生理中の白髪染めはダメ?普段使っている白髪染めが体に悪影響を及ぼすことも

「生理中に白髪染めは使うな!」こんなことを言われたり聞いたりしたことはありませんか?

ただでさえ辛い時期に、女性がオシャレ出来ないのは二重苦ですよね。

そもそも生理中に白髪染めをしちゃダメというのは本当なのでしょうか?

今回は、生理中に白髪染めを行うとどんなことが起きるのかその真相を突き止めてみました。

生理中の白髪染めは本当にダメなのか?

白髪染め 生理中

まずは生理中に白髪染めをしてはいけないのか、結論から述べると答えは「イエス」です。

生理中は女性のホルモンバランスが崩れるため、そこに頭皮や肌に刺激のある白髪染めを使うと予期せぬトラブルが起きる可能性があるからです。

では具体的にどのようなトラブルが起きるのか見てみましょう。

頭皮がかぶれる

生理中に限らず、自分の肌に合わない白髪染めを使うと肌がかぶれることがあります。

そして生理中はホルモンバランスが乱れて肌が敏感になっているので、いつもは何ともない白髪染めであっても生理中の時だけかぶれが起きてしまう可能性があるんです。

ですから、いつも使っている白髪染めだからと言って生理中に使ってもいいわけではないので注意しましょう。

体調が悪くなる可能性あり

生理中のホルモンバランスの乱れで敏感になるのは肌だけではありません。

実はニオイにも敏感になるんです。

普段は何ともないニオイも生理中には不快に感じることはありませんか?

これはホルモンバランスの乱れで嗅覚が敏感になっている証拠になります。

そして白髪染めといえばツンと鼻につく化学薬品のようなニオイ。

これが生理中にはさらに不快なニオイに変わり、それが原因で体調が崩れるという人も多くいるんです。

髪がいつもより染まらない

生理中のホルモンバランスの乱れは、髪の染まりまでも悪くします。

一見ホルモンバランスと染まり具合は関係性がないように感じますが、これが大いに関係あるんです。

ホルモンバランスが乱れると髪に栄養が行きわたらず、髪の毛1本1本の状態にバラツキが生まれます。

すると白髪染めの染まり具合にもバラツキが生まれるため「なんか、いつより染まりが悪いなぁ。」と感じてしまうわけです。

生理中に染めるならヘアカラートリートメントがおすすめ

白髪染め 生理中 ヘアカラートリートメント

ここまで白髪染めを生理中に使うことで起きるトラブルを紹介してきましたが、すべての白髪染めで上記のようなトラブルが起きるというわけではありません。

生理中であっても刺激の極めて少ない「ヘアカラートリートメント」の白髪染めであれば、トラブルを回避することが出来るんです。

刺激の少ない染料成分を使用

ヘアカラートリートメントは脱色を行わずに髪を染める白髪染めで、毎日使っても安心なように刺激の少ない染料成分のみで作られています。

そのため生理中で肌が敏感になっていてもかぶれを起こす心配がありません。

さらにヘアカラートリートメントの中には頭皮環境を整えてくれる成分も含まれているので、ホルモンバランスの乱れで頭皮環境が悪くなっている人にもおすすめ出来るんです。

嫌なニオイがしない

ヘアカラートリートメントの多くは合成香料を使わず、天然植物を使っている白髪染めが多いんです。

ですから白髪染め特有の嫌なニオイもせず、トリートメントの爽やかな香りで心を落ち着かせて白髪を染めることが出来ます。

これで生理中であっても白髪染めのニオイで気分が悪くなる心配はありません。

安全に染めるなら生理後、2週間以内

生理中であっても安全に使用できるヘアカラートリートメントですが、より安全に染めるなら生理後2週間以内がおすすめです。

というのも生理中は常にホルモンバランスが乱れているわけではなく、女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」のバランスが乱れたり保ったりを繰り返しています。

ですから、ちょうどこの2つのホルモンバランスが保たれる生理後10~14日がベストな白髪染め期間なんです。

生理中におすすめの白髪染め

白髪染め 肌に優しい ランキング

最後に、ヘアカラートリートメントの中でもより安全で、生理中の人でも安心して使える白髪染めを紹介しましょう。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回限定2,000円

通常3,000円

送料540円(2本セットで無料)

 

私が一番おすすめするのは、白髪染め売り上げ1位でもある利尻ヘアカラートリートメントです。

利尻は今一番人気のある染まりやすいヘアカラートリートメントで安全性がとても高く、以下のような頭皮や肌に刺激のある成分は一切使われていません。

  • パラベン不使用
  • ノンシリコーン
  • 4級アミン不使用
  • ジアミン系色素不使用
  • タール系色素不使用
  • 無香料
  • 無鉱物油
  • 酸化剤不使用

このように利尻では、髪や肌に優しい成分のみで作られているので生理中の人でも安心して使用できるんです。

ちなみに利尻のトリートメント成分には利尻昆布エキス「フコイダン」という高い保水効果を持った成分が配合されており、傷んだ髪をケアして艶のある髪にする効果を持っているんです。

第2位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円

送料無料

 

次に生理中の人におすすめする白髪染めがルプルプ ヘアカラートリートメントです。

ルプルプは利尻に負けないくらい人気がある白髪染めで、通販サイトの楽天では白髪染めランキングの7部門において1位を獲得しています。

安全性が高く、無香料・無鉱物油・タール系色素&ジアミン系酸化染毛剤不使用で作られているため、生理中の人に限らず肌が弱い人でも安心して利用できるんです。

またトリートメント成分にはガゴメ昆布エキス「フコイダン」が配合されており、傷んだ髪をケアし艶のある指通りのいい髪にしてくれます。

さらにルプルプは香料に「ラベンダー油」「ローズマリー油」「オレンジ油」を使っているので、生理中でも不快感のない爽やかな香りを楽しむことができますよ。

第3位 プリオール カラーコンディショナー

★★★★☆

プリオール カラーコンディショナー

主な成分

水、アルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、セタノール 、DPG、グルタミン酸、オリゴ糖、海塩、タウリン、水溶性コラーゲン、ホップエキス、天然海藻エキス,ミネラル&コラーゲン、マイクロクリスタリンワックス、コポリマー、クエン酸、ステアリルPGジメチルアミン、エタノール、BG、シスチン、トコフェロール、香料、赤227、橙205、紫401、黒401、黄4

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

プリオール カラーコンディショナー ブラウン プリオール カラーコンディショナー ダークブラウン

ブラック

 

プリオール カラーコンディショナー ブラック

内容量

230g

価格

通常1,382円

送料無料

 

最後におすすめするのは資生堂が販売しているプリオール カラーコンディショナーです。

プリオールの染料成分は他のヘアカラートリートメントにはない特徴があります。

それはHC染料や塩基性染料を使っていない点です。

通常ヘアカラートリートメントはトリートメントに含まれるカチオン界面活性剤という成分が邪魔して、通常の染料は使用できません。

ですから仕方なく多少の刺激のあるHC染料や塩基性染料を使っているのが一般的なのですが、プリオールは資生堂の技術によりHC染料や塩基性染料すら使用せずに白髪を染められます。

この点、プリオールはより低刺激で生理中の人でも安心して使える白髪染めと言えるんです。

まとめ

生理中だから…と、白髪染めのタイミングを我慢してきた女性はおそらく大勢いらっしゃいますよね。

しかし今回ご紹介したヘアカラートリートメントのように、生理中の人でも安心して使える低刺激の白髪染めがじつはたくさんあるんです。

ですからこれからは染めるタイミングを我慢することなく、生理中でも今まで通り白髪染めを楽しむことが出来ますよ。

ただし、より安全性を考慮して使用前のパッチテストは必ず行うことをおすすめします。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です