白髪染めでキラキラ光らないためには?実はあなたの白髪が周りにバレてるかも!

白髪が浮くという表現を聞いたことはありませんか?

よく美容師さんが使う言葉なのですが、これは染めた後に白髪部分がキラキラして余計に目立ってしまっている状態を指します。

そしてこの白髪が光って浮いている状態は自宅で白髪染めをしている人に多く見られるんです。

しかも、根元部分はキラキラ光っていることに気づきにくく、白髪が浮いたまま過ごしてしまっている方が結構います。

こんな恥ずかしいことにならないためにも、白髪染めで白髪が光らないための方法を覚えていきましょう。

白髪染めで白髪が浮く(キラキラ髪の)原因

白髪染め 光らない

まず初めに、白髪染めで白髪部分がキラキラ光って浮いてしまう原因からお話ししましょう。

十分に白髪が染まっていない

白髪が白髪染めで光ってしまう大きな原因は、わかりやすく言うと十分に染まることが出来なかった白髪部分に光が反射しているからです。

そもそも白髪はメラニン色素が抜けて隙間がある状態なので、そこに空気が入り込んで光が反射しやすくなります。

髪が傷んでいる

髪が傷んでいる状態に白髪染めをすると余計に白髪がキラキラする原因になります。

というのも髪が傷んでいる状態とは、つまり髪のキューティクルが開いている状態であり、白髪が染まりにくくなるんです。

そして白髪染めで染めることが出来なかった白髪の開いたキューティクルから空気が入り込み、余計にキラキラするという結果になります。

このことから、脱色のために髪のキューティクルを無理やり開いて染めるヘアカラーの白髪染めは絶対に控えたほうがいいでしょう。

明るすぎるカラーリング

今の白髪染めは明るくオシャレなカラーが多いのですが、実はこれも白髪染めをキラキラ光らせてしまう原因になります。

これは白髪染めで染まる色合いは地毛と白髪部分では変わってくるからです。

白髪染めで髪全体を染めても、地毛部分は暗く白髪部分は明るく染まります。

ですから地毛とかけ離れた明るいカラーで染めると白髪部分だけキラキラして見えるんです。

白髪染めで白髪がキラキラ光らない方法

白髪染め 光らない

白髪染めで白髪がキラキラする原因は分かったので、今度はキラキラ光らないための方法をお伝えしていきます。

ヘアカラートリートメントでじっくり染める

白髪が光らないように染めるにはヘアカラートリートメントの白髪染めで30分ほどかけてじっくり染めるのが一番です。

白髪が浮く原因に「十分に染まっていないから」「髪が傷んでいるから」の2つの理由をあげましたが、ヘアカラートリートメントはこの2つを改善してくれます。

まず染め残しが出ない程、しっかり白髪を染めるには放置時間を長くするのが確実です。

しかし、ここでヘアカラーのように髪を傷めてしまう白髪染めで染めてしまったら本末転倒ですよね。

そこで長時間放置しても安心なヘアカラートリートメントがおすすめになります。

しかもヘアカラートリートメントには傷んだ髪のダメージケア効果もあるので、髪の痛みが原因でキラキラ髪になっている方でも改善することが出来るんです。

生え際をしっかりリタッチ

白髪染めでよく染め残しが出る場所は根元部分の生え際になります。

根元部分は鏡では見えにくいので染め残しが出来やすく、しかも白髪がキラキラ浮いても気づきにくいんです。

そこで根元、生え際をピンポイントにしっかり染めるためにリタッチをおすすめします。

リタッチには白髪隠しのスティックタイプやヘアマニキュアの白髪染めなどありますが、私のおすすめは泡タイプのヘアカラートリートメントです。

泡タイプのヘアカラートリートメントは安全な成分で作られているので頻繁にリタッチしても髪を傷める心配がありません。

しかも泡状の染料が髪の毛1本1本に密着するので、色ムラが出来にくいというメリットもあります。

地毛に合わせた暗めの色で染める

髪を傷めないでしっかり染めてくれる白髪染めを選んだら、後は明る過ぎず地毛に近い色で染めてあげるだけです。

白髪染めは暗く染まるイメージがあるので明るい色で染めようとしてしまいがちですが、今の白髪染めは赤みのあるオシャレな茶系に染まってくれます。

ですから無理に明るい色で染めて白髪をキラキラさせてしまうのでなく、地毛に近い茶系で染めたほうがオシャレな髪色になりますよ。

キラキラ髪を改善したいならこの白髪染め!

白髪染め 光らない

最後に、キラキラ光る白髪を改善できるおすすめの白髪染めを紹介しましょう。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回限定2,000円

通常3,000円

送料540円(2本セットで無料)

 

利尻はヘアカラートリートメントの白髪染めの中でも一番売れている白髪染めです。

口コミでの評判も高く、髪や頭皮を傷めない、染まりやすい、指通りがよくなったなどの声が挙がっています。

そこで成分を詳しく見てみると、まず安全性が高い証拠として「パラベン」「ジアミン」「鉱物油」「酸化剤」など刺激の強い成分は一切使われていませんでした。

また、トリートメント成分を見てみると美髪効果を期待する成分が多く配合されていて、特に注目なのが利尻昆布エキス「フコイダン」です。

フコイダンは昆布のネバネバを構成する成分で高い保水効果を持っており、傷んだ髪のダメージケアをしてくれます。

このように安全に髪を染め、ダメージケアまでしてくれるのが利尻ヘアカラートリートメントで、キラキラ白髪にお悩みの方にピッタリです。

第2位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円

送料無料

 

続いて紹介するルプルプも安全性が高く、とても人気のあるヘアカラートリートメントの白髪染めです。

利尻と同じく刺激の強い成分は一切使わずに、体に優しい天然植物原料を多く使用しています。

染料には「ベニバナ」「クチナシ」「アイ葉」などの天然染料を使って染まりを良くし、トリートメントには保水効果の高いガゴメ昆布エキス「フコイダン」を配合。

そして香料には合成香料を使わずに「ラベンダー油」「オレンジ油」「ローズマリー油」といった植物性由来の成分を使っているので爽やかな香りがします。

このように植物原料の優しさと美髪効果により、白髪をしっかり染めてキラキラ白髪をなくすことが出来るんです。

第3位 キラリ(煌髪)泡のカラートリートメント

★★★★☆

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(クチナシ、カンゾウ、アカミノキ)、ヘアケアキューブ、パンテノール、ガゴメ昆布エキス、アミノ酸など

カラーバリエーション

ライトブラウン

ダークブラウン

ブラック

 

内容量

150g

価格

初回限定20%オフ2,555円

通常3,200円

送料無料

 

キラリ(煌髪)泡はヘアカラートリートメントをムース状に塗布できるようにしたヘアカラートリートメントの泡タイプです。

成分はヘアカラートリートメントと変わらないので、刺激の強い成分は含まれておらず安心して使用できます。

また染料がムース状になったことで生え際や根元の細かい白髪にも泡が密着して色ムラが出来るのを防いでくれるので、利尻はリタッチとして使っている人も多いです。

ですから、いつも根元や生え際に染め残しが出来て白髪がキラキラ光ってしまっている人は、キラリでリタッチしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

白髪を隠す目的で使っている白髪染めで、余計に白髪が目立ってしまうのがキラキラ白髪です。

これが本当に厄介で、白髪が浮いていることに気づかないまま外に出かけている人は結構な数お見かけします。

そして後から鏡で見て、白髪が浮いていることに気づいて恥ずかしい思いをしてしまうんです。

こうならないためにも、安全に白髪をしっかり染めてくれるヘアカラートリートメントで染めてあげるのが大切となります。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です