ、2~3日に1回程度使って徐々に染められることも外せないポイントになってくるんですよ。

部分染めに超優秀!?自然な髪色に染めるならメンズも○○がおすすめ!

部分染めに超優秀!?自然な髪色に染めるならメンズも○○がおすすめ!

そして上の条件を満たしているのが白髪用の『カラートリートメント』です。

というのもカラートリートメントって、基本的に植物由来の色素や低刺激の染料を使って髪の表面をコーティングすることで気になる部分を目立たなくなる仕組み。

そのため、素手で気軽に扱うこともできますし、濡れた手で扱えば手に付いた染料もすぐに落とせます。

しかもその名の通り『トリートメント』なので、使うたびに髪や頭皮も労わることが出来るので、若々しい見た目を毎日ちょっとの時間で維持できるんです。

自然な髪色へ部分染めするならコレがマスト!

利尻ヘアカラートリートメント商品画像

そんな白髪用のカラートリートメントの中でも特におすすめなのが、利尻ヘアカラートリートメント!

元々敏感肌で普通の白髪染めでかぶれる!って人向けに作られており、使われている染料も低刺激なので素手で扱うこともできますし、染まり具合も抜群。

利尻ヘアカラートリートメントブラックの染まり具合

こうして見てみるとわかるように、1回である程度染まってくれますし、使うたびに色が濃くなっていくので、元々の髪色に合わせやすくなっています。

その上、髪や頭皮などの地肌を労わる成分が入っているのもポイント。

男性の方もやっぱりボサボサ・パサパサな髪質だと、年相応に見られてしまいますし『染めた感』も周りに与えてしまいます。

だからこそ、髪の色だけじゃなく髪質までも良くしてくれる利尻ヘアカラートリートメントはかなり重宝すると思いますよ。

気になる場所を部分染めして若々しさを取り戻す男性、実は多いです!

気になる場所を部分染めして若々しさを取り戻す男性、実は多いです!

さて、ここまででメンズの部分染めについてあれこれお話してきましたが、そもそもカラートリートメントで染めている男性って本当に多いのか気になった方も多いはず。

確かに周りの人がやっていない方法を自分だけやるのって、ちょっと抵抗があると思います。

でも、ご安心を。

実は男性の方ほど、白髪対策としてカラートリートメントを愛用する人は多いんです!

p=5828_twitter_1p=5828_twitter_2p=5828_twitter_3

こうして見てみると、白髪用のカラートリートメントは部分染めしたい男性の方にとっては定番中の定番。

仕事に忙しい毎日の身だしなみの1つとして利用している人が多く、毎日染めたり空いた時間を利用してがっつり染めたりと、使い方も自分好みにアレンジしているようですね。

そう考えると、カラートリートメントって男性の気になる部分染め対策としてはかなり優秀と言えるのではないでしょうか。

まとめ

最後にもう一度だけ言います。

今まで部分染めして失敗していたのは、ただ単に使っていた商品が部分染め自体に向いていなかっただけ!

だから色ムラも染め残しも起きやすく、仮にがっつり染められたとしてもすぐに色が落ちて変な感じになっていたんです。

これからは染めるのではなく、目立たなくさせることへと意識を変えること。

そうすることで誰でも簡単・確実に自然な仕上がりにすることが出来ると思いますよ。

そのためにも、利尻ヘアカラートリートメントは使ってみて損はないです。

是非一度試してみてくださいね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です