ルプルプを使ってみた口コミ評判と本当の白髪染め効果を解説!

LPLP(ルプルプ)って実際どうなの?

購入前にこう思った方は多いはず。

ルプルプと言えば、ランキングサイトなどでも上位にあげられることが多い白髪染めです。

実際に口コミを見てみると…

ルプルプの評判、口コミ

・良く染まる

・白髪染めと同時に髪をケアしてくれる

・全く染まらない

・使いにくい

と両極端な意見があるのも事実です。

所長

低評価の意見を見ちゃうと本当に良い商品なのか、ちょっと疑ってしまいますよね。

そこで今回は、そんなルプルプの口コミについてちょっと詳しく見ていきながら、ルプルプの効果や染まりの良さについて見ていこうと思います。

また、あわせて実際にルプルプを購入して試してみた結果も紹介していくので、購入に悩んでいる方は是非参考にしていってくださいね。

ルプルプの評判、口コミの「ウソ」と「ホント」見極められますか?

ルプルプの口コミを見てウソとホントを見極められますか?

早速ですが、皆さんは「ルプルプの口コミを知りたい」と思った時って、だいたいが楽〇やAma〇onのような”通販サイト”やアット〇スメのような“口コミサイト”を見ると思います。

確かにこのようなレビューって大変参考になりますし、実際に使った人の生の声を探ることで自分にあっているかどうか見極められます…が!ちょっと待った!

所長

ココだけの話、参考にすると後悔する羽目になる口コミも隠れているんですよ。

と言っても、参考にならない口コミって案外見極めは簡単です。

以下の3つのポイントで見ておくと、すぐに参考にできるかどうかを判断することができます。

「公式サイトの内容コピペ」の口コミじゃないこと

ルプルプの参考にならない口コミ①

このように、いくら文章が長文でパッと見だと良さげでも、「公式サイトに書いてあるでしょ!」とツッコミたくなるような内容だったりとにかく褒めちぎったりしていると、当然ですが全く参考にはなりません。

所長

自分で実際使ったのかも、疑問が残りますね。

サンプルを使いました!って評判、口コミは要注意!

ルプルプの参考にならない口コミ②

もっと言うと、サンプルを購入した方の意見も上記のように『使ってみたら案外良かった』なんて内容だったら参考にはなりません。

というのもルプルプをはじめ、カラートリートメントは基本的に複数回使って初めて白髪が目立たなくなるもの。

所長

早い話、サンプル程度ではルプルプの効果のすべてを体感できるわけではないんですよ。

ただ、『パッチテストとして使用した』のであれば話は別です。

余計な出費を抑えるためにも、どこに注目するかも重要ですね。

低評価の評判、口コミは効果よりも使用感に注目しよう!

ルプルプの参考にならない口コミ③

そして意外と信じてしまいがちな低評価の意見。ここも要注意!

実は低評価の口コミって、基本的には期待を裏切られたと感じる方が感情を書きなぐることが多く、基本的には使い方や商品自体の認識を間違えていることが多いです。

ルプルプの参考にならない口コミ④

だからこそ、低評価の口コミはただ、『染まらなかった!』という意見よりも上記のような、染まるけど色落ちが早かった、使用感がちょっと…というような意見を参考にするようにしましょう。

ぶっちゃけルプルプはどうなの?参考になる評判、口コミからわかる真実

参考になる口コミからわかるルプルプという商品について

さて、ルプルプの参考にしたら後悔する口コミをいくつか紹介しながらお話してきましたが、

逆に参考になる口コミは?

実際に使った人の意見を知りたい

と思った方も多いはず。

そこでここからは参考になる口コミの中でも、特に注目してほしい口コミをまとめて紹介しつつ、実際に使った人にしかわからないルプルプの特徴や使用感などについて、一緒に考えていきましょう。

ルプルプは『乾いた髪に付けて30分~1時間程度放置』することで良く染まる?

ルプルプの参考になる悪い口コミ①
ルプルプの参考になる悪い口コミ②

ルプルプの口コミを見てみると『放置時間が長い』といった意見もちらほら見かけますが、そもそもコレってカラートリートメントの認識から間違っています。

所長

カラートリートメントって基本的に髪の表面に染料を定着させるので、どうしても染まりが弱く放置時間を長くしないとしっかり染まってくれないんですよね。

そのため、基本的には「徐々に白髪が目立たなくなるもの」、「1回で染まることはない」と考えておくのが大切です。

ルプルプの参考になる良い口コミ①
ルプルプの参考になる良い口コミ②

加えて、上記の口コミのように乾いた髪に塗り放置時間を長くすることで、染まりを良くすることもできますよ。

色がすぐ抜けたり髪がパサついたりする!これって実はシャンプーが原因!?

ルプルプの参考になる悪い口コミ③

そんなルプルプの使用感で気になるポイントになるのが、色落ちの速さや染めた後の髪のダメージです。

特に上記の口コミのような『持続力のなさ』に嘆く人は意外に多くいます…が!

コレ、ルプルプというよりも毎日何気に使っていた”シャンプー”の方に問題があることが多いんです!

実は市販のシャンプーって洗浄力が強く、せっかく髪に定着させた染料もごっそり洗い流してしまうため、どうしても色落ちが早くなってしまいます。

ルプルプの参考になる良い口コミ③

ただ、その一方でシャンプーした後の髪に塗ることで、染まりを良くなることも口コミとして挙がっているのも事実。

そう考えると事前にシャンプーをして髪の汚れや整髪料を落としたうえで、ルプルプを使っていくのが、髪へのダメージを最低限にすることができると言えるのではないでしょうか。

素手で扱うとなかなか落ちないのって実は当たり前!?

ルプルプの参考になる悪い口コミ④

そして意外に低評価で多く見られるのが、上記のような染料が壁や床、素手に付いたときになかなか落ちないといった意見。

確かにルプルプは危険な薬剤等を使用していないので素手で扱うことができますし、公式サイトなどでも“濡れた手で扱えば簡単に落ちる”なんて言われています。

ルプルプを実験した後に洗い流してみたら予想以上に落ちなかった…

しかし実際は、このように爪の脇とかに入ってなかなか落ちませんし、おでこについても結構染料が残ります。

そのため、ダイソーなどでビニール手袋を購入して染めていくようにするのも一つのポイントですよ。

所長

爪に入って色が落ちないということは、髪がちゃんと染まることの裏返しでもあります。

ルプルプの評判、口コミで見かけた『良く染まるコツ』を実際、試してみました!

ルプルプ愛用者はどう使う?口コミで見かけた良く染まるコツを試してみた

ここまではルプルプの参考になる口コミから使い方や特徴といった基本的な部分についてお話してきました。

…が、口コミの中には説明書通りに使わず、ひと手間加えたり自己流の使い方をしたりしてキレイな髪色に染め上げている人も意外に多いですよね。

ここからは、そんな口コミの中で見かける応用テクニックを実際に当ラボで試してみた結果を紹介していこうと思います。

実験① 放置時間を長くした分染まりは良くなる

ルプルプの良く染まるコツ①

口コミで一番多く見られる、放置時間を長くすること。

先ほども触れましたが、1時間放置することは愛用者の中では当たり前のテクニックみたいですが…ぶっちゃけどれくらい染まりが良くなるのか気になるはず。

所長

そこで実際にルプルプを付けてから1時間放置した毛束と、説明書通り30分放置した毛束をそれぞれ用意しました!

ルプルプの放置時間を長くするとどれくらい色の違いが表れるのか

※人気色のダークブラウンで染めています

こうして見てみると、結構色の定着具合が違うことがわかります。

ただ、画像ではちょっと伝わりにくいですが、1時間放置すると髪に負担がかかるのか、少しだけ傷んでいましたよ。

実験② ドライヤーなどで温めるとどれくらい染まり具合に違いが生まれるの?

ルプルプの良く染まるコツ②

また、高評価の口コミの中には上記のように『髪に付け、ラップをまいた後にドライヤーや温タオルなどで軽く温める』ことでより染まりを良くしている方も。

ちょっとした応用テクニックで染まりが良くなると考えると、試してみたいと思いますよね。

ルプルプは温めるとどれくらい染まり具合に違いが出るのか

※人気色のダークブラウンで染めています

というわけで、だいたい26℃の部屋に説明書通り30分放置した毛束と、同じ室温に加えてドライヤーで30分温め続けた毛束をそれぞれ並べてみました!

こうして見てみると、本当に微小な違いではありますが若干温めた方がきれいに染まっているように感じますね。

そう考えると、上記の口コミはあながち間違っていないと言えるのではないでしょうか。

実験③ 洗い流すときにシャンプーを使う・使わないで染まり具合はどう変わる?

そして最後に実験してみたのが、洗い流す際にシャンプーを使うかどうかというところ。

ルプルプを洗い流すときにシャンプーする・しないでどれくらい色に違いが出る?

※人気色のダークブラウンで染めています

結果としては、かなり色に差が生まれました。

シャンプーで染料がかなり流されているのが分かります。

ただ、お湯のみで洗い流すとなると結構な時間が必要でしたし、余分な染料が残ってしまったのかタオルに色移りすることも…。

確かにキレイに染めることができますが、ちょっと手間がかかるのは気になりますね。

実験してみて見えてきた『ルプルプ』という商品

私なりに思ったルプルプという商品について

さて、様々な口コミを見て、実際にルプルプで染めてまでした当ラボが感じたのは、

所長

良い商品であることには間違いがないこと。

確かに様々な口コミや意見がありますが、全く染まらないわけではなく、むしろカラートリートメントの中で見たらかなり染まりが良いです。

ダークブラウンの染まり具合(1~3回)

※説明書通り30分放置しています。
※人気色のダークブラウンを使用しています

事実、このように説明書通りに使っても3回(3日)連続で使用すれば、かなり白髪が目立たなくなってきますし、口コミで見かけた応用テクニックを試しても染まりは良くなりましたし。

その上で実験した際に感じたこととしては、以下の3つ。

① トリートメント効果はオマケ程度しかない

公式サイトで大々的に取り上げられているトリートメント効果ですが、正直染まりを良くしようと放置時間を長くしたりドライヤーで温めたりすると効果が若干落ち、毛先が傷んでパサついていました。

とは言え、染める前と比べてまとまりやツヤは生まれていたのも事実。

そのためあくまでオマケ程度、過度な期待をせずに使っていった方がいいと思います。

② 退色は使い方に寄るけどだいたい10~14日と考えるのがベター

ルプルプ_全色の色落ち具合

※説明書通り30分放置した髪を7回連続でシャンプーしています
※ナチュラルブラウンは現在販売されておりません。

実験した時に持続性についても見てみたんですが、色落ちはシャンプーするたびに徐々に赤みが強い色合いへと変化していきました

ただ、どの色が残りやすいかは個人差があるので、若干青系の色が強い状態になることも。

(特にブラックは青系の色になりやすいです)

③ 説明書通り使わない方が効果を実感できそう…

そして実験してみて一番に感じたことがコレ。

そもそも、ルプルプの公式サイトや使用説明書で使い方を見てみると、かなりあいまいな表現ばかりで正しい使い方ができないことが多いです。

その上、愛用者の応用テクニックで染めてみた結果もかなり好印象でしっかり染まったと感じることができましたし、使い方はある程度応用が利くと捉えておいていいと思います。

そう考えるとルプルプは以下のような特徴があります。

ルプルプをおすすめできない人

・トリートメント効果をしっかり感じたい人

・香りに敏感な人

・長時間放置したいと思えない人

・正しい使い方にこだわりたい人

そう考えているのであれば、LPLPは正直オススメできません。

一方で、

ルプルプをおすすめできる人

・白髪の量がそこまでない、もしくは柔らかめの髪をしている人

・ある程度しっかり染まることと持続性を求めてカラートリートメントを選びたい人

・色持ちよりも頭皮への影響を考えたい

こんな人にはオススメですし、納得いく仕上がりを実現できると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。