白髪染めシャンプーランキング おすすめ良品が集結

白髪染め シャンプー ランキング おすすめ 0

普段使いしているシャンプーと同じ要領で、白髪を染めることができる白髪染めシャンプー。

一見便利に思えますが、白髪染めシャンプーのなかには、しっかりと色が入ってくれる製品から何度シャンプーしても代り映えのしないものまで多々あります。

「やみくもに選んで買ってみたら、全然染まらずお金を無駄にしてしまった…」

そんな悲劇を避けるためにも、今回は、市販の白髪染めシャンプーでおすすめのものを当サイトの基準で判断し、ランキング形式でご紹介してまいります。

白髪の染まりを深くする方法や、おすすめの併用アイテムもありますので、一緒にご確認ください。 

間違いなし!(良品)白髪染めシャンプーの選び方

白髪染め シャンプー 選び方

白髪染めシャンプーは、普段欠かさずしているシャンプーをするだけで白髪も染められるため、人気急上昇中のアイテムです。

この流れを逃さぬよう、各メーカーも新商品を続々と発表しています。 

しかし、どんどん増え続ける製品の中から、どれを選べばよいのか分からず、挙句の果てにとんでもない粗悪品を購入してしまう方も。

自分と相性が合わない製品や、染まる気配がないような白髪染めに遭遇しないために、以下のポイントを押さえておきましょう。

髪と頭皮に優しい白髪染めシャンプーか 

白髪染めシャンプー 髪 ダメージ

白髪染めシャンプーを選ぶ際の基本となるポイントは、髪の毛や頭皮へのダメージが少ないこと。

いくら白髪がしっかり染まったとしても、髪がパサついたり、頭皮がヒリヒリしたりしまっては、日に日に印象が悪化してしまいますよね。

ですから、白髪染めシャンプーは刺激が少なく、髪と頭皮を保護する成分を配合した製品を選びましょう。 

洗浄力がマイルドなアミノ酸系シャンプーや、フコイダン(保湿効果)配合シャンプー、ヘマチン(髪の補修・メラニン色素サポート効果)配合シャンプーなどがおすすめです。

白髪の染まり具合は良いか 

白髪染め シャンプー 染まり具合 確認

白髪染めシャンプーは一般的な白髪染めヘアカラーに比べ、染毛力があまり高くありません。

そのため、すぐにでも白髪を隠したいという方には不向きです。

公式サイトに行けば、どれぐらいの使用で染まるのか、染まり具合のビジュアルを確認することもできますが、生の声である口コミが一番頼りになるかと思います。 

何人かの体験談を読んで総合的に判断し、試すかどうかを決めましょう。 

コストパフォーマンスは優れているのか 

白髪染めシャンプー 選び コストパフォーマンス

前述の通り、白髪染めシャンプーは1回でしっかり染まらないため、ほぼ毎日使うことが求められます。

毎日の使用を想定した場合、コストパフォーマンスは満足いくものなのか。

他の白髪染めの方法に切り替えたほうがマシ・お得、なんてこともありますので、意外とおさえるべきポイントになります。 

白髪染めシャンプー おすすめランキング 

それでは、 

  • 髪と頭皮への優しさ―保護成分の充実度
  • 白髪への染まり具合―口コミの評判
  • コストパフォーマンス―1回4ml使用で試算

この3点から、白髪染めシャンプーランキングでご紹介していきます。 

第1位 利尻カラーシャンプー 

髪と頭皮への優しさ

白髪への染まり具合

染料

  • 塩基性染料
  • HC染料
  • 天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)

髪の保護成分

  • 利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど27種類
  • トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー

香料

無添加

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュラルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200ml

価格

初回WEB限定:2,500円

通常:3,500円

コストパフォーマンス

1日あたり50円~70円

送料

540円

2本セットなら無料

堂々たる第1位に輝いたのは、日本一売れている、利尻ヘアカラーシリーズのシャンプー!

利尻ヘアカラーシャンプーは、ジアミン・パラベン・鉱物油・シリコンなどの刺激成分が入っていない無添加のアミノ酸系シャンプーに、2つのカラー剤と天然の植物染料を配合した白髪染めです。

キメ細やかな泡が髪にしっかりと付着し、根元までキレイに染められると人気を集めています。

利尻ヘアカラーシャンプーの特徴はなんと言っても、髪のキューティクルを補修し、頭皮環境を整える27種類の植物成分。

特に天然利尻昆布エキスは保水力に優れ、髪の毛や地肌を保護するので、白髪染めにおけるトラブルの心配なく染め上げることができます。

髪の短い男性や女性に人気で、リピート率の高い利尻ヘアカラーシャンプー。

敏感肌で、他の白髪染めでかぶれた経験がある方でも、安全に白髪染めを遂行できますよ。

利尻カラーシャンプーの染まり具合と口コミ

利尻カラーシャンプーを使用した時の、白髪への色の移り方が分かる図です。(上の図は一番人気のダークブラウンを使用しています)

1回目からしっかり着色が始まって、10回目ではかなり色濃く、深みが増しています。口コミも確認していきましょう。

  • 泡立ちがよくて、すぐに髪の毛に密着してくれるので、生え際も根元もきれいに染まりました。
  • 毎日使っているからか、色落ちは感じたことがないかな。
  • 原料が天然のものばかりで安心できました。
  • 頭皮と髪にトラブルもなく、安心して染められています。
  • 利尻カラーシャンプーは刺激成分がないので、ピリピリ感じたことはなかったです。
  • 髪の毛をパサつかせることもなく、白髪染めできて良かったです。コンディショナーいらないくらいですよ。
  • シャンプーで潤わせながら染められるから、好きです。
  • 使って6日目から、生え際まで完璧に染まりました。爪の間への色の入りこみ防止に、手袋をつけてシャンプーしています。
  • 2回シャンプーした段階で、今のところ染まっていない。もう少し様子を見ないと。

成分の優しさや、染まりへの満足度の高さが口コミから伺えますね。

カラーシャンプーは染まりが弱いものですから、1~2回の使用で判断されるのは厳しいと思います。

まずは1週間~10日継続し、染まり具合に応じてカラートリートメントとの併用も検討してみると良いでしょう。

初めての方は、初回1,000円OFFと、割安にお求めいただけます。

第2位 グローリン・ワンクロス

髪と頭皮への優しさ

白髪への染まり具合

染料

  • 塩基性染料
  • HC染料

髪の保護成分

  • 牡丹エキス
  • 芍薬エキス
  • 百合エキス など

香料

無添加

カラーバリエーション

リアルブラック

ナチュラルブラウン

内容量

100ml

価格

定期:3,780円

通常:5,730円

コストパフォーマンス

1日あたり151円~229円

送料

600円

基本的にカラーシャンプーは、毎日の使用が推奨されていますが、グローリン・ワンクロスのカラーシャンプーは、週に1回の使用で十分に染まるという特徴があります。

カラーシャンプーなのにここまで染まりが良いってことは、ひょっとして刺激が強いのでは…?と、心配になってしまいますが、そこはご安心を。

グローリン・ワンクロスは、強い薬剤を使用しているわけではなく、色の三原色(赤・青・黄)を利用した独自の“濃密カラー製法”で白髪を染めています。

パラベンや鉱物油などの刺激成分ももちろん含まれておりませんので、頭皮と髪の毛へのダメージはさほど気にしなくても問題ないでしょう。

グローリン・ワンクロスの染まり具合と口コミ

公式販売サイトでは、1度のシャンプーで深く染まったことが示されていますが、口コミでもグローリン・ワンクロスの染まり具合を確認してみましょう。

  • 洗いあがりがサッパリしている。仕上がりは自然。
  • かゆみは起きず、問題なく終わらせられた。
  • 白髪染めは、週に1回でも大丈夫そう。

白髪染めシャンプーの中では、後発の製品なので、数多く口コミを収集することができませんでした。

しかし、使用者からは満足度の高い口コミが届いています。

利尻カラーシャンプーよりは、仕上がりが乾燥気味になるようで、保湿成分の充実度では劣ります。

知名度は低いですが、カラー洗髪の回数を減らせますので、毎日のカラーシャンプーは避けたい方にはおすすめです。

第3位 白髪染めシャンプー 黒耀

髪と頭皮への優しさ

白髪への染まり具合

染料

  • シャリンバイエキス

髪の保護成分

  • シコン、ログウッド、センブリ、チョウジ、オタネニンジンエキス、ユビキノン、ホップエキスなど

香料

無添加

カラーバリエーション

なし

内容量

350ml

価格

2,500円

コストパフォーマンス

1日あたり50円

送料

650円

6,480円以上のお買い上げで無料

白髪染めシャンプー「黒耀」は、天然成分100%で作られている、安全性の高い製品です。

無添加・無着色・無香料という、純粋に優しいものだけで構成されています。

1ヶ月にかかるコストはかなり低いですが、染まりに満足がいかない人が多くいましたので、3位となりました。

じわじわと染まってくるカラーシャンプーですので、時間をかけて白髪染めに取り組める余裕のある人には向きます。

  • 肌トラブルが起きやすい
  • 乾燥肌
  • アトピー肌の

といった人には、おすすめのシャンプーです。

白髪染めシャンプー 黒耀の染まり具合と口コミ

公式の染め上がりの図です。元の毛はすでに着色してあり、更にカラーヘアパックと一緒に使っての出来栄えが表示されていました。

シャンプー単体ではどの程度染まるかは、分かりづらいものでしたので、口コミの確認は必須です。

  • 肌がデリケートで、白髪染めをすると頭皮が荒れることが多かったのですが、黒耀ならかゆくなったりせずにできました。染まりはゆるめです。
  • シャンプーだけでは、染まっているか分かりづらかった。
  • シャンプーとヘアパック、一緒に使いました。割とすぐ染まってくれたので良かったです。

黒耀も後発メーカーであることから、口コミの収集が満足にいきませんでした。

共通しているのは、シャンプー単体では満足のいく白髪染めではないということでしょう。

単品使いは最初からあきらめて、セットでトリートメントやヘアパックと使っていくのが賢明であるようです。

第4位 白髪染めシャンプー 螺髪輝

髪と頭皮への優しさ

白髪への染まり具合

染料

  • ヘナ
  • ヘマテイン

髪の保護成分

  • リピジュア
  • センブリエキス、ダイズエキス、チョウジエキス、ホップエキス、ポップエキス、褐藻エキスなど

香料

無添加

カラーバリエーション

ブラック

ブラウン

内容量

350ml

価格

シャンプー・ヘアパックセット:6,264円

ブラック:2,160円

ブラウン:2,700円

コストパフォーマンス

1日あたり25円~31円

送料

380円~

※配送方法によって異なります

白髪染めシャンプー「螺髪」は、天然染料成分であるヘナ・ヘマテインが配合されています。

ヘナは古代エジブトから使用されてきた歴史ある染料で、髪のタンパク質に絡みつくことにより、カラーリングすることができるものです。

薬草としても使用されていますから、優しさに関しては十分でしょう。

海藻エキスやケラチン、カモミラエキスなど、髪と頭皮の健康な運営を支える成分も豊富です。

白髪染めシャンプー 螺髪の染まり具合と口コミ

※画像はブラックを使用した場合です。

公式では、全体的に白髪に覆われた髪の女性の使用後が表示されていました。白髪染めシャンプーは、全体に泡を行き渡らせるのが得意なので、このタイプの白髪をお持ちの方はピッタリですよね。

口コミも見ていきましょう。

  • 植物を感じる香りが良いですね。でも、シャンプーだけでは全然染まりません。ヘアパックも一緒じゃないと隠せないでしょう。
  • 真っ黒になるわけではないが、真っ白いのが目立たなくなるのでひとまず満足。
  • 白髪が、ごく薄い茶色になってきて、これだと白髪だと分かっちゃうので嫌ですね。

第3位の白髪染めシャンプー「黒耀」と共通していますが、セット商品であるヘアパックと併用をしなければ、満足に白髪に色をいれることが難しいと分かりました。

見かけ上のコストパフォーマンスは高いですが、実際はかさみそうです。

第5位 ボタニカラーシャンプー

髪と頭皮への優しさ

白髪への染まり具合

染料

  • 塩基性染料
  • ヘンナ

髪の保護成分

  • 馬油、シルク、ヒアルロン酸

香料

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

300ml

価格

2,160円

コストパフォーマンス

1日あたり25円

送料

配送方法によって異なります

イオン結合によるカラーと、植物由来染料のヘンナ(ヘナ)で髪を保護しながら、少しずつカラーリング可能なヘナシャンプーです。

髪と頭皮の潤いを守る、馬油やヒアルロン酸を配合しています。

約2週間が、白髪染め完了の目安であるようです。少しずつ白髪に色づきます。

ボタニカラーシャンプーの染まり具合と口コミ

公式でのカラーの遷移を発掘できませんでしたので、口コミから確認していきましょう。

  • 皮膚とかタオルに着色することはない。白髪へのカラーリングは微妙。なんとなく色が変わった?という程度。メインの白髪隠しにはならない。
  • 髪は元気になったが、染まっている感じはしない。刺激はないので助かっているが、染まりは物足りない。

口コミは、染まりに満足しているものはなく、刺激はない、髪質は良くなった、などの感想が占めていました。

ヘナは、髪のタンパク質を強化する成分ですから、白髪染めというよりも、髪質向上には適していたということになります。

白髪染めシャンプーを効果的に使おう

白髪染めシャンプーの効果的な使い方

何度もお伝えしている通り、白髪染めシャンプーはたった1回使用しても、なかなか納得のいく仕上がりにはなりません。

最初から、染まりが良く、使い勝手の良いものを選んだとしてもです。

しかし、どれだけ染めても全く染まらないのであれば、あなたの使い方に何か原因があるのかもしれません。

ここからは、白髪染めシャンプーを効果的に使う方法をお伝えしていきます。

①シャンプー前にブラッシングをする

白髪染め ブラッシング

シャンプー前に、軽くブラッシングをして、頭髪を整えておきましょう。

ブラッシングには、髪のホコリを落して、絡まった髪をほどく効果があります。

シャンプー前にすることで、白髪染めシャンプーが髪と頭皮に広く行き届き、快適な白髪染めができます。

②シャンプー前にお湯で髪をよくすすぐ

白髪染め 髪 濡らす

白髪染めシャンプーを付ける前に、お湯でよくすすぎ、軽く汚れを落としておきます。

整髪料などが髪についたままでは、シャンプーの中の染毛成分が髪に浸透しづらくなります。

白髪染め成分をブロックする要素は、シャンプーが着地する前から取り除いておくのがベストです。

③シャンプーの量を多めに使う

白髪染め シャンプー 使用量

シャンプーの際、使う量を気持ち多めにとることで、白髪の染まり具合にも違いは生じます。

あまりに少ないシャンプー量だと、シャンプー内の色素量も少量しか髪に与えられないということになります。髪全体にシャンプーが行き渡らない、なんてことも起きます。

染まるスピードを速めたいのであれば、髪の量に適したシャンプー量よりも多めに使いましょう。普通のシャンプーよりは価格が高い白髪染めシャンプーですが、出来栄え重視の方は、ぜひ多め使いがベストです。

④シャンプーはよく泡立てる

白髪染め 泡立てる

白髪染めシャンプーによる泡が、髪や頭皮のすみずみに行き渡ることで、白髪にも染料が届いて染まります。シャンプーは立派な泡を作って染めるべきです。

⑤シャンプーはすぐに洗い流さない

白髪染め 放置

白髪染めシャンプーでシャンプーをした際は、すぐに泡を流してしまわないようにお願いします。

白髪染めは、髪との密着時間が長ければ長いほど、よく染まります。十分な時間放置しておくことで、色素が髪の内部に入り込みます。

泡がついた状態で、少しの時間放置してみてください。あまりに長すぎると皮膚を傷めたり、垂れてきて顔に着色してしまったりしますので、ほどほどに長引かせましょう。

⑥白髪染めシャンプーはこまめに行う

シャンプーの回数を増やすことで、染まりのスピードを上げることができます。

今回ご紹介した白髪染めシャンプーは、天然成分や植物由来の潤い成分が豊富なので、毎日使用しても問題ありません。

もし、週に数回しか白髪染めシャンプーを使用しないのであれば、少しでも色持ちが長くなるように、アミノ酸系シャンプーを使用しましょう。

シリコン系シャンプーや、洗浄力が高いシャンプーはNGですよ!

白髪染め用|シャンプーとトリートメントの違いを比較

ここまで、白髪染めシャンプーについてお伝えしてきましたが、時たま「併用」が推奨された白髪染め用トリートメントとの違いを解説していきます。

白髪染めシャンプーの特徴

白髪染めシャンプー 特徴

白髪染めシャンプーとは、髪を洗う洗髪機能と、髪を染める染髪機能が一つになったものです。

普段通りシャンプーをするだけで白髪も隠せるので、“わざわざ白髪を染めた”という感覚がなく、男性から特に人気を集めています。

染まるかどうか、疑問に思われる方も多いですが、製品とやり方さえ間違えなければ問題ありません。

白髪染めシャンプーを使えば、徐々に白髪が隠れていき、周囲に変化を悟られることなく白髪をカバーできます。

アレルギー体質の人でも、問題なくご使用いただけます。髪への負担も少ない染め方です。

ただ、シャンプーという性質上、染まりの即効性はなく、ゆっくりジワジワときます。時に、本人でさえ気づかないこともあります。

白髪染めシャンプーが向いている人って?

それでは、上記の特徴を踏まえまして、白髪染めシャンプーの使用が向いている人を挙げました。

  • 市販の白髪染めや、美容院に行って染めるのが面倒な人
  • 放置時間がもったいないと思う人
  • 白髪染めに時間を取られたくない人
  • 過去に白髪染めやヘアカラー剤でかぶれた経験がある人
  • いきなり白髪が染まって周囲に白髪染めをしたと気付かれるのが嫌な人
  • さり気ない白髪ケアをしたいと思っている人
  • ヘアカラー剤の毒性(発がん性物質)が気になる人
  • 髪が傷みやすい人
  • 白髪の量が多い人

白髪染めシャンプーのメリットとデメリット

白髪染めシャンプーのメリット

刺激は低く、髪と頭皮に優しい。

シャンプーを替えるだけなので手軽で簡単

面倒な手間や下準備の必要がない。

放置時間が必要なく、徐々に自然に染まっていく。

白髪染めシャンプーのデメリット

1回の洗髪では染まらない。

毎日使用するのでコストが高くなることもある。

以上から、白髪染めシャンプーのメリット・デメリットをまとめました。

白髪染めトリートメントについて

白髪染め トリートメント

白髪染めトリートメントは、ふつうのヘアケア用トリートメントと同じく、髪を洗った後に流出して失われてしまった成分を補って、髪にツヤやコシを与えるものです。

白髪染めトリートメントが向いている人って?

白髪染めトリートメントが向いているのは、髪の毛が長い人です。

髪の長い方は、常々トリートメントを欠かさない方が多いと思います。

白髪染めトリートメントであれば、白髪染めとトリートメントという機能を備え持っていますので、理想の髪質を維持できるからです。

成分に関しても、髪への優しさが考えられていることが多く、白髪染めシャンプーよりも染まりは強いので、白髪のカバー力は高くなっています。

白髪染めトリートメントのメリットとデメリット

白髪染めトリートメントのメリット

1~3回の使用である程度染まる。

トリートメント効果が高く、髪と頭皮が潤う

白髪染めトリートメントのデメリット

放置時間が長い。

手・爪に着色することがある。

以上から、白髪染めトリートメントのメリット・デメリットをまとめました。

カラーシャンプー vs カラートリートメント

以上、シャンプーとトリートメント、それぞれ解説をしてきました。しっかり染めて色持ちを良くするのであれば、カラートリートメントと併用されることがおすすめです。

コスト面を考えると、シャンプーなしでもカラートリートメント単体で白髪対策はできてしまいますから、トリートメントが勝利します。人気のトリートメントを2つ、ご紹介しておきます。

利尻ヘアカラートリートメント

POLA グローイングショット

【カラー】全4色

【内容量】200g

【初回価格】2,000円

【通常価格】3,000円

【カラー】全2色

【内容量】200g

【通常価格】2,900円

利尻ヘアカラートリートメント

利尻シャンプーと同じシリーズで、日本一売れている白髪染めです。トリートメント成分が豊富なので、髪の傷みが進みがちな女性におすすめです。

髪と頭皮に刺激のない、無添加処方で作られたヘアカラートリートメントなので、安全な白髪染めを行えます。

POLA グローイングショット

5分という短さで白髪染めができる、ポーラから発売されているカラートリートメントです。

ポーラ独自のピグメント処方により、髪の内部に染料を素早く浸透させることが可能です。従来のカラートリートメントよりも大幅な時間短縮が実現したのです。

ヘアカラートリートメントをもっとご覧になりたい方は、以下の記事もチェックしてみてください。今回ご紹介した商品以外のヘアカラートリートメントもたくさん掲載していますよ♪

カラートリートメント白髪ランキング! 自然で美しい髪をゲットしよう

2017.10.31

まとめ

白髪染めシャンプーのご紹介と効果的な使い方、そしてトリートメントとの比較をしてきました。害がなく、成分的にも問題なく毎日続けてけるものを選んで、白髪対策を始めていきましょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です