このかぶれ原因は白髪染め?皮膚科ではどのような検査をするの?

白髪染めをした後にかぶれが出ても、症状が軽ければ白髪染めでかぶれたとは想像しにくいです。

でも、繰り返しかぶれが出れば、「もしかしたら白髪染めが原因?」と急に疑問がフツフツ沸いてくるでしょう。

「…もしかして?」の疑問を抱えた状態は、皮膚科受診のタイミングをずらしがち。

また、皮膚科での検査や治療に使われる薬をいろいろ想像して、さらに皮膚科への足を遠のかせてしまうので、これは危険です。

そこで今回は、白髪染めが原因かもしれない「かぶれ」に関する疑問を取り払っていきたいと思います。

白髪染めで起こるかぶれの種類

白髪染めで起こるかぶれは、接触皮膚炎のことを言います。つまり、何かに触れたことでかぶれるわけですね。うるし、毛虫、金属、化粧品など…こういう外側からの刺激がかぶれの原因になります。

接触皮膚炎はさらに2種類に分けられますので、違いやそれぞれの特徴をここで押さえておきましょう。

一次刺激性接触皮膚炎

刺激物が肌に触れると、皮膚バリアに当たる表皮部分の細胞が刺激を受けて炎症を起こします。体質に関係なく誰にでも起こるものですが、もともと皮膚が敏感な人、皮膚バリアが弱くなっている人は、さらに出やすいです。

症状は発赤、腫れ、ブツブツ、小水疱などで、激しい痒みがあります。

アレルギー性接触皮膚炎

何かに接触したために、アレルギーを起こしてできる皮膚炎です。原因は身の回りのものすべてなのですが、アレルギーの出やすさと原因になる物質は人それぞれで異なります。

多くみられる原因は、ウルシや銀杏などの植物、ピアスや指輪など金属類、台所洗剤・毛染め料、殺虫剤など各種薬剤です。

すぐに反応する場合もありますが、原因となる物質に繰り返し触れた結果、反応して炎症を起こします。

症状は一次刺激性接触皮膚炎と同じように、発赤、腫れ、ブツブツ、小水疱などで、激しい痒みがあります。

症状の現れ方は個人差があって、原因物質にどのくらいアレルギー反応が出るかなんです。痒みと赤味がでて治まることもあれば、痒み、赤味にくわえ、腫れ、ブツブツや水ぶくれが出て痛みや熱をもともなったり、水ぶくれが潰れて汁がでたりします。

さらにひどい場合、直接触れていない部分にも症状が広がったり、呼吸困難になったりすることもあります。

皮膚科での診察

皮膚科を受診するとどんな診察を受けるのでしょう。内科や歯科と同じく、初診の際には問診票を書きます。

問診

問診は診察の第一段階、面倒くさがらずに答えましょう。

問診票に、アレルギーの有無や、ここ1~2週間でいつもと違う物に触れなかったか、せっけんやシャンプーなど日用品を変えなかったか、かぶれを起こした原因に思い当たるものがあるかどうかなど、細かな質問に答えます。

視診(診察)

問診の回答を基に、視診ではかぶれの状態、程度を診察します。

白髪染めの後にかぶれが出た場合は、症状から前項でお話しした接触性皮膚炎、特にアレルギー性接触皮膚炎かどうかの判断をします。また、白髪染めによるアレルギーなのか、または別の感染なのかを特定するために、血液検査を行う場合もあります。

皮膚科での治療法

かぶれの場合は、一般的に次のような治療法と薬の処方をしてくれます。

治療法

現在出ている症状を治しながら、かぶれの原因を突き止めるための検査も行います。

現在出ている症状の治療

かぶれの程度によって、塗り薬、飲み薬、注射や点滴を単体か組み合わせて処方されます。

  • 塗薬:ステロイドと呼ばれている副腎皮質ステロイド外用薬が出されます。かゆくても掻かないことが大事です。
  • 飲み薬:かぶれた部分は熱を持つので、さらに痒くなります。これはアレルギーの原因物質のせいでなので、それを抑える「抗アレルギー薬」や「抗ヒスタミン薬」を服用して痒みのもとを鎮めます。
  • 注射や点滴:症状が酷い場合、例えば瞼が腫れて目が明けられなかったり、顔全体が腫れたりした場合は早急に症状を軽くする必要があります。そこで注射や点滴も利用して体の内側から炎症を抑えるようにします。

パッチテスト

かぶれが出た、しかし、白髪染めが原因かどうかはっきりしない。この場合はパッチテストにより、その原因を特定する検査を行います。

48時間~72時間、場合によっては7日間と手間はかかる検査ですが、確実に原因物質を探せる方法です。ステロイド剤の飲み薬使用中はこのテストはできません。

かぶれの症状が、白髪染めに含まれるジアミンアレルギーと視診で判断された場合パッチテストは必要ありません。

処方される薬

処方される薬は、炎症や痒みを抑えるものが主体ですが、ビタミン類なども出されます。薬と作用をご紹介しましょう。

薬の種類

作用と効果

ステロイド薬

炎症を鎮める、毛細血管を引き締め赤味、かゆみをとる

抗ヒスタミン薬

痒みをやわらげる

抗アレルギー薬

この先出る可能性があるアレルギーを予防

抗ヒスタミン薬

今出ているアレルギー症状を鎮める

抗生物質

細菌を殺菌

ビタミン類

血流を良くして症状の回復を助ける

非ステロイド性抗炎症剤

炎症を抑える

かゆみ止め

かゆみを抑える       

ステロイド剤を中心に、症状によって組み合わせて処方されます。また、ステロイド剤はその強さで5段階(7段階に分類されることも)あるので、症状の程度や体の部位(皮膚の薄さ)で使い分けます。

白髪染めでかぶれが出た、今後はどうしたらいい?

最初のうちは違和感や頭皮の痒み程度なので、白髪染めが原因だとは思いません。染めるたびに湿疹が出て、出る場所が同じ(生え際、襟足、耳の後ろ)なので、初めて「白髪染めが原因かな」と疑いがでます。

皮膚科を受診すると同時に、ほかに注意することはあるのでしょうか。

繰り返しの使用が危険

白髪染めやヘアカラーのアレルギー原因物質は、ほとんどが酸化染料(ρ-フェニレンジアミンなど)です。

アレルギー反応は染めるたびに症状が悪化する形で現れます。湿疹・かぶれは肌や体からのSOSだと思ってなるべく早く肌に負担の少ない白髪染めを使うようにしましょう。

白髪染め、皮膚再生のメカニズムを守って行う

繰り返しの白髪染めは皮膚炎の症状を悪化させるので、肌が生まれ変わるリズムを守って白髪染めの頻度を減らすことも大事です。肌は28日サイクルで生まれ変わりますが、1ヶ月後に再度白髪染めをしたらNGです。

生まれ変わりたての肌を休ませ、肌バリアを整えるために2ヶ月は最低でも間を開けましょう。

優しいヘナにも注意を!

白髪染めは心配だから、優しいと評判のヘナに代えてみようか…そう思っている方、ご注意を!ヘナは植物性なので、アレルギー体質の方は植物アレルギーを考えてパッチテストは忘れないようにしましょう。

もう一つ、ヘナは本来赤っぽく色が入ります。それをブラックヘナ、黒く染まるヘナと称しているのはジアミンを含んでいる可能性があります。またヘナに藍染染料を足すパターンも、植物アレルギーを起こしやすいので気をつけましょう。

皮膚科でもおすすめの白髪染め

皮膚科にかかった方はオハグロ式白髪染めを勧められたかもしれませんね。

オハグロ式はジアミンフリーなので白髪染めにかぶれてしまった方にもOKですが、色数は少なく染めるのに時間はかかります。

マロン・マインドカラーやアクセーヌ・ナチュリエ・ヘアカラーNなどで、マロンは公式HPで成分の解説がしっかりされていますが、アクセーヌのほうは電話での問い合わせになります。

皮膚科で、独自に選んだオハグロ式や、ヘアカラートリートメントを置いているところもありますので、迷っている方は問い合わせてみましょう。

まとめ

白髪染めが原因でかぶれるとコワイですよ~、とだいぶ脅してしまいましたね。しかし、ある日突然顔が腫れあがる、ということはホントにあるんです。これがアレルギー性接触皮膚炎の特徴であり、怖さです。ですから、湿疹・かぶれが出たら、軽い症状でも皮膚科でしっかり治して、その後は肌に負担をかけない白髪染めを使うようにしていきましょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です