白髪染めで明るい茶色や栗色に染める方法とおすすめ商品5選を紹介!

白髪染め 茶色 栗色

いつもは白髪を隠すために暗めの色で染めているけど、たまには明るい茶色や栗色にしてオシャレしてみたい!

そんな人のために今回、白髪染めで明るい茶色や栗色に染める方法と、オシャレな茶色に染まるおすすめの白髪染め5選をランキング形式で紹介しましょう。

今まで白髪を隠すためだけだった白髪染めが、これからはオシャレアイテムに大変身しちゃいますよ。

これを機に暗くて地味だった髪から、明るく若々しい髪になって旦那さんを驚かせましょう。

白髪染めで明るい茶色や栗色に染められるの?

白髪染め 茶色

白髪を染めるのに市販の白髪染めを使うのでなく、美容院に通っている方も大勢いらっしゃいますよね。

そこで明るい茶色にしたいと美容師さんに伝えたら「それはちょっと・・・」と断られたことはありませんか?

それは以下の理由が関係しています。

白髪と黒髪を同時に明るい色には出来ない

美容院で明るい茶色での白髪染めが断られる一番の原因はこれです。どういう事かというと白髪と黒髪では染まった時の仕上がりが変わってきます。

具体的には白髪は明るめに染まり、黒髪は暗めに染まるんです。黒に何色を混ぜても変化しにくいのは絵の具をイメージして貰えればわかりますよね。

こういった原因で例え明るい茶色のカラーで染めようとしても白髪は明るく光り、黒髪はほぼそのままという感じに染まるため、見た目もおかしいですし、白髪を隠すという本来の目的も果たせません。

ですから美容師さんは明るい茶色や栗色に染めて欲しいと言われても、断るしかないんです。

市販の白髪染めで明るい茶色に染められる

美容院ではお金を貰っている以上、完璧にお客さんの要望にお応えできない場合はお断りする場合がほとんどです。

じゃあ明るい茶色に染めるのは諦めるしかないのか?

そんなことはありません。実は美容院に行かなくても自宅で市販の白髪染めを使えば簡単に明るいオシャレな茶色や栗色に染めることが出来ます。

もちろん先ほど述べた理由で、完璧な染め上がりには出来ませんがちょっとした工夫をすれば綺麗な明るい茶色に染められるんです。

白髪染めで明るい茶色や栗色に染める方法

白髪染め 茶色

白髪染めで明るい茶色や栗色に染める方法は以下の通りです。

白髪の割合と髪質に気を付けて染める

白髪染めで明るい茶色に染める場合、白髪の割合や髪質によって明るさを変える必要があります。

まず白髪の割合ですが白髪が多いと明るく染まり、逆に少ないと黒髪の影響で暗く染まるんです。

そして髪質によっても染まり方は変わり、髪が細いと明るく染まり、太いと暗めに染まります。

またヘアカラーなどで髪にダメージを負っている人は、均一に染料が付着しないので髪が暗く染まるんです。

以上のことからベストな明るさにするには以下の2つに気を付けましょう。

  • 白髪が少ない人や髪が太い人は1トーン明るめの色で染める
  • 白髪が多い人や髪が細い人は1トーン暗い色で染める

これでちょうどいい明るいブラウン系に髪を染められますよ。

黒髪を明るくしてから染める

黒髪の割合が多い人は、一度黒髪だけ明るく染めてから最後に白髪染めでちょうどいい明るさの茶色や栗色に染めるというやり方もあります。

というのも余りに黒髪部分が多いと、白髪染めを使ったとしても明るくすることは出来ません。

そこでいったん黒髪を美容院などで明るくしてもらうことで、後から自分で白髪染めを使ってちょうどいい明るい茶色に染め直すことが出来るんです。

ただし美容院と白髪染めを併用する場合は注意が必要で、白髪染めの直後、または白髪染めの直後に美容院で染めると液剤同士が化学反応を起こしてしまい、髪が変色する可能性があります。

ですから美容院と白髪染めを併用する場合は最低2週間空けてから染めましょう。

明るい茶色に染められる白髪染めの種類

白髪染めと言っても染め方によっていくつかのタイプに分けることが出来ます。そこで白髪染めを選ぶときの参考にするためにも、どんなタイプがあるのか見ていきましょう。

ヘアカラー

ドラッグストアなどで売られている安い白髪染めはほとんどこのタイプです。脱色と染色を同時に行うため、1剤と2剤を混ぜてから髪に塗る様になっています

ヘアカラーのメリットは脱色で色を抜いてから染めるため、色々なカラーに染められカラーバリエーションが豊富な点です。

ですから明るい茶色や栗色に染められるブラウン系カラーもたくさんありますよ。

一方、忘れてはいけないのが脱色によって髪を傷めるというデメリットもあることです。さらに安価のヘアカラータイプの白髪染めには染色力を高めるためにかぶれなどのアレルギー反応を起こしやすいジアミンが含まれています。

ですから安全性を考えるのなら私はヘアカラータイプの白髪染めはおすすめしません。

ヘアカラートリートメント(ヘアマニキュア)

ヘアカラートリートメントは脱色を行わずに、髪の表面をコーティングして髪を染めるタイプの白髪染めです。

そのため髪や頭皮にダメージが少なく安全で、今人気のタイプの白髪染めになります。また厳密にいうとヘアカラートリートメントとヘアマニキュアの白髪染めは違うタイプの白髪染めなのですが染め方が基本的に同じなので、今回は同じタイプとして紹介します。

ヘアカラートリートメントの一番のメリットは安全かつ、トリートメント成分による美髪効果がある点です。

細かな効果は商品によって違いますが、基本的に艶を与えて、指通りのいいサラサラの髪にしてくれます。

カラーバリエーションで言えばヘアカラータイプには劣りますが、明るい茶色に染められるカラートリートメントも多数あるので安全面を考えれば白髪染め選びの第一候補です。

ヘナ

ヘナはミソハギ科の植物を原料に使った100%天然植物で作られている白髪染めです。原材料に化学成分が使われていないので、かぶれなどが起きる可能性は低く安全な白髪染めとなっています。

ただしヘナの白髪染めの中には染色力を求めて化学染料を使っている商品もあるので、安全性を求めてヘナを購入する際は原材料に気を付けましょう。

またヘナには一つデメリットがあります。それはオレンジ系にしか染められない点です。というのも染料が天然植物ゆえに決まった色にしか染まらず、それがオレンジ系になります。

そのため明るい茶色にするには調合のときにちょっとしたコツがいるので、簡単に明るい茶色に染めたいのであればヘナはあまりお勧めできません。

お歯黒式白髪染め

お歯黒式白髪染めとは、過酸化水素やジアミンと言った酸化染毛剤を使用していない白髪染めのことです。

酸化染毛剤にはアレルギー原因となる成分がたくさんあるので、それを一切使用していないお歯黒式白髪染めは肌が弱い人におすすめの白髪染めになります。

ただしお歯黒式白髪染めには大きな欠点があるんです。それは黒色にしか染められないことです。

まぁ名前を見て察しているかもしれませんが、明るい茶色や栗色に染めたい人にとっては一番向いていない白髪染めということになります。

明るい茶色や栗色になるカラー選び

白髪染め 茶色

どんなタイプの白髪染めを選ぶといいのかがわかったところで、今度は明るい茶色に染められるおすすめのカラーを紹介しましょう。

初めは明るいライトブラウンやブラウンで染める

明るい茶色や栗色と言ったら「ライトブラウン」や「ブラウン」になります。色の名称はメーカーによって異なるのですが、一番明るい色か2番目の色を選べば間違いないでしょう。

一発で失敗なくちょうどいい明るさに染めたいのなら2番目の明るさになっていることが多い「ブラウン」がおすすめです。

明るすぎたらダークブラウンで調節

もし明るい茶色で染めたけど、ちょっと明るすぎると感じた場合は、それよりもっと暗めの「ダークブラウン」で染めることで明るさを調整できます。

逆に初めからダークブラウンといった暗めの色で染めてしまうと、後から明るくすることは難しくなるので初めは先ほども述べたように少し明るめの色で染めるのが鉄則です。

またこのように後から色の調整を行うなら、何度使っても髪や頭皮にダメージがないカラートリートメントの白髪染めがおすすめになります。

明るい茶色や栗色に染められる白髪染め5選

白髪染め 茶色 栗色

最後に私がおすすめする明るい茶色や栗色に染められる白髪染め商品をランキング形式で紹介しましょう。

第1位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円

送料無料

 

ルプルプはここ数年で爆発的に人気が出ている白髪染めです。安全性・染まりやすさ・トリートメント効果どれをとっても高く、楽天の部門別ランキングでは7部門で1位を獲得しています。

商品の一番の特徴はトリートメントにガゴメ昆布エキス「フコイダン」が配合されている点です。

フコイダンとは昆布のネバネバを構成する成分で、高い保水効果を持っています。この保水効果によって髪に潤いを与え、艶のあるサラサラな髪にしてくれるんです。

商品の特徴が分かったところでカラーバリエーションを見てみましょう。

  • ブラウン・・・赤味の強い明るい茶色
  • ダークブラウン・・・赤味が少しある落ち着いた茶色
  • モカブラウン・・・明るすぎず暗すぎずベーシックな茶色
  • ソフトブラック・・・黒過ぎない自然な黒

ルプルプでは全部で4種類の色を選ぶことが出来、そのなかでも明るい茶色に染めるなら「ブラウン」か「ダークブラウン」がおすすめです。

ダークブラウンは暗いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、ルプルプのダークブラウンは2番目に明るい色となっていて赤みも強いため、他のメーカーのダークブラウンよりも明るく染まります。

逆にモカブラウンはルプルプでは明るすぎず、暗すぎず中間色になっているので明るく染めたいなら初めは避けたほうがいいかもしれません。

第2位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回限定2,000円

通常3,000円

送料540円(2本セットで無料)

 

利尻は一番売れている白髪染めでルプルプ同様に安全性・染まりやすさ・トリートメント全てにおいて高評価を得ているんです。

また成分の特徴もルプルプと似ていて、トリートメント成分には利尻昆布エキス「フコイダン」が配合されています。

ですからルプルプと同じく使えば使うほど髪に艶が出て、指通りのいいサラサラヘアーになるんです。

そして利尻のカラーバリエーションが以下の4種類になります。

  • ライトブラウン・・・赤味のある明るい茶色
  • ナチュラルブラウン・・・自然な明るさの茶色
  • ダークブラウン・・・落ち着いた色合いの茶色
  • ブラック・・・自然な黒髪のブラック

明るい茶色・栗色にしたいのなら「ライトブラウン」か「ナチュラルブラウン」がおすすめです。

ライトブラウンとナチュラルブラウンは明るさの違いというより色合いが違うので、赤みが多い色が好きならライトブラウン、黄系の色が好きならナチュラルブラウンで染めるといいですよ。

第3位 プリオール カラーコンディショナー

★★★★☆

プリオール カラーコンディショナー

主な成分

水、アルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、セタノール 、DPG、グルタミン酸、オリゴ糖、海塩、タウリン、水溶性コラーゲン、ホップエキス、天然海藻エキス,ミネラル&コラーゲン、マイクロクリスタリンワックス、コポリマー、クエン酸、ステアリルPGジメチルアミン、エタノール、BG、シスチン、トコフェロール、香料、赤227、橙205、紫401、黒401、黄4

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

プリオール カラーコンディショナー ブラウン プリオール カラーコンディショナー ダークブラウン

ブラック

 

プリオール カラーコンディショナー ブラック

内容量

230g

価格

通常1,382円

送料無料

 

プリオール カラーコンディショナーは資生堂が販売している白髪染めです。安全で高品質でありながら、安く購入出来るので多くの方に人気となっています。

特に安全性の評価が高く、有害成分であるジアミン不使用で、かつ海外で使用が規制されているHC染料や塩基性染料の化学染料も使っていません。

またコンディショナー成分には保湿効果を期待する天然海藻エキスや、髪のボリュームアップ効果があるマイクロクリスタリンワックス成分が配合されています。

そしてカラーは全部で3色から選べ、明るい茶色に染めるなら「ブラウン」がおすすめです。

また写真だとダークブラウンは暗めに見えますが、プリオールのカラーは赤味が多く含まれているのでそれほど明るくなくてもいいのでしたら、ダークブラウンで染めてみるのもいいでしょう。

第4位 レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー

★★★☆☆

主な成分

塩基性染料

HC染料

アロエ、カンゾウなど

カラーバリエーション

ライトブラウン

ローズブラウン

マロンブラウン

ダークブラック

ナチュラルブラック

内容量

300g

価格

通常3,334円

送料600円(2本以上購入で無料)

 

リフィーネは白髪を染めながら頭皮ケアも出来るのが特徴の白髪染めです。汚れを吸収する性質を持った火山岩から取れた泥を配合して、頭皮・髪の汚れを落としてくれます。

またリフィーネの一番の特徴は何と言ってもカラーバリエーションの多さです。様々な色合いを持つ豊富な5色から選ぶことが出来、さらにはリフィーネでは自分で色を混ぜて使用することも出来ます。

以下の5色がリフィーネで選べるカラーです。

  • ライトブラウン
  • ローズブラウン
  • マロンブラウン
  • ダークブラウン
  • ナチュラルブラック

この中でライトブラウンは特に明るいブラウン系のカラーで、「ピッカピカの髪に染めたい!!」という人は是非リフィーネの「ライトブラウン」をおすすめします。

またライトブラウンよりは明るさを抑えたいという人には「ローズブラウン」か「マロンブラウン」おすすめします。

栗色がお好きな方ならマロンブラウンがピッタリの色ですね。赤みが欲しいならローズブランで自然な明るい茶色に染めることが出来ます。

第5位 キラリ(煌髪)泡のカラートリートメント

★★★☆☆

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(クチナシ、カンゾウ、アカミノキ)、ヘアケアキューブ、パンテノール、ガゴメ昆布エキス、アミノ酸など

カラーバリエーション

ライトブラウン

ダークブラウン

ブラック

 

内容量

150g

価格

初回限定20%オフ2,555円

通常3,200円

送料無料

 

キラリ(泡)はカラートリートメントをムース状に塗布できるようにした白髪染めです。最近このようにムース状のカラートリートメントが増えています。

ムース状にすることで髪の毛1本1本に染料を密着させられるので、色ムラが出来にくいというメリットがあるんです。

キラリのカラーバリエーションは全部で3色あり、明るい茶色に染めるなら「ライトブラウン」をおすすめします。

もし明るすぎると感じた場合は、ダークブラウンで明るさの調整をしましょう。

まとめ

美容院に行かなくても白髪染めを使えば自宅で簡単にオシャレな明るい茶色や栗色に染めることが出来ます。

今まで白髪染めで暗い色でしか染めたことがなかった人は、ちょっと明るめの色にするだけで印象がガラッと変わりますよ。

周りからは「あの人なんかちょっと若くなってない?」と思われるはずです。女性とはいつまでたっても綺麗でいたい生き物ですから、例え白髪が生えてもあきらめてはいけません。

髪色を少しだけ明るい色に変えるだけで、今までよりずっと綺麗になりますよ。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です