初心者でも安心して使える市販の白髪染めはあるの?これを見ればバッチリ解決!

白髪染め 市販 初心者 アイキャッチ

白髪染めは初心者だから、失敗したら染めるのが怖くなりそう…。

美容院は高いし、市販で簡単に出来るものはないの?

最近白髪が増えてきたから染めたい!と思うものの、初めて染めるのは「失敗したら…」と思うと、白髪染めを選ぶのに慎重になる人は多いでしょう。

「自分の髪色に合ったもので染めたいけれど、色ってどうやって選べばいいの?」

「いざ市販で染めようとしたら種類が豊富で、結局なにが一番良いのか分からない」

「市販の白髪染めで初心者がいきなり染めるのはやっぱり無謀なのかな…」

美容院と違って自分で染めるから、もし失敗したら…と思うと怖くて選べない。自分で染めるからには失敗しないできれいに染めたい。

市販は泡で染めるものとかクリームで染めるものとかあって、どれが良いのか分からない。

白髪染めは白髪に悩んだ人が一大決心で染めるのに、安心して使えるものの判断が難しいんです。

本記事ではそんな初心者におすすめの白髪染めと、市販で簡単に染める方法を一緒にご紹介するのでぜひ参考にしてください。

初めての人でも安心出来る商品を使って、セルフできれいな黒髪を手に入れましょう!

初心者だからこそおすすめしたい!用途別市販の白髪染めはこれだ!

白髪染め 市販 初心者 キャッチ画像①

白髪染めを決めるときは、どういう用途で使うのか決めておくと選びやすいです。

ここでは用途別におすすめの市販の白髪染めを4つ紹介します!

白髪染めの色を長く持たせたい!そんな人にはシエロ オイルインヘアマニキュア

ホーユーシエロオイルインヘアマニキュア 画像

ホーユーシエロオイルインヘアマニキュア(クシ付き)

染毛量100g

通常価格

1,035円(税込)

ホーユーシエロオイルインヘアマニキュアの特徴

①    色持ちは最長1ヵ月

②     ジアミン系不使用

③     カラー展開は6色

④     ジェル型なので髪に密着して染まりやすい

公式サイトにも記述がある通り色持ちが1か月以上なので、手間を減らしたい人にもぴったりです。

色持ちの秘訣は染料がジェル仕様になっているところ。

ジェルが髪に密着するので染まりがよく結果的に色持ちも長くなるんです。

ヘアマニキュアは色持ちが悪いのがデメリットですが、この商品はカバーしているので染め直しも少なく済む白髪染めになります。

 

おしゃれ染めみたいに染めたい!おすすめはサイオス オレオクリーム

サイオス オレオクリーム 画像

サイオス オレオクリーム

染毛量1剤50g 2剤50g

通常価格

798円(税込)

サイオス オレオクリームの特徴

①    おしゃれ染めのようなカラーの取り揃え

②     ヘアカラーなのに傷みが少なめ

③     黒髪も一緒にきれいに染まる

④     部分染めとしても使える

白髪染めと言えば地味な色の印象が強いですが、サイオスはおしゃれな色を13色も揃えています。

 

赤みのある色   赤みを抑えた色

明るめの色

 

 

ピンク

ナチュラル

ベージュ

アッシュ

マット

 

シャイニングブラウン

クリスタルベージュ

 

 

パールピンク

スパークリングブラウン

ヌードベージュ

プレシャスアッシュ

 

 

 

深みのある色

ローズブラウン

ロイヤルブラウン

グロッシーベージュ

ノーブルアッシュ

オリーブマット

 

リッチショコラ

 

 

 

ココアブラウン

「市販の白髪染めは地味な色しかない!」と嘆いていた人にはおすすめの白髪染め。

口コミを見るとロイヤルブラウン、プレシャスアッシュ、パールピンクが人気色のようです。

ロイヤルブラウンは程よい赤みのある色に、プレシャスアッシュは落ち着いた色味に、パールピンクは柔らかいピンクベージュで発色良い色に染まります。

 

とにかく簡単に!面倒な手間が少ない白髪染めはサロンドプロ 泡のヘアカラー・エクストラリッチ

泡のヘアカラー・エクストラリッチ 画像

泡のヘアカラー・エクストラリッチ

染毛量1剤50g 2剤50g

通常価格

950円(税込)

泡のヘアカラー・エクストラリッチの特徴

①     泡タイプなので染めやすい

②     髪染め独特の嫌なニオイがしない

③    容器を振るだけですぐ染めることが可能

④    手でサッと染められる

市販の髪染めは1剤と2剤を混ぜるのが多いですが、エクストラリッチは容器を20回振るだけですぐ染めれます。

液だれしにくいので、コームやクシも使わず手で塗ることが出来るんです。

泡を塗って揉み込めば完成するので、初心者でも簡単に染められるでしょう。

白髪染めで一番大変なのは生え際やもみあげをムラなく染めること。

きれいに染められるか不安な人だからこそ、ぜひ使って欲しい商品です。

 

髪の傷みが怖い…。ダメージを減らしたい人におすすめはサロンドプロ ヘアマニキュア・スピーディ

サロンドプロ ヘアマニキュア・スピーディ

サロンドプロ ヘアマニキュア・スピーディ

染毛量100g

通常価格

698円(税込)

サロンドプロ ヘアマニキュア・スピーディの特徴

①     髪の負担を最小限まで減らしたヘアマニキュア

②    放置時間はたったの5分

③     色持ちは4週間ほど

④     残った分は次回も使える

髪に優しいヘアマニキュアをもっと優しくしたのが、ヘアマニキュア・スピーディ。

染料が密着する時間が短いので髪と頭皮に優しいんです。

髪染めは時間をおいて染料をなじませるので、放置時間5分のスピーディさは本当に驚きの仕上がり。

5分放置でも色持ちも4週間と長いので、染め直しも少なく済みます。

ヘアマニキュアという特性上、必要なリムーバーやプロテクトクリームまで付属でついてくるので、親切な仕様です。

市販の白髪染めで失敗しないために…初心者でも簡単にできるきれいに染めるコツ

白髪染め 市販 初心者 キャッチ画像②

自分で染めるときはコツを掴んで染めないといけません。

生え際、もみあげを染めるときは皮膚に付かないようにする必要があるので、初めての人は大変でしょう。

簡単なコツを紹介するのでぜひ参考にしてください。

白髪を染める前に…事前の準備が大事

ほとんどの白髪染めは付属品として道具がついてきますが、自分で用意しておくにこしたことはありません。

白髪染めに必要なもの

  • ケープ(服が汚れないように必要。汚れても良い服も着ましょう)
  • ブラシ・コーム(あった方が染めやすい)
  • ヘアーキャップ・ラップ(液だれ・保湿のために必要)
  • 使い捨ての手袋(手につくとなかなか落ちないので用意)
  • ヘアクリップ(髪を染めるときに必要)
  • ワセリン・コールドクリーム(生え際などに塗ると万が一皮膚に付いてもすぐに落とせる)

付属品としてケープ、ブラシ・コーム、ヘアーキャップ、使い捨ての手袋は商品によって付いてきます。

まれにワセリン(プロテクトクリーム)も付きますが、自分でも用意した方が良いでしょう。

ワセリン・コールドクリームとは

  • 二つとも似ており、油分が多く水をはじくもの
  • 生え際やうなじ、もみあげ部分に塗っておくと染料が付いてもサッと落とせる

代用にハンドクリームやニベアでも大丈夫なので、準備するのは楽だと思います。

白髪染めを上手に使うコツ4選!難しいことはないんです!

白髪染めをする時に気を付けるべきことはたったの4つ!

どれも難しいものではないので、初心者の人でも簡単に出来ます。

白髪染めのコツ4選!

①     髪は均一に乾いた状態にする

②     塗るときは根元から!

③     染料は最初少なく、後から増やすイメージで塗る

④     流す前に乳化を忘れずに!

①髪は均一に乾いた状態にする

髪に整髪剤等が付いているときはきれいに洗って下さい。

ほとんどの白髪染めは乾いた髪に使用するので、均一に乾かしましょう。

濡れていると染料が付きにくく、ムラになるからです。

②塗るときは根元から!

根元付近は一番白髪が目立ちやすく、塗りにくいところです。

最初に塗ると置き時間を長く出来るので染まりがアップします。

初心者の人は鏡を見ながら塗りましょう。

③染料は最初少なく塗る

染料を塗るときは、最初少ない量で塗りましょう。

髪全体になじませた後に余った分を追加すればきれいに染まります。

出し惜しみせずにたっぷり塗りましょう。

④流す前に乳化を忘れずに!

染料を流す前に乳化を行います。

乳化とは染料を流す前にお湯で頭を少し濡らして、2~3分優しく揉み込むこと。

これをすると

  • 染料が髪全体になじみやすい
  • ムラなく仕上げられる
  • 色の定着を良くする
  • 薬剤をきれいに落とせる

等のメリットがあるので、手袋をした状態で行ってください。

染めた後のケアも大事!白髪染め後はきちんとケアしよう

髪を染めた後はインバストリートメントとアウトバストリートメント、出来れば両方行いましょう。

おすすめインバス・アウトバストリートメント

クイーンズバスルーム

(インバス用)

クイーンズバスルーム 薬用トリートメント 画像
  • 薬用トリートメントとしても使えるので、髪と頭皮両方保湿する

ザ・プロダクトヘアシャインセラム

(アウトバス用)

ザ・プロダクト ヘアシャインセラム 画像
  • 美容液としても使え、朝のスタイリングにも使える

インバストリートメントとは洗い流すトリートメントのことで、アウトバストリートメントは洗い流さないトリートメントのことです。

二重で髪を保護することで傷みを最小限に抑えられます。

けれどアウトバスは逆にベタつくことも考えられるので、髪質を見ながら適量を使用しましょう。

べったりつけないようにするのがポイントです。

初心者だからこそ大事…市販の白髪染めを使う時はパッチテストを忘れずに

白髪染め 市販 初心者 キャッチ画像③

初心者でもコツさえ掴めばセルフで染められますが、意外と忘れがちなのがパッチテストの存在。

肌のトラブルを避けるために必ず行いましょう。

パッチテストとは?

パッチテストとはアレルギー検査のことです。

面倒くさい…と思ってやらない人が多いですが、万が一のために必ず行いましょう。

ジアミンアレルギーによる症状

  • 頭皮がヒリヒリ痛む
  • 激しいかゆみを感じる
  • 皮膚が赤くなってくる・発疹が出てくる(水ぶくれなど)
  • 顔や頭が腫れてくる
  • 皮膚から水が出てくる

顔が腫れるとひどい症状になるので、異常を感じたらすぐに病院へ行きましょう。

ほとんどの白髪染めでパッチテストを促しているので、重要な検査であることは間違いありません。

事前に防ぐために各メーカーも必ず行うよう促しているので、自分の体のためにも必ずテスとして下さい。

自分の体を守るために忘れずにしましょう。

パッチテストのやり方は簡単!体のためにも必ず行おう

細かいところは各メーカーにより違いますが、おおよその流れはこうなります。

パッチテストのやり方

パッチテスト 画像

パッチテストを行う前に汗をかくような運動は行わないようにしましょう

①     白髪染めを綿棒などに軽く染みこませて

二の腕や皮膚の薄いところに塗り込む

※服などに付かないように注意してください

②     乾燥するまでそのまま触れないように放置

※あまり沢山塗りすぎると乾かないので

30分以上経っても乾かない場合は一度多い分をふき取りましょう

③     30分経っても塗った皮膚に異常がないようだったら

さらに2日間そのまま放置して様子を見ましょう。

④    かゆみ、腫れ、発疹などが出てきた場合はすぐに洗い流すようにしてください。

※異常が出た場合はすぐに洗い流しましょう。

異常が収まらない場合、すぐに病院で診察するようにして下さい。

⑤    洗い流す際はごしごし擦りすぎて肌を傷めないように

ある程度落としたら自然と色落ちするのを待ちましょう。

商品によっては公式HPから説明書がダウンロードできるので、事前にチェックしておくのも良いかもしれません。

必ず説明書には目を通して下さいね。

まとめ

初心者でも使う商品とコツさえわかれば、簡単に染められます。

慣れるまでは難しいでしょうが、用途別に使い分けると染めやすくなるので、自分に合った白髪染めを使うと一番楽な染め方になるでしょう。

ケアも気を付ければ傷みも最小限に抑えられるので、きれいに仕上げることが出来ます。

しかし髪染めはトラブルも多いので、染める前に必ずパッチテストでチェックしてください。

必要なことを守れば自宅で隙間時間を使って楽に染められるので、一番やりやすい方法になるでしょう。

必要なことを守ればセルフでも美しい黒髪を手に入れられます。

周りから一目置かれる存在になっちゃいましょう!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です