まだまだ染めたいなら!かぶれない白髪染めをランキングでまとめて紹介しちゃいます!

まだまだ染めたいなら!かぶれない白髪染めをランキングでまとめて紹介しちゃいます!

いつも使っているはずの白髪染めで、頭や耳の裏側にジュクジュク・ヒリヒリした痛みが出てかぶれてしまったけど、まだまだ白髪は染め続けたいと思っているみなさん。

「1度かぶれたら2度とできないって医者は言うし、ネットでも書かれてる…。」
「そもそもかぶれた原因って何だろう?」

なんて不安や疑問があって、何を使って染めたらいいのか困ってはいませんか?

いくらかぶれたくないと思っても、以前と似たような白髪染めを使えばかぶれるのは確実…。

そう考えると原因をきちんと知ってから、安全でかぶれる心配がない白髪染めを選びたいと思うのは当然ですよね。

だからこそ今回はかぶれる原因を踏まえた上で、1度かぶれた人でも使い続けることができる、本当の意味で「かぶれない白髪染め」とは何なのかを紹介していこうと思います。

「パッチテストをしてみたらアレルギー症状が出ちゃった」なんて人もぜひ参考にしてくださいね!

ちょっと待った!そもそも白髪染めでかぶれる原因ははっきりわかってない

ちょっと待った!そもそも白髪染めでかぶれる原因ははっきりわかってない

早速、安心して使える白髪染めランキングを発表したいところなんですが…ちょっと待ってください!

おそらく、ネットで書かれている「一度かぶれたら2度と白髪染めできない」なんて情報を見て不安になった方も多いはず。

そこでまずはその原因について一緒に見ていきましょう!

ジアミンだけじゃない白髪染めのかぶれる危険が高い成分

実は白髪染めの「かぶれる可能性が強い成分」ってジアミンだけじゃなく、他にもたくさんあるんです。

具体的にどんな白髪染めの成分がかぶれを引き起こすのか見てみましょう。

成分

症状

ジアミン

酸化染料と呼ばれている染料成分で広くヘアカラー剤に使われています。

かゆみや肌が赤くなる、顔全体が腫れるといったかぶれやアレルギー症状を引き起こす可能性が高い成分です。

パラベン

防腐剤として使われている成分です。

長期間使用すると少しずつ体内に蓄積され、湿疹や皮膚炎などの症状を引き起こします。

過硫酸塩

脱色剤に含まれています。

かゆみ、発疹、発赤の症状が出る可能性があります。

タール色素

ヘアマニキュアに含まれている着色料です。

肌に触れると赤くなったりヒリヒリしたりといったアレルギー症状があらわれる可能性があります。

過酸化水素水

ヘアカラー剤の2剤に含まれている成分で、化学反応によって染料の着色を促します。

刺激があり湿疹ができることがあります。

これを見るとわかりますが、実は白髪染めにはジアミン以外にも危険な成分が想像以上にたくさんあります。

これらの成分を含んだ白髪染めをかぶれてしまった人が使ってしまうと、アレルギーを起こしたり最悪な場合アナフィラキシーショックを起こしてしまったりする危険性もあるんです。

そう考えると、白髪染めでかぶれないようにすることがいかに難しいかってことがわかるのではないでしょうか。

かぶれない白髪染めを使いたいなら「染める」ことを意識しない

また、白髪染めをしてかぶれてしまうのは、『髪の中まで染める成分』が原因で起こっていることがわかります。

ジアミンや過酸化水素水といった刺激成分は、1剤と2剤を混ぜ合わせて髪の中まで染めるために使われる成分ですからね。

そのため、ドラッグストアなどでよく見かけるこのような商品は、かぶれてしまう危険性が高いので使ってはいけません。

かぶれてしまう危険性が高い白髪染め

それに、髪を染めることにこだわっていれば、いずれまたかぶれてしまうことは避けられません…。

でもこれって逆に言えば、染めることにこだわらなければ大丈夫な気がしませんか?

要は刺激成分を使って髪の中まで染めるのではなく、髪の表面だけをコーティングして白髪を目立たなくしちゃうんですよ。

これだったら、刺激のある成分を使わなくてもいいのでかぶれる心配はありませんし、安心して白髪に色を付けることができますよね。

そう考えれば、これからかぶれないようにしたいのなら、白髪を『染める』のではなく『隠す』ことに意識を向けた方が良いのではないでしょうか。

逆にかぶれない白髪染めはどこに注目する必要がある?

逆にかぶれない白髪染めはどこに注目する必要がある?

そして、染めるから隠すことに注目するのなら商品の選び方を変えなくてはいけません。

でも、今から紹介する3つのポイントさえ押さえておけば大丈夫ですよ!

① 素手に染料が付いても大丈夫か/液だれしないか

早い話、素手で扱っても問題がないかどうか、染料が液だれしにくいかってことですね。

いくらかぶれないとは言え、頭皮以外の肌に付くと落とすのも面倒ですし、またかぶれないか気になるところ。

なるべく皮膚に刺激を与えないためにも商品を選ぶときはよく確認するといいでしょう。

② “どんな成分”が無添加となっているのか

安全性を謳っている商品は「無添加」をアピールしていますが、“何が”無添加なのか見ておくのも重要です。

というのも、「無添加で書かれているから安心!」と思いきや界面活性剤や鉱物油といった刺激の強い成分が含まれていた…なんてことがありますので、何が無添加なのかは注目して見ておくといいでしょう。

③ 頭皮・髪を保護する成分として何が使われているか

お肌の炎症を抑えたり抗菌作用があったりする成分が含まれているほど、頭皮や髪に優しい白髪染めと言えます。

「白髪を目立たなくさせるなら安全!」とは言っても少なからずお肌には刺激を与えてしまうので、そういった成分を確認して刺激を抑えられる商品を選ぶといいですね。

 

以上3つのポイントさえ押さえておけば、後は安心して白髪を隠すことができます。

そして早速、このポイントを踏まえたおすすめの白髪染めランキングを見ていきましょう!

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

髪や頭皮に安全と大好評な利尻ヘアカラートリートメント商品画像

まず初めに紹介するのが髪や頭皮に安全と大好評な利尻ヘアカラートリートメントです。

この商品の良いところはかぶれやアレルギーの心配がなく安心できる上に、染まり具合も抜群だという事!

白髪染めトリートメントって刺激成分が少なく、染まり具合や色持ちが弱いという欠点がありますが、利尻ヘアカラートリートメントはそれを感じさせずしっかりと色を付けてくれます!

利尻ヘアカラートリートメントで染めた画像

このようにまばらに生えた白髪も1回染めただけでキレイに色が付きます。

また、何回も染めるごとに色が濃くなっていくのもポイント!

おかげでだんだんと自然でオシャレな色に変化していきますよ。

そして、肝心な色持ち具合もいいんです。

利尻ヘアカラートリートメントで染めて1週間経過した画像

1週間経ってもまったく色落ちしないので、頻繁に何回も染料を塗る必要がありません。

そのおかげで気軽にオシャレを維持することができますし、髪や頭皮の刺激も抑えることもできちゃいます。

かぶれない白髪染めを選んで安全に染めるとなれば、なかなか色が付かないのが悩みの種。

しかし、利尻ヘアカラートリートメントならかゆみやヒリヒリといったかぶれの心配なく安心してオシャレを維持し続けることができるでしょう。

使われている染料は大丈夫?液だれしない?

利尻ヘアカラートリートメントに使われている染料はHC染料と塩基性染料の他、髪に優しい植物染料が使われています。

刺激の強い化学成分を使ってはいないので素手で触っても大丈夫ですし、液だれしにくいクリーム状の染料なので不必要に肌へ触れる心配もありません。

少ない刺激で髪を染めることができますよ。

どんな成分が無添加?安全に使える?

利尻ヘアカラートリートメントは

  • パラベン
  • シリコン
  • ジアミン系
  • 無鉱物油
  • 酸化剤
  • 4級アミン

といった刺激の強い化学成分が無添加で、代わりに植物由来の成分を使っています。

そのため素手で触っても問題はありませんし、一度白髪染めをしてかぶれてしまった…なんて人でも大丈夫ですよ。

頭皮・髪を保護する成分はどれくらい?

頭皮や髪をケアする成分をたっぷりと使っているのも利尻ヘアカラートリートメントの魅力です。

  • シコン
  • クチナシ
  • ウコン
  • アナトー

といった消炎や抗菌作用のある成分が含まれていますので、お肌につけてもヒリヒリ痛い痒いといった症状が起こるのを防ぎ、安心して染めることができるでしょう。

第2位 LpLp(ルプルプ)

安全性で好評のあるルプルプ商品画像

次に紹介するのは利尻ヘアカラートリートメントと共に安全性で好評のあるLpLp!

この商品も利尻ヘアカラートリートメントと同じく、刺激の弱い染料と植物染料の髪や頭皮に優しい染料を使っています。

そのためかぶれる心配がなく安心して染められるとても人気な白髪染めなんです。

ルプルプの染まり具合画像

こちらはルプルプの染まり具合ですが、真っ白く染まった白髪も1発でキレイに染まっていることが分かりますね。

利尻ヘアカラートリートメントと比べると1回染めただけでも暗めの色に染まるので、暗く自然な色で白髪を目立たなくしたい方にぴったりです。

また、色持ち具合も悪くないのがルプルプの魅力。

ルプルプで染めて1週間経過した画像

利尻ヘアカラーと同じく、安全でありながら一週間以上も色を持たせることができちゃいます!

つまり、染まり具合を覗けばルプルプは利尻とそこまで変わりませんので、より地毛の色に近い自然な色へ安全に染めたい方にLpLpがおすすめです。

使われている染料は大丈夫?液だれしない?

ルプルプに使われている染料はHC染料と塩基性染料の他に自然由来の染料が使われています。

つまり、利尻ヘアカラートリートメントと同じく刺激の少ない染料だけを使っているので直接触っても大丈夫ですし、髪や頭皮に塗ってもかぶれの心配がなく安心して白髪を染めることができますよ。

また、ルプルプはクリームタイプの染料なので液だれは少ないですが、髪が濡れていると垂れてくることもあるのである程度乾かしてから使うと安全に染めることができるでしょう。

どんな成分が無添加?安全に使える?

ルプルプは以下の7成分が無添加です。

  • ジアミン系塗料
  • タール系色素
  • 脱色剤
  • シリコン
  • パラベン
  • 合成香料
  • 鉱物油

ジアミンを使っていないのは当然の事、パラベンや鉱物油といったアレルギーの可能性がある成分も使っていないので安心して染めることができるでしょう。

頭皮・髪を保護する成分はどれくらい?

ルプルプは独自成分「ルプルプWフコイダン」やヒアルロン酸にひまわり油などの5種類の植物オイルを配合しています。

Wフコイダンが頭皮の表面をうるおいで満たし、毛穴の奥へ浸透してかぶれの症状を防いでくれるおかげでかぶれの心配なく安心して使い続けることができるでしょう。

第3位 マイナチュレ

髪や頭皮のケア効果が非常に高いマイナチュレ商品画像

最後に紹介させていただくのは髪や頭皮のケア効果が非常に高い白髪染め、マイナチュレです。

このヘアカラートリートメントはHC染料と塩基性染料という2つの低刺激染料をうまく配合しています。

植物由来の染料も使っている利尻ヘアカラーやLpLpとは違って少々刺激がありますが、色の付き具合は抜群で1回染めただけでもばっちり染まるんです。

また、放置時間の目安がわずか10分と紹介した商品の中でも一番短いのもポイント。

あまり時間をかけずに安心してキレイな色を付けたいという方はぜひマイナチュレを試してみてはどうでしょうか!

使われている染料は大丈夫?液だれしない?

マイナチュレはHC染料と塩基性染料を使っており、植物由来の染料を使ってはいません。

そのため、既に紹介した利尻ヘアカラーやLpLpと比べると刺激は少し強いですが、どちらの染料も刺激がもともと弱いため安心して使うことができます。

また、クリームタイプなので基本的に液だれはしませんが、髪が濡れ過ぎていると液だれすることもあるようです。

タオルである程度髪を拭くことで安心して使うことができるでしょう。

どんな成分が無添加?安全に使える?

マイナチュレは

  • 合成香料
  • シリコン
  • 鉱物油
  • パラベン
  • ジアミン
  • 紫外線吸収剤
  • サルフェート
  • タール色素

といった成分が無添加です。

ジアミンを使っていないのはもちろん、他の刺激成分も使っていないおかげでかぶれの心配なく安心して染めることができますよ!

頭皮・髪を保護する成分はどれくらい?

マイナチュレには髪や頭皮を保護する

  • オレンジラフィー脂
  • ペリセア
  • γ-ドコサラクトン
  • ケラチン
  • セラミド

といった成分をたっぷりと含んでいます。

これらの成分が髪に頭皮に働きかけて、ヒリヒリと痛んだり痒くなったりする症状を緩和してくれるでしょう。

1度かぶれてしまった人でもアレルギーの心配なく安心して使うことができます。

1度かぶれた白髪染めを使い続けた人を見るとヤバさが伝わるはずです

1度かぶれた白髪染めを使い続けた人を見るとヤバさが伝わるはずです

さて、ここまではかぶれない白髪染めについていろいろとお話してきましたが、逆にかぶれたのに同じ白髪染めを使い続けるとどうなるのか、気になった方も多いはず。

別にそこまで重症化していなければ、使っても問題ないと感じますし。

でも、それって大間違い。

ジアミンなどの刺激の強い成分が含まれている染料に触れてしまうと、このように手が荒れるなどのアレルギー症状があらわれます。

ジアミンなどの刺激の強い成分が含まれている染料による手荒れ

さらに、髪や頭皮にはヒリヒリとした痛みや痒みといった不快な症状があらわれ、液体が滲み出るくらい酷い状態が何か月も続くんです。

ヒリヒリとした痛みや痒みといった不快な症状が髪や頭皮にあらわれる

中には1年経っても完治しない…なんて人もいますし、もっと酷いと首や耳周りなど広い範囲に湿疹ができることもあります。

首や耳周りなど広い範囲にできる湿疹

思わず「うわぁ…」と思うような酷い有様ですよね。

ネットで調べると「ヘアカラー剤でかぶれてしまった人は2度と使っちゃダメ!」と紹介されているのはこういったことが理由で書かれています。

このようにかぶれの症状がずっと続くのは当たり前の話イヤではありますが、かといって老けた印象にさせる白髪をそのままにはしておけません。

そこで、かぶれの心配が無く白髪を目立たなくしてオシャレを維持し続けるためにも、今回紹介した白髪染めを使ってみてはいかがでしょうか?

1度かぶれてしまった人でも再発することなく、安心して若々しい髪を取り戻すことができますよ。

まとめ

一度かぶれてしまった方がまた染めてしまうとアレルギヤーアナフィラキシーショックを起こす可能性がありますので、2度とヘアカラー剤を使って髪を染めてはいけません。

しかし、今回紹介した3つの商品を使って白髪を目立たなくさせるなら、アレルギーを引き起こすジアミンやタール色素といった刺激の強い成分を使っていないので安心してお使いいただくことができます。

一度かぶれて怖い思いをしても、一気に老けた印象に見せる白髪はそのままにはしておけませんよね。

かぶれるのは怖いけど白髪をなんとかしたいと思っていた方はぜひ今回紹介した商品を手に取ってみてください。

オシャレに染めて、医者いらず。安心して若々しさを維持し続けることができるでしょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。