これさえ押さえておけば怖くない!?白髪染めしたいけど抜け毛も気になる人のこれからのお話

白髪と抜け毛、どっちを解決したいかでいうのであれば、白髪をどうにかしたい…

そう思ってしまう方、多いはず。

確かに白髪染めって髪は傷むし頭皮も傷んで抜け毛に繋がるのでは?と思ってしまいがちです。

でもここだけの話。

抜け毛や薄毛の心配をせずに白髪染めを続ける事って出来るんですよね。

そこで今回は抜け毛と白髪、両方気になる人のこれからの白髪対策として、何がベストなのかを紹介していこうと思います。

  • 市販の白髪染めは抜け毛を促進するの?
  • 白髪染めを続けると抜け毛は増えるの?

なんて思っている人も、是非参考にしていってくださいね。

そもそも『白髪染め=抜け毛を促進させる原因』、ここから間違いが始まっている!?

白髪染め=抜け毛、そう考える事から間違いは始まっている

まずハッキリと言っておきますが、そもそも抜け毛って皆さんが気づかないうちに髪の成長サイクルの影響で抜けますし、白髪染めが直接的な抜け毛の原因に繋がることはありません!

…が、間接的に抜け毛を増やす原因となる場合があるのも事実なんですよね。

抜け毛が増える一番の原因は危険な薬剤を髪に塗布する事!

と言うのも、確かに一般的な白髪染めのようにジアミンやパラベンと言った薬剤は髪や頭皮につくことで傷んだりかぶれたりしますが、薬剤自体が頭皮の奥にある毛根までたどり着くことはありません。

しかし、薬剤が髪へダメージを与えることで毛そのものが細くなる、刺激性の強い薬剤によるかぶれなどの頭皮トラブルなどの頭皮環境が悪くなり、抜け毛が増えることがあるんです。

加えて、白髪染めで明るい髪色にしている人は特に薬剤のブリーチ力が強くなってしまうため影響が出やすいですし、白髪が気になるあまり白髪染めの頻度が増えてしまっている人であれば当然頭皮環境も悪くなってしまい、抜け毛も増えてしまいます。

白髪染め自体が抜け毛を増やす原因に繋がっているわけではない!

つまり白髪染めで抜け毛が増えてしまうのは、髪へのダメージや頭皮環境の悪化などが原因ってだけ。

要は白髪染めの”タイプ”が問題なのであって、白髪を”染める”と言う行為自体は抜け毛を促進させるわけではありません。

そう考えると、髪へのダメージを考えつつもいかに頭皮環境を整えていくかが、抜け毛を防ぎながら白髪も染めていく為に必要なことになってくるんですよ。

抜け毛を気にせず白髪染めし続けていく為に知っておきたい、これからの対策は?

抜け毛を気にせずに白髪染めするための対策は?

とは言え、抜け毛を気にしながら白髪染めをしていくこと自体が結構難しいこと!

特に抜け毛や薄毛予防の為にと頭皮に極力付けないように白髪染めすることって、実は超難しい事なんです。

『頭皮につけないように染料を塗る』のが定説だけど素人はまずできない!

これはちょっと考えるとわかることだと思いますが、白髪染めってドロッとはしていますが基本的には液体ですよね。

そのため頭皮に極力つかないように染料を髪に塗布することが出来ても、液だれが起きて結局頭皮についてしまいます。

もっと言うと美容院やヘアサロンと言った髪のプロが行っても、完璧に頭皮に付けずに白髪染めするってこと自体が無理な話だったりするんですよ。

別に白髪、”染める”必要ってないんじゃない?

だからこそ言いたいのがコレ。

矛盾しているように感じますが、早い話”髪にも頭皮にもダメージを与えて抜け毛まで増やす行為をする必要って本当にあるのか”ってことです。

確かに先ほどから触れているヘアカラー剤は良く染まりますが、頭皮に付くと抜け毛の原因に繋がります。

だったら頭皮に付いても問題にならない、むしろ頭皮環境を整えつつ白髪が目立たなくなるものを使い、白髪が目立たない状態を維持できれば抜け毛の心配をする必要はないはず。

そう考えると、抜け毛と白髪の両方をケアしていく為にも、髪を”染める”のではなくいかに”目立たなくさせるか”で白髪染めしていくこと。

これが大切になってくると思いませんか?

抜け毛も白髪も気になるのであれば、カラートリートメントがベストな選択?

そこで注目してほしいのが、白髪用のカラートリートメント!

確かに色持ちは1~2週間前後と染める頻度は比較的多くはなりますが、低刺激の染料を使って髪の表面をコーティングする形で白髪を目立たなくしてくれます。

そのため、頭皮環境が悪くなりにくいですし、髪も傷んで細くなるという事もありません。

加えてその名の通り”トリートメント”ですので、傷んだ髪の補修効果も期待できるため、抜け毛に繋がりにくいですし。

このように白髪と抜け毛の両方をケアしていきたいのであれば、『白髪染めを辞める』のではなく、『頭皮環境が乱れにくい白髪染め方法に切り替える』ことが大切になってきます。

抜け毛と白髪の両方が気になる人の多くが白髪染めトリートメントに切り替えている!?

ちなみに、白髪染めトリートメントで抜け毛を気にせずに白髪を染めている人って、結構多いんですよ。

こうして見てみると、元々抜け毛が気にならない人はカラートリートメントを使っていたり、カラートリートメントに切り替えたら抜け毛が気にならなくなったりしたという意見も。

そう考えると、白髪染めトリートメントをちょっと試してみたいと思えてきませんか?

抜け毛と白髪の両方の対策が出来る白髪染めトリートメントにも条件がある?

抜け毛と白髪、両方の対策が出来る白髪染めトリートメントの条件は?

ただ、一言で白髪染めトリートメントと言っても商品がたくさんある上に、誰のどんな髪質でもある程度しっかり染まってくれるカラー剤と違い、染まり具合に幅があります。

そのため、自分が納得できる商品に巡り合えるかどうかが、今後のキーポイントとなってくるんですが、これからお話する3つのポイントに注目すれば問題なし!

ここさえ押さえておけば、まず白髪トリートメント選びに失敗するという事はないので、商品を見るときには必ず見ておくようにしましょう。

髪・頭皮のダメージケア成分がどれくらい含まれているか

まずは抜け毛や薄毛の予防につながる保湿・補修成分がどれだけ入っているか。

と言っても、成分表を細かく見る必要はないです。

商品の公式サイトやパッケージを見て、どんなトリートメント効果が期待できるのかを見ておく程度は見ておくようにしましょう。

1回でもある程度しっかり色が定着してくれるか

ただ、染料に関しては別。
白髪染めトリートメントの”染まる力”に直接影響する染料は、商品ごとによって染料の種類や使われている染料の数が違います。

そのため、特に”HC〇”や”塩基性〇”のようなHC染料・塩基性染料が成分表に書かれているかどうかチェックしておくのが大切です。

逆に”青〇”や”橙〇”といったタール色素だけでは全く染まらないことが多いので、注意してくださいね。

白髪染めトリートメントの中でも比較的色が長持ちしてくれるかどうか

確かに白髪染めトリートメントは髪や頭皮ヘのダメージは少ないですが、それでも使う頻度が増えると抜け毛の増加につながりかねませんし、何より手間がかかりますよね。

だからこ、白髪染めトリートメントした後、どれくらい色持ちしてくれるのか見ておくのもポイントになってきますよ。

抜け毛対策にもつながる白髪染めトリートメントはこんな商品!

抜け毛対策に繋がる白髪染めトリートメントはこんな商品!

とは言え、いきなり上記の条件を満たした白髪染めトリートメントを見つけろ!と言われても、イマイチピンときませんよね。

そこで最後に上記の条件を満たしている白髪染めトリートメントの例を見ていきましょう。

利尻ヘアカラートリートメント

毎週染めるのなら利尻ヘアカラートリートメントがおすすめ

利尻ヘアカラートリートメントはスーパーやドラッグストアと言った市販でも購入することが出来る白髪染めトリートメント。

皆さんも近所のお店で見かけたことはあると思いますが、利尻ヘアカラートリートメントって長きにわたって販売され続けていることもあって、染まり具合・色持ち・トリートメント効果の3つは非常に高く、

このようにある程度の白髪であれば、1回でしっかり染める事が出来ますし、傷んだ髪を補修し頭皮環境を乱さず髪のまとまりも生まれます。

ちなみに、色持ちは7~14日程度と白髪染めトリートメントの中でもスタンダードな使い方が出来るのもポイントですね。

LPLP(ルプルプ)

LPLPは基本的に通販限定の白髪染めトリートメントになる為、中々手に取ることが出来ないと思いますが、染まり具合・色持ち・トリートメント効果は十分期待できます。

こうしてみると利尻ヘアカラートリートメントと比べてやや赤系の色あいに染まってくれる為、地毛が栗毛色の方は自然な髪色を維持できると思いますし、

色持ちも1週間程度と、染めた髪を保ちやすいです。

ただ、頭皮に刺激を与える成分が1種類だけ(ステアリルトリモニウムブロミド)配合している為、頭皮への影響が0ってわけではありません。

とは言え、基本的には頭皮環境を極端に悪くすることもないので、気にせず使っていくことが出来ると思いますよ。

まとめ

最後にもう一度言います。

白髪染めは抜け毛や薄毛の直接的な原因とはいえません。

確かに、髪が傷んで細くなったり頭皮に薬剤が付いてかぶれたりすることで、抜け毛が増えやすくなる環境になりますが、頭皮環境が乱れにくい白髪染め商品に切り替えるだけで、抜け毛は簡単に予防出来ちゃいます。

抜け毛と白髪の両方が気になるのであれば、まずは白髪染めトリートメントのような髪のダメージを抑えてくれる商品に切り替えてみてはどうでしょうか。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です