男性の白髪染めにはメンズ用ヘアカラートリートメントを使うのが一番!?

ドラッグストアや百貨店で販売しているカラー剤を見てみると、どれもこれも男性用と女性用に分かれていますよね。

髪や頭皮にやさしいと言われているヘアカラートリートメントも、男性用・女性用に分かれているわけですが、あれって一体何が違うんでしょうね。

みなさんは気にしたことがありますか?男性も女性も、髪質などは変わらない気がするのですが、女性向けの商品を男性が使うと何かまずいことでもあるのでしょうか。

そこで今回は、男性用・女性用のヘアカラートリートメントの違いと、男性におすすめのメンズ用ヘアカラートリートメントをご紹介していきたいと思います!

男性用と女性用の違いとは

まずは男性用・女性用の違いについて学んでいきましょう。

最初にお話したように、ヘアカラートリートメント以外だけではなく、ヘアカラーやヘアマニキュアも男性用・女性用があるわけですが、これらは何が違うのでしょうか。

結論から言ってしまえば、男性用も女性用も実はさほど変わりないんです。

色味や香料などが微妙に違うだけなので、実際は男性が女性用を使っても、女性が男性用を使っても問題ありません。

色の違い

女性ほどおしゃれに執着心がない男性は、“髪を染める”というより“白髪さえ隠せればいい”という方が多いようです。そのため、男性向けの白髪染めは暗い髪色、地毛に近い髪色に仕上がるものがほとんどです。

一方、女性向けの白髪染めは、白髪を染めるついでに髪全体の色を明るくできるタイプのものが多め。髪の色素を抜かないため、基本的に明るい髪色にできないヘアマニキュアやヘアカラートリートメントも、極限まで明るく (ライトブラウンやナチュラルブラウンなどに) できるようにつくられているものが多くあります。

髪質の違い

髪質は個人差がありますが、一般的に男性の髪は細くてやわらかい、女性の髪は太くて硬いと言われています。

そう聞くと、それに合わせてカラー剤も男性用・女性用に分けられていると思いますよね。

ですが男性用・女性用の白髪染めに含まれる成分を見てみると、男女の髪質の違いはあまり関係ないみたいです。その証拠に、ヘアカラートリートメントの内容成分を見てみると、男性用も女性用も同じ成分がたくさん含まれていますし、どちらも髪や頭皮をいたわるようにつくられています。

香りの違い

男性向けの白髪染めは、香りがしない無香料タイプのものが多めです。香料が入っているものは、ミントやシトラスなどの爽やか系のものが多いような気がします。

対して女性向けの白髪染めは、フローラル系の香りがする香料が含まれているものが多いようです。

しかし、最近のへアカラートリートメントは無添加の商品が多いため、女性向けでも無香料タイプのものが増えてきています。

おすすめのメンズ用へアカラートリートメントはコレ!

それでは、男性向けのヘアカラートリートメントで、おすすめしたい商品をいくつかご紹介していきましょう。

スカルプD ヘアカラーコンディショナー(アンファー)

地毛に近い髪色に染められる〈ナチュラルブラック〉〈ディープブラック〉の2色展開で販売しています。

独自の成分である黒豆豆乳発酵液を配合しており、髪にハリやコシも出てくるため、抜け毛・薄毛予防にも効果が期待できるはず。

さらに、防腐剤のパラベンや、石油系活性剤などを使用しておらず、髪や頭皮へのやさしさが配慮されている商品と言えますね。爽やかな香りがしますが、香料も合成香料ではなく、ハッカ油やスペアミント油などの精油を使用しています。

メンズビゲン カラーリンス(ホーユー)

髪にうるおいを与える、ミネラルオイルやアロエベラ葉エキスなどの天然由来成分が多く含まれています。価格も1,000円前後とお手頃な値段。

ただし、指通りを滑らかにするシリコン成分・ジメチコンや、毛髪を柔軟にするベヘントリモニウムクロリドなど、化学成分も少し含まれていますので、髪質が硬い男性の方が適していると言えるでしょう。

テンスター カラーコンディショナーforMEN(三宝商事)

こちらは何と、黒髪に染めるタイプの他に、髪全体を自然な白髪にするナチュラルグレータイプも販売しています。

髪全体に対して白髪の割合が多い方は、思い切ってこちらを使ってみるのもアリだと思います。男の色気が出てきて素敵な髪色に仕上げることができますよ。

また、髪や頭皮を健康な状態にする、ヘンナ葉エキスが配合されているのもGOOD。

男性におすすめしたい女性用ヘアカラートリートメント

前述の通り、男性が女性用のヘアカラートリートメントを使用しても問題ありません。

むしろ女性用だと思わず、男女共用の商品だと考えましょう♪

では最後に、私がおすすめしたいメンズ用以外のヘアカラートリートメントを紹介していきたいと思います。

利尻ヘアカラートリートメント(自然派clubサスティ)

こちらは是非とも男女ともに使ってほしいヘアカラートリートメントです。

パラベン、鉱物油、香料などの添加物を一切使用しておらず、染まり具合もなかなかのものです。さらに利尻ヘアカラーシャンプーと併用すると、1回の使用でもかなり白髪が染まりますよ。

毛髪にうるおいを与え、保湿する利尻昆布のエキスがたっぷり配合されているので、使っていくうちにハリやコシのある髪へ。

くろめ ヘアカラートリートメント(サラヴィオ)

ボトルの見た目がスタイリッシュでクールなくろめ。こちらはドラッグストアや百貨店ではなく、ネット通販で購入ができます。

染まり具合は他の商品に比べてイマイチ…といった感じなので、ゆっくり時間をかけて白髪染めをしていきたい方に向いていると思います。

染まりが悪い分、化学成分はかなり少なめ。素手で使用しても色素沈着の心配なし!それぐらい地肌にやさしいヘアカラートリートメントです。地肌だけではありません。髪の保護膜であるキューティクルを補修する、天然の成分もたくさん配合されているんですよ♪

LABOMOスカルプアロマヘアカラートリートメント(アートネイチャー)

CMでもお馴染みのアートネイチャーから発売されている商品です。この商品は放置時間わずか3分でOKなので、面倒くさがりな男性にもおすすめできます

。ただし、染毛力が他のヘアカラートリートメントも優れているため、使う際は面倒でも手袋をつけた方が良いと思います。

ビゲン カラートリートメント(花王)

ヘアカラートリートメントを使ったことがないけど、試しに使ってみようかな?という方はこちらを使ってみてはいかがでしょう

。価格も800円前後ほどなのでお手頃だと思います。また、他のヘアカラートリートメントより明るい髪色に染まりますので、髪色を少しだけ明るくしたい方にも適しています。

まとめ

カラー剤は男性用と女性用に分かれて販売されていますが、実際のところは内容成分が多少違うだけで、どちらを使っても問題ないということがわかりましたね。

男性の方で色味や香料を重視するのであれば、やはりメンズ用のヘアカラートリートメントを使うのが一番。しかし、なりたい髪色や染める頻度によっては、女性用のヘアカラートリートメントを使ってみるのもいいと思いますよ。性別にとらわれず、自分に合った白髪染めを使っていきましょう!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です