これでOK!白髪染めしてアレルギーが出て後悔したくないならアレ、試してみない?

これでOK!白髪染めしてアレルギーが出て後悔したくないならアレ、試してみない?

いつも通り白髪染めしたのにいきなり頭皮がヒリヒリ傷んで、染めた後は痒くなるし目も顔もパンパン。

慌てて病院に駆け込んだら「ジアミンアレルギー」と診断された。

なーんて経験をしてしまうと、いくら白髪を染めたいと思っている人でも、使う白髪染めはひどい症状にならないためにと成分には注意するはずだし、「ジアミンフリー」って書かれていたら使いたくなる方は多いはずです…が!

実はソレ、本当にアレルギー症状やかぶれが出るとは言いきれないって知ってました?

いやいやいや、そんなはずないじゃん!

なんて思うかもしれませんがその思い込みは同じ失敗を繰り返すだけ!

だからこそ今回はアレルギーを起こす・起こさない白髪染めの新常識を皆さんにお話していきたいと思います。

併せて安全な白髪染めもご紹介するので、アレルギーの苦しみや後悔といった苦渋を二度と味わうことなく若々しい髪型を手に入れたい方はぜひ覗いて見てくださいね!

アレルギー症状が出たからと言って○○の白髪染めはNG!

アレルギー症状が出たからと言って○○の白髪染めはNG!

確かにノンジアミンやジアミンフリーと明記されている白髪染めは、文字通りアレルギー症状が出る成分は一切使われていません。

でも、だからと言ってそんな白髪染めを信用しきること。

これこそが後悔して泣く羽目になる一番の理由なんです。

ジアミン以外にもアレルギー症状が出る成分はたくさんある

そもそも、アレルギーやかぶれが出る=ジアミンが原因って考えること自体がまず大きな勘違い!

というのも、いくらジアミンフリーと安全性をアピールしている白髪染めでも、パラアミノフェノール、レゾルシン、過酸化水素といったアレルギーを引き起こす成分が使われてい

ることも多いんですよ。

これらの成分が使われている白髪染めを何回も使ったり、体が弱っている時に使ったりすると痒みやかぶれが起こる可能性は当然ありますし、発がん性物質としても危険視されているのでそれ以上の悪影響が及ぶかもしれません。

つまり、ジアミン以外にもヤバイ成分っていっぱいあるんです。

だからこそ、「ジアミンフリーだから安心!」なんて思うのは非常に怖い行動だったことが分かると思います。

『ノンジアミン』だけど超危険?避けたい白髪染めはコレ!

そしてそんな危険成分を使っているのが「ヘアカラー剤」。

危険成分を使っているヘアカラー剤

1剤・2剤を混ぜて染めるこのタイプの白髪染めはジアミンが含まれている時点で避けるのは当然の話。

でも、他にも下のようなヘアマニキュアやオハグロ式も避けた方がいいんですよ。

避けたほうがいいヘアマニキュアやオハグロ式

どちらもノンジアミンですから「これなら安心できそう!」なんて思いがち。

しかし、ヘアマニキュアに使われている染料は『タール色素』という蕁麻疹や喘息発作などのアレルギー症状を引き起こす成分が使われています。

一方でオハグロ式は『鉄塩』を主成分として使っていますが、金属アレルギーを引き起こして痒みやかぶれの原因になることもあるんです。

そう考えると、ジアミンフリーと安全性をアピールした白髪染めも100%安心してはダメ!ということに気づくはず。

アレルギーの出ない白髪染めを使うなら認識から改めて!

アレルギーの出ない白髪染めを使うなら認識から改めて!

こうして見てみると、意外と白髪染めってヤバいものだらけだったことがわかると思います。

でもここだけの話、まだまだ白髪の無い髪型を維持したい人は多いはず。

そんな方は特に「認識」から改める必要があります。

別に『髪の中』まで染める必要はないと思った方がいい

まずはっきりと言いたいのが、確かに白髪染めを使って髪の中から染めてしまえば白髪無しのキレイな髪色に出来ます…が!

逆に考えるとそんなことをしているからこそ、アレルギー症状やひどいかぶれが起こっているんです。

それにどれだけ染めても結局色落ちして白髪交じりの髪に戻るだけ。

要するに、今までやっていたことってアレルギーになりやすい状態にしていただけなんです。

だからこそ、苦渋を二度と味合わないように『髪を内側から染める』のではなく、これからはアレルギーの心配が少ない『なるべく目立たなく隠す』方法へ変えていく。

これなら本当に安心して白髪染めができると思いませんか?

超簡単!もう二度とかぶれないための白髪染めはココに注目

とはいえ、白髪を隠すといってもどんな白髪染めを使えば良いかわからない方が多いはず。

ご安心ください!実はアレルギーの心配がない白髪染めって下の3ポイントさえ押さえておけば簡単に見つけることができるんですよ。

3つの染料を使った染まり具合が抜群なもの

白髪染めって染料が1種類しか使われていなかったり、配合バランスが悪かったりで染まりが悪い商品もあります。

アレルギーが起こらない商品を選ぶのも重要ですが、白髪がキレイに染まらなかったら本末転倒なので、植物染料・HC染料・塩基性染料の3つを含んでおり安全でばっちりと染まる白髪染めを選ぶと良いですよ。

放置時間が短くてもいいもの

いかに弱い刺激の白髪染めでも、長時間付けておくと頭皮のかぶれや炎症が起こる可能性が少なからずあります。

安心して白髪を染めるためにも、放置時間が短くてもしっかりと染まる商品を選ぶといいですよ。

すぐに洗い流せるもの

白髪染めをする前はパッチテストを行って問題がないか確認しますが、それでもいざ使ってみると痒みが出ることもあります。

そのような異変に気付いた時にすぐ中止できるので、洗い流しやすい白髪染めを選んでみるといいでしょう。

白髪染めによるアレルギーの心配ゼロ!カラートリートメントタイプを使ってみて!

白髪染めによるアレルギーの心配ゼロ!カラートリートメントタイプを使ってみて!

そして3つのポイントをばっちり満たしているのが白髪染めトリートメント!

というのも白髪染めトリートメントは今回登場したジアミンなどの危険な成分を使わず、植物染料などを組み合わせて髪を優しくコーティング。

刺激が抑えられているのに、複数の染料を組み合わせているおかげで染まりや色持ちが抜群なんです!

しかも白髪染めトリートメントという名前通り、お風呂のトリートメント感覚でサッと付けて簡単に洗い流すこともできちゃいます!

つまり、白髪染めの中で最も安全で信頼できるのが白髪染めトリートメントなんですよ。

中でもおすすめなのが「利尻ヘアカラートリートメント」

そんな白髪染めトリートメントの中でもイチオシなのが利尻ヘアカラートリートメント。

利尻ヘアカラートリートメント商品画像

この商品は天然成分や無添加にこだわっているのはもちろん、しっかり染まるように植物染料・HC染料・塩基性染料といった3つの安全染料が使われているんですが…それを実際に使ってみたのがコチラ!

利尻ヘアカラートリートメント全4色を実際に使ってみた

まばらに生えた白髪も1回染めただけで若々しい髪色に大変身!

画像ではちょっとわかりにくいですが、利尻ヘアカラートリートメントの美髪成分によってしっかりまとまりや艶も出てきます♪

利尻ヘアカラートリートメントで染めて1週間後の色持ち具合

肝心な色の持ち具合は1週間以上長続き!

そして染めるのにかかる時間は30分程度と、染料をあまり長い時間髪付けなくてもいいし、サッと洗い流して安全に染めることができるんです。

ここで実際にパッチテストをした様子も見てもらいたいんですが、

利尻ヘアカラートリートメントのパッチテスト

かぶれる様子はなく痒みとか気になることも特にありませんでした!

つまり利尻ヘアカラートリートメントって、染まりや色持ちが抜群だしアレルギーの心配も少ないから、敏感肌の方でも安心して若々しい髪を手にすることができるってワケです。

白髪もアレルギー症状からも解放された人、かなり多いです!

白髪もアレルギー症状からも解放された人、かなり多いです!

さて、ここまでを読んで白髪染めトリートメントなら安心できそうと思う反面、「本当にアレルギーが出ないのかなぁ」と心配している方もいるはず。

でも、ツイッターで調べてみると実際に白髪染めトリートメントでアレルギーの心配がなくなったって方は多いんですよ。

p=364_twitter1 p=364_twitter2 p=364_twitter3

これを見ると安心して白髪を染めるならヘアカラートリートメントが定番だということがわかります。

既にご存知の通りジアミンフリーと謳った商品でも何かしらのアレルギー症状が起こる危険性がありますが、白髪染めヘアカラートリートメントだったらそんな心配もいりません。

だからこそ安心して染められるのはもちろんですし、その中でも利尻ヘアカラートリートメンなら仕上がりにも満足できるんです。

ずっと安心して若々しい髪型を維持したいなら、ツイートのように白髪染めカラートリートメントを試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

一見安全そうに見える白髪染めも実は危険がいっぱい。

ここまでを読んで染めることがいかにリスクを伴うか分かっていただけたと思います。

でも、利尻ヘアカラートリートメントで白髪を目立たなくするだけなら大丈夫です。

アレルギーに怯えることなく白髪を染めるためにも、ぜひ利尻ヘアカラーを試してみてはいかがでしょうか。

ストレスフリーで若々しく暮らす毎日が訪れるはずです。

 


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です