白髪染めトリートメントはブリーチした髪にとっても有効!髪を傷めずに黒く染めよう

白髪染めトリートメント ブリーチ

「この間ブリーチをしたばかりだけど、事情があってまた黒く染めたい」

こんな経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

しかし、そこで気を付けなければいけないのが“安易にヘアカラーを使って黒く染めるのは避けるべき”ということなんです。

これは、ブリーチした後の髪にもう1度ヘアカラーを使ってしまうと、髪がボロボロに傷んで取り返しのつかないことになってしまうからです。

ではどうしたら良いのでしょうか?

結論から言ってしまうと“ブリーチした髪には白髪染めトリートメントが有効!”なんです。

そこで今回は白髪染めトリートメントがどうしてブリーチをした髪に有効なのか、いくつかの理由に基づいてご紹介していきます。

白髪染めトリートメントがブリーチした後の髪に有効な3つの理由!

白髪染めトリートメント ブリーチ 効果的 理由

それではまず初めに、白髪染めトリートメントがどうしてブリーチをした後の髪に有効なのか、3つの理由についてご紹介していきます。

美髪成分により、ブリーチした髪を補修してくれる

まず1つ目は“美髪成分により、ブリーチした髪を補修してくれる”ということです。

白髪染めトリートメントに配合されている美髪成分には以下のようなものがあります。

白髪染めトリートメントに配合されている美髪成分

ハリやコシを与えてくれる成分

外部から髪を守ってくれる成分

・フコイダン

・ローヤルゼリーエキス

・アルギン酸

・アルテア根エキス

・アルニカ花エキス

・加水分解ケラチン

・加水分解シルク

・ミツロウ

・キトサン

・ステアリン酸グリセリル

・ミリスチン酸

・グルタミン酸

 

これらの成分はみなさんの髪を優しく守ってくれます。

ブリーチをした後の髪ってみなさんが思っている以上にダメージを受けているんですよね。

そんな傷んだ髪にさらにヘアカラーの白髪染めなどを使ってしまうと、髪がダメージに耐えられずボサボサな髪質になってしまうことがほとんどなんです。

1度取り返しのつかないほどダメージを受けてしまった髪は、補修するのはほぼ不可能。

そうならないためにも、ブリーチをした髪には美髪効果のある白髪染めトリートメントを使うとキレイな髪質を維持できますよ。

天然の染料で地肌にも優しく染めてくれる

2つ目は“天然の染料で地肌にも優しく染めてくれる”ことです。

白髪染めトリートメントは髪に優しいだけでなく、ブリーチのときにダメージを受けやすい地肌にも優しい商品です。

なぜなら、染料に天然由来の成分を多く配合しているから!

白髪染めトリートメントに配合されている染料

・アナトー

・クチナシ

・シコンエキス

・ウコンエキス

・ベニバナ

・藍

上記の表を見てもわかる通り、白髪染めトリートメントはほとんどの商品で天然の成分を使っています。

ヘアカラーによる地肌の痛みや痒みは放っておいてはいけません。

将来的に抜け毛や薄毛の大きな原因になってしまします。

これからもずっとキレイな髪を保つためにも地肌に優しい白髪染めトリートメントを使うことが大切ですよ。

染め残しによる失敗を防ぐことができる

3つ目は“染め残しによる失敗を防ぐことが出来る”ことです。

ブリーチをしたということは、髪色が明るくなっているということですよね。

そんな髪色にヘアカラーの白髪染めを行ってしまうと、ほとんどの場合に染め残しが出来てしまいます。

なぜならヘアカラー1回で髪1本1本すべてをしっかり染めることはほぼ不可能だから。

その反面、白髪染めトリートメントはトリートメント自体も柔らかく、全体に塗りやすい商品です。

さらに準備もいらず手軽に使えるので、もし染め残しがあっても再度すぐに染めなおすことができます。

つまり白髪染めトリートメントは、ブリーチした後の髪を再度キレイに染める際にはとっておきの商品と言えるんですね。

ブリーチした髪でもよく染まる!白髪染めトリートメントランキング

白髪染めトリートメント ブリーチ 効果的 ランキング

それでは白髪染めトリートメントがブリーチした髪に最適な商品であることが分かったところで、ブリーチした髪でも良く染まる、白髪染めトリートメントランキングをご紹介していきます。

それぞれの商品でブリーチした髪にも優しい成分がしっかりと配合されているのかも確認しましたので、一緒に見ていきましょう。

【第1位】利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類
カラーバリエーション
ライトブラウン
ナチュルブラウン
ダークブラウン
ブラック
内容量
200g
価格
初回限定2,000円
通常3,000円
送料540円(2本セットで無料)

白髪染めトリートメントランキング堂々の第1位に輝いたのが「利尻ヘアカラートリートメント」です。

髪・地肌への優しさ、白髪をしっかりと染める力が評価され、今では大人気の商品になっています。

利尻の最大の特徴と言えるのが“フコイダン”という成分。

この成分は髪をキレイに染める効果・地肌に潤いを与える効果の両方を兼ね備えていますので、ブリーチをした後の髪にはとっても効果的なんです。

よくヘアカラーの成分で危険性を注視されている、

・ジアミン

・タール系色素

・過酸化水素水

・香料

も利尻ではすべて不使用ですので、地肌や体にも安全に白髪染めを行うことができますよ!

利尻の配合成分を確認してみました

それでは、利尻ヘアカラートリートメントがブリーチした髪にどれぐらい効果的な商品なのか確認していきましょう。

トリートメント成分

染料

・ミツロウ

・フコイダン

・アルニカ

・アルギン酸

・グルタミン酸

・加水分解ケラチン

・加水分解シルク

・アナトー

・クチナシ

・シコンエキス

・ウコンエキス

利尻に含まれている主な成分は上記のようなものです。

これらの成分を見てもわかる通り、利尻ヘアカラートリートメントは美髪成分・天然染料においても優れている商品ですので、ブリーチをした後の髪にでも安心して使用することができます。

さらに今ですと初回限定価格2,000円(1,000円OFF)で購入することができますので、実力・コスパともにナンバーワンの白髪染めトリートメントと言えるでしょう。

【第2位】ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料
HC染料
天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉
ガゴメ昆布エキス)
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
モカブラウン
ソフトブラック
内容量
200g
価格
初回限定39%オフ1,833円
通常3,000円
2本定期便1,500円
送料無料

惜しくもランキング第2位になってしまった「ルプルプヘアカラートリートメント」ですが、実力に大差はなく、ブリーチした髪を優しくしっかり染めてくれる商品です。

利尻でも確認した危険性の高い成分について見てみると、

・ジアミン不使用

・タール系色素不使用

・過酸化水素水不使用

・香料不使用

と、やはりこちらでも体に害のある成分はすべて不使用という結果でした。

これでヒドイ肌荒れや、アレルギー反応を起こす心配がありませんね。

さらにルプルプの大きな特徴と言えるのが“香りが良い”というところです。

ヘアカラー特有の刺激臭もしませんし、ラベンダーの香りをほのかに漂わせてくれますので、ルプルプで快適に白髪染めを行うことができますよ。

ルプルプの配合成分を確認してみました

ルプルプはブリーチした後の髪にもしっかりとマッチした商品なのでしょうか?

確認していきましょう。

トリートメント成分

染料

・ガゴメエキス

・キトサン

・アルギン酸

・セルロース

・ステアリン酸グリセリル

・グルタミン酸

・クチナシ

・ベニバナ

・藍

このように、ルプルプもブリーチした後の髪にしっかりとマッチした商品と言えますね。

第1位の利尻と比べると染毛力で少し劣る部分はありそうですが、それでもベニバナや藍など染料としては最適な成分が配合されていますので、ブリーチした後の髪でも力強く染めてくれること間違いありません!

【第3位】マイナチュレカラートリートメント

★★★★☆
主な成分
ステアリン酸グリセリル、クエン酸、デキストリン、ボタンエキス、フユボダイジュ花エキス、ホホバ種子油、加水分解ケラチン、ガゴメエキス、ウコン根茎エキス、セイヨウオトギリソウエキス、トウキンセンカ花エキス、セイヨウノコギリソウエキス、カミツレ花エキス、アルテア根エキス、オレンジ果皮油、アルニカ花エキス、ローズマリーエキス、オドリコソウ花エキスなど
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
プリオール カラーコンディショナー ブラウン
プリオール カラーコンディショナー ダークブラウン
内容量
200g
価格
通常価格3,980円
 

白髪染めトリートメントランキング第3位に選ばれたのが「マイナチュレオールインワンカラートリートメント」です。

この商品はオールインワンというだけあって、

・白髪ケア

・スカルプケア

・ヘアケア

・エイジングケア

のすべてをこの1本で行うことができます。

通常価格3,980円+送料750円と少しお高めの値段ですが、その分質の良い美容成分も配合されていますので、お値段相応の効果が得られる商品と言えるでしょう。

特に、美容にも興味を持っている女性にはオススメの白髪染めトリートメントです!

マイナチュレカラートリートメントの配合成分を確認してみました

では最後に、マイナチュレの配合成分を確認していきましょう

トリートメント成分

染料

・ステアリン酸グリセリル

・アルテア根

・アルニカ花

・ウコン根茎

・アシタバ葉

・ローズマリー

・ホホバオイル

・アルガンオイル

・オドリコソウ花

・カミツレ花

・塩基性染料

・HC染料

この表を見てもらうとわかる通り、上位の利尻やルプルプと大きく違う点が“染料”ですね。

マイナチュレでは主に染料として、塩基性染料とHC染料というものを使用しています。

この塩基性染料・HC染料は染毛力が強い分、天然の染料と比べると少し肌に刺激を与えてしまうのが欠点なんです。

ですが、ヘアカラーの白髪染めなどに使われている化学染料に比べると、大幅に危険性は取り除かれた成分ですので、ブリーチした後の髪にもしっかりと効果を発揮してくれる商品であることは間違いありません!

ブリーチした髪をさらによく染めるためのコツ!

白髪染めトリートメント ブリーチ 選ぶコツ

さてみなさん、自分に合った商品を選ぶことはできましたか?

ここではみなさんが選んだ商品をさらに効果的に使用するための3つの方法についてご紹介していきたいと思います。

髪の汚れを落としてから使う

白髪染めトリートメントの効果をさらに発揮するための1つ目の方法が“髪の汚れを落としてから使う”という方法です。

髪がホコリや皮脂によって汚れている場合、どうしてもトリートメントを上手に塗布することができなくなってしまいます。

これはホコリや皮脂が邪魔をして、成分がしっかりと髪に付着してくれないからなんです。

ですので、みなさんが白髪染めトリートメントを使う際には、洗髪を1度行ってからトリートメントを塗るとキレイに染めることができますよ。

もし髪を洗うのが面倒であれば、1度ブラッシングなどを行って髪の表面をキレイにしてから白髪染めトリートメントを使うという方法も良いでしょう。

ケチらずにたっぷり使う

2つ目の方法が“ケチらずたっぷり使う”という方法です。

白髪染めトリートメントってヘアカラーの白髪染めと違い、1回で1本を使い切る商品ではありませんので、どうしてもみなさんケチってしまう傾向にあります。

しかし白髪染めトリートメントはケチって使ってはダメ!とくにブリーチをした後であれば、あちこちに塗り残しが残ってしまいます。

あとから染まっていない部分を2回、3回と染めなおすとなると手間も時間もかかってしまいますので、1回目からケチらずにたっぷりトリートメントを使うようにしましょう。

目安としては、1回でゴルフボール1個分程度を使用すると良いですよ。

ラップを使って温度と湿度を管理する

しっかりと染めるための方法には“ラップを使う”という方法もあります。

なんとなくご存知の方も多いのではないでしょうか?

この方法はトリートメントを塗布した後の髪にラップを被せて密封することで、温度と湿度を保つという効果があります。

どんなヘアカラーの商品でも、髪を良く染めるためには温度と湿度が大切なポイント!

どのご家庭にでもある市販のラップで対応することができますので、ぜひみなさん試してみてはいかがでしょうか。

そもそも白髪染めトリートメントとは?

白髪染めトリートメント 特徴 3つ

この記事最後の項目になってしまいますが、そもそも白髪染めトリートメントとはどんな商品なのでしょうか?

白髪染めトリートメントの主な特徴について3つご紹介していきます。

自然な髪色に染められる

これまでヘアカラーをしたことがある方ならわかると思いますが、ヘアカラーの白髪染めって染毛力が強い分、どうしても真っ黒で不自然な仕上がりになってしまいますよね。

そんな問題を解決してくれるのが、白髪染めトリートメントです。

白髪染めトリートメントは、脱色を行わず髪の表面に徐々に色素を沈着させることで白髪を染めてくれます。

つまり、ヘアカラーの白髪染めのように真っ黒で不自然な髪色になることはありません!

トリートメント成分も配合している

上記でもご紹介しましたが、白髪染めトリートメントはトリートメント効果も期待することができます。

白髪染めトリートメントには美髪効果のあるトリートメント成分も配合されていますので、髪や地肌を守ってくれるだけでなく、痛んだ髪をさらに補修してくれる効果があるんです。

各商品の成分表や公式サイトでそれぞれどんな成分が配合されているのか確認できますので、みなさんしっかりと確認してから購入することをオススメしますよ。

誰でも手軽に白髪染めが行える

白髪染めトリートメント最後の特徴が“誰でも手軽に白髪染めが行える”というところです。

これまでの内容でも詳しく説明してきましたね。

白髪染めトリートメントは普段みなさんが使っているトリートメントの代わりに使用するだけで、白髪染めが行えちゃう商品です。

塗る際も難しい工程は一切ありませんので、誰でも1人で簡単に白髪染めが行えますよ。

まとめ

今回はブリーチをした髪に白髪染めトリートメントが有効な理由についてご紹介してきました。

実は私もこれまでブリーチをした髪にヘアカラーを使ったことがあるのですが、キシキシになったり枝毛がすごくなったりでもう散々でした。

それに比べて白髪染めトリートメントは、ブリーチをした後の髪にとっても効果的!

美髪成分を配合することで、ブリーチ後の髪の痛みまでも補修することができます。

上記でご紹介した白髪染めトリートメントは美髪効果・染毛力、両方において申し分ない実力をもっていますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です