簡単なはずの泡カラーにもコツがある!白髪染めでもう失敗しないためのポイント講座!

白髪染めで失敗しないコツ!

「手軽に使えて染まりやすそう」

そんな理由で使い始めてみた”泡カラータイプ”の白髪染め。

でもいざ使ってみると思っていた以上に暗く染まる…。

しかも白髪もすぐにキラキラ目立つし、もっと言うと変な色に染まったこともあって後悔した!なんて人も多いはずです。

特に生え際は上手に染まらないから、何かコツがあったら知りたい!という人もいるでしょう。

はっきり言います。

実はそれ、泡タイプの白髪染めを使うのなら当たり前のことだったんですよ!

とはいえ、美容院で染め続けるのは経済的にキツイ…!出来るなら自分で染め続けていきたい!と考えている人も多いでしょう。

ここではそんな人に向けて、泡カラータイプの白髪染めで失敗する理由や確実に納得の仕上がりになるコツなどを紹介していこうと思います!

セルフカラーで気軽にキレイな髪色を維持したい人は必見ですよ!

なんで泡タイプの白髪染めで失敗するの?その原因はしっかりおさえておこう

なんで泡タイプの白髪染めは失敗するの?

そもそも、泡タイプの白髪染めを『髪に浸透しやすく揉み込むだけで根元までしっかり染まる』なんて考えること自体が、一番の大間違い!

クリームタイプと違って、泡タイプだからこその落とし穴が存在していたんです!

ここではそんな、泡タイプだからこそ失敗する落とし穴について説明していきましょう。

泡タイプの白髪染めの特性を知らずに使えばそりゃ失敗する

泡タイプの白髪染めは”泡”という特性上、『全体染め』しかできない白髪染めです。

というのも、クリームタイプの白髪染めは細かいところまで分けて塗ることが出来ますが、泡タイプは結局広がってしまうため全体に染料が付いてしまいますよね。

その上、染料を泡にするために含まれている界面活性剤は泡立ちを確かに良くはしますが、その反面染料や薬剤の吸収を早める効果もあるんです。

そう考えると、泡タイプの白髪染めを使ってみたら、クリームタイプの白髪染めを使ったとき以上に髪や頭皮が傷んだ!なんて失敗に繋がるのも納得できるはず。

こういった根本的な部分に気づかないままで居たらからこそ、毛先が傷んでボロボロになってしまうってワケです。

白髪染めしたら暗めの色に染まるのって実は当たり前

また、白髪染めはおしゃれ染めのような『既に色が入っている(黒髪用)』のヘアカラー剤と違い、脱色するという工程がないため白髪を染める力(染色力)が強く出来ています。

黒髪用のヘアカラーは新しい色を髪の中まで入れるために、一度元の髪色を抜かないといけませんが白髪用は元々白い毛に色を入れるため脱色する必要がないんです。

この脱色するという工程が黒髪用のヘアカラーでは結構重要なものになっており、発色を良くするためには必要なことになります。

真っ黒な紙を想像すればわかると思いますが、それに新しい色を塗っても分かりにくいですよね?

そのため、脱色をする必要がない白髪染めは黒髪にあまり効果がなく、染めた後のイメージが暗くなるのは当然のことなんです。

染めたら緑や赤っぽい色になった!その理由

また、染めた時や色が落ち始めた時に緑や赤といった髪色に変化してしまうことがありますが、これは「色のバランス」が大きく関わってきます。

というのも、実は私たちの髪の毛は落ちる色に個人差があるんです。

ヘアカラーは元々、三原色の色素バランスで色味を保っています。

3原色によって色が決まっている

つまり染めたときに緑や赤っぽくなる人は、この三原色の色素バランスが崩れてしまっている状態になっているんですよ。

ではなぜ三原色の色素バランスが崩れてしまうのかというと、それは髪のケア等に問題があります。

例えば染めた後、もしくは染める前に期間をあまり空けずにパーマをかけたとか、整髪剤を使う事が多いなどを繰り返していると、色素バランスが崩れやすくなってしまうんですよ。

希望の色に染まらず変な色になってしまった!という場合は、これらのことを繰り返していないか、今一度よく確認してみましょうね。

失敗コツを知ったら早速泡タイプで染める

泡タイプの白髪染めで失敗しない!5つのコツ、教えます!

もう泡タイプで失敗しない!

このように泡タイプの白髪染めで失敗する理由って意外と様々ありますが、肝心なのが『その失敗をどうやって防ぎつつ、キレイな髪色に染めるか』だと思います。

というわけでここからは、確実に髪をキレイに染めながら髪へのダメージも極力減らせるコツを紹介していこうと思います。

髪を10つに分けてから染め始める

最初に髪をキレイに染めるコツとして大事なのが、髪の毛をきちんと分けること。

おそらくセルフで髪を染めるとき、ほとんどの人はそのまま染料を塗っていると思いますが、それだとムラになりやすくなります。

セルフできれいに染めるためには、まず髪の毛を10束に分けた方が良いんですよ!

と言ってもやり方は簡単。

  1. 髪の毛を上下に分けた後、そこから左右に分けて4束にする
  2. 上に分けた髪の右側だけをほどいて2つに分け、もみあげ側の髪を上下に2つに分ける
  3. もう1つの分けた髪の毛も上下2つに分ければ右側のみ5つの髪の毛の束が出来る

右側が終わったら左側も同じようにこの工程を繰り返せば、10束に分けることが出来ますよ。

また②の工程でもみあげ側の髪を上下に分けるときは、前髪を上に束ねる方の髪と一緒にまとめておくようにしましょうね。

室温及び保温は簡単に調整できる○○で完璧♪

また、ほとんどの人が見落としがちなのが部屋の室温。

実はかなり大事なポイントで、室温が低すぎると染料がうまく髪に入ってくれないんです。

と言っても室温はだいたい20~25℃をキープすれば問題はありませんよ。

また、染料を髪に付けた後はラップなどで頭部を覆うことが多いと思いますが、加えてドライヤー等で温風を当てるようにするのもポイントの一つ。

自宅でも温めるのが大事

というのも、美容院で髪を染めるときって上の画像のように薬剤を塗った後に必ず温めますよね。

実はこれって髪を温めることで、キューティクルを開きやすくし、色がしっかり入るようにするために行っています。

そのため、このような器具がない自宅でのセルフカラーでは、ドライヤー等でまんべんなく温風を当てると良いって言えるんですよ。

手間がかかるけど確実に染まる『乳化』の工程を忘れずに

それ以外にもちょっと手間がかかりますが、確実に染めるためには『乳化』もしておいた方が良いです。

そもそも乳化って言うのは、頭皮を人肌くらいの温度のお湯で2~3分、長くて5分ほどもみ込むことで、薬剤をキレイに落としつつリタッチした時に色の馴染ませを良くするためなので、染料を洗い流す前に必ず行いましょう。

その他にもカラーリングの色を長持ちさせる役目もあるので、やって損はないと思いますよ。

最後にトリートメントを使ってぬるぬるした感触が完全になくなるまで洗い流すと、次の染め直しの時もきれいに染めることが出来るはずですよ!

洗い流した後のタオルドライは『極力優しく』

また、染料を洗い流した後の髪は一番ひどく傷んでいる状態です。

そんなときにタオルでガシガシ拭いてしまうと、余計ボロボロになってもっと傷む原因になってしまいます。

実は髪の毛はこういう日々の生活の何気ない行動や、寝ている時の枕の擦れなどによっても傷んでしまうので、気を付けられる部分は極力注意した方が良いんですよ。

そのためタオルドライをする時は、髪を労わるようにタオルで挟んでもみ込むようにしながら水分をとるようにしましょう。

この時、力強く絞ったりするのも良くないので、あくまで優しくもみ込む、という事を忘れずにタオルドライして下さいね。

泡タイプの白髪染めは『3~4回に1回』と考えよう

そして泡タイプの白髪染めを使う上で注意して欲しいのが、『使う頻度』。

上で紹介したように、泡タイプの白髪染めは性質上全体染めが基本になります。

生え際だけ白髪が目立ってきたときに毎回全体染めの泡タイプを使うと、その分髪の傷みも激しくなってしまうんです。

そのため、白髪を染めるときはきちんと使う役割ごとに、白髪染めを見極めるのも重要になります。

例えば生え際の白髪が目立ってきたら、染めるときはクリームタイプを利用して生え際のみ染めるようにすればちょうど良いですよね。

逆に、毛先の方の白髪が気になりだしたら泡タイプの白髪染めを利用するなど、このような形で白髪染めを使い分けて染め続けると失敗しにくくなりますよ。

泡タイプの白髪染めで満足のいく仕上がりにする

白髪染め後のケア、一体何をすれば問題はない?

白髪染めの正しいケア方法はどうすれば良い?

最初に話した通り、泡タイプの白髪染めは皆さんが思っている以上に髪に与えるダメージが大きいんです。

だからこそ、キレイな髪を維持するためには『染めた後のケア』も重要になってきます。

そこで最後に『白髪染めをした後のケア』について、簡単にお話していきますね。

洗い流した後のドライヤーには気を付けて!

先ほど白髪染め直後のタオルドライについて触れましたが、実は白髪染めした次の日以降の髪の乾かし方も、色持ちを良くしつつ髪をキレイに保つ重要なポイントです。

特にドライヤーは重要で、ただ適当に温風を当てても髪が傷んでしまうだけ。

そのため、以下の方法で髪を乾かすようにしてみましょう。

  1. 最初に髪を乾かすときは温風の強で8割だけ乾かすこと
  2. 残りの2割は温風の弱で乾かすように
  3. 全体的に乾いたら冷風を髪の毛全体に当てるようにする

この順番で乾かすとツヤツヤの髪に仕上がるので、特に最後の冷風はまんべんなく髪全体に当てるようにして下さいね。

冷風を当てることによってキューティクルが引き締まるので、きれいな仕上がりになるんですよ。

その他にも注意点として、ドライヤーを左右に振って散らさないと同じところに温風が当たり、逆に髪が傷むようになるので注意しましょう。

トリートメント超重要!だけど基本的にはなんでもいい?

また、白髪染めした後の髪質をキレイな状態に保つためには、トリートメントも超重要になってきます。

傷んだ髪を補修する役割を考えると気を付けている人は多いと思いますが、基本的には『何を使うか』よりも『どう使うか』がポイントです。

そもそもトリートメントには、インバスタイプとアウトバスタイプの2種類あります。

インバスタイプはお風呂の中で使うタイプなので、これを使う時はシャンプーした後に水分を良くきってから塗布すると効果を実感しやすいです。

塗布した後は、大体2~5分くらい時間をおいてしっかり洗い流すようにしましょうね。

一方でアウトバスタイプはお風呂上がりに使うタイプなので、タオルドライした後に馴染ませて、ドライヤーで8割乾かした後にもう一度付けるようにすると良いですよ。

基本的にアウトバスタイプは洗い流さないタイプが多いので、普段使っているトリートメントはどちらなのかきちんと調べてみましょうね!

泡カラータイプの白髪染めは何を選べばいいの?

ちなみに市販されている泡カラータイプの白髪染めは、基本的にほぼ同じタイプなのでどのブランドのものを使っても問題ありません。

ただ、ネット購入出来る商品の中には泡タイプだけど、髪の中まで染まらないカラートリートメント・カラーシャンプーの白髪染めもあるので覚えておくと良いですよ!

とはいっても、色々と商品が多い中からどれが一番染まるのかを探すのは大変ですよね。

泡タイプと一口に言っても、先ほども言った通りトリートメントタイプやシャンプータイプまでありますし。

一応独断と偏見ですが、これなら染まりに満足出来るはず!という具体的な商品名を上げるとしたら、『利尻ヘアカラー』は有名どころで良いと思いますよ。

使っている人が多いので口コミも多く、使い心地の感想もたくさん見受けられるので、選びやすい商品なのではないでしょうか。

泡タイプの白髪染めで白髪知らずの髪へ

まとめ

泡カラータイプの白髪染めはお手軽で使いやすく、つい使ってしまう事が多いですが染まりに満足できない人が多いのも事実です。

でも実は泡カラータイプなら当たり前のことなので、使い方や使う目的さえ気を付ければ満足できる染め上がりにすることが出来ます。

特に、使い方や染めた後に行うことにも気をつけると髪の仕上がりに満足出来るはずなので、今回紹介した染め方を試してみるときっと良い仕上がりになるはずです!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です