実は超優秀!?オハグロ式白髪染めを徹底調査!こんな白髪染めだったんです!

オハグロ式 白髪染め アイキャッチ

白髪染めはアレルギーの危険があるって聞いて染めるのが怖い…。

オハグロ式白髪染めは安全だって聞いたけど、本当?

かぶれの原因であるジアミンを配合してなくても、情報が少ないと本当に安全なのか分からない人が多いでしょう。

「ずっと使える白髪染めが良いけど…オハグロ式って永久的に使える?」

「ジアミンがないからオハグロ式を使ってみたいのに、情報が少なくて不安」

「一度かぶれて顔が腫れて大変だった。オハグロ式を使ってみたいけど…本当にかぶれない?」

どれだけ安全でも情報が少ないと確信できなくて、使うのに躊躇する人もいるはず。

アレルギーのかぶれはひどいときは顔が腫れるって聞いて、使うのが怖い。一度白髪染めをしたら頭がボコボコになって、治るまでにとても時間がかかった。頭皮にも髪にも優しいものを使いたい。でもそんなもの本当にある?

要はアレルギーの危険性を理解しているからこそ、確実に安全だ!というものを使いたいんです。

そんな確実に安全な物を使いたいあなたのために。

オハグロ式白髪染めの本当の情報を本記事では徹底的に載せていきます!

アレルギーが怖くて白髪を染められないと思っている人も、白髪染めに対する恐怖心を消して若々しい姿を手に入れちゃいましょう!

オハグロ式の白髪染めってどんなもの?アレルギーの心配がない白髪染めだった!

白髪染めのほとんどにアレルギーになる成分が含まれていますが、オハグロ式の白髪染めはそんな心配をする必要がないのが良いところ。

アレルギーの心配がないだけで、安心して使えそうですが…情報がとても少なくてなかなか手が出せない人もいるでしょう。

この項目ではまず、オハグロ式白髪染めが本当に安全なのか説明していきます!

オハグロ式はアレルギーの人だからこそ安全に使える白髪染め

オハグロ式は非酸化染料と言われ、普通の白髪染めやおしゃれ染めに含まれる「ジアミン」や「酸化染料」が含まれていません。

つまり、アレルギーが起こる成分が含まれていないという事なんです。

ジアミンとは

  • ヘアカラー剤のほとんどに含まれる成分。酸化染料の仲間
  • 発色・着色の良さが良いので広く使われている。

酸化染料とは

  • ジアミンと同じ仲間。けれどジアミン=酸化染料には必ずしもならない
  • 髪の内部にまで色を浸透させ、染まりが良く広く使われる

これらの成分が含まれていないオハグロ式の白髪染めは、アレルギー性のかぶれが起きることがないので、アレルギーに関しては安全と見て良いでしょう。

ジアミンと酸化染料は髪に色を定着させるために欠かせない成分なので、ほとんどの髪染めに配合されています。

「じゃあオハグロ式って染まりが良くない?」と思った人もいるかもしれません。

実はオハグロ式の白髪染めは、名前の通りお歯黒の染め方と似たような仕組みで髪を染めるものです。

オハグロ式白髪染めの仕組み

  • 白髪染めに含まれる成分、ポリフェノール類等と鉄塩が反応して黒い色を引き出す仕組み
  • 昔から食材の良さを引き出すために使われていた手法なので、日本ならではの染め方になる

食材に使われていたものをそのまま利用していると思うと、安全性が分かりやすいでしょう。

しかしメリットだけではなくデメリットも存在するので、良いところも悪いところも知っておくと良いかもしれません。

オハグロ式白髪染めのメリット・デメリット

メリット

  • 髪へのダメージが少なく済む(普通の白髪染めのように脱色してから染めないため)
  • 色持ちが長い(約一か月ほど)
  • かぶれが起きない

デメリット

  • 硫黄みたいな独特の匂いがする
  • 時間がかかる(1時間~1時間30分ほど)
  • 真っ黒に染まることもあり

オハグロ式白髪染めでもかぶれる可能性は多少ある

オハグロ式はジアミンや酸化染料が配合されていないので、アレルギーになることはありませんが、パッチテストは行わないといけません。

他のヘアカラーと同じく、かぶれる可能性があるからです。

といっても、オハグロ式は酸化染料とジアミンは一切使っていない白髪染め。

オハグロ式でかぶれた場合、それはアレルギーによるかぶれではなく、一時的なかぶれという事になるんです。

アレルギーによるかぶれ

アレルギー性のないかぶれ

  • ジアミンや酸化染料などによってアレルギー反応が起こり、継続して白髪染めが使えない状態
  • 白髪染めの成分が体質に合わず、一時的にかぶれて皮膚炎が起こる状態

アレルギーと違い、このかぶれは何回も白髪染めを使う事が出来るので「かぶれたらもう白髪染めが出来ないんじゃ…」という心配はありません。

治り次第また染めることが出来るので、同じかぶれでもそこまで重篤ではないのでご安心ください。

かぶれが起きることもまれなので、あまり重く捉えないようにした方が良いです。

パッチテストによってほとんどのかぶれを防ぐことが出来るので、必ずテストはしましょう。

アレルギーの心配がない事が分かったら…オハグロ式白髪染めでおすすめの商品

オハグロ式 白髪染め キャッチ画像②

アレルギーが怖い人は安心して染めることが出来るので、ここではそんなオハグロ式に興味をもった人のために、おすすめの商品を紹介していきます。

使ってみようかな…と思った人はぜひ参考にしてください。

おすすめはマロンマインドカラー

マロンマインドカラー 画像

マロンマインドカラー

染毛量1剤70g 2剤70g

通常価格

980円(税込)

マロンマインドカラーの特徴

①     ジアミン不使用

②     手袋・コームブラシ・トレー付き

③     写真付きの説明書付き

④     購入前に公式サイトから説明書をダウンロードすることが可能

オハグロ式白髪染めと言えば、マロンマインドカラー一強と言っても良いでしょう。

このマロンマインドカラーは、全部で3色用意されています。

ここ最近のカラーバリエーションの豊富さを見ると、ちょっと物足りないかもしれません。

自然な黒褐色、ソフトな黒褐色、明るいブラウンの3色ありますが、黒髪の上から色を付ける染め方なので、黒髪の割合が多いと思ったよりも暗めの色に仕上がります。

けれど自然な色合いが多いので、逆に「明るく染まりすぎた…。どうしよう…」という心配がないのは良いところです。

1回で染めるものではなく、1、2剤分けて塗らなければいけなので、少々手間がかかるのを面倒に思う人もいるかもしれません。

しかし色持ちは1か月と長いので、1か月に1回だけ染めると考えたらそこまで手間ではないように思いませんか?

マロンマインドカラーはどんな風に染まる?検証してみた

ではここで、マロンマインドカラーはどんな風に染まるのか検証していきます。

オハグロ式の白髪染めは普通の白髪染めと染め方が違い、1、2剤の薬剤を混ぜずに1剤から髪に塗っていきます。

マロンマインドカラー1剤 画像

1剤を塗ってから15分放置したのち、同じように2剤を上から重ねて塗っていきます。

更に15分放置した後、流せば完成です!

マロンマインドカラー染め後 画像

結構しっかり染まっているのが分かります。

今回のように真っ黒に染まることもあるので、「あまり髪を黒くしたくない!」という人には不向きかもしれません。

ブラウン系や明るく染めたい人は、ヘナかトリートメントタイプの白髪染めの方が良いでしょう。

逆に「黒くしっかり染めたい!」という人にはおすすめなので、是非試してみてはいかがでしょうか。

マロンマインドカラーを実際使ってみた人達の口コミ

商品のことについて知っても、実際使ってみない事には使い心地など分かりません。

けれど「いきなり使うのはちょっと怖い…」という人もいるでしょう。

そんな人のために実際使ってみた人達の口コミを集めてみました。

良い口コミ

実際使ってみた人の感想を見て、使い心地等確かめてみましょう。

新しい発見があるかもしれません。

若い頃からのカラーリングがたたったのか、アレルギーになり、この3年ほどは美容室でカラーマニキュアをしています。

美容師さんが刺激の少ないモノを仕入れてくれ、しばらくはそれで反応もなかったんですけど、アレルギーというのは使い続けると出てくるんですよねぇ…。

当時はなぜか見つけられなかったこのマロンという商品を今回たまたま見つけ、美容室に持ち込みして染めてもらいました。

染めた当日と翌日は少し頭皮がかゆかったんですけど、私のアレルギー症状というのが顔に出るんですが、コレは出ませんでした。

引用元:Amazon

白髪が目立つようになり、薬局で普通に白髪染めを使ったら痒くて使えなく探したところこの商品に出会い使用感はとても良く、痒みはほとんどなくなりました。

また、染まり具合もたいへんに良いので、これからも使う予定です。

引用元:Amazon

アレルギーの症状が出た人が使うことが多いこの商品、痒みが出なくて良かったという人が多く見受けられました。

オハグロ式はアレルギー症状が出た人が最期にすがりつける安全な白髪染めです。

それだけ安安心して染められる白髪染めなので、良い口コミが多いと信頼できる商品だというのが分かります。

悪い口コミ

一方であまり良くない口コミも少し見受けられたので、悪い口コミも鑑みてどういう商品なのか見極めるのに参考にしてみましょう。

セミロングで毛が多いので2本使いました。全体的に黒くなり、白髪は目立ちにくくなった気がします。が、よく見ると肝心なこめかみの上部は白いまま。自力で塗るには限界があると思いました。見えないし、やみくもに1液の上から2液を塗り〈まんべんなく髪の上で〉混ぜるのはちょっと不可能。

ショートヘアならできるかもしれないけれど、長い髪では無理です。

痒くならないし、匂いはパーマ屋さんの匂いなので気にならないし、待ち時間も苦にはなりません。

引用元:Amazon

美容院でヘアカラーを長い間、月1回やってもらっていたのですが、突然アレルギーが出て痒くてたまらなくなってしまいました。

調べるとジアミンアレルギーのせいという事で、ジアミンを含まないこちらで染めていました。まず、1剤を塗って30分ほど置いてから2剤を塗るというのがものすごく面倒。2剤を塗ってから3時間ぐらい塗ったままにしていましたが、思ったようには染まりません。

多くの人が言っているように染めたては鉄サビのような匂いがします。

引用元:Amazon

セルフで染めなければいけないのと、1、2剤分けて塗る、というのが意外と大変のようで、髪の長い人だと1剤の上からむらなく2剤を塗るというのが難しいようです。

分けて塗るのが面倒に感じる人も多く見られ、匂いも独特なのでそれが苦手だという人も多かったように思います。

髪が長い人は染めるときに、誰かに手伝ってもらった方が良いのかもしれません。

まとめ

オハグロ式白髪染めは、まだ広く認知されていない商品です。

情報も少なく、安全と言っても手を出すにはちょっと敷居が高いという人も多かったでしょう。

オハグロ式はトリートメントタイプやヘナよりももっと安全なもの。

どれだけ安全な物を試してもダメだった、という人には特におすすめしたい白髪染めです。

けれど染めるのに手間がかかったり、匂いが独特だったりと慣れないことが多いのも事実。

しかし、染めてみない事には分からないので、まずは一歩、踏み出して試してみてはいかがでしょう。

きっとオハグロ式白髪染めの安全性に安堵できます。

もう白髪染め出来ないかも…とネガティブだった気持ちがポジティブに変わりますよ!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です