これを見れば絶対使いたくなる!?白髪染めシャンプーが必要不可欠な本当の理由とおすすめの商品をランキングでまとめてみた!

染めても染めてもすぐに白髪が目立つ…

白髪染めをし始めると、こんな悩みが増えてきた人は多いのではないでしょうか?

特に2週間や3週間など、短期間ですぐに色落ちするようになったけど、白髪染めし続けたいと思っている方であれば、なおさら気になるこの疑問。

実はそんな白髪染めした髪の色が落ちるのって、シャンプーにあるとしたら…ちょっと気になりませんか?

今回はそんな白髪染めとシャンプーの関係性と、白髪染めシャンプーの必要性についてお話していこうと思います。

キレイな今の髪で毎日を過ごしていきたい、そう思っているなら参考にしてね。

【驚愕!?】実は白髪染めした”後”の髪の天敵は毎日の『シャンプー』だった!?

最初に言っておきたいのがココ!

白髪染めってどうしても色落ちしてしまう、染めた髪を維持するのは難しい、そう考えてしまうのが一般的ですよね。

でも、実は白髪染めした“後”の髪にとどめを刺しているのって、毎日行っているシャンプーだったんです。

まずは、そんな意外と知られていない『色落ち』の真実について、簡単にお話しておこうと思います。

一般的な市販のシャンプーって実は超○○!だから染めても染めてもすぐ落ちる!?

そもそも皆さんがお使いの白髪染めって、基本的には下のようなヘアカラー剤のはず。

一般的にみんなが使う白髪染めってこんな商品じゃない?

しっかり染まってくれるし、誰でもある程度キレイに染めることができるから、使う人は多いと思います。

けど、実はそんなヘアカラーを使った”後”の髪ってどうしても下のように傷んでいるんですよね。

市販の白髪染め・美容院の白髪染めをすると基本的に髪にはダメージが残る

そのため”洗浄力”がかなり強力な市販のシャンプーを使うと、髪の中の色素だったり栄養だったりが洗い流されちゃって結果色落ちに繋がってしまっています。

そう考えるとシャンプーこそが白髪染めの色落ちの一番の原因って言えませんか?

白髪染めシャンプーの一番の役割はそんな『退色』を防ぐところにある

そこで大切になってくるのが、白髪染めシャンプーなんですよ。

白髪染めシャンプーと言うと『染まりが悪い』だとか『毎日使わないといけない』だとか、どうしてもマイナスなイメージは強いと思います。

けど、ほとんどの商品が”髪や頭皮にあった”洗浄力で洗い流してくれるし、髪に色を乗せる(表面に定着させる)ことで白髪を目立たなくさせるので、退色しにくいのも事実。

つまり『染めた髪色を長持ちさせる』ことが実際に可能ってワケです。

もちろん白髪染めシャンプー単体でも、ある程度は自然な髪色に導いてくれるけど、基本的には『サポート品』としてイメージしていった方が使いやすいと思いますよ。

白髪染めシャンプー自体の色落ちって実際どうなの?

とは言え、上でも軽く触れたけど白髪染めシャンプーは『染まりが悪い』『染まりにくい』、『髪や頭皮に影響は?』といった、何かとマイナスなイメージや悩みを抱く人も多いはず。

そこでここからは、実際に白髪染めシャンプー愛用者の意見をまとめてみました。

実際になぜ愛用しているのか、その理由を少し参考にしてみましょう。

やっぱり色が定着するのには時間がかかる

染まり具合はトリートメントほどはないと、期待はしていません。

ただ、生活スタイル上どうしても小さい子ども達と一緒にお風呂に入るため、ヘアトリートメントで少し時間を置いて、なんて丁寧に入浴することができないので、毎日のシャンプーと変わらず使えるこちらを使っています。(参考:アットコスメ)

白髪は多くなく、美容院で染めるほどもないのに染めて傷むのが嫌でこれを使っています。(参考:アットコスメ)

こうして見てもらうとわかるように、白髪染めシャンプーを愛用している人でも『染まりにくさ』は感じているのは事実。

ただ、詳しく見てみるとお子さんなどがいて、『白髪染めのような危険な薬剤を手元に置くことの方が怖い』と考えている人や、『白髪染めするほどの量じゃないから気楽に染めていきたい』と感じ、白髪染めシャンプーを使っていることも分かります。

そう考えると染まるというよりも手軽さで選んでいる人が多いと言えるのではないでしょうか。

市販の白髪染めのように黒髪も一緒に染まる・色落ちするわけではない

1日目 変化無し
2日目 変化無し
3日目 気のせい程度に黒くなる
5日目 白髪が目立たなくなり始める
8日目 しつこい白髪も薄いブラウンになり始める
11日目 完全には黒くならないがかなり目立ちにくくなる

私は効果があると思いました。(参考:Amazon)

1回目はあまり染まりませんでしたが、回数を重ねるごとに徐々にチカラを発揮してくかんじで白髪に色がつき、全体に均一なカラーになっていきます(参考:アットコスメ)

加えて白髪染めシャンプー愛用者の意見を見てみると、『黒髪に影響が出ない』といった意見があるのもポイントですね。

先ほども触れましたが、白髪染めシャンプーは髪の表面に色を乗せるだけで、髪の中まで浸透することもないため、元の髪色が暗い色であればそこまで大きな変化はありません。

例えるなら黒い絵の具の上に、別な色を乗せてもほとんど変化はない…このようなことが髪でも起きているってワケです。

髪や頭皮への影響は考えるだけ無駄!?

強度のアトピーですが、私には症状が出ませんでした。
使用後1月です。
少しずつ効果が出る感じです。
完全に染めたい場合は向かないと思いますが、
自然に白髪を目立たなくするには十分です。(参考:Amazon)

また、白髪染めシャンプーは強力な洗浄成分が含まれているわけでも、髪にダメージを与える薬剤が使われているわけでもないため、愛用者の意見にもあるように基本的には髪や頭皮へのダメージはほとんどありません。

とは言え、天然成分や低刺激の化学染料等でかぶれると言うことも少なからずあるので、不安な方はパッチテストを行うようにしましょうね。

絶対買って後悔しないためにも知っておきたい!白髪染めシャンプーの3か条!

さて、ここまでで白髪染めシャンプーの必要性から気になるポイントまで、お話してきましたが、ひとことで白髪染めシャンプーと言ってもその商品は様々。

その中から”自分に合った商品”を見つけるのは至難の業です。

でも、これからお話する3つのポイントに注目して見てみると、意外とすぐに見つけることができるんですよ。

アミノ酸系の洗浄成分が使われているかどうかは絶対に見ておこう!

冒頭でもお話したように、髪へのダメージやパサつき・ゴワつきはシャンプー高い洗浄力が一番の原因。

裏を返せば頭皮に必要な脂分をキープしつつ、髪のタンパク質が変化しないようにすることが、色落ちや髪へのダメージを減らすことができます。

だからこそ、白髪染めシャンプーを選ぶ際は、まずアミノ酸系の洗浄成分が使われているかどうか。ここは絶対に確認しておくようにしましょう。

髪の状態を整えるためにどんなものが使われているかもチェック!

また、白髪染めシャンプーは他の白髪ケア商品と比べて毎日使うことになるため、頭皮や髪への影響にも注目しないといけません。

そのためどう髪に影響が表れるのか、トリートメント成分にも注目しておくようにしましょう。

ちなみに、具体的な成分としては以下が含まれているかチェックしてみるのも一つの手ですよ。

ヘナ

天然染料で知名度も徐々に増えてきているヘナは、白髪染めシャンプーに使用されることも多くなっています。

特に頭皮の皮脂を取り除いたり、毛穴汚れを落としたりする効果が期待できるので、健康的な頭皮に改善したいと思っている人におすすめですね。

フコイダン

フコイダンは昆布に多く含まれる成分で、頭皮と髪の保湿効果が期待できるため薄毛や髪へのボリュームが気になる人におすすめ。

肌に優しい天然成分なので、髪の補修をしていきたい人は注目することが大切です。

加水分解ケラチン/加水分解シルク

主に髪へのダメージケアに効果が期待でき、使いタブに指通りの良いツヤのある髪へと導くためには必要不可欠な成分です。

白髪だけではなくパサつきやごわつきが気になるのであれば、配合されているか見ておくようにしましょう。

単品での使用感はもちろん、何とセットで使うとより染まるかは見ておいて損はなし!

そして意外に注目されにくいポイントなのがココ。

白髪染めシャンプーって単品でも効果を発揮するものはありますが、ほとんどは抱き合わせ、つまりセットで使って初めて効果を発揮する商品の方が多いです。

そのため、白髪染めシャンプーの使用感だけじゃなくて、セットで使うとどうなるのかも見ておくのも大切なポイントになるんですよ。

悩んだらまずはコレ!?使って損なしの白髪染めシャンプーランキング

ここからはそんな上記の3か条で見たうえで、悩んだらまず試してみて欲しい白髪染めシャンプーをランキング形式で紹介していこうと思います。

1位 利尻ヘアカラーシャンプー

利尻ヘアカラーシャンプー

利尻ヘアカラーシャンプーは白髪染めシャンプーの中でも知名度が高く、ドラッグストアやスーパーなどでも購入可能な、比較的お買い求めしやすい商品。

また、白髪染めシャンプーの中でもしっかり染まる商品としても注目しておきたいですね。

洗浄力・使った後のさっぱり感はある?

そんな利尻ヘアカラーシャンプーの主な洗浄成分はアミノ酸系で、髪や頭皮を傷めずに汚れをしっかり落としつつ染めることができます。

加えてノンシリコンシャンプーでもあることから、ボリュームのある髪へと導いてくれるのもポイントですよ。

髪の状態を整える成分の注目ポイント

そしてトリートメント成分としては、利尻昆布由来のフコイダンをはじめとした27種類の植物由来の成分に加え、ヒアルロン酸やトリプルpptなどの補修成分が含まれているのもポイント。

頭皮への影響を最小限にしつつ、傷んだ髪を補修し指通りの良いつややかな髪へと仕上げていくことができます。

利尻ヘアカラートリートメントとの併用でどれくらい染まりは良くなる?危険性は?

利尻ヘアカラートリートメントと併用するのはアリ?

(引用:公式サイト)

ちなみに利尻ヘアカラーシャンプーと、同じメーカーから販売されている利尻ヘアカラートリートメントを併用すると染まり具合はかなり良くなります。

利尻ヘアカラートリートメントも同様の成分が配合していますし、一般的なヘアカラーと比べて髪への負担をかけずに白髪だけを目立たなくさせるので、一緒に購入してみるのも一つの手だと思いますよ。

2位 グローリン・ワンクロス

グローリンワンクロス商品画像

グローリン・ワンクロスは利尻ヘアカラーシャンプーほどの知名度はありませんが、白髪染めシャンプーとしての実力は確かなもの。

濃密できめ細やかな泡かつ独自の金剛ブレンドを採用することによって、週一回の使用でしっかり白髪を目立たなくさせるのが特徴的ですね。

グローリンワンクロスは1回の利用で結構染まる!

洗浄力・使った後のさっぱり感はある?

そんなグローリン・ワンクロスも利尻同様のアミノ酸系の洗浄成分で汚れを洗い流してくれるため、洗った後のさっぱり感は感じられますし、ノンシリコンなので使用後のボリューム感もしっかりあるのがポイントですね。

髪の状態を整える成分の注目ポイント

ただ、利尻ヘアカラーシャンプーとの違いとなっているのがココ。

ダメージ補修成分として、加水分解ケラチンやヘマチンと言った成分が使われているので補修効果は期待できますが、ツヤやコシを取り戻す成分としては牡丹・芍薬・百合などと少し心もとないです。

そう考えると、トリートメント効果は過度な期待をしない方が良いのかもしれません。

毎週1回で良く染まるは本当なの?愛用者の意見はこう!

元々染まりにくい髪質なので、5回連続の使用で黒く染まりました!(参考:アットコスメ)
たった1回のシャンプーでもかなりお色が入ったので自分的には大満足(参考:アットコスメ)

また、グローリン・ワンクロスの特徴でもある『週1回で良く染まる』特徴ですが、口コミを見てみると髪質が硬めだとやや染まりにくいのには注意しておきたい所。

加えて染料がやや色残りしやすいため、使う際にはビニール手袋が必須になるのも抑えておいた方が良さそうですね。

3位 AmSk カラーシャンプー

AmSkカラーシャンプー

男性に人気のAmSkカラーシャンプーは楽天ランキングのヘア部門で1位を獲得したことのある商品。

オシャレな容器なのも魅力的ではあるんですが、特徴としてはシカカイやアムラと呼ばれるインド伝承のハーブを使用して髪を徐々に目立たなくなっていきます。

AmSkカラーシャンプーの染まり具合

そのため、染まり始めるまで時間はかかりますが、1ヵ月使い続けることによってキレイな髪色へと仕上げていくことができるんですよ。

洗浄力・使った後のさっぱり感はある?

そんなAmSkカラーシャンプーは染料として含まれている、シカカイに天然の石鹸成分であるサポニンが含まれており、ある程度の洗浄効果が期待できます。

しかし、洗浄力は上位の白髪染めシャンプーと比べて高いとは言いにくいため、さっぱり感はあるけど汚れはやや残ると考えておいた方がいいでしょう。

髪の状態を整える成分の注目ポイント

加えてトリートメント成分の量もやや少なく、先ほどから触れている成分が使われていないため、髪にコシをあたえたりツヤを生んだりするといった効果はあまり期待できません。

ノンシリコンシャンプーの為、ボリュームのある髪へと仕上げてくれるのはうれしいですが、髪のパサつき等が顕著に表れるロングヘアなどの方にはオススメできないのが正直なところですね。

4位 黒耀(こくよう)シャンプー

黒耀シャンプー

黒耀シャンプーは白髪染めシャンプーの中でも、『大島紬』と呼ばれる草木染めの仕組みを利用して白髪を徐々に目立たなくさせるのが特徴的な白髪染め。

黒耀シャンプー&ヘアパックを使用してどれくらいで染まっていくか

染まり具合としてはかなりの長期戦となりますが、ゆっくりと白髪が目立たなくなっていくため、より自然な深みのある髪へと仕上げていくことができます。

洗浄力・使った後のさっぱり感はある?

そんな黒耀シャンプーに使われている洗浄成分は石鹸系で、髪の汚れをしっかり落としてくれるのも嬉しいところ。

しっかり汚れを落としつつ白髪もケアしていくことができる点においては上位の商品と見劣りすることがありません。

髪の状態を整える成分の注目ポイント

また、美髪成分としては天然植物由来の成分をメインで使用していることもあって、髪への負担を軽減しつつハリコシのある髪へと導いてくれるため、使うたびにボリュームのある髪へと仕上げていくことができるのはうれしいポイントです。

注意!黒耀シャンプーはヘアパックとのセット使用で初めて染まります

とは言え、黒耀シャンプーには染料がほとんど含まれておらず、ヘアパックとのセット使用で初めて染まっていくため、購入する際はセット購入が基本的。

無添加・無着色なので髪に優しいですが、他の商品と比べるとコスパ面で気になるのは痛いですね。

5位 ボタニカラー カラーシャンプー

ボタニカラー カラーシャンプー

ネット通販やドラッグストアで見かけることが多いボタニカラーシャンプーは、今ではお馴染みの染料になった”ヘナ”と、低刺激の化学染料で染める白髪染めシャンプー商品。

ボタニカラーシャンプーの染まり具合

染まり始めも比較的早く、自然な髪色へ染めていくのが特徴的な白髪染めなんですが…少しだけ気になるポイントがあるのも事実ですね。

洗浄力・使った後のさっぱり感はある?

というのも、実はボタニカラーシャンプーの洗浄成分はベタイン系、つまり高級アルコール成分となっているため、頭皮や髪への影響も考えられます。

加えて、化学染料にタール色素と呼ばれるやや髪に悪影響がある染料が使われていますし、香りも人によっては気になることが多いですよ。

髪の状態を整える成分の注目ポイント

加えて髪のダメージケア成分としては加水分解シルクのみ、保湿成分としてはヒアルロン酸や馬油のみとなっているのも気になるトコロ…。

髪や頭皮への刺激は少ないですが、ランキング上位の商品と比べると見劣りする部分があるのも否めませんね。

まとめ

『白髪染めの色落ちの原因はシャンプーすることにある』

今回私が声を大にして言いたいのはココ。

ガッツリ髪の中まで白髪を染めるのは確かに色持ちも良いですし、キレイに染まってくれますが、その分髪が傷み洗浄力の強いシャンプーをするたびに色が落ちやすくなってしまいます。

早い話今までの白髪染めって、白髪を余計に目立たせやすくする悪循環だったってワケ。

だからこそ白髪染めシャンプーに切り替えること、これこそがキレイな髪色を維持するためにまず試してみて欲しいことだと思っています。

毎日ストレスなく、キレイな髪色・髪質を維持していくためにも。

今回紹介した白髪染めシャンプーから試してみませんか?


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です