白髪染めトリートメントは色落ちや色移りしやすいの?購入をためらうアナタへ真実を教えます

白髪染めトリートメント 色落ち

白髪染めトリートメントは今ひそかにブームを迎えています。一昔前までならドラッグストアで安く売られているヘアカラーの白髪染めの購入者が多かったのですが、今では安全かつ美しく染められる白髪染めトリートメントの方が人気です。

そのためこれから初めて白髪染めトリートメントにチャレンジしようと考える人が増えているのですが、同時にある噂によって購入をためらっている人もいます。

その噂が「白髪染めトリートメントは色落ちしやすい」という話です。

そこで今回、白髪染めトリートメント歴5年の私が噂の真相を解明していきます。

今人気の白髪染めトリートメントとは?

白髪染めトリートメント 色持ち

噂の解明に移る前に、白髪染めトリートメントにこれからチャレンジしようと考えている人のために、そもそも白髪染めトリートメントがどんな白髪染めなのか簡単に予習しましょう。

髪や頭皮に優しい白髪染め

白髪染めトリートメントは髪や頭皮に優しいというのは恐らく既に周知の事実かと思います。

ではなぜ髪や頭皮に優しい白髪染めと言われるのか。それはズバリ白髪染めトリートメントは脱色を行わないで髪を染められるからなんです。

白髪染めトリートメントは脱色を行うヘアカラーと染め方が根本的に異なり、髪の表面をマニキュアのようにコーティングすることで染めるんです。

ですから脱色の必要がなく、髪を傷めない優しい白髪染めとなります。(他にも髪に優しい理由はありますが、それは後ほど詳しく語ります。)

自宅で簡単に染められる

白髪染めトリートメントには手軽に染められるというメリットがあります。ヘアカラーの白髪染めであれば液剤が服につかないように準備を施してから髪に塗り、数十分の待ち時間を要してからやっと洗い流しになるため手間と時間がかかります。

それに対して白髪染めトリートメントは普段のトリートメントの代わりとしてシャンプー後に普通に使い、待ち時間も10~15分ほどで済むんです。

トリートメント効果でツヤ髪に

白髪染めトリートメントの最大のメリットはトリートメント効果にあります。白髪染めトリートメントには様々な美髪成分が配合されており、染めれば染めるほどツヤのあるサラサラな美しい髪にしてくれるんです。

白髪染めトリートメントは色落ちしちゃうの?

白髪染めトリートメント 色落ち

白髪染めトリートメントの大まかな特徴が掴めたところで、本題の「白髪染めトリートメントは色落ちしやすい」という噂について触れていきます。

シャンプーのたびに色落ちする

結論から言ってしまうと確かに白髪染めトリートメントはシャンプーのたびに色落ちするという性質があります。

前述してある通り白髪染めトリートメントは髪の表面をコーティングして染めているので、髪の内部に色を入れているヘアカラーと違い、シャンプーの洗浄力で染料が落ちるんです。

ただし、一発で白髪が目立つほど色落ちするわけではありません。もしそうなっていたらこれほどまでに人気が出ていませんからね。

ですからあくまでヘアカラーに比べると色落ちするという認識が正しいです。

しっかり染めれば色移りはしない

白髪が見えるほど色落ちしないにしても、汗や雨で服に色移りしてしまうのでは?と心配されている方もいることでしょう。

しかし、その心配はありません。白髪染めトリートメントの染色力はとても高く、仕様書に書いている通りにしっかり染めてあげれば汗や雨程度で色移りすることはないんです。

なお、しっかり染めるコツについては後ほどご紹介します。

定期的に使うことで髪色をキープする

そもそも白髪染めトリートメントはヘアカラーの白髪染めと違って一発で染める使いきりタイプではありません。

保存がきく容器に入っていて好きなタイミングで定期的に染めることが出来ます。しかし、定期的に染めると聞くと面倒に思われる方がいるかもしれませんが、そんなことはないですよ。

前述してあるように普通のトリートメントのように使うだけですので、染めているという手間を感じることはありません。

色落ちしにくいおすすめの白髪染めトリートメント紹介

白髪染めトリートメント 色落ち おすすめ

色落ちがどうしても気になるというアナタの為に、人気の白髪染めトリートメントの中でも特に色落ちしにくい商品をご紹介しましょう。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類
カラーバリエーション
ライトブラウン
ナチュルブラウン
ダークブラウン
ブラック
内容量
200g
価格
初回限定2,000円
通常3,000円
送料500円(定期購入で無料)

利尻は今一番売れている白髪染めであり、その実績は伊達ではありません。

まず成分を見てみるといかに安全性が高い白髪染めトリートメントかがわかります。

  • ジアミン系色素不使用
  • タール系色素不使用
  • 酸化剤不使用
  • パラベン不使用
  • ノンシリコーン
  • 無香料
  • 無鉱物油
  • 4級アミン不使用

利尻では徹底して髪や頭皮を傷めない低刺激の成分だけで作られています。そしてなおかつ、染まりを良くするために体に優しい天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)を使うという徹底ぶりです。

これによって利尻は高い染色力を誇り、色持ちは10~15日とすぐに色落ちしてしまう心配はありません。

また、注目すべきは染色力だけでなくトリートメント効果にもあります。利尻ではトリートメントに利尻昆布エキス「フコイダン」という保水効果が極めて高い美髪成分を配合しているんです。

これによって利尻を使えば使うほど、潤いとツヤのある美しい髪へと変貌させてくれます。

このように利尻なら色落ちや色移りの心配なく、白髪のない艶髪になれるんです。

第2位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料、HC染料、天然染料(クチナシ、アイ、ベニバナ)、ガゴメ昆布エキス「フコイダン」、ヒアルロン酸Na、植物性油(月見草油、マンゴー種子油 、ヒマワリ種子油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、オレンジ果皮油、オリーブ油、他)など
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
モカブラウン
ソフトブラック
内容量
200g
価格
初回限定39%オフ1,833円
通常3,000円
2本定期便3,000円
送料500円(2本以上で無料)

安全性を染まりやすさを両立した白髪染めトリートメントは利尻だけではありません。

ルプルプも今とても人気のある白髪染めトリートメントで、通販ネット評価ランキング1位を獲得するほどです。

商品の特徴としては体に優しい植物由来の成分を多く使っている点になります。例えば染料成分には「クチナシ」、「アイ」、「ベニバナ」といった天然染料を使用することで染まりをグッと良くしているんです。もちろんそれだけ色落ちもしにくくなっています。

そしてトリートメントンは利尻と同じく昆布からとれる保水効果が高い「フコイダン」を配合しているんです。

このフコイダンによってヘアカラーなどで痛んだ髪を補修し、ツヤのあるサラサラな髪に仕上げてくれます。

第3位 マイナチュレ オールインワン カラートリートメント

★★★★☆
主な成分
水添ナタネ油アルコール、アルガニアスピノサ核油、コンフリー葉エキス、グリセリン、植物エキス、植物油(ホホバ種子、ベルガモット、レモン、オレンジなど)、セイヨウアカマツ球果エキス、HC染料、塩基性染料など
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
内容量
200g
価格
通常3,980円
2本定期便5,408円(32%オフ)
送料無料

マイナチュレは最近(2018年3月)発売された白髪染めです。しかし、マイナチュレシリーズとして以前から女性向け育毛剤が高く評価されている企業だけに発売直後に品切れにあるほどの人気商品となっています。

商品の特徴は業界初の1本で4つの効果を持つオールインワンの白髪染めトリートメントという点です。

具体的には「白髪ケア」「スカルプケア」「ヘアケア」「エイジングケア」の効果が期待され、白髪を染めるのはもちろん、傷んだ髪と頭皮を補修して、加齢による悩みであるエイジングケアまでしてくれます。

多くの髪・頭皮の悩みを抱えている方にはピッタリの白髪染めトリートメントです。

色落ちを防ぐ白髪染めトリートメントの染め方

最後に白髪染めトリートメントの色落ちを防ぐコツをご紹介しましょう。もし白髪染めトリートメントで頻繁に色落ちする方がいたら試してみるといいですよ。

ノンシリコンシャンプーを使う

これは結構知らない人がいる色落ちを防ぐ大事なコツです。

そもそもシャンプーで色落ちするのは、普段使っているシャンプーの洗浄力が強すぎるからなんです。

特に最近のシャンプーはシリコン入りの商品が多く、髪の表面をコーティングして染める白髪染めトリートメントと相性が良くありません。

そこでオススメなのがノンシリコンのシャンプーです。ノンシリコンシャンプーはアミノ酸洗浄なので洗浄力がそれほど高くなく、トリートメントのコーティングも邪魔しないので白髪染めの色落ちや色移りを防ぐことが出来ます。

おすすめのノンシリコンシャンプー

利尻カラーシャンプー

放置時間を長くする

白髪染めは染まりが良くなれば必然的に色持ちも良くなります。そして染まりを良くする一番の方法が染料を髪に塗った後の放置時間を長くすることです。

放置時間が長いほど、染料が髪の内部まで深く浸透して染まりが良くなり、色落ちもしにくくなります。

ドライヤーですぐ乾かす

髪を白髪染めトリートメントで染め終わり、最後に濡れた髪を乾かすだけ。と、ここが重要ポイントなんです。

良くお風呂上りに髪をすぐ乾かさずにいる人がいますが、これは白髪染めにおいてはNG行動!

いつまでも濡れた髪のままでいるとせっかく髪についた染料が水と一緒に流れ落ちていき、染まりが悪くなり色落ちや服への色移りにも繋がります。

ですから白髪染めトリートメントで染めた後は早くしっかりドライヤーで乾かすようにしましょう。

まとめ

今までずっとヘアカラーで染めていた人にとっては初め白髪染めトリートメントは色落ちが早いと感じるかもしれません。そしてそれがこのような噂を生み出したのです。

しかし色落ちが早いと感じるのは最初だけで、白髪染めトリートメントをずっと使い続けていれば絶対にヘアカラーよりも楽だと感じるようになります。

また髪や頭皮へのダメージの面から見てもどちらがいいのかは明らかです。ですから、まずは白髪染めトリートメントにチャレンジしてみることを強くおすすめします。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です