安全な白髪染め=危険な成分ナシじゃない!絶対後悔する白髪染めの思わぬ落とし穴

安全な白髪染め=危険な成分ナシじゃない!絶対後悔する白髪染めの思わぬ落とし穴

「ジアミンフリーって書いてるし大丈夫でしょ!」

そう思っている方、きっと多いはず!

いつものように白髪染めしたら、なぜか頭皮や顔周りがピリピリ痛くなって染めた後は

赤くなったり膿が出たりしてしまった。

確かに、白髪染めを続けたいと思っていても一度このような経験をした方にとっては、ジ

アミンフリーや無添加って言葉を信用しちゃうと思います…が!ちょーっと待った!

そんな言葉を信用すると、逆に失敗する原因に繋がってしまいますよ!

え、安全なんじゃないの?どういうこと?

なんてドキってしたアナタ!

これからお話することに耳を傾ければ、いかに今まで考えていたことが実は大間違いだったことに気づくと思いますよ。

安全な白髪染めかどうかは『成分』に注目すればいいわけじゃないんです!

安全な白髪染めかどうかは『成分』に注目すればいいわけじゃないんです!

安全な白髪染めと言えばまずジアミンやパラベンなどの危険な成分が使われていないか見るはず。

そしてノンジアミンやノンパラベン、それに無添加って言葉を見れば安心する方も多いと思いますが、実はそんな勘違いをしているからこそ白髪染めで失敗してしまうんですよ。

『ジアミンフリー』だからと言って”安全”とは限りません

そもそも、安全な白髪染め=危険な成分が使われていない、という認識から大きな間違いが

始まっています。

というのも、ジアミンフリーの商品って名前通りジアミンこそ含まれてはいませんが、代

わりに色がしっかり付くように化学反応で髪を染めたり、危険視されている成分を実は使

っていたり…なんてこともあるんです。

そうすると、化学反応などでジアミンに代わって生まれた成分が髪をパサパサにしたり頭

皮がヒリヒリしたりします。

要はジアミンフリーと謳っている商品でも髪や頭皮にダメージを与えてしまうから安全とは言えないですし安心もできないってワケ。

だからこそ一見安全そうに見えても、実は白髪染めってヤバいものだらけだったってこと

がわかると思います。

一回でもかぶれたことがあるなら避けたい白髪染めはコレ!

そしてそんな白髪染めの代表格なのがヘアカラー。

白髪染めの代表格ヘアカラー

ドラッグストアなどでよく見かけるこれらの商品にはジアミンが含まれているのでNGだ

と言うことは皆さんもご存知だと思います。

でも、実は下のような『ヘアマニキュア』や『オハグロ式』のような白髪染めもヤバいんです!

ヘアマニキュアやオハグロ式白髪染めもヤバい

例えばヘアマニキュア。ヘアマニキュアに使われているタール色素はかぶれを引き起こす可能性は少ないですが、発がん性のある物質として危険視されています。

一方で、オハグロ式は鉄イオンとポリフェノールの化学反応を起こして頭皮がかぶれる可能性があるからダメ。

そう考えると、ジアミンフリーなどと書かれているだけで白髪染めを選ぶことがいかに危ない行動だったかってことにだんだん気づいてきませんか?

本当に安全な白髪染めを使いたいならココを見ろ!

本当に安全な白髪染めを使いたいならココを見ろ!

ここまでの話を聞いて、安全かどうかを成分だけで判断するのは危ないことがわかったし、逆にどんな白髪染めを使えばいいのか不安になったはずです。

そこで、白髪染めで失敗しないように注目するべきことをお話します。

白髪を『染めよう』とするから髪も頭皮もボロボロになる

そもそも、どれだけ安全な白髪染めを使おうとしても失敗するのは、白髪を『染めよう』と

すること自体間違いなんです。

確かに白髪の中から染められれば、しっかり色も入りますし白髪ゼロのキレイな髪色を保てます。

でも、髪の中まで染めるってことはその分頭皮にも負担がかかりますし、どれだけ髪の内側

まで染めても、結局色落ちし始めるんですよ。

だったら別に白髪を『染めよう』としなくても、『目立たない状態になれば』問題はないはず。

実際白髪ゼロのキレイな髪になれば問題はありませんし。

そう考えるからこそ、白髪を内側まで染めるのにはこだわらず『白髪を表面だけ目立たなくする』安全なやり方へと変えていく。

これこそがかぶれやアレルギーなどを心配することもなく、積極的に使っても納得いく仕上がりを実現させる白髪対策のポイントになってくるんです。

『染める』から『隠す』に意識を向けた時はどうやって白髪染めを選ぶ?

そう考えると、どこに注目すればいいのかという話になりますが、以下3つのポイントさえ押さえておけばまず失敗することはなくなりますよ。

染まりと色持ちがいいこと

ジアミンやパラベンといった成分は髪や頭皮のダメージになる原因でもあるんですが、実は染まりや色持ちを良くしてくれるメリットもあるんです。

しかし、安全な商品を選ぶとなればこれらの成分が含まれていない商品、要するに染まりが弱いものを使わないといけません。

ただ、そういった商品でも染まりや色持ちが良いものもありますので確認しておくといいでしょう。

短時間で白髪染めできること

また、髪や頭皮に長時間染料を付けてしまうと、髪がパサパサしたりかぶれたりといったトラブルの元になります。

そういったトラブルを防ぐ為にもパパッと白髪染めが完了する白髪染めを選びましょう!

染料がすぐに洗い流せること

白髪染めが短時間で済むか確認しながら染料がすぐ洗い流せるかも確認しておきましょう。

というのも、すぐに洗い流せればその分染める時間の短縮に繋がりますし、染料の洗い残しを防ぐことができるんです。

白髪染めを安全に使いたい方なら気を付けるとは思いますが、洗い残しがあると髪のダメージや頭の痒み・かぶれの原因になるので必ずチェックしてくださいね。

そして3つのポイントをすべて満たしているのが白髪染めトリートメント!

というのもカラートリートメントって髪に優しい染料を使って髪の表面だけをコーティングするおかげで安全に染めることができちゃうんですよ。

「その分髪の染まりや色持ちが悪そう…。」と思いきや、様々な染料を組み合わせている商品もあるので意外とばっちり染まります!

また、白髪染め『トリートメント』という名前通り、お風呂のトリートメント感覚で簡単に染めたり洗い流すことができたりと安心して気軽に白髪を目立たなくできるんです。

安全な白髪染めでキレイな髪色にするならこんな商品がおすすめ!

安全な白髪染めでキレイな髪色にするならこんな商品がおすすめ!

そんな白髪染めトリートメントの中でも特に安全で人気のある商品を今からまとめて紹介しちゃいます。

各商品の魅力をお話しますので、興味が湧いた商品があったら公式サイトから詳細を確認してみましょう♪

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント商品画像

まず初めに紹介するのが簡単に白髪染めできて髪や頭皮に安全と大好評な利尻ヘアカラートリートメントです。

この商品の良いところは短時間で染められるし色持ちがバツグンなこと!

白髪染めトリートメントは安全に染められる分、染まり具合と色持ちが弱いという欠点があるんですが、利尻は植物染料・HC染料・塩基性染料という3つの安全染料を配合。

この染料が髪を優しく包んでしっかりと色を付けてくれます♪

利尻ヘアカラートリートメント全4色染めた画像

このようにまばらに生えて目立った白髪もばっちりキレイに!

利尻ヘアカラートリートメント4色染めて1週間経過した画像

そして、1週間経っても色落ちしないカラーリング力を実感することができます。

「でも、色がしっかり付いている分染料を洗い流すのが大変そうだし、染める時間が長くなりそう…」なんて思っちゃいませんか?

そこはご安心を。染料を付ける時間はわずか10分から30分くらいですし、シャワーで簡単に染料を洗い流すことができるんです。

そう考えると、トラブルの心配なく安心して使えるピカイチな白髪染めトリートメントと言えるのではないでしょうか!

LpLp(ルプルプ)

ルプルプヘアカラートリートメント商品画像

次に紹介させていただくのは、利尻ヘアカラートリートメントに次いで大人気なLpLp!

こちらのヘアカラートリートメントも利尻と同様に植物染料やHC染料、塩基性染料といった3つの低刺激染料を使っています。

そのため染まり具合はばっちりですが、利尻と比べると薄く暗目に染まっていくんです。

ルプルプヘアカラートリートメント全4色染めた画像

こちらはルプルプの染まり具合ですがだんだんと地毛に近い色に染まっています。

ただ、色の持ち具合は1週間以上経っても変わらないですし、短時間で色を付けてはシャワーで洗い流すことができるんです。

つまり、染まり具合を除けば利尻とそこまで変わらないので、地毛に近い自然な感じで染めたい方にLpLpをおすすめします!

マイナチュレ

マイナチュレ商品画像

最後に紹介させていただくのは髪や頭皮のケアが魅力的なマイナチュレ!

このヘアカラートリートメントで使われている染料はHC染料と塩基性染料の2つ。

化学染料のみを使っているのでばっちり色は付きますし色持ちも抜群なんですが、植物染料を使っている利尻やLpLpと比べてちょっぴり刺激は強め。

ただ、利尻やLpLpと同様に短時間で染めることができますし、髪や頭皮のダメージケアがついでにできる商品でもあるので、抜け毛や薄毛・痒みの心配がない白髪染めトリートメントを使いたい方におすすめですよ!

一度かぶれた人でも安全な白髪染めで対策している人、多いです。

一度かぶれた人でも安全な白髪染めで対策している人、多いです。

さて、ここまで読んでいただくと白髪染めヘアカラートリートメントなら安心して染めることができそうですが、「実際に使ってみるとどうなんだろう?」と言う風に気になりますよね。

そこで、実際に白髪染めをしている方の意見を聞いてみましょう。

p=1769_twitter1 p=1769_twitter2 p=1769_twitter3

ツイッターなどで調べてみると、安全に白髪を目立たなくしたいときは白髪染めカラートリートメントが定番だということが改めてわかります。

他のヘアカラー剤を使えば髪を染めたときにヒリヒリしますが、ヘアカラートリートメントだったらそんな心配ないんです。

だからこそ安心して使えるのはもちろんですし、染まりや色持ちが良い商品もあるので仕上がりにもきっと満足できると思いますよ!

まとめ

安全な白髪染めということでしたが、ジアミンフリーやパラベンフリーと書かれている安心できそうな商品も実際はトラブルの可能性があるとわかりましたね。

本当に安全だと言えるのは、髪を優しく包んで目立たなくする白髪染めトリートメントです。

そして、今回紹介した3つのヘアカラートリートメントなら頭皮の痒みやかぶれ、髪のパサツキや抜け毛の心配がないのでぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか?

気軽に髪を染めることができますから、ストレスフリーでキレイなあなたを保ち続けることができますよ。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です