安全な白髪染めおすすめランキング!市販で選ぶならコレ!

白髪染めのウワサ…

・白髪染めを続けると腎臓に悪い

・白髪染めには発がん性のある成分が含まれている

・白髪染めはかぶれる

皆さんはこのような話を聞いたことはないでしょうか。

特に今お使いの白髪染めでかぶれてしまうと、今後重篤なアレルギー症状が出るのでは不安だけど、染めないと老けて見えるから…

そんな染めたい気持ちと不安な気持ちに板挟みになってしまう方、多いはず。

所長

そこで今回はあなた自身にとって一番安全な白髪染めは何なのか、安心して白髪染めしていく為にも知っておきたいことは何なのか、まとめて紹介していこうと思います。

是非、最後までお付き合いください!

完璧に安全な白髪染め自体がそもそもない?

まず先に大前提として伝えておきたいのがココ!

所長

そもそも白髪染め商品の中で絶対安全と断言できるものはありません!

確かに市販の商品の中には、”安全”・”無添加”と書かれている商品もあります。

…が!実はこのような商品を使っても、かぶれや重篤なアレルギー症状を引き起こす可能性だって十分あり得るんですよ。

一般的に”かぶれる”白髪染めはコレが原因

そもそも、一般的な認識として白髪染めでかぶれやアレルギー症状のトリガーになりがちなのは、ジアミンやパラベンと言った危険な薬剤です。

流石に染めすぎて骨まで染まる…という事はありえない話ではありますが、それでも超刺激的な薬品を使っているので、突然ジュクジュクと膿ができたり猛烈な痒みが起きたりするなどと言った症状が出やすくなります。

こういった分かりやすい指標があるからこそ、一般的なヘアカラー剤=安全ではないとイメージすることが出来るんですよね。

ジアミンフリーと書かれている商品もかぶれないわけではない

だからこそ余計に、

ジアミンフリーって表記されていれば問題なくね?

なんて思うかもしれませんが、実はこの認識こそが大間違いな話!

実は”ジアミンフリー”だとか”無添加”だとか表記されている商品って、確かに植物由来の成分や低刺激の化学成分を使っています。

しかし、それでも化学反応を用いて染めていたり危険視されている成分を実は使っていたり、もっと言うと植物由来の成分がかぶれの原因になることもあります。

所長

要はかぶれる可能性で行ったら限りなく0に近いけど、確実にその商品でかぶれないという事はありえないってワケです。

安全な白髪染めかどうかの指標は結局『パッチテスト』が一番確実にわかります

だからこそ、本当に自分にとってその白髪染めが安全かどうかを確かめるためには、パッチテストを行うことが何よりも重要です。

「ジアミンフリー」「無添加」と呼ばれる商品でもパッチテストを推奨していることが多いんです。

ちなみに、パッチテストの”正しいやり方”は各商品のパッケージや公式サイト、説明書でチェックできますので、よく読んで行ってくださいね。

安全な白髪染めほど『染まり』は悪い

安全な白髪染めはないけど、比較的安全と言われる白髪染めならある。

なーんて言いましたが、気になるのはやっぱりどれくらい染まってくれるか、ここですよね。

では、所長からはっきりと言います!

所長

白髪染めは比較的安全であればあるほど『染毛力』、つまり染まり具合や色持ちは悪いと考えておいた方が良いです。

染まりが良い白髪染めと悪い白髪染め、一体何が違うのか

これは白髪染めの仕組みを見れば一目瞭然です。

一般的な白髪染め・オシャレ染めと呼ばれる『ヘアカラー剤』は、確かにかぶれやアレルギーを引き起こしかねないジアミンやパラベンと言った薬剤が使われています。

上の図の右の髪のようにキューティクルを開き、薬剤をしみこませていきます。

しかしこれらの薬剤は、髪にしっかり色を定着する為には必要不可欠なんです。

ジアミン・パラベンと言った成分を使わないという事は、必然的に髪の表面をコーティングする形で白髪を『目立たなくさせていく』事しかできないってワケです。

だからこそ、それとも少しでも安心して白髪染めしていく為にも、

所長

染まりはある程度悪いものを使っていく、だからこまめにケアしていこう!と考えておいた方が良いと思いますよ。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

安全な白髪染めランキング!どのタイプを使うべきか!

そんな髪をコーティングするタイプの白髪染めですが意外と様々な種類がありますしそれぞれに特徴がありますし、人によってかぶれる・かぶれないも出てきます。

ここからは、その中から自分の状況にあった白髪染めを見つけるためにも、何がどう違っていてどんなヤバさを秘めているのかを一緒に見てみましょう!

安全な白髪染めでいうと真っ先に思い浮かぶ『ヘナ』は本当に安全か

『ヘナ(インディゴ)』は、ヘナ自体に耐性が無い場合を除き、ほとんどの人が安全に染める事が出来る白髪染めです。

所長

早い話、安全に白髪染めしたいのであれば試してみて損はないと思います。

…が!ぶっちゃけオススメではあるんですが、積極的に使う物でもないと思うんですよね、コレ。

ヘナを入れる容器にヘナを混ぜるお湯(だいたい40℃前後)、混ぜるためのスプーンや割り箸にハケ、ビニール手袋などなど…用意しておきたいものはたくさん。

特に染め粉を作るのはヘナとお湯をかき混ぜるだけとは言え、かたすぎてもゆるすぎてもダメっていうのは、はっきり言って超面倒!

それに染料を付けてから長時間放置しないといけないし、ヘナ100%だとオレンジの色味に近い状態になっちゃうんですよね。

とは言え、ヘナは美容院でも行っていることも多いですし、最近では地毛に違い色合いに染まる商品もあるので、試して損はないと思いますよ。

お手頃感覚で使えるヘアマニキュアは商品によっては危険あり!?

皆さんもこのような商品を見かけたことがあると思いますが、ヘアマニキュアはヘナと違って化学染料で白髪を目立たなくさせる商品。

使い方もコームから直接液剤が出るので、用意するものも少なければ手軽に使うこともできますし、お手頃価格で使い続けることが出来ます。

…が、使われている合成染料(タール色素)が気になる所です。

と言うのも、実はタール色素って石油から採れる”ナフサ”と呼ばれる成分が原料になる為、どうしても安全性に欠けてしまいがちなんですよね。

そのため、イメージ的には使い勝手やお手頃感はあるけど、成分的な面で見ると多少不安に感じるもの、そう考えておいた方が良いかもしれませんね。

ちなみに、『発がん性』や『子供のADHD』の原因などが疑われていたこともありましたが、これは今では使われていない「特定芳香族アミン」から合成された『アゾ染料』に限った話ですが、そのような成分が添加されていることは知っておきましょう。

光で染まるタイプの白髪染めって安全なの?

情報が無さすぎる上に商品自体も見かけにくいけど、ちょっと気になるのが「銀塩(イオン)カラー」や「感光性染毛料」と呼ばれる『光で染まる白髪染め』。

仕組み的に見れば化学反応を利用してはいますが、髪の表面に染料がぴったりとまとわりつくだけなのでカテゴリ的には髪をコーティングするタイプに属します。

所長

しかし、使わない方が得策だと言えるんですよね!

と言うのも、使われている染毛料の”硫酸銀”は普通に取り扱う範囲では安定な物質ではあるんですが、劇物指定されている成分。

早い話、超やべー成分入りのクリームを目や鼻に近い部分に塗るって考えるとその危険度がよくわかると思います。

もっと言うと、一度使用してしまうと全ての化学反応、例えばヘアカラーやヘアマニキュアで染めた時に反応して、”緑”に染まってしまうんですよね。

だからこそ、最初から選択肢から外してしまっても良いと思いますよ。。

安全な白髪染めとして『カラートリートメント』は大丈夫?

ちなみにここまで全く話題に挙げてこなかったヘアカラートリートメントはと言うと…イメージ的にはヘナとヘアマニキュアの中間に位置する白髪染め、そう考えるのが無難だと思います。

と言うのも、カラートリートメントに使われる染料は、基本的に植物染料と低刺激の化学染料の2つ。

それもヘナのように1種類だけではなく様々な植物由来の色素が使われている為、比較的安全な白髪染めと言えます。

その名の通り『トリートメント』でもあるので、傷んだ髪を保護・補修しつつ白髪も目立たなくさせることが出来るのが特徴的な部分。

所長

使い方もトリートメントのようなイメージで使えるので、余計なテクニックもそこまで必要ないのも嬉しいですね。

以上の中からみてみると、当ラボで結論付けた安全な白髪染めランキングはコチラになります。

安全な白髪染めランキング

①白髪染めトリートメント

②ヘナ

③ヘアマニキュア

④光で染まるタイプ

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

ヘナや白髪用のカラートリートメントは何が安全なの?

とは言え、ここまでくると具体的にどんな商品から試してみればいいのか、同じタイプの白髪染めでも商品が色々あってどれを選んだらいいかわからない方も多いはず。

例えばヘアマニキュアやそもそも選択肢から外れる感光性染毛料って、あっても有名な商品は5品くらいですが、『ヘナ』や『カラートリートメント』のような商品ってそれこそ市販からネット通販限定のものまでたくさんありますし。

特に商品が多いヘナや白髪用のカラートリートメントに絞って、『悩んだらまずコレから試してみて!』って商品について紹介しておこうと思います。

ぶっちゃけ『ヘナ』は何でもいい

まずは興味を持っている方も多いと思う『ヘナ』についてですが、結論から言うと植物の色素を利用して染める特性を踏まえると、どの商品で染めても基本的には問題はありません。

早い話、上記のような市販商品でも何ら問題ないってワケです…が!

実は『ヘナ』で染める商品の中には、『ケミカルヘナ』と呼ばれるジアミンやピクラミン酸ナトリウムなどの、アレルギー症状を引き起こす成分を配合した商品も中には隠れています。

そんな商品を避けるためにも、成分表をよく読んだりパッチテストをしたりは行っておいて損はないと思いますよ。

所長

ただ、ヘナは先ほど言ったように、かなり面倒くさいですよ。

安全な白髪染めであるカラートリートメントを使うならこの2種類!

利尻ヘアカラートリートメント

カラートリートメントタイプの白髪染めについてですが、まずは『利尻ヘアカラートリートメント』から試してみることがオススメします。

利尻ヘアカラートリートメントの紹介

と言うのも、確かに市販されている商品やネットショッピングで購入できる白髪染めって、今あげた商品よりもお手頃価格で購入できます。

しかし、お手頃価格で使えるカラートリートメントタイプの白髪染めって、カラー剤と併用して使うことを推奨されていたり、そもそも染まらなかったりと『買って後悔する原因』が結構多いんですよ。

利尻ヘアカラートリートメントは、ある程度納得できる仕上がりに染める事が出来る商品です。

加えてトリートメント効果が期待できる美髪成分も含まれているので、キレイな髪色・髪質を維持していくことが出来るので、まず利尻ヘアカラーから試してみることをお勧めします。

【初回限定1,100円OFF】2本セット4,400円(税込)※送料無料です

LPLP(ルプルプ)

ルプルプはパッケージを見ると、化粧品のようにも見えますが、ルプルプも利尻ヘアカラートリートメントと同じ白髪用カラートリートメントです。

こちらはネット購入が基本ですし、使われている染料は利尻ヘアカラーと大差ないですが、白髪用とは分かりにくいパッケージも魅力的に映る人も多いのではないでしょうか。

また、染まり具合もナチュラルブラックは日本人の黒髪に近い色に染まっていき、ダークブラウンはやや栗毛色に近い色へ染まります。

自然な髪色に染めるという点においては利尻ヘアカラーに負けず劣らずの実力がありますし、トリートメント効果も十分期待することが出来ますよ。

安全な白髪染めランキングまとめ

このページのまとめ

・完璧に安全な白髪染めって実は存在しないです。

・安全な白髪染めか確認するにはパッチテストを行なうことが一番大事です。

・比較的安全な白髪染めは染まりが悪いです。

・当ラボがまとめた安全な白髪染めランキングは以下の通りです。
①ヘアカラートリートメント
②ヘナ
③ヘアマニキュア
④光で染まるタイプ

・ヘナはどれを使っても安全だが、染め方はかなり面倒くさいです。

・当ラボおすすめのヘアカラートリートメントは「利尻ヘアカラートリートメント」と「LPLP(ルプルプ)」です。

最後にもう一度だけ、所長から言いたいことがあります。

所長

100%安全な白髪染めなんてものはありません!

どの商品も個人差はありますが、白髪染め自体がかぶれやアレルギー性の皮膚炎になる危険はある物です。

たとえ「ジアミンフリー」や「無添加」と書かれている商品でも、かぶれを引き起こすきっかけになってしまうんですよ。

だからこそ、この先安全に白髪染めしていくのであれば、まずパッチテストを行うことです。

そして、使う商品も比較的危険度の少ない商品から使い始めることが大切と言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。