美容院での白髪染めはなぜ高い?美容院とセルフカラーの値段の違いを解説

白髪染め 高い

美容院と自宅でのセルフカラー、どちらで白髪を染めている人が多いと思いますか?

正解は圧倒的に自宅で染めている人が多いです。特に40代以降の方は美容院より自宅で白髪染めしている人が多い傾向にあります。

これはなぜなのか?ズバリ美容院は高いから!

そこでなぜ同じ白髪染めでも美容院とセルフカラーで価格差が大きく出るのか、そしてそれぞれで白髪染めをするメリット・デメリットを紹介していきます。

白髪染めにかかるお金

白髪染め 高い

白髪染めは色落ちや髪の生え変わりのたびに行わなければいけないため、それにかかる費用は馬鹿になりません。

そこで美容院で染めた場合と自宅で染めた場合のそれぞれにかかる白髪染めの費用を見てみましょう。

ここから美容院で染めるとなぜ高いのかの秘密がわかるはずです。

自宅で染めた場合

まずは多くの人が利用している自宅での白髪染めでかかる費用を見ていきましょう。

自宅で白髪を染める場合、市販の白髪染め商品を購入することになるのですが安いもので数百円、高いもので3千円前後となっています。

具体的に言うと脱色を行って一発で染めるヘアカラーの白髪染めは一番安く500円前後の商品が多いです。

高いのはヘアカラートリートメントの白髪染めで安全性が高く、美容成分も多く使われているので3千円前後が相場となっています。それでも美容院に比べると安いものですね。

美容院で染めた場合

美容院で白髪を染めた場合は、髪の長さなどで料金の差は出るものの大体5,000円から10,000円が相場となっています。

まぁ普段、市販の白髪染めを使っている人からすれば「高っ!」と思ってしまいますよね。

では、なぜこんなに高いのか。使っている薬剤の違い?それもありますが実はそんなに薬剤の違いはありません。

美容院で使われているのは染毛剤と呼ばれる医薬部外品の白髪染めで、市販の白髪染めでもヘアカラーと呼ばれる白髪染めが染毛剤に当たります。

このように美容院と市販の白髪染めに薬剤の違いはほぼなく、あるのはズバリ「技術の差」です。

美容院の高い価格を説明するには陳腐な言葉に聞こえるかもしれませんが、これが結構の差になります。

詳しくは後程のセルフカラーと美容院のメリット・デメリットで紹介しましょう。

セルフカラー(白髪染め)と美容院のメリット・デメリット

白髪染め 高い メリット デメリット

自宅での白髪染めと美容院での白髪染めの価格が分かったところで、それぞれで白髪を染めるメリット・デメリットを見ていきましょう。

セルフカラー(白髪染め)のメリット・デメリット

市販の白髪染めで染めるメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

デメリット

  • 安い
  • 手軽に染められる
  • 家で染められる
  • 口コミなどで評価がわかる
  • 色落ちしやすい
  • 色ムラが出来る
  • 生え際まで染まりにくい
  • ニオイがきつい

 

市販の白髪染めの最大のメリットは何といっても価格の安さです。ヘアカラーなら数百円で済みますし、割と高めのヘアカラートリートメントであっても美容院で染めるよりはずっと安く済みます。

その他には自宅で手軽に染められる点や、インターネットでその商品の評価を口コミなどで知ることが出来るのも大きなメリットでしょう。

逆に市販の白髪染めのデメリットは色ムラが出来やすい、生え際が染まりにくいといった点があります。

これはその商品の染色力が弱いという理由もありますが、使う側の技術の問題もあるんです。

この点が美容院で染める場合と自分で染める場合の違いになります。

美容院で染めるメリット・デメリット

次に美容院のメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

デメリット

  • 安全に染められる
  • 色ムラが出来る心配がない
  • 好きな色に染められる
  • 色持ちがいい
  • 高い
  • 時間がかかる

 

美容院では資格を持った美容師の方が染めてくれるため、色ムラが出来る心配がありません。

さらに市販の染毛剤と違ってその人に合った強さの染毛剤で染めてくれるので髪や頭皮を傷めることなく染めてくれるのが大きなメリットになります。

ちなみに市販のヘアカラーは誰でも染まるように強めの刺激の強い液剤を使っているので安全性がとても低く、肌が弱い人だとかぶれや炎症が起きる可能性があるので注意が必要です。このほかのメリットとしてはカラーバリエーションが多く、美容師さんがあなたに合った髪色に染めてくれます。

このようにセルフカラーと美容院では染める人の技術の差が大きくものを言い、様々なメリットを生むんです。

このことを考えれば美容院の高い料金も多少は納得できるのではないでしょうか。

自宅で染めるならヘアカラートリートメントがおすすめ

白髪染め 高い ヘアカラートリートメント

美容院で染めると高くなる理由はわかりましたが、それでもお財布のことを考えると市販の白髪染めがいいという人がほとんどでしょう。

そんな人におすすめしたいのがヘアカラートリートメントの白髪染めです。ヘアカラートリートメントは今、主流となっているセルフカラーの白髪染めで以下のような利点があります。

髪や頭皮に優しい

ヘアカラートリートメントは脱色を行わずに、髪の表面をコーティングすることで白髪を染めるので髪を傷めることなく、刺激の強い成分も使われていないので頭皮にも優しい作りとなっています。

このように安全性が高いことから、美容院でも自宅での白髪染めとしてヘアカラートリートメントを強く勧められているんです。

手軽に使えて色ムラが出来にくい

ヘアカラートリートメントは基本的に普段のトリートメントとして、シャンプーの後に髪に塗って使用します。

ですから染める面倒くささもなく、クリーム状となっていて素手で染めることも出来るので色ムラが出ないように満遍なく染められるんです。

部分染めも出来る

ヘアカラートリートメントは主にチューブ状の容器に入っていて好きな時に好きな分だけ使用できます。

ですから気になる白髪部分にピンポイントで使用することも可能で、白髪の輪依頼が少ない人や生え際だけ部分染めしたい人に適している白髪染めなんです。

セルフカラーにおすすめの白髪染め

白髪染め 薄毛 女性

自宅で簡単に染められて、価格も高くないおすすめの白髪染めを紹介しましょう。気になる商品があった場合、キャンペーンを利用するとよりお得に購入出来ますよ。

利尻ヘアカラートリートメント

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

カラーバリエーション

  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

内容量

200g

キャンペーン価格

初回限定2,000円

通常3,000円

送料540円(2本セットで無料)

 

利尻はヘアカラートリートメント界の王道ともいえる白髪染めで、白髪染め売り上げランキング1位を獲得しているほどの人気商品です。

当然口コミ等の評価も高く、染まりやすく、安全で、美髪効果も高いという声を多き耳にしています。

商品の特徴はトリートメントに利尻昆布エキス「フコイダン」という高い保水効果を持った成分を配合している点で、髪に潤いを与えて艶のある綺麗な髪に仕上げてくれるんです。

最後に価格を見ると通常価格3,000円と市販の白髪染めの中では高めですが、公式通販サイトから購入すれば初回購入に限り1本につき1,000円オフとなるキャンペーン割引などを受けられるので是非おすすめです。

ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

カラーバリエーション

  • ブラウン
  • ダークブラウン
  • モカブラウン
  • ソフトブラック

内容量

200g

キャンペーン価格

初回限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円(1本分)

送料無料

 

ルプルプはここ数年で人気が急上昇している白髪染めで、安全性・染まりやすさ・美髪効果のすべて高品質となっています。

商品の特徴はトリートメントにガゴメ昆布エキス「フコイダン」を配合している点で、利尻と同じく高い保水効果によって艶のあるサラサラな髪にしてくれるんです。

価格は利尻と同じく通常3,000円ですが、公式通販サイトからの注文で39%オフ1,833円の初回限定キャンペーンや、初回50%オフの定期便コースにご応募できますよ。

プリオール カラーコンディショナー

プリオール カラーコンディショナー

主な成分

水、アルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、セタノール 、DPG、グルタミン酸、オリゴ糖、海塩、タウリン、水溶性コラーゲン、ホップエキス、天然海藻エキス,ミネラル&コラーゲン、マイクロクリスタリンワックス、コポリマー、クエン酸、ステアリルPGジメチルアミン、エタノール、BG、シスチン、トコフェロール、香料、赤227、橙205、紫401、黒401、黄4

カラーバリエーション

  • ブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

内容量

230g

価格

通常1,382円(税込み)

送料無料

 

プリオール カラーコンディショナーは大手懸想品メーカーである資生堂が販売している白髪染めです。

プリオールの特徴は何といっても価格の安さで、利尻やプリオールと同じヘアカラートリートメントの白髪染めでありながら通常価格1,382円(税込み)で購入できます。しかも、公式通販サイトからシャンプーや特製コームのついた限定セットを同じ価格で購入出来ますよ。

ちなみにプリオールは染料を髪に塗った後の待ち時間が5分と非常に短いので、白髪を染める時間がない忙しい方にもおすすめです。

まとめ

白髪染めにかかるお金は決して安いものではなく、美容院で染める場合には1万円近くかかってしまいます。

しかしこれだけ高いのには美容師さんの熟練の腕があるからこそのもので、安全に綺麗に染めたいのであれば美容院で染めるのもいいでしょう。

また、それでも1万円はちょっと・・・という方にはヘアカラートリートメントがおすすめで、美容院よりは安くご家庭で手軽に安全かつ綺麗な髪に染めることが可能です。

このようにセルフカラー、美容院どちらにもメリット・デメリットがあるのであなたに合った白髪染めを見つけてみましょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です