白髪染めトリートメントの色選びに悩む人へ「失敗しない色選び講座」

白髪染めトリートメント 色選び

白髪染めの色選びって悩みますよね。

明るすぎても暗すぎても、自分に似合わない色になってしまいます。

美容院で染めるのであればプロである美容師さんに相談できますが、白髪染めトリートメントのように自宅で染める白髪染めの場合は色を選ぶのも染めるのもすべて自分です。

もし失敗して自分に似合わない色で染めてしまったら、いくら白髪が染められても気分は最悪。

そこで今回は、数々の白髪染めトリートメントで染めてきた私が失敗しない色選びの方法を伝授します。

白髪染めトリートメントの正しい色選び

白髪染めトリートメント 色選び

白髪染めトリートメントの色選びで失敗しないために、あなたに合った正しい色の選び方を見つけていきましょう。

①地毛の色に合わせるのが基本

まず最初に知っておいてほしいのが、白髪染めトリートメントは地毛(白髪以外の髪)に合わせた色で染めるのが基本だということです。

というのも白髪染めトリートメントはヘアカラーと違って、脱色を行わず髪の表面に色を付けるタイプの白髪染めなので、地毛と大きくかけ離れた色には染まりません。

ですから色選びの第一段階としては「赤色?茶系?金髪?黒髪?」と悩むのでなく、地毛に近い色から選ぶようにしましょう。

②白髪の割合で色を決める

白髪 割合

続いて見てほしいのが、自身の白髪の割合です。

白髪染めは、白髪の割合によって染まる色合いが変わります。そのため、白髪の割合に合わせて以下のような色選びをする必要があります。

  • 白髪の割合が多い人…1トーン暗めで染める
  • 白髪の割合が少ない人…1トーン明るめで染める

基本的に、白髪は染まると明るく見えます。

よく「白髪が光る」や「白髪が浮く」と表現することがありますが、それは白髪の割合を考えずに明るい色で染めた結果です。

こうなると白髪染めをしても逆に白髪が目立ってしますので、白髪の割合が多い人は理想の色より1トーン暗めの色を選ぶようにしましょう。

一方、白髪の割合が少ない人は1トーン明るめの色で染めてあげるといいですよ。

先ほどもお話ししましたが、白髪染めは基本的に白髪を染めるために作られているので地毛部分は染まりにくくなっています。

ですから白髪部分が少なく地毛が多い人は、理想よりも1トーン明るめに染めるてあげることで思ったより暗く染まってしまった…なんてことがなくなりますよ。

③髪質で色を決める

白髪染めトリートメントは、髪質によっても色合いが変わってきます。

髪が太い人はなかなか白髪が染まらないという経験はありませんか?

また、髪が細い人はすぐに白髪が染まるはずです。

こういった経験のある人は、以下のことに気を付けて髪を染めましょう。

  • 髪が太い人…1トーン明るめで染める
  • 髪が細い人…1トーン暗めで染める

髪が太い人は髪質が硬いことが多く、染める面積も多くなるので他の人よりも染まりが悪くなります。

ですから白髪染めで染めても地毛が目立ち、その分暗く見えてしまいます。こうならないためにも髪が太い人は1トーン明るめの色で染めましょう。

それに対して髪が細い人は1トーン暗めに染める必要があります。

理由は先ほどと逆で、染まりやす過ぎて明るく見えるからです。

ただし髪質での色合いの差はそこまで大きくはないので、白髪の割合を基準に色を決めることをおすすめします。

④瞳や肌色で色を決める

①で地毛の色に合わせて選ぶとお話ししましたが、これから美容院で地毛自体を染めるというのであれば、これから紹介する色選びを参考にしてみるといいでしょう。

そもそも髪色が自分に似合うかに合わないかってどこで決まると思いますか?

それは瞳の色や肌の色なんです。

これらはパーソナルカラーと言って、その人の生まれ持つ普遍的な色のことを指します。

白髪染めで染める際はパーソナルカラーに合わせた色で染めてあげると、その人に一番合った髪色になるんですよ。

瞳の色で決める

日本人の瞳の色は基本的に茶系と黒系の2色です。

茶系の色の人でしたら、髪も茶系に染めることで明るく爽やかな印象になります。

一方、瞳が黒い人は髪も黒系で染めてあげればクールで落ち着いた印象を相手に与えることが出来るんです。

肌の色で決める

肌は顔の色、つまり髪に一番近い色なので白髪染めの色選びの重要ポイントになります。

例えば肌が暗めの人であれば、髪も暗めの色にすることで相手に落ち着いた好印象を与えます。

逆に肌が白い人が髪を暗くすると、顔だけ浮き出て少し不気味に見えてしまうので髪も明るい色に染めてあげるといいですよ。

⑤迷ったら人気色で染める

白髪染めトリートメントの色選びの基準として、地毛に合わせる・白髪の割合や髪質で決める・パーソナルカラーに合わせる…と様々紹介してきました。

しかし結局、何色がいいのか混乱してしまった方もいらっしゃることでしょう。

そんな人にはズバリ人気色がおすすめです。

人気色と言うのは老若男女問わず、多くの人に選ばれている色の証拠になります。

ですから自分に合った色が決められないのであれば人気色を選ぶのが一番です。

ちなみに、どのメーカーの白髪染めも一番人気の色はほぼ中間色となっています。

中間色を選べば明るすぎて白髪が目立つこともありませんし、暗すぎることもないのでおすすめです。

人気の白髪染めトリートメントの色見本・カラーチャート

白髪染めトリートメント 色選び 色見本

白髪染めトリートメントの色の選び方がわかった方は、次に人気の白髪染めトリートメントからどの色が自分に合っているか選んでみましょう。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類
カラーバリエーション
ライトブラウン
ナチュルブラウン
「一番人気!」
ダークブラウン
ブラック
内容量
200g
価格
初回限定2,000円
通常3,000円
送料540円(2本セットで無料)

 

利尻は白髪染めトリートメントの中でも大人気で、白髪染め売り上げ第1位を獲得している商品です。

商品の特徴はトリートメントに利尻昆布エキス「フコイダン」を配合している点で、フコイダンの持つ高い保水効果が髪に潤いを与えて、艶のある美しい髪にしてくれます。

またカラーバリエーションが4色と豊富で、自分に合わせた色を選ぶことが可能です。

白髪染めトリートメント 色選び 利尻
  • ライトブラウン・・・赤味のある明るいブラウン
  • ナチュラルブラウン・・・自然な明るさのブラウン
  • ダークブラウン・・・落ち着いた色合いのブラウン
  • ブラック・・・自然な黒髪のブラック

「ライトブラウン」と「ナチュラルブラウン」が明るめの色、「ダークブラウン」と「ブラック」が暗めの色になります。

またライトブラウンが赤系、ナチュラルブラウンが黄系と染めた印象が大きく変わってくるんです。

どちらも明るく若々しい色ですが、黄色みの強いナチュラルブラウンのほうがより若い人にも似合うカラーとなっています。

落ち着いた色で染めたい年配の方でしたら、利尻の人気色ダークブラウンがおすすめです。

ブラックとなると完全に黒髪となってしまうので、こちらは男性におすすめのカラーとなっています。

第2位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料
HC染料
天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉
ガゴメ昆布エキス)
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
「一番人気!」
モカブラウン
ソフトブラック
内容量
200g
価格
初回限定39%オフ1,833円
通常3,000円
2本定期便1,500円
送料無料

 

ルプルプは利尻と並ぶ大人気の白髪染めトリートメントで、安全性が高く植物性染料を使っているので髪を優しく染めることが出来ます。

またトリートメントにはガゴメ昆布エキス「フコイダン」を配合されており、痛んだ髪の修復、そして艶のある指通りのいいサラサラな髪へと導いてくれます。

カラーバリエーションは、明るさや赤み度に合わせた4色。

白髪染めトリートメント 色選び ルプルプ
  • ブラウン・・・赤味の強い明るいブラウン
  • ダークブラウン・・・赤味が少しある落ち着いた色
  • モカブラウン・・・明るすぎず暗すぎずベーシックな色
  • ソフトブラック・・・黒過ぎない自然な黒

ルプルプの一番人気は「モカブラウン」で、明るすぎず暗すぎずの中間色となっています。

そしてモカブラウンよりも少し明るいのが「ダークブラウン」です。

ダークブラウンは名前からして暗い色をイメージしますが、ルプルプの場合は明るさと赤みが強いカラーとなっています。

ですから暗めの色で染めたい人は、モカブラウンで染めるとちょうどいいでしょう。

またルプルプは全体的に赤みが強いので明るい色がお好きな人におすすめの白髪染めトリートメントです。

第3位 レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー

★★★★☆
主な成分
塩基性染料
HC染料
アロエ、カンゾウなど
カラーバリエーション
ライトブラウン
ローズブラウン
マロンブラウン
「一番人気!」
ダークブラック
ナチュラルブラック
内容量
300g
価格
通常3,334円
送料600円(2本以上購入で無料)

 

レフィーネは「ヘッドスパトリートメント」とあるように、頭皮ケアが出来る白髪染めです。

具体的にはトリートメントに含まれる火山岩から取れた特殊な泥を使い、頭皮や髪の汚れを吸収して落としてくれます。

実際にレフィーネで染めた後は「頭がスッキリする」という声が多数で、非常に人気のある白髪染めトリートメントの一つです。

またレフィーネの特徴は豊富なカラーバリエーションにもあります。

レフィーネは5種類からカラーを選ぶことが出来、さらにその中から2色以上を混ぜて自分だけの色を作ることが可能です。

色を混ぜられる白髪染めトリートメントはとても貴重なので、他の白髪染めではなかなか自分に合った色が見つからないという方におすすめですよ。

白髪染めトリートメント 色選び レフィーネ

※1はレフィーネナチュラルカラーのみ

  • ライトブラウン・・・明るさが強く金に近い色
  • ローズブラウン・・・明るさ・赤みが強い茶系
  • マロンブラウン・・・赤みを抑えた落ち着いた茶系
  • ダークブラウン・・・明るさ・赤みを抑えた黒よりの茶系
  • ナチュラルブラック・・・日本人に合った自然な黒色

レフィーネのカラーバリエーションは全体的に明るい色となっているので、明るくオシャレな髪色にしたい人におすすめです。

また明るい色にダークブラウンを混ぜて、好みの明るさに合わせた茶系に染めることも出来ますよ。

白髪染めトリートメントで明るい色に染めたい人へ

白髪染めトリートメント 色選び 明るい色

白髪染めで髪を染めるにしても、どうせ染めるなら明るくてオシャレな色にしたいですよね。

そうなるとブラウン系の明るい色に手が伸びそうですが、ちょっと待ってください。

明るい色を選ぶ前に以下の3つの事に注意しましょう。

ヘアカラータイプで染めるのは絶対にダメ

明るい色で染めたいと思ったとき、カラーバリエーションが豊富なヘアカラータイプの白髪染めで染めようとする人がいます。

しかし、これは絶対にNG。

ヘアカラータイプのカラーバリエーションが多いのは、脱色によってどんな色にも染まりやすいようにしてあるからです。

そしてその脱色が髪へとてつもない負荷をかけてしまいます。

髪を守り、艶を出すキューティクルは修復不能なほど傷み、パサパサの髪に変貌するんです。

これではオシャレな髪とは程遠いですよね。

ですから、オシャレな髪に染めたいなら白髪染めトリートメントが一番と言えます。

白髪染めで黒髪を明るい色にするのは難しい

白髪染めは白髪を染めるように作られているので、地毛部分を染める力はほぼありません。

そのため、例えブラウン系の明るい色で黒髪を染めたとしても元の黒色が勝ってしまい、染め上がりも黒髪のままになるんです。

例えるなら、絵の具の黒に何色を混ぜても変わらないのと同じ理屈になります。

一度、美容院で明るく染めよう

もし地毛が暗めの人で、明るい色の白髪染めを使いたいのであれば、一度美容院に行く必要があります。

美容院で地毛部分を理想の明るさにしてから、その後に白髪染めカラーで地毛と同じ明るさの色に染めるんです。

そうすることにより美容院で毎回染める必要もなく、白髪染めトリートメントで生え際の白髪もケアすることが出来ます。

まとめ

今まで白髪染めの色選びで失敗したという人は大勢いることでしょう。

明るすぎたり暗すぎたり、少し色が変わるだけで印象がガラっと変わってしまいます。

でも、恐れることはもうありません。

今回紹介した自分に合った色選びの基準さえ押さえていれば、「あの人の髪色、似合ってないわね」なんて言われることもなくなります。

そしてこれからは白髪染めトリートメントで、自宅で簡単に美しくオシャレな髪色に染められることでしょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です