白髪染めとヘアカラーに違いはない!?まだ少ない白髪の対策はアレがマストアイテムだった!

白髪染めとヘアカラーに違いはない!?まだ少ない白髪の対策はアレがマストアイテムだった!

「ヤバッ白髪!」

鏡を見た時に数本キラッと白髪が目立つようになると、途端に「おばさん・おじさん」感が出て年を意識する人、多いはず。

とはいえ、まだ数本だけだしこの程度ならヘアカラーでどうにかなりそうだし、なんなら白髪染めとヘアカラーっで何が違うのかもわからない。

なーんて方も多いのではないでしょうか。

正直仕上がりは納得出来るものにしたいから、もし2つに明確な違いがあるのなら効果的に染められる方を使いたいって考えるはず。

でもその違いって、どういう基準で判断すればいいのか分からないですよね。

今回はそんな人のために、ヘアカラーと白髪染めの明確な違いについて分かりやすくまとめてみました!

これからお話しすることを聞けば、ヘアカラーと白髪染めについて詳しく知ることが出来ますよ。

白髪染めとヘアカラーの違いはほぼない!?

白髪染めとヘアカラーの違いはほぼない!?

まず、結論から言うと普通の白髪染めとヘアカラーは一緒。

同じヘアカラー剤に分類されるので、明確な違いって本当はないんですよ。

じゃあ判断できないじゃん!と思った人もいるかもしれませんが、実は染め方に微妙な違いがあるんです!

ヘアカラーの特徴

と言うのも、ヘアカラーって元々の髪の色を脱色してから染める仕組みになっていますが、白髪染めは元から白い毛に色を付けるため、この脱色する工程がありません。

そのため、白髪染めは脱色しない分色濃く染められるようになっており、しっかりと白髪に色がつくようになっているってワケ。

よく白髪染めを使うと白髪じゃない髪の毛が、元の色より暗くなった経験がある人もいると思いますが、それは濃く染まることがあったからなんですよ。

少ない白髪の為に『染める』のはもう辞めませんか?

少ない白髪の為に『染める』のはもう辞めませんか?

そもそもそんな少ない白髪の為だけに、白髪染めやヘアカラーのような『染める』行為をする必要ってあるんでしょうか?

でもそんな当たり前なことを常識だと思っていること自体が後悔する原因だったんです。

え?どういうこと?と思った人のために、これから詳しくお話していきます!

染めたい気持ちはわかるけど、白髪染めもヘアカラーも超危険

それだけではなく、刺激の強い成分が化学反応を起こすことによって髪のバリア(キューティクル)を開いて染めるため、髪の毛がボロボロになってしまいます。

それに加えてヘアカラーは髪の色を脱色するため、普通の髪まで脱色してしまい白髪が逆に増える可能性も!

しかも一度開いたキューティクルは二度と閉じないので、こういうタイプの白髪染めは髪の内部まで染めても、開きっぱなしのキューティクルからすぐに色落ちしてしまい、何度も染め直す羽目になるんです。

こんなダメージだらけの超危険な染め方をしているのに、何回も染め直す必要も出てくるなんて、かなりヤバい染め方をしていたってことが少しは分かったかと思います。

白髪が目立たなくなれば問題はないはず!

という事は、ここまでリスクの多い『白髪染め』をしなくても、最低限目立たなくなる程度に『白髪を隠す』ことが出来れば問題ないと思いませんか?

要は白髪って目立たなくさせればいいので、しっかり染めるのではなく元の髪色と紛れるぐらい色がつけばいいってことにもなるんです。

確かに染めるのが一番手っ取り早い方法なので、染めることしか考えられないのも無理はありません。

でも、白髪染めって本来は若々しくきれいな髪を保つために行うことのはず。

だからこそ、本当にきれいな髪を保ちたいのなら『染める』のではなく、『隠す』ことに考えをシフトしていくべきなのではないでしょうか?

ちょっとした白髪のケアを完璧にするために知っておきたい3つのこと

ちょっとした白髪のケアを完璧にするために知っておきたい3つのこと

ここまで見て『染める』のではなく『隠す』ことに意識を変えるとなると、今までと全く違う染め方になるので、どこを見て白髪染めを選べばいいのかわからなくなると思います。

実はこれからお話する3つのポイントをおさえておけば、簡単に見つけられるんですよ。

1剤・2剤混ぜたものではないこと

本来、市販の白髪染めって1・2剤を混ぜて髪を染めますが、薬を2つ以上混ぜて染める白髪染めは避けた方が無難。

と言うのも、この薬を2つ以上混ぜる形式のものって、最初にお話しした化学反応を起こして染めるタイプのものだと必ず行う工程になります。

つまり、薬剤が2つ以上必要で混ぜて使うもの、例えばヘアカラーの他だとオハグロ式などは、必ず化学反応を起こして染めているって考えた方が良いんですよ。

ですから、白髪染めの薬剤は1つしか使わないものを選ぶと、染めるのではなく隠す白髪染めを選んでいる事にもなります。

素手で扱えること

さらに、素手で扱っても染料が付かないものを選ぶともっとグッド。

市販の白髪染めは手につくとなかなか落ちないため、手袋を付けることを必須にしています。

つまり、このタイプは頭皮に染料がついてしまったら落ちにくいため、その部分だけ変に赤く染まることや、暗くなる原因にもなるんです。

しかし素手で扱えるものはすぐに落とせるので、頭皮にべったり染料が付かず、染め上がりも変になることがほぼゼロ!

特にヘアマニキュアタイプは染料もタール系色素という舗装に使っているものを使用しているのもあり、染料が付いてしまうとなかなか落ちないので、出来れば避けた方が良いですね。

白髪の無い状態を維持しやすいこと

また、白髪染めって白髪が増えているのに気づいても、手軽にすぐ使えるものが少ないですよね。

準備とか色々必要なものが多いですし、何より手軽さを求めるのはなかなか難しい事でもあります。

しかも何度も使うには最低でも1か月以上は間隔を空けないといけないので、早い段階で白髪が目立ってきても結局なにも出来ずに足踏み…なんてことも。

要はきれいな髪を保つためには、気づいたタイミングですぐに使えるものを選んでおくと、白髪のない状態の髪を維持できやすくなるってことになりますよ。

完璧!ヘアカラーや白髪染めよりも扱いやすい白髪対策はコレがマスト!

完璧!ヘアカラーや白髪染めよりも扱いやすい白髪対策はコレがマスト!

そして上の3つの条件を満たしているのが、白髪用のカラートリートメント。

でもこれからお話することに耳を傾ければ納得できると思いますよ。

白髪用のカラートリートメントはキレイな髪色・髪質の維持する力が超優秀だった?

そもそも白髪用のカラートリートメントはトリートメント効果が優れているほかにも、普通のトリートメント感覚で使えちゃうので、薬剤を混ぜるって工程がありません。

むしろそのまま素手でパパッと扱えるため、納得の手軽さ!

しかも、白髪用のトリートメントは髪の表面に色をコーティングして染めるので、普通の白髪染めのように髪が傷むこともほとんどなく、短い間隔で染め直せるため、白髪のない髪の毛を簡単に維持することも出来ちゃいます。

このように、きれいを保つのなら白髪用のトリートメントの方が優秀だと言えるんですよ!

白髪用のカラートリートメントの中でも特に優秀なのがコレ!

ここまで踏まえて特におすすめしたいカラートリートメントが、利尻ヘアカラートリートメント!

利尻ヘアカラートリートメント商品画像

利尻ヘアカラーは染まり具合がトリートメントタイプの中でも優秀で、特に1回でしっかり染まるため染め直しがそんなに必要ないのが良いところでもあります。

利尻ヘアカラートリートメントの人気色ダークブラウンで染めた画像

今回、一番人気のダークブラウンで白髪100%の毛束を染めてみましたが、1回目でしっかり染まっていますね。

その他トリートメント効果も高く、特に潤いを与える力が強いので仕上がりが指通りの良いツヤツヤ感になることも!

それに素手で扱えて簡単に洗い流せるので、手が汚れることもなければ頭皮に染料がべったり付くこともないため、色濃く染まっているように見える事や、赤くなりすぎて目立つこともないんです。

実は超簡単に染められるのでパパッと使えて、白髪が目立ってきた時点ですぐに使えるのが良いところでもあります。

こんな風に利尻ヘアカラー1つで白髪染め・美髪ケアも出来るので、一石二鳥の白髪染めとも言えるかもしれませんね!

同年代で白髪ゼロの方はみんな○○で白髪対策している

同年代で白髪ゼロの方はみんな○○で白髪対策している

でも正直、ここまで見ても本当に白髪用のカラートリートメントでケアして良いのかな?と悩む人もいるでしょう。

確かに、良い商品を知っても実際に使ってみない事にはどんなものなのかって判断できませんよね。

しかし、これを見ると白髪を気にしている人ほど、意外とカラートリートメントを利用している事が多いんです。

p=601_twitter1 p=601_twitter2 p=601_twitter3

 

こうやって見ると白髪を気にしている人ほど、カラートリートメントを使いケアしているのがよく分かったかと思います。

特に利尻ヘアカラーが人気のようで、染め上がりも髪の色も満足出来る仕上がりになったと言っている人が多い印象でした。

しかも利尻ヘアカラーは染め上がりだけではなく、画像からもわかるように髪のツヤを求めて使い始めた人も多いようなので、傷んだ髪を気にしている人も使ってみて損はない仕上がりになると思いますよ。

まとめ

ヘアカラーと白髪染めの明確な違いはないので、白髪の量が少ないとどっちを使えばいいのかが分からない人が多かったと思います。

確かに明確な違いはありませんが、白髪染めは髪をきれいに保つために行う事と言えるので、本当に髪をきれいに保ちたいのなら白髪染めでもヘアカラーでもない、白髪染め用のカラートリートメントを使うのがおすすめ!

とにかくきれいな髪を保つためなら白髪用のトリートメントが一番優れているので、興味をもった人はぜひ使ってみるとその効果を実感できるはずです!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です