ルプルプは素手で使えるの? 実験結果と口コミから出た結論は「手袋」マスト

ルプルプ 素手 手袋 落ちない 0

ルプルプ(LPLP)は、トリートメントタイプの白髪染めで、染まりの良さや扱いやすさから人気の製品です。

今回は、ルプルプヘアカラートリートメントを素手で扱っても良いのか検討しました。実際に当サイトで実験したものと口コミを照らし合わせて、結論を出していきます。

ルプルプは素手で使えるの?

ルプルプ 素手 手袋 落ちない

ルプルプは刺激の少ない染料と、豊富なトリートメント成分で構成されている白髪染めです。成分的に問題がないので、使用説明書では「素手でトリートメントを扱ってOK」と記載されています。

染まりが良い分、爪や皮膚に染まりつくことも

ルプルプ 素手 手袋 落ちない 手の平 ルプルプ 素手 手袋 落ちない 爪

ただ、実際に素手でトリートメントを触って、お湯で洗い流してみると、完全には落ち切っていると言えないことが分かります。

ルプルプ 素手 手袋 落ちない 着色

特に爪の部分は、髪のタンパク質と組成が似ているため、染まりやすいんですね。

ルプルプ 素手 手袋 落ちない 5

すき間に入り込んでしまっています。

使用者の口コミでも着色に言及アリ

口コミを見てみても、素手でトライされた方の苦労している様子が伝わってきました。

手の平は石鹸で落ちるけど、爪に色がつくと、2日~3日は落ちない。浴槽の汚れは水ですぐに落ちるけど。

白髪染めとしては優秀だけど、手についた色は簡単に落ちない。5回も洗ったけど、うっすら茶色。

素手でトリートメント使うと、石鹸を使っても手の平や爪の汚れが取れないことがある。

爪の間に入ると、なかなか落ちない。

公式でも落ちにくくなるパターンを発表

LPLPの公式サイトでも、

  • 時間が立ってしまった場合
  • 乾いた手で使用した場合
  • 手が荒れている場合

のように、手や爪についた色が落ちにくくなることが指摘されています。

これを避けるには、手を濡らしてからトリートメントに触るか、手袋やコーム等を使うことがおすすめされています。

染まってしまうのを完璧に避けたい方は、使い捨てのビニール手袋でも良いですし、食器洗いに使うようなしっかりめの手袋を使って白髪染めをすべきでしょう。

 

ルプルプでの白髪染めにおすすめの手袋

白髪染めをする上で、おすすめの使い捨て手袋をご紹介していきます。

オカモトブラックグローブS

価格

2,030円

容量

50枚入り

 

プロの美容師さんも愛用する、使い捨ての手袋です。トリートメントを伸ばしやすく、使い捨てであるものの、一週間以上使い続けられるという丈夫な手袋です。

 

オカモトビューティーロンググローブ6.5

価格

220円

容量

1組

 

1組タイプの手袋です。使い捨ての手袋よりも薄く、素手感覚でトリートメントを扱うことが可能です。耐久性は使い捨てと同じくらいですが、こちらの方が薄くてフィット感が高いというメリットがあります。

 

トンデオゴム手袋6.5

ルプルプ 素手 手袋 落ちない トンデオ

価格

283円

容量

1組入り

 

老舗で、20年ほど前から手袋の中では主流のものです。

ビニール手袋は、100円ショップなどで購入できる身近で安く手に入るものですが、よりフィットして扱いやすいものを求めている方は購入してみてはいかがでしょうか。

ボタン

ルプルプの成分を解説

ルプルプヘアカラートリートメント 白髪染め

染料

塩基性染料

HC染料

植物染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)

トリートメント成分

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ダークブラウン

ブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

価格

【キャンペーン価格】1,834円

【通常価格】3,000円

【送料】無料

 

最後に、ルプルプの成分を解説していきます。

使用染料が頭皮と髪に優しい 

ルプルプは、頭皮と髪に負担がない染料3つで構成されています。

  • 塩基性染料:イオン結合で髪表面に色素が付着する
  • HC染料:ナノ分子の色素が髪のキューティクルの隙間から内部に浸透する
  • 植物染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉):天然の色素で低刺激

どれも化学反応を伴わない染料ですので、頭皮と髪の毛にダメージがありません。

塩基性染料は大きい分子で、皮膚に触れても入り込むことがないため、今回素手で扱った時に手や爪に着色したのは、HC染料・植物染料の2つでしょう。

どちらも毒性はない優しい成分ですので、安心してご使用いただけます。着色したから危険というわけではなく、単に見た目を損ねるだけですので、安心して使ってくださいね。

トリートメント効果が高い

ルプルプWフコイダン

ルプルプには、ガゴメ昆布から抽出した保湿成分「フコイダン」が豊富に含まれています。さらにルプルプはフコイダンを高分子化、低分子化したオリジナル成分「ルプルプWフコイダン」を開発しています。

大きい分子のフコイダンは頭皮に潤いの膜をはり、低分子のフコイダンは毛穴に浸透して育毛を促進します。この2つの作用によって、頭皮環境が整います。

さらに、髪も保湿してくれるので指通りがスーッと良い髪質になる、トリートメント効果が抜群によい白髪染めです。

気軽なセルフカラーが叶う4ステップ

ルプルプは、初回から数回は毎日使って白髪をなじませるのですが、しっかり色が入ってしまえば週に1回~2回のトリートメントで済みます。手軽ですので、スケジュールを組まなくとも白髪が見え始めてから使うということも可能です。

気軽にできてしまうステップを見ていきましょう。

ルプルプを適量手にとる

まずは、ルプルプを適量手にとります。素手の時は、濡らしておくことで、着色しにくくなります。ただ、少なからずの色づきは避けられないことが今回判明しましたので、手袋でトリートメントするのが間違いない方法と言えます。

目安は、ミディアムヘアではゴルフボール5個分くらいで、髪の量や質で調整しましょう。 

髪になじませる 

ルプルプ 使い方 2

白髪が多くて気になる部位に先にトリートメントをのせます。次に髪全体へたっぷりとなじませます。 

コームでムラなくのばす

ルプルプ 使い方 3

コームを使用して、手では難しい生え際やこめかみまで、トリートメントをのばします。トリートメントし終えたら、20分~30分時間をおきます。 

ぴったりラッピングで染まりがアップ

ルプルプ 使い方

トリートメントを塗り終えた髪に、シャワーキャップをかぶせておくと、密着度と温度が上がるので、染まりが良くなります。シャワーキャップの他、ラップのグルグル巻きも有効です。

時間をおいたら、すすぎのお湯に色がついてこなくなるまですすいでください。しっかりすすげば、タオルや衣類への色落ちが防げます。 

カラーバリエーションが豊富 

ブラウン

赤みのある、やや明るめのブラウン

ダークブラウン

赤みのある、落ち着いたブラウン

モカブラウン

自然なブラウン

ソフトブラック

真っ黒になり過ぎない、茶色がかったブラック

 

ルプルプはカラーバリエーションも豊富で、自分の地毛に近い色や、理想の髪色を選びやすいでしょう。最も暗いソフトブラックも、真っ黒というわけではなくブラウン要素も入っているので、自然な黒髪にできます。

 

まとめ

ルプルプは、染まりが良い白髪染めトリートメントであるものの、手や爪に着色しがちであることから、素手での扱いはやめた方が良い、という結果になりました。

濡らした手で扱うなどの対策はあるものの、万全を目指すのであれば手袋は必須です。快適な白髪染めライフを継続するためにも、準備されることをおすすめします。

ルプルプの購入は、公式サイトが最安値となっております。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です