ヘアカラーと白髪染め、違いは一体何?傷み具合も変わってくるの?

ヘアカラ―で髪色を楽しみたいのに、いざ染めてみたら白髪が全く染まらなかった!

そんな経験、ありませんか?

「白髪が生えてくる前は、今までのヘアカラ―で何の問題もなかったのに…。」

「そもそも、ヘアカラ―と白髪染めって何がどう違うの?」

今回は、ヘアカラ―と白髪染めの違いについて、そして今後白髪を染める際は何を使うのが正解なのかお話していきましょう。

白髪染めもヘアカラ―の仲間!?

“白髪染め”と聞くと、何だかヘアカラ―とはまるっきり別物のように聞こえますが、実は白髪染めもヘアカラーのひとつです。

詳しくお話しますと、みなさんが今まで使ってきたヘアカラーは、 “黒髪用ヘアカラー”、白髪染めは“白髪用ヘアカラー”に分類されます。

黒髪用ヘアカラーと白髪用ヘアカラーの違い

では何が違うのかと言うと、ズバリ含まれている成分の配合バランス。

成分の配合バランスを調節することで、髪の色素を抜く【ブリーチ力】と、髪に色を浸透させる【染毛力】が変わってきます。

ヘアカラ―のタイプ 希望する髪の明るさ

ブリーチ力

染毛力

黒髪用ヘアカラー

明るい髪色

とても強い

弱い

暗い髪色

弱い

強い

白髪用ヘアカラー 

明るい髪色

強い

強い

暗い髪色

弱い

強い

黒髪用ヘアカラ―

現在の髪色よりも明るくしたいときに使う黒髪用ヘアカラーは、髪の色素を抜くブリーチ力が強く、髪に色を浸透させる染毛力が強めです。

ヘアカラーを使ってしばらく経った頃に、「髪の色が抜けてきた」「染めたときよりも明るくなった」って経験、ありませんか?

そのような経験がある方は、まさしくこのタイプのヘアカラーを使っている方でしょう。

染料の色が落ちてきて、色素が抜かれた髪色の状態になってしまっているためです。

一方で、髪色を今より暗くする・地毛に近い状態に戻すためのヘアカラーは、髪の色素を抜く必要がないため、ブリーチ力は弱めです。

反対に、髪にしっかりと色を浸透させなければいけないので、染毛力は強くなっています。

白髪用ヘアカラー

現在よりも明るい髪色にする白髪用ヘアカラーは、黒髪・白髪の両方に色を入れなければいけません。

そのため、黒髪の色素を抜くブリーチ力・白髪に色を浸透させる染毛力と、どちらも強くなっています。

しかし、暗い髪色にする白髪用ヘアカラーは、黒髪をわざわざ明るくする必要がないため、染毛力だけが強くなっています。

どちらを選んでも髪と頭皮にはダメージ大

黒髪用ヘアカラーと白髪用ヘアカラーの違い、何となくお分かり頂けましたか?

ではここでひとつクイズを出しましょう。

先程紹介した黒髪用ヘアカラーと白髪用ヘアカラー、どちらが髪に悪影響だと思いますか?

少し難しかったと思いますが、正解は髪色を明るくするタイプの黒髪用ヘアカラーなんです。

髪の傷みで一番気をつけなければいけないのはブリーチ力の強さ。

現在、白髪も髪の傷みも気になる方は、今すぐ黒髪用ヘアカラーをやめるべきと言えますね。

しかし、ブリーチ力・染毛力ともに強い白髪用ヘアカラーはもっとおすすめできません

↑の画像は、全てヘアカラ―による皮膚障害の被害報告です。

こういった腫れや湿疹、浸出液などは、実はほとんどがヘアカラ―に含まれている染料に原因があるんです。

ヘアカラ―は黒髪用・白髪用どちらにも、必ずジアミン系染料と呼ばれる染料が配合されています。

これがまた厄介な成分で、一度ジアミン系染料のアレルギーを発症してしまうと、黒髪用・白髪用どちらのヘアカラ―も一生使えなくなってしまうのです。

ドラッグストアや薬局などで販売されている市販品の白髪用ヘアカラ―は特に染料が強いため、今後のことを考えるのであれば、あまり頻繁に使わない方が賢明です。

黒髪用のヘアカラ―は白髪が染まらない上に髪が傷む、白髪用のヘアカラ―は髪が傷むしアレルギーを引き起こす可能性も高い…。

それじゃあ一体何で白髪を染めればいいの???

そんな方におすすめしたいのが、ズバリ!ヘアカラ―じゃない白髪染めです。

染めているのに髪がツヤツヤに!?NEWタイプの白髪染め誕生

前項でお伝えした通り、ヘアカラーは黒髪用も白髪用も髪への負担が大!

せっかく白髪がキレイに染まっても、髪がギシギシと傷んでいては、おでかけも億劫になってしまいますよね。

そこで、今後の白髪染めに是非使って頂きたいのが、髪をいたわりながら白髪を染める“カラートリートメント”です。

カラートリートメントはいつも使っているトリートメント(もしくはコンディショナー・リンス)同様、シャンプーの後に髪に塗って放置するだけで白髪が染まる新しい白髪染めです。

画像引用:ビゲン 香りのヘアカラ―(hoyu)

ヘアカラ―のように1剤・2剤を混ぜ合わせたり、手袋をつけたりする必要もなく、簡単に白髪を染めることができます。

それにしても、どんな仕組みで髪が染まっているの?

ヘアカラートリートメントは、ヘアカラ―に含まれるジアミン系染料と違い

  • 塩基性染料
  • HC染料

という2つの染料が主に使用されています。

塩基性染料は分子が大きく、髪の内部には浸透できないため、髪の表面に付着します。

一方、分子の小さいHC染料は、ヘアカラ―のような化学反応を起こさず、髪内部に浸透することができます。

↑白髪50%の髪に利尻ヘアカラートリートメントを使ったときの仕上がり

塩基性染料は色が落ちやすく、HC染料は分子の大きさの関係で色が髪の外に流出しやすいので、基本的にその2つを使っているヘアカラートリートメントは、ヘアカラ―よりも仕上がり・色持ちが劣ります。

しかしながら、メラニンを破壊したり、化学反応を起こしたりすることがないので、髪と頭皮への負担は最小限に抑えて白髪染めを行うことができます

 

また、商品によっては、髪にツヤやコシを出すためのトリートメント成分が豊富に含まれているものもあるので、「使えば使うほど髪がツヤツヤに…♪」なんて夢のような白髪染めもあります。

今回ご紹介した利尻ヘアカラートリートメントも、保湿力の高いフコイダンをはじめ、28種類のうるおい成分を配合しておりますので、髪の傷みも白髪も気になる!という方は是非試してみてくださいね。

まとめ

今まで使っていたヘアカラーと、この先使うであろう白髪染め。

実はどちらも同じ“ヘアカラー”だったなんてビックリしませんでしたか?

しかし白髪だけではなく、髪の傷みも考慮していくなら、髪の色素を抜いてしまうブリーチ剤が入った白髪染めは絶対使ってはいけません!

この先白髪を染めるのであれば、髪や頭皮をしっかり守り抜いてくれる安心・安全なヘアカラートリートメントを是非使ってみてくださいね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です