白髪染めでかぶれたら!美容院がしてくれることとは

白髪染め かぶれ 肌荒れ 美容院 0

 セルフで白髪染めをした後、頭皮や顔周辺にかぶれ症状が出てしまったら、プロフェッショナルのいる美容院に解決してもらおう!と久々に足を運ぶ方が多いようです。 

突然出てきたひどいかゆみと湿疹、ボロボロなお肌を前にして、美容院ではどんな美の魔法をかけてくれるのでしょうか。そして、お肌が荒れると、心も荒れる女性のセーフティーネットであってくれているのか。予約の前に、予備知識を付けておきましょう。 

どうしてかぶれたの? 

白髪染め かぶれ 肌荒れ 美容院 1

まず、どうしてホームカラーでかぶれてしまったのか、心当たりはありますか?白髪染めでかぶれる方のほとんどは、パラフェニレンジアミンなどのジアミン系染料が原因です。 

劇薬!ジアミン系染料

ジアミン系染料はアレルギーを起こすことのある物質で、劇薬にも指定されています。どうして、そんな危険のお墨付き物質、髪につけちゃうの?と思われるかもしれません。

ジアミン系染料を使う理由

ジアミン系染料は、日本人の髪色を自然な感じに明るくできるので、理想の髪色を作ってくれる、夢の染料でもありました。優秀な染料として、危険性には目を背けて重宝されてきたんです。

 ジアミンは、ほとんどのヘアカラー、白髪染めと呼ばれるものには含まれています。劇薬指定されていますので、パッチテストの義務があります。 

パッチテストとは?

パッチテストとは、そのカラー剤を使ってもお肌が負けないかどうかチェックするためのテストです。実際に使う薬剤を腕の内側に塗り、48時間放置して異常がないか確認します。問題ないことをしっかり確認してから、ヘアカラーのGOサインが出ます。

 このテスト、染めるたびごとに実施が義務付けられています。全体染めだろうが、根本の部分染めだろうが、毎回テストしなくてはいけないものです。

パッチテストの現実 

そうは言ってもパッチテストの存在は、ご存じだったのではないでしょうか。白髪染めの箱にデカデカと書かれていますもんね。しなきゃいけないと分かっていても、面倒くさくて自分は大丈夫!という無根拠な自信を持ち、パッチテストを行わない方が多いんです。 

48時間の壁 

48時間放置と言う長さがきついですよね。「そろそろ白髪目立ってきたし、染め時かも」と思い立ってから、2日待たなければいけないんです。パーセンテージは計測していませんが、ほとんど実施されていないでしょう。

 そういった成り行きで、アレルギー性のかぶれを発症したわけですが、美容院での救済措置をチェックしてみましょう。

美容院ではどうなの? 

白髪染め かぶれ 肌荒れ 美容院 2

美容院では、ホームカラーよりも優しめの薬剤を使います。市販のカラー剤は、素人でもきれいに染まる配慮がされていて、その配慮って、薬剤を強めることなんですよね。その結果、強い薬剤がお肌を刺激してしまいます。

 その点で美容院は、お肌の負担を考えてくれていますよね。ただし指定がない限り、最も優秀で有毒な、ジアミン系染料を使用している美容院がほとんどです。 

美容院ではパッチテストはしない? 

美容院でもジアミン系を使うとなれば、美容院でもパッチテストをするのが義務となります。ただ、今までの人生の中でこんなお話、聞いたことありますでしょうか。 

染める2日前に美容院に行き、パッチテスト用の薬剤を貰ってパッチテストを自宅でやりました。かぶれなかったので、美容院に行って白髪染めしてもらいました。 

恐らく、ないですよね。

よっぽど手厚い美容院でなければ、パッチテストの存在も教えてくれないと思います。本当にお肌を考えてくれているならば言ってくれるでしょうが、美容院だって慈善事業じゃありません。省略できるところは省略したいのが本音でしょうね。

美容院のかぶれ対策って? 

ジアミンを危険視して、かぶれ症状を防いでくれる美容院はなくても、ジアミンによるかぶれ経験者向けの白髪染めを用意している美容院もあります。 

白髪染め 美容院 ノンジアミン +土地名(東京、横浜、仙台 など)

 こういった検索ワードで検索すれば、ジアミンを使わない方法で染めてくれる美容院を、GoogleなりYahoo!なりが紹介してくれることでしょう。ここでいう美容院のノンジアミンとは、ヘナを主成分とした植物性染料であることがほとんどです。 

美容院が用意するヘナとは? 

ヘナは、ヘナ100%ではオレンジ系に明るく染まるので、他の染料と混ぜ合わせて使います。植物性が安心というわけではありません。ヘナ自体のアレルギー発症例は少ないのですが、他の植物に、アレルギーを起こす危険があるんです。

認知度こそまだ低いものの、ジワジワと注目を集め始めているヘナ。セルフカラーでヘナを使用する場合は、以下の記事も是非参考にしてみてくださいね。

インディゴ(インド藍)に注意 !

ヘナと一緒に使われるインディゴ(インド藍)がアレルギーを起こしやすいんです。植物性に切り替えたからって、晴れてかぶれ卒業できるわけではないんですよね。そして、ジアミン系と同じくパッチテストもされず、ベターっと塗られてしまうんです。 

これがプロにできる、最善のお肌に優しい白髪染めなの?と聞いてみたいものです。

美容院を使った場合のコスト

白髪染め かぶれ 肌荒れ 美容院 3

もしも、美容院のヘナ系染料をスムーズに使えたとしたら、どのくらいの費用が必要なのでしょうか。

ヘナの色もちは? 

ヘナは、髪のたんぱく質に色素を絡めつかせて染色します。染めた後、徐々に発色して2~3日後に最も美しい色になり、その後は色あせて、三週間も経つと白髪が目立ってきます。傷んだ髪の毛だと、色あせのスピードも速まります。 

ヘナを続けるためには、色あせもカバーしつつ、新しく生えてきた白髪も対処しなくてはいけません。 

ジアミン系の料金 

通常、ジアミン系白髪染めでしたら、染め終わった白髪の色落ちはほとんどなく、生えたところだけの色付けとなります。これが通称「リタッチ」と呼ばれるもので、使う薬剤の量を抑えることができますので、料金も半額以下で設定している美容院が多いんです。 

ヘナで染め続ける料金 

しかし、ヘナの場合は

  • 色あせてきた白髪
  • 根元の新しい白髪

どちらも染める必要がありますので、通常料金になってしまいます。ちなみにヘナは普通の白髪染めの1.2倍程度に設定されていて、ちょっとお高め。 

お肌の気遣い代と思えば安い?いえ、安くないです。ヘナの他にも、かぶれ経験者向けに、「ヘアマニキュア」も美容院でできますが、こちらに使われるコーティング剤も刺激が強いので、オススメできません。 

まとめ

美容院は意外なことに、頭皮がかぶれてしまった方には冷たいってことがお分かりいただけたのではないでしょうか。圧倒的多数を誇るかぶれないお客さんが大だとしたら、かぶれてしまった私たちは小なんです。小を捨て大に就くってことわざそのままです。 

そんなとき、私たちにはかぶれ経験者を大としてくれているヘアカラートリートメントがあります。かぶれにくい染料(HC染料+塩基性染料)で、トリートメント効果もあって、毎日のケアに使いたいものばかり。

私を主役として扱ってくれる、そんなヘアカラートリートメントをオススメします。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です