白髪染めシャンプーの限界!?マジで確実な白髪対策になるのか徹底解説しちゃいます!

白髪染めシャンプーの限界!?マジで確実な白髪対策になるのか徹底解説しちゃいます!

こんな中途半端な白髪の量でわざわざ染めるのもなんかイヤだし、白髪染めしてもすぐに色落ちして気になっちゃいそう!

そう思っていた時に『白髪染めシャンプー』を知って、どういうものなの?と詳しく気になった方は多いはず。

確かに、白髪染めシャンプーって手軽に使えそうだし白髪もある程度染まりやすくて、節約も出来るかも!と思った人もいると思います。

しかし!はっきり言うと白髪染めシャンプーの限界、悪い意味で結構ヤバいかも!

えっ?それってどういうこと?

こんな風に少しでも疑問に思った人は、これからお話することにぜひ耳を傾けてみてください。

はたして本当に、白髪染めシャンプーは自分にとって「良いもの」なのかを判断することが出来ますよ!

これが真実!白髪染めシャンプーって実は○○だった!

これが真実!白髪染めシャンプーって実は○○だった!

結論から言います!

実は白髪染めシャンプーは、皆さんが思っている以上に『染まり』が悪いです!

こう言われると使ってみようかなと思っていた気持ちが薄れてしまうかもしれませんが、決して使えない商品じゃないのも事実。

だからこそまずは、白髪染めシャンプーの間違いやすい真実についてお話していこうと思います!

白髪染めシャンプーの殆どは『白髪が染まった』ように見えない!?

そもそも白髪染めシャンプーに使われる『染める』成分は、HC染料や塩基性染料・植物染料といった成分。

市販の白髪染めのように1剤・2剤を混ぜて使うカラー剤に含まれる、ジアミンやパラベンと言った『髪の中まで染める』成分が使われていません。

そのため、1回で白髪1本1本を確実に染めきる!なんてことはまず出来ないんですよ。

しかも文字通り『シャンプー』タイプなので、髪の汚れを落としつつ白髪も染めることになり、その分配合する染料の量も少なくなっています。

要は白髪染めシャンプーって、アレコレやることが多すぎるから染まりも悪くなってしまった器用貧乏タイプって言えるんです。

白髪染めシャンプーで『染まった』を実感するために気を付けること

ただ、『全く染まらない』というわけではないのも事実!

と言うのも、市販の白髪染めほどではなくても白髪染めシャンプーにも染料はちゃんと含まれているので、一気に染まることはなくても使うたび徐々に染まるようになっています。

ただ、髪の中までしっかり染められないので、色の付き方も濃く染まるというよりはうっすら染まったかな?と言う仕上がりになりやすいんです。

つまり、不自然に髪を染めたっていうのは分かりにくいので、染まりが悪い分自然な仕上がりになっていくってワケ。

そう考えると、染めた不自然さを気にする人にはちょうどいい商品って言えるんじゃないでしょうか。

白髪染めシャンプーをオススメする人・しない人はどんな人?

白髪染めシャンプーをオススメする人・しない人はどんな人?

そんな白髪染めシャンプーの真実を知ったところで、この商品をおすすめ出来る人・おすすめ出来ない人がどんな人なのか、簡単に紹介していきます。

市販の白髪染めと違って少し癖のあるタイプなので、どうしても合う人・合わない人が出てきてしまうのも事実。

最初に紹介した白髪染めシャンプーの真実を踏まえたうえで、自分はどっちのタイプに当てはまるのかチェックしてみると良いですよ!

白髪染めシャンプーをオススメする人

まず白髪染めシャンプーって手軽に出来るっていうのがメリットでもあるので、白髪を染める時間がとれない忙しい人、こういう人は絶対シャンプータイプの方がおすすめ!

市販の白髪染めって染める前に準備するものや、染める時間を最低でも1時間はとらないといけませんよね。

特に働いている人は自分の時間を確保したい!って人もいると思うので、染める時間を煩わしいと感じる人もいるはず。

そういう人こそ、髪を洗うのと同時に髪染めもパパッとやってしまうシャンプータイプがおすすめなんですよ。

さらにシャンプータイプは髪の中まで染めきらないため、髪や頭皮に優しいってところも特徴になります。

実は髪の中まで染めるタイプは刺激の強い成分(ジアミンなど)がキューティクルを開いて髪をボロボロにさせるため、髪に近い頭皮もダメージを負ってかぶれる事があるんです。

つまり、肌が弱い人や乾燥肌・アトピー持ちの人などは、肌に優しいシャンプータイプがおすすめになるんですよ!

白髪染めシャンプーをオススメできない人

そして白髪染めシャンプーをおすすめ出来ない人は、即効性を求める人。

こういうタイプの人は、正直シャンプータイプを使うのだとしたらリタッチ感覚で使った方が良いと思います。

ちょっと目立ってきた白髪を隠すのには問題なく使えるので、しっかり染まる効果を求めるのではなく、あくまで白髪隠しとして使うとちょうど良い使い心地になるんです。

また、シャンプーとしての効果を求めている人にも、このタイプはあまりおすすめできません。

いくらシャンプーしながら髪を染められる!と言っても、市販の普通のシャンプーと比べると、洗浄力は劣ってしまいます。

そのため、シャンプーによってフケが増える人や髪が傷みやすくなる人なども、このタイプを使うのはあまりおすすめ出来ません。

白髪染めシャンプーを使うとしたらどんな商品がおすすめなの?

白髪染めシャンプーを使うとしたらどんな商品がおすすめなの?

では、ここからは確実に、白髪を自然に目立たなくさせる白髪染めを2つ紹介していきます。

商品によっても良し悪しがあるため、口コミの評価だけで判断するのってなかなか難しいですよね。

もしこの中から気になった商品が見つかったら、ぜひ試してみるといいですよ!

利尻ヘアカラーシャンプー

利尻ヘアカラーシャンプーは全部で4色用意しており、どれも黒髪になじむ色にまで染め上げる効果を実感できます。

利尻ヘアカラーシャンプーはダークブラウンがおすすめ

もちろんダークブラウンで染めたから暗めのブラウンにしっかり染まる、と言うほどの効果はないんですが、4色のうちダークブラウンとブラックは、一番髪になじみやすいアッシュ系の色に染まるので、白髪を目立たなくさせるのなら利尻ヘアカラーシャンプーが一番おすすめですよ。

利尻シャンプーの染まり具合はこんな感じ

今回はダークブラウンで染めてみましたが5回でほとんど白髪が目立たたなくなり、色も元の髪色に良くなじんでいるのが分かります。

特に細かく泡立つので髪全体に浸透しやすく、染まりにくい頭頂部分や生え際などもしっかり染めることが出来ちゃうんです。

白髪染めってなかなか生え際などが染めにくいのが難点ですが、そういう部分をカバーできるのはとてもありがたいと思いませんか?

また、髪に潤いを与える成分がたくさん配合されているので、ツヤの良い髪に仕上がりやすくなりますよ!

グローリンワンクロス

そして次におすすめの商品が、1回でそこそこ染められるグローリンワンクロス。

グローリンワンクロスは全部で2色

この商品はシャンプータイプの中でも染まりが良い方なので、何度も染めなくても意外としっかり色がつきます。

染まる色味も利尻ヘアカラーシャンプーと違い、ブラウン系に染まりやすいので黒髪になじませるという点を考えたらちょっと茶色く浮いてしまう可能性もあります。

元々の地毛がブラウン系の人はなじみやすい色になると思うので、地毛が茶色っぽい人はこちらのシャンプータイプの白髪染めの方が良いのかもしれませんね。

カラー展開は2色と少ないので、選べる色の幅は少なめ。

しかし、髪に栄養を与える成分が配合されているため、健康的でしっかりとした若々しい髪に仕上げることも出来ちゃうんです。

ぶっちゃけどう?白髪染めシャンプーとトリートメントの違い

ぶっちゃけどう?白髪染めシャンプーとトリートメントの違い

さて、ここまでで白髪染めシャンプーについてあれこれ紹介してきましたが、白髪染めシャンプーと一緒に白髪染めトリートメントのことを見かけた人も多いはず。

白髪染めのヘアカラートリートメントで利尻は有名

※こんな商品、調べているうちに目にしたことはないですか?

ちょっとどういうものなのか気になったと言う人もいるかもしれないので、最後に白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントの違いについて、簡単にお話していきますね。

結論から言うと『白髪染めトリートメント』の方が良好

正直な話、白髪染めシャンプーよりも白髪染めトリートメントの方が染まりも使い勝手も良い感じ!

白髪染めシャンプーって最初から話している通り、『白髪染め』としての効果はあんまり期待できないため、あくまで『白髪隠し』として使うのが一番良い商品とも言えます。

よく考えてみるとわかりますが、シャンプーってもともと洗浄するものだから色味を付けても、どっちにしろシャンプーの洗浄効果であんまり染まらないんですよね。

でもトリートメントは洗浄することが目的ではなく、髪のきれいを保つためのものなのでトリートメント効果も期待でき、髪の表面に色をコーティングして染めていくタイプのため、色が定着すると意外としっかり染まるんです。

しかも美髪ケアが出来るのもトリートメントタイプの方。

つまり、トリートメントタイプの方がきれいな髪に仕上げることが出来るため、白髪染め本来の『きれいな髪を保つ』っていう目的はこっちの方が高いってワケ。

手軽さをとにかく重視したい方は白髪染めシャンプーで良いかも

ただその一方で、白髪染めトリートメントの魅力って何なんでしょうか。

確かに白髪染めトリートメントの方が染まりも良く、髪のケアもバッチリ出来るという事はお話しましたが、白髪染めシャンプーはトリートメントと違い、シャンプーで髪を染めて洗浄できるので、トリートメントのように置き時間を確保する必要がありません。

それに、染まりは確かにトリートメント程ないにしても、リタッチには最適の染まり具合なので、キラキラ目立ってきた白髪を隠すのはシャンプーの方が圧倒的に優秀です。

トリートメントは染まりが良すぎるので、リタッチに使うとまだ色落ちしていない部分の白髪が濃く染まってしまい、不自然になる可能性もありますからね。

つまり、白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントの違いを簡単にまとめると以下のようになるんですよ。

【白髪染めシャンプーをオススメする人】

・リタッチ重視で染めたい人
・シャンプーとして使えるから染めるのに時間をかけたくない人
・自然な染めあがりにしたい人

【白髪染めトリートメントをオススメする人】

・髪と頭皮を労わりながらしっかり染めたい人
・美髪ケアの効果も期待したい人
・毎日染める必要はないから手間をかけたくない人

ちなみに、どっちか片方しか使わないと考えるのではなく、両方使ってみるのもアリ。

この2つってお互いのことをカバーしあえる商品なので、例えばトリートメントタイプで染めた白髪のリタッチにシャンプータイプを使うって方法も良いと思いますよ。

どちらか片方しか使ってはいけないと言うわけではないので、むしろ2つ使った方が染め上がりに納得できる髪の毛になる可能性が高くなるかもしれませんね。

まとめ

白髪染めシャンプーってマイナーな商品なので、いざ使ってみようと思ってもなかなか手が出せない人が多いと思いますが、実は特徴さえきちんと知れば使い方も大体見えてくるので、手も出しやすくなる商品だと思います。

また、白髪染めシャンプーと似たもので白髪染めトリートメントがありますが、トリートメントとシャンプーは似ているようで違うところも多いので、お互いの特徴を知るとどっちが自分にとって良いものなのかも見えてくるはずですよ!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です