安全な白髪染めトリートメントで染めろ!頭皮が弱い人でも使えるおすすめの白髪染め

白髪染めトリートメント 安全

頭皮が弱い人にとって、白髪染めで頭がヒリヒリしたという経験はあるある話ですよね。

ひどい人になるとヒリヒリどころではなく、かぶれや炎症に繋がる場合もあります。

こんなことにならないために、敏感肌の人は白髪染め選びに非常に気を使っていることでしょう。

そこで全国の頭皮が弱い人のため、敏感肌の私が安全に染められる白髪染めトリートメントをいくつか紹介します。

また、実際に使ってみた感想(レビュー)も載せているので、購入の参考にしてみてください。

白髪染めトリートメントのココが安全!

白髪染めトリートメント 安全

白髪染めで頭がヒリヒリしたという人のほとんどは、市販で売られている安いヘアカラーの白髪染めを使っている場合がほとんどです。

でも、これってとても危険なんです!

ヘアカラーには有害成分が含まれており、最悪の場合はかぶれで病院のお世話になる可能性も。

そこでまずはヘアカラーの危険性に触れながら、白髪染めトリートメントの安全性について紹介していきます。

脱色しないで髪を染められる

白髪染めで頭がヒリヒリする、つまりは頭皮にダメージを受ける原因の一つに脱色(ブリーチ)があります。

正確には、脱色剤に使われている「過酸化水素」という刺激の強い成分が頭皮につくことでダメージを受けるんです。

脱色を行うヘアカラータイプの白髪染めには、この見るからに危険な名前の成分が含まれています。

その点、白髪染めトリートメントは脱色を行わないで白髪を染めることができるので、当然「過酸化水素」は含まれていません。

さらに白髪染めトリートメントは髪の表面をコーティングすることで色を付けているので、髪を傷めないというもう一つのメリットもあります。

低刺激の成分で作られている

白髪染めで頭皮を傷める一番大きな原因は、染料成分に刺激の強い成分が使われているからです。

特にヘアカラータイプの白髪染めには染色力を上げるため、刺激の強い有害成分を大量に使っています。

中でも有名なのは「パラフェニレンジアミン」通称ジアミンと呼ばれる成分で、かぶれや炎症などのアレルギー反応を起こす可能性を高める非常に危険な成分です。

一方、白髪染めトリートメントは毎日使っても安全なように刺激の強い成分は使わないように作られています。

当然ジアミンのような有害成分は使用されていないので、頭皮が弱い人でも安心して使えるんです。

トリートメント成分でダメージケアも出来る

白髪染めトリートメントは髪や頭皮を傷めないだけでなく、なんと傷んだ髪や頭皮のダメージケアまでしてくれるんです。

これはトリートメントに含まれる美髪成分のおかげで、主に保水効果のある成分がヘアカラーで傷んだ髪を補修し、ダメージを負った頭皮環境を整えてくれます。

安全な白髪染めトリートメント商品「敏感肌でも使えます!」

白髪染めトリートメント 安全 敏感肌

白髪染めトリートメントの安全性が分かったところで、その中でも特に私がおすすめする敏感肌の人のための白髪染め商品をご紹介しましょう。

まだヘアカラーで白髪を染めている人は、安全な白髪染めトリートメントに乗り換えるチャンスです!

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類
カラーバリエーション
ライトブラウン
ナチュルブラウン
ダークブラウン
ブラック
内容量
200g
価格
初回限定2,000円
通常3,000円
送料540円(2本セットで無料)

 

高い安全性から人気がどんどん出ている白髪染めトリートメントの中でも、今一番売れているのが利尻ヘアカラートリートメントになります。

まず利尻がどれくらい安全性が高いかを知るために、刺激の強い成分が本当に使われていないかどうか確認してみました。

その結果が以下の通りです。

  • パラベン不使用
  • ノンシリコーン
  • 4級アミン不使用
  • ジアミン系色素不使用
  • タール系色素不使用
  • 無香料
  • 無鉱物油
  • 酸化剤不使用

このように利尻では少しでも刺激のある成分は使わないように作られているので、十分に高い安全性があります。

現に敏感肌の私も様々な白髪染めトリートメントを使ってきましたが、利尻が一番のお気に入りです。

というのもただ安全性が高いだけでなく、利尻はトリートメント効果が高くて使うたびに髪がサラサラになっていきます。

これはトリートメントに含まれる利尻昆布エキス「フコイダン」の効果で、フコイダンの持つ高い保水効果が髪に潤いを与えて艶のあるサラサラな髪に仕上げてくれるんです。

利尻レビューまとめ

安全性
染まりやすさ
色持ち
使いやすさ

安全性は文句なし!

染まりやすさも白髪染めトリートメントの中でトップクラスです。

色持ちも10~15日くらい持つのでかなりいい方でしょう。

一つだけ難点を上げるなら、ボトル容器なので残り少なくなった時に出しにくい点ですね。

ただし、逆にボトル容器のおかげで品質を保てる利点もあります。

第2位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料
HC染料
天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉
ガゴメ昆布エキス
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
モカブラウン
ソフトブラック
内容量
200g
価格
初回限定39%オフ1,833円
通常3,000円
2本定期便1,500円
送料無料

 

ルプルプも高い安全性と染まりやすさを兼ね備えた大人気の白髪染めトリートメントです。

成分を見ると、当然刺激の強いものは使わず、無添加・ノンジアミンで作られています。

またルプルプの特徴として、体に優しい天然測物の原料を多く使っているのも魅力です。

例えば染料にはベニバナ、クチナシ、アイ葉の3種の天然染料を使って染まりを良くしています。

そしてなんといっても注目なのがトリートメントに配合されているガゴメ昆布エキス「フコイダン」。

フコイダンの持つ高い保水効果で、ヘアカラーで傷んだ髪も水分を取り戻し瑞々しい艶髪に仕上げてくれます。

ルプルプレビューまとめ

安全性
染まりやすさ
色持ち
使いやすさ

安全性、染まりやすさは利尻同様に文句なしです。

色持ちは私の髪質のせいもあるかもしれませんが、若干利尻に劣る気がしました。

ただし、私がルプルプから利尻に乗り換えた後にルプルプは色持ちを良くするリニューアル(2017年末)をしています。

その結果、色が10日以上は持つという口コミも出ているので十分な色持ちが期待できそうです。

第3位 プリオール カラーコンディショナー

★★★★☆
プリオール カラーコンディショナー
主な成分
水、アルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、セタノール 、DPG、グルタミン酸、オリゴ糖、海塩、タウリン、水溶性コラーゲン、ホップエキス、天然海藻エキス,ミネラル&コラーゲン、マイクロクリスタリンワックス、コポリマー、クエン酸、ステアリルPGジメチルアミン、エタノール、BG、シスチン、トコフェロール、香料、赤227、橙205、紫401、黒401、黄4
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
プリオール カラーコンディショナー ブラウン
プリオール カラーコンディショナー ダークブラウン
ブラック
 
プリオール カラーコンディショナー ブラック
内容量
230g
価格
通常1,382円
送料無料

 

最後に紹介するのが大手化粧品メーカーの資生堂が販売しているプリオールです。

プリオールは白髪染めトリートメントの中でも特徴的な効果を持った商品になります。

それはコンディショナーに含まれるプリオール独自の成分によるもので、その一つが「マイクロクリスタリンワックス」です。

マイクロクリスタリンワックスとは髪のコシやハリをキープする力があり、トップが潰れたペタン髪もふわっとした見た目にボリュームアップしてくれます。

また「ホップエキス」と言う成分にも注目です。

ホップエキスはなんと白髪をなくす効果が期待される成分で、資生堂がビールメーカーのキリンと共同開発した独自の成分なんです。

プリオールレビューまとめ

安全性
染まりやすさ
色持ち
使いやすさ

プリオールは利尻やルプルプと違い、毎日使ってあげることで初めて効果を発揮します。

私が使った感じだと、10日程使って十分な染まりとトリートメント効果を実感出来ました。

そのため、早く白髪染めを染めたい人には向いていないので、今回は3位とさせていただきます。

安全で染まりやすい白髪染めトリートメントの選び方

白髪染めトリートメント 安全 選び方

白髪染めトリートメントの中でも、安全でなおかつしっかり染められる白髪染めを見極める方法を最後に紹介しましょう。

いくら安全性が高くても、思ったように染まらなかったら意味がないですからね。

無添加の白髪染めを選ぶ

まず安全な白髪染めトリートメントかどうか見極めるためにも、無添加と表記された白髪染め商品を選ぶようにしましょう。

ちなみに無添加とは、髪や頭皮を傷めるような刺激の強い成分が含まれていないということを意味します。

ちなみに今回私が紹介した白髪染めトリートメントはすべて無添加で作られているので、安心してお選びいただけますよ。

HC染料・塩基性染料・植物染料の白髪染めを選ぶ

刺激の強い成分は主にトリートメントでなく、染料に使われています。

ですから染料成分を見れば安全な白髪染めトリートメントかどうか判断出来るんです。

そして刺激の少ない安全な染料がHC染料・塩基性染料・植物染料の3つ。

これらが使われている白髪染めトリートメントを選ぶようにしましょう。

今回紹介した中では利尻やルプルプが多くの植物染料を使っていて、よりおすすめとなります。

トリートメント効果が高い白髪染めを選ぶ

今までヘアカラーで髪をすでに傷めている人は、高いトリートメント効果を持った白髪染めを選ぶといいですよ。

特に保水効果を持った成分が重要で、保水効果の高い成分は開いた髪のキューティクルを補修し、ダメージを負って荒れた頭皮環境も整えてくれます。

このことに注目してみると昆布から取れる保水効果の高い「フコイダン」を配合している利尻やルプルプがいかに優秀かわかりますよね。

まとめ

白髪染めは「ただ染められればいい」ということでヘアカラーのような危険な商品が多く販売されていました。

しかし、今では髪や頭皮にダメージのない安全な白髪染めトリートメントが主流となっています。

ですから白髪染めの頭皮へのダメージにお悩みの方は、ぜひ一度白髪染めトリートメントを試してみてください。

きっと優しくあなたの白髪を染めてくれるはずです。

ダメージを負った髪や頭皮を修復し、昔のような綺麗で美しい髪を取り戻しましょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です