アレルギーの人は美容院の白髪染めにも注意が必要!かぶれない白髪染めとは?

毎回通っている美容院、毎回任せている美容師さん、そして毎回同じ白髪染め。

“いつもと全く変わらないやり方で白髪を染めたはずなのに、ある日突然かゆみや腫れが起こってしまった!”

そんな経験、ありませんか?白髪染めやヘアカラーによるアレルギー症状は、市販品だけではなく、美容院のカラー剤でも起こりうる問題です。

しかし、アレルギー症状が出たからといって、白髪をそのまま放置しておくのは嫌ですよね。

では、アレルギーになってしまった場合、どうやって白髪を隠せば良いのでしょうか。

かぶれは主に2種類ある

私たちの身体は、侵入してきた異物を排除する「免疫システム」が備わっています。

このシステムが働くことによって起こるのが、痒み・腫れ・赤みなどのいわゆる“かぶれ”症状。かぶれは医学用語で、大きく分けると以下の2種類になります。

  • 一次刺激性接触皮膚炎
  • アレルギー性接触皮膚炎

一次刺激性接触皮膚炎とは

名前の通り、はじめて出会った刺激物に対して免疫システムが働き、一時的に起こるのが【一次刺激性接触皮膚炎】です。

例えば、洗浄力の強い石鹸や洗剤で手が荒れるのも、この一次性のもの。刺激物に触れてから、比較的早く症状が起きるのが特徴です。

アレルギー性接触皮膚炎とは

一次性と比べて、ジワジワとかぶれの症状が起こってくるのが【アレルギー性接触皮膚炎】です。

こちらは花粉症のように、一度かかってしまえば治ることのない厄介な皮膚炎。つまり、白髪染めの成分が原因でアレルギー性の皮膚炎になってしまった場合、その白髪染めはもう二度と使うことができなくなってしまうのです。

かぶれを起こす白髪染めってどんなもの?

白髪染めだけでなく、髪を染めるカラー剤には、様々な化学薬品が使われていることを知っていますか?

恐ろしいことに、その中にいくつか、かぶれ症状を引き起こす成分が含まれているんです!

ほとんどはこれが原因 ジアミン系薬剤

かぶれの原因のほとんどが「パラフェニレンジアミン」「パラトルエンジアミン」など、語尾に“ジアミン”というキーワードがつく薬剤です。

ジアミン系の薬品は、かぶれを起こしやすい反面、髪を染めることに対しては超優秀な成分。そのため、市販品はもちろん、美容院のほとんどのカラー剤にも含まれています。

身近なものにも含まれている 過酸化水素水

漂白剤や洗剤に含まれている、過酸化水素水。この2つってすごく洗浄力が高いと思いません?

実はこの過酸化水素水って、白髪染めにも入っていることがあるんですよ。先程紹介した、ジアミン系薬剤のサポート的な役割を担っています。

その他の化学薬品

ジアミン系薬剤や、過酸化水素水以外にも、かぶれの原因を起こしてしまう物質があります。

以下の物質はすべての白髪染めに含まれているわけではありませんが、かぶれを引き起こすときもあるため、注意が必要です。

  • アルカリ剤
  • 過硫酸アンモニウム
  • タール色素
  • 植物染料(ヘナやインディゴ)
  • エタノール  等

アルカリ剤はパーマ液などにも含まれているため、白髪染めとパーマを一緒にしている人は、特に注意してくださいね。

アレルギー性のかぶれ症状が起こってしまったら~美容院編~

いくら注意していても、アレルギー性のかぶれは突然私たちを襲ってきます。前述の通り、アレルギー性のかぶれを一度起こしてしまうと、二度と同じ白髪染めを使うことはできません。

しかし、美容院は髪専門のプロしかいません。あらかじめアレルギーであることを伝えれば、キチンと対応して白髪染めをしてもらえますよ♪

髪色が暗いほど頭皮に負担がかからない!?

美容院で髪を染めるときに「明るさはどのぐらいにしますか?」と聞かれますよね。そのときに美容師さんが持ってくる、髪の毛が暗い色から明るい色まで、グラデーションに並べられた表を見たことありませんか?

あの表には髪色ごとに番号がふられていて、髪色が明るくなるほど数字が大きくなっていきます。何が関係しているのかというと、実はジアミン系薬剤を使わなくても染めることが可能な番号があるのです!それが4番以下の髪色。つまり暗い髪色は明るい髪色よりも、リスクが少なく染めることができるってことですね。

ワントーン上の髪色にしたい場合は?

さらに明るい髪色で白髪染めをしてもらいたい場合は、【ヘアマニキュア】か【ヘナカラー】を使って染めてもらうことができます。お店によってはヘナではなく、香草カラーを使って染めるところも。

ヘアマニキュアって?

ヘアマニキュアは白髪染めやヘアカラー剤とは違い、髪の外側のみをコーティングするもの。そのため比較すると、頭皮に負担をあまりかけずに白髪を染めることができますよ。

しかし稀に、ヘアマニキュアに含まれているタール色素でかぶれを起こしてしまうことも。

ヘナカラーって?

ヘナは古くから使われてきた植物染料。ヘナの葉を乾燥させ、粉末状にしたものを水に溶かして髪を染めます。

天然成分なので髪や頭皮には優しいのですが、残念ながら植物アレルギーの人はかぶれてしまうので使うことができないんです。

香草カラーとは?

香草カラーはヘナと似ていて、漢方やハーブなどの植物生薬を使った染料です。香草カラーは髪を染めることだけではなく、ハリやコシのある健康的な髪をつくってくれる優等生。

しかし、ヘナと同様、植物アレルギーの人は使うことができません。

アレルギー性のかぶれ症状が出てしまったら~ホームカラー編~

自分で染めることをホームカラーといいます。美容院と比べて低価格でカラーを楽しむことができますし、いつでも自分の好きなタイミングで染められるので便利ですよね。

しかし、市販品の白髪染めは美容院のカラー剤より危険な成分がたっぷり。自分で安全な白髪染めを選ばなければいけませんね。

オススメ1位はヘアカラートリートメント

先程美容院で染めてもらえるとお話しした、ヘアマニキュアやヘナカラー。ドラッグストアなどでも買うことができますが、いざ自分で染めるとなると大変ですよね。

何が最も大変かというと、やはり色ムラではないでしょうか。そこでオススメなのが、ヘアカラートリートメントです。どんなところが魅力的なのでしょうか。

お風呂で気軽に使える

ヘアカラートリートメントは、シャンプーの後にそのまま素手で使うことができます。しかもトリートメントという名の通り、髪を補修してツヤを出す効果もあるので、頭皮や髪にはとっても優しい白髪染めといえますね。

色ムラのないナチュラルな髪色へ

ヘアカラートリートメントは、1回の使用で完全に白髪が染まるわけではなく、使っていくうちに、徐々に髪全体が染まっていく白髪染めです。

しかし、1回で染まらないってことは、色ムラを防ぐチャンスではないでしょうか。何回か使って染まるのであれば、うまく染まらなかった部分だけ、トリートメントをつければ問題なし!簡単に色ムラなく自然に染めることができますよ。

ヘアカラートリートメントの豊富なカラーバリエーションについては以下の記事に詳しく掲載しています。

白髪を染めつつ、おしゃれな髪色を楽しみたい方は、是非こちらの記事もお読み頂けると幸いです。

まとめ

今まで何ともなかったのに、ある日予告もなしに私たちを苦しめる“かぶれ”症状。

それはいくらプロの手に任せても、起きるときには起きてしまいますし、予防方法もありません。

かぶれが起こってしまったら、まずは一次性とアレルギー性のどちらなのかを知ることが必要です。そしてもし、アレルギーであったとしても、悲しまないでください。アレルギーの人が使える白髪染めはまだまだたくさんありますよ。自分に合った白髪染めを見つけていきましょう!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です