20代女性の若白髪!美容院で白髪染めをしてもらうのが正解?

平均年齢30代半ばから生えてくるといわれている白髪。それなのに20代で生えてくるなんて!若白髪は、女性にとっては特に衝撃的な出来事ですよね。

何とかしたいけど、自分で染めるとムラになりそうだし、美容院で白髪染めを頼むのは何だか恥ずかしい・・・。そのようなお悩みで、頭を抱えてしまっている方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は美容院での若白髪対応について、実際にお話を聞きました!

若い人の白髪はどのように対応しているのか詳しく見ていきましょう。

 美容院のグレイカラー事情

美容院では、白髪染めのことを『グレイカラー』と呼んでいます。グレイカラーをするお客さんは、やはり30代を過ぎた方が多いようですが、最近は20代のお客さんも増えているそう。

 美容師は髪の毛のプロフェッショナル

若白髪が恥ずかしくて、美容院に行くのが億劫になっている女性が多いようです。うんうん、すごく分かります。同世代の子たちがカラーやパーマを行ってもらってる中、自分だけ白髪を染めに来てるだなんて言いにくいですもんね。

しかし、毎日色んな髪の悩みに応えている美容師さん。もちろん白髪もいつも見ているわけですから、たとえ若い子の白髪を見ても何とも思わないみたいですよ。

 グレイカラーと普通のカラーは何が違うの?

白髪は一見、黒髪より色がすぐ入りそうに思えますが、実は反対なんです。白髪の方が、黒髪より色が入りにくいんですって!

なので、グレイカラーは普通のヘアカラーより、髪の内側に色を浸透させる力が強いようです。グレイカラーの方が普通のヘアカラーより傷みやすいってことですね。

白髪染めはグレイカラーだけ?

20代の白髪も、30代以上の白髪も、使うカラー剤は変わりありません。髪全体を明るくできるグレイカラーをしています。

しかし中には、髪や頭皮にあまり負担をかけたくない人だっていますよね。そんな人には、ヘアマニキュアを使っているそうです。

ヘアマニキュアって?

髪の内側から色をつけるヘアカラーなどと異なり、ヘアマニキュアは髪の外側のみをコーティングして色付けします。

ヘアカラーやグレイカラーなどより色落ちはやや早めですが、頭皮への負担は少ないため近年人気が出ている白髪染めです。

さすがプロ!美容師さんのお悩み相談室

「今生えている量の白髪に対応してくれるのかな?」「肌が弱いけど大丈夫かな?」

いざグレイカラーをしてもらうといっても、やはり初めてだと心配事が多くなってしまいますよね。

そこで、みなさんが疑問・不安に思うことも、いくつかピックアップして聞いてみました。

お悩みその① どのぐらい白髪が生えていたら染めてもらえるの?

たかが1本2本の白髪であれば切ってしまえば対処できます。ですが、「もうちょっと本数はあるけど、染めるほどの本数ではない」ってこともありません?そういった場合は、白髪部分のみを染めたり、根元からカットしたりして対応してくれますよ。

髪全体の2割程度、白髪が生えてきたらグレイカラーを勧めることが多いよう。

 お悩みその② 白髪が一部に集中しているときも髪全体を染めるの?

白髪が一部だけに生えているのであれば、髪全体をグレイカラーで染める必要はありません。

ポイントだけグレイカラーをして、残りの髪は普通のヘアカラーで染めることも可能ですよ。

また、あえて白髪部分にハイライト(元の髪色よりも明るい色)を入れて、立体感を出したヘアスタイルに変身させるテクニックを使っている美容師さんもいました。

お悩みその③ アレルギー体質やかぶれやすい人の白髪染めは?

かぶれないかどうか判断する【パッチテスト】を毎回行う美容院は、恐らくほとんどありません。

そのため、最初からアレルギー体質だと分かっていれば、そのアレルギーに対応したカラーを行っていきます。

例えば、アレルギー物質の1つであるパラフェニレンジアミン。この物質はグレイカラーや他のカラー剤にも含まれていますが、アレルギーのお客さんには、パラフェルレンジアミンが含まれていないカラー剤を使うようです。

また、かぶれやすいお客さんには、先程も紹介したヘアマニキュアや香草カラー、ヘナなどのかぶれにくいカラー剤を使っています。

香草カラーやヘナってなに?

香草カラーやヘナは、植物を使ったカラー剤。ハーブや漢方を使っているので、白髪を染める以外にも、コシやハリのある健康的な髪になる効果があります。

ただし初心者には扱いにくい白髪染めなのであまりおすすめはしません。

それでも美容院に行くのが嫌な人には

どれだけ白髪を見慣れた美容師さんであっても、やはり若白髪を堂々と見せつけるのは勇気が要りますよね。

それに毎回白髪を染めるためだけに美容院に足を運ぶのはかなり面倒くさいですし、お金も結構かかってしまいます。

そこで美容院代わりになるおすすめの白髪染めを最後にご紹介しましょう。

今、大人気なのがヘアカラートリートメント

最近、テレビでよく見るからにオシャレなチューブ容器に入ったトリートメントを見かけませんか?

あれこそがヘアカラートリートメントであり、今流行りの白髪染めなんです。その人気の秘訣を簡単にお伝えしていきます。

敏感肌でも使える高い安全性

市販の白髪染めは美容院で染めるのに比べて成分とか危ないんじゃないの?とお考えの方もいるでしょう。

しかし安心してください。ヘアカラートリートメントは毎日使っても問題がないように体に優しい成分のみで作られているので敏感肌の人でも使えるんです。

超簡単に染められる

ヘアカラートリートメントの使い方はとっても簡単なんですよ。

普段私たちが使っているトリートメントと同じように使うだけ。シャンプーの後に髪全体に塗布して、そのまま説明書に記載された時間、放置して待ちます。その後洗い流すとあら不思議!白髪がうっすらと染まるってわけです。

徐々に自然な色へと変身

え?白髪がうっすらと?って思いませんでしたか。そう、ヘアカラートリートメントは一発で白髪を染めることができないんです。

しかしそこを利用すれば、仮に染め残しや色ムラがあったとしても対応することができますね♪物は考えようです。徐々に染まるヘアカラートリートメントを使って、自然な髪色に戻しちゃいましょう。

まとめ

若白髪が生えてきても一人で悩まず、まずは髪のプロに相談してみることが大事です。美容師さんは、毎日色んな髪の悩みを解決してくれるヘアスタイル専門家。あなたの若白髪だって絶対に解決してくれますよ。

それでも美容院に行きたくない!という方は、自分で染めるしか道は残されていません。

染め残しや色ムラなく染めたいのであれば、是非ともヘアカラートリートメントを使ってみて下さいね。一刻も早く、あなたの髪の悩みが早く解決しますように。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です