短期間だけ黒髪に!カラートリートメントで自由自在に髪色を変えるなら○○が良い?

就活や実習、面接にはたまた法事に式典などなど…

ちょっとお固めな場所や自分のこれからを左右する場所に行くときに、ハイトーンの明るい髪色をしていたら…

めちゃめちゃ浮いて見えるし周りからジロジロ見られて、なんだか恥ずかしい気持ちになるのは容易に想像できるはず。

かといって、その日の為だけにわざわざ気に入っている髪色を手放してヘアカラーするのもイヤだし、黒髪に戻した後にまた違う色に染めようとしても色が入らなさそう…もっと言うと、頻繁に染めると髪へのダメージが気になる。

そんな人が注目するのが、ヘアカラートリートメントのはず。

確かにこれなら短期間だけ黒に染めても、1~2週間で色が落ちて元の髪色を取り戻しやすいし、髪への影響も少ないです。

でも、ちょっと待って!

実はそんなヘアカラートリートメントの中でも、特に”白髪用”の商品の方が短期間の黒染めには適しているって知ってました?

一時的に黒髪に戻すなら、白髪染めトリートメントが無難な方法だった!?

そもそも一般的に”白髪染め”と言われると、自分よりも確実に年上の人が使っているようなイメージが強くて、ちょっと敬遠したい気持ちもわかります。

でも、白髪染め用のカラートリートメントって一般的なおしゃれ染めのようなカラートリートメントよりも、かなり使えるんですよ!

おしゃれ染め用よりも白髪用のカラートリートメントの方が優れている?そのワケ

と言うのも、実はカラートリートメントと白髪染め用のカラートリートメントって、染める仕組みは一緒。

(引用:白髪とワタシ)

髪の表面に染料が定着することで、髪の色を変えることが出来ます。

早い話おしゃれ染め用と白髪用のカラートリートメントの違いって、色にバリエーションがあるかどうかで分類されているだけなんですよね。

だからこそ注目しておきたいのが、髪を補修・保湿してくれる効果はどちらが高いのかという点。

白髪染めトリートメントには傷んだ髪を補修するための成分が豊富に含まれていることが多く、黒髪に戻しつつツヤのあるキレイな髪へ戻していくこともできます。

どうせ一時的に黒髪に戻すのであれば、ツヤを取り戻したキレイな髪質も手に入れておきたいところ。

そう考えると白髪用のカラートリートメント、ちょっと使ってみたいと思いませんか?

ダメージなんて気にしなくてOK!短期間だけ黒に戻すための白髪染めの条件

そんな白髪用のカラートリートメントといっても、ただ適当な商品を選べば良いと言うわけではないのも事実。

白髪用のカラートリートメントの中にも、トリートメント成分が少なかったり、何度使っても色が入らなかったりと、買って後悔する商品は山ほどあるからなんですよね。

だからこそ注目しておきたいのが、下の3つのポイント。

①植物染料+HC染料で髪を染めるもの

白髪用のカラートリートメントに配合されている染料はおおきく分けて、植物染料・塩基性染料・HC染料の3種類が単体、もしくは複数配合されていることが多いです。

しかし、HC染料や塩基性染料で染めるものはどうしても内部まで浸透してしまうことが多く、元の髪色にならないこともあります。

だからこそ刺激が少ないもののある程度褪色しやすい、天然の植物染料とHC染料で構成されたカラートリートメントを使うことをオススメします。

②無添加であること

白髪用のカラートリートメントにはジアミンやパラベンといった、傷みやすくかぶれる可能性がある成分が含まれていないことが多いですが…

酸化剤や鉱物油といった髪をギシギシきしませる成分が含まれていることも多いです。

そのため、ただ無添加といっても、何が無添加なのかはしっかり見ておくようにしましょう。

③トリートメント力が高いこと

先ほどもお話したように、白髪用のカラートリートメントはおしゃれ染め用のカラートリートメントと比べて、美髪成分が豊富に含まれていることも魅力の1つ。

でも、中にはおしゃれ染め用のカラートリートメントとあまり変わらない量の美髪成分しか含まれていないこともあるんです。

より髪質を良くして、一時的とは言えキレイな黒髪にするのであれば、やっぱり美髪成分の量が豊富な商品を選ぶようにすると良いでしょう。

黒染め後の染め直しもバッチリ!白髪染めヘアカラートリートメントで黒に戻すなら!

そして、そんな白髪用のカラートリートメントの中でも、特におすすめなのが、『利尻ヘアカラートリートメント』

上の画像を見てもらうとわかるように”白髪用”と書かれていますが、先ほど紹介したように髪の表面に染料を定着させる仕組みになっている為、3日間連続で使用することで一時的に黒髪に戻すことが出来ます。

その上、色持ちも程よく1~2週間程度で色が落ちるのもポイント。

気に入った髪色をなるべく早い段階で取り戻すことが出来ますし、違う色への染め直しも早めにできるのはうれしいのですね。

また、利尻ヘアカラートリートメントは先ほど紹介した酸化剤や鉱物油といったギシギシ髪の原因となる成分は一切使われていませんし、トリートメント成分も豊富。

髪へのダメージを気にせず、ギシギシきしむ状態になりにくく、逆に傷んだ髪をしっかり保湿・補修してくれるため、例えばハイトーンカラーをして傷んだ髪も艶のある髪質へ導いてくれますよ。

そう考えると、利尻ヘアカラートリートメントは上で紹介した3つのポイントの全てを満たしている商品と言えるのではないでしょうか。

利尻ヘアカラーで黒染めする人、
実は意外と多いんです!

また、このように利尻ヘアカラートリートメントでの一時的な黒染めに満足している人も多いです。

そう考えると、意外と利尻ヘアカラートリートメントを利用して、短期間だけ黒髪を保つのって、無難な方法として”アリ”と言えるのではないでしょうか。

【驚愕】女子大生は白髪染めで黒に戻している人が結構多い!?

ここまで読んで、短期間だけ黒髪に戻すためには、白髪用のヘアカラートリートメントが良いと言うのはわかったけど…

その方法って本当に一般的なの?

みんなやってないことなんじゃないの?

そう思った方も多いはず。

ご安心を。

実は利尻ヘアカラートリートメントに限らず、白髪染めで黒髪に戻している女子大生の方はたくさんいるんですよ。

こうして見てもらうとわかりますが、白髪染めで髪色を黒にするってことは、定番中の定番みたいですね。

でも、やっぱり1回でもカラー剤を使ってしまうと元の髪色に戻すためには時間がかかってしまうようですし、スプレータイプの黒染めだとなかなか色が落ちず、結局髪が傷んでしまう方も多いのも事実の様ですね。

そう考えると白髪用のカラートリートメントって、髪も頭皮も傷まないし比較的早い段階で元の髪色に戻せる無難な方法、そう言えるのではないでしょうか。

まとめ

急に髪の毛を今の色から黒髪に戻さないといけなくなった…

これは、この先もたくさんあると思いますし、出来ることならササッと手軽に元に戻せるようにしたいと思うのはみんな一緒のはずです。

そんな時の心強い味方になってくれるのは、ヘアカラーでもヘアマニキュアでもなく、”白髪用”のヘアカラートリートメント。

中でも特に利尻ヘアカラートリートメントは、まず最初に試してみて損はないと思いますよ。

是非一度、使ってみてくださいね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です