短時間で白髪染め出来るは嘘!?クイックな白髪染めを実現するための秘訣とは…!?

他bb時間で白髪染め出来るは嘘だった!?

白髪染めする時間が煩わしい。時間の無駄のような気がする…。

こんな風に思う人は多いのではないでしょうか。

特に染め直しの頻度が増えると2週間に1回じゃ済みませんし、その分染める時間も増えるとますます時間が勿体ない!なんて思う人もいるはず。

確かに、髪染めって短くても30分以上はかかりますし、その分染料を髪につけているとダメージも気になりますよね。

こんな時にドラッグストアで『早染め』なんて書かれている商品を見つけたら、使ってみようかなって思うのも当然だと思います。

でもちょっと待ってください!

はっきり言って、「短時間で染まる白髪染め」なんてものは存在しないんです!

いやいや、ドラッグストアに行けば色々あるじゃん!と思うかも知れませんが、大間違い!

え!?どういう事!?

なんて少しでも気になった人のために、今回は日常に隠された『白髪染めのウソ』を大暴露していきますよ!

これが落とし穴!?短時間の白髪染めって実は○○だったんです!

これが落とし穴!短時間で染まる白髪染めって実は〇〇だった!?

短時間の白髪染めが本当にきれいに染まるかどうかは、白髪染めの染まる仕組みから見ていく必要があります。

同じ白髪染めであることは変わりないので、まずはしっかり髪が染まる仕組みを理解して、短時間の白髪染めは本当に染まるのか見ていきましょう!

「早染め」って書いてある商品の大半は『100%時間通りにやっても染まらない』!?

そもそも白髪染めって、髪の表面にあるキューティクルを開いて中にある色素を染める仕組み。

そのため、市販商品や美容室での白髪染めってそれなりの時間が必要になりますし、逆に考えると放置時間が短いとそこまで染まりが良くないと考えることができます。

しかしそんな白髪染め、特に市販商品にある早染めと書かれた商品はこの染める工程を短縮するために、例えばジアミンなどの危険な薬剤の濃度を強めていたり、染めるための成分が良くなっていたりしているんです。

そう思うと髪にも頭皮にも悪影響ってことは何となくわかりますし、どれだけ『早染め』って書いてある商品でも100%納得できる状態にならないってことがわかると思います。

一時の気休め!?短時間でできるけど、速攻で色落ちする白髪染め軍団

その上、ドラッグストアでは下のような『白髪隠し』みたいな商品をよく見かけますよね?

白髪隠しには色んな商品がある

でもこれって、はっきり言って「使うだけ無駄」なものなんですよ。

というのも、白髪隠しって一時的に白髪の表面に色を塗るだけ、早い話すぐに色が取れてしまうことが多いため、最悪毎日細かいところに塗り続けないといけないといった面倒なところがあるんですよね。

一方でヘアスプレーは白髪隠しよりも簡単に隠せますが、髪がバリバリになっていかにも「白髪隠しました」感が拭えません。

おまけに色落ちも早いので、下手をすれば雨に当たっただけで色落ちが…!なんてことにもなってしまうんですよ。

そう考えると、短時間で染められる白髪染めってあまり効率のいい白髪染めとは言えないのではないでしょうか。

しっかり染まる白髪染めはこちら

クイックな白髪染めを完璧にするならココに注目すれば間違いなし!

クイックな白髪染めはここに注目すれば間違いなし!

ここまで読むと、短時間で染められそうな商品って実は穴だらけの対策だったってことが十分わかったはずですし、逆にどんな白髪対策がベストなのか気になった方も多いはず。

そこでここからは短時間でしっかり染められて、かつ自然な仕上がりを維持していくために見ておきたい、3つのポイントについて紹介していこうと思います。

髪の『中』まで染めることがない

そもそも髪の『中』まで染めるのは時間がかかるし、髪へのダメージも尋常じゃないものが多いです。

染め置きしている間、髪に刺激の強い成分が配合されている染料をずっとそのままにしないといけないので、傷むのも納得出来ちゃいますよね。

という事は、時間をかけずに髪もなるべく傷まない白髪染めをするなら、髪の『中』まで染めなければいいってことになりませんか?

つまり、元の髪色と馴染むように『ぼかす』ことが出来たら十分なんですよ。

もっと簡単に言うと、『目立たなくなる』のであれば問題はないってことにもなります。

そう考えるとしっかり染める白髪染めよりも、徐々に自然な髪色に染まっていく白髪染めの方が良いと思いませんか?

入浴中にサッと使うことができること

また、暇を見つけて白髪染めする人が多いと思いますが、それだと時間が勿体ないですよね。

という事は染める時間が調整出来ると、他の事の『ついで』に出来て良いと思いませんか?

例えば入浴中の隙間時間に使えると時間が無駄になりませんし、お風呂場で使えるってことは道具も必要なく、素手で扱う事も出来ちゃいます。

今までのヘアカラー剤の白髪染めは危険な成分によって、1回で染まる分手袋必須でしたが、素手で扱えるものは危険な成分を使っていないので何回使っても体に影響がないんです。

その分染まり具合が落ちますが、髪をコーティングして染めるタイプ等だとぼかしながら徐々に染められるので、ある程度の染まりが期待できますよ。

髪へのダメージが極力少ないこと

それから、髪のダメージが少ない白髪染めをしっかり見極めることも大事です。

先ほどから話している髪に刺激の強い成分や、髪の中まで染める白髪染めを使わないようにすることも大事ですが、それだけではちょっと物足りません。

髪へのダメージが少ないものを選ぶなら、上記の2つに気を付けるほかに、例えばトリートメント効果があるものなどを選ぶと良いですよ。

トリートメント効果があるという事は、髪のダメージを保護・補修してくれるので染めながらケアが出来ますし、髪にも優しいですよね。

それに染めながらケアが出来るという事は、洗い流しの後にトリートメントを付けてケアして…という手間も省けますよ。

白髪染めを時短できるのはこの商品

短時間で納得いく仕上がりにする白髪染め、教えます。

短時間で納得のできる仕上がりになる白髪染めはこれ!

そんな上記3つの条件を満たしているのは、『カラートリートメント』タイプの白髪染め!

時短にピッタリな白髪染めは利尻ヘアカラー

このような商品の特徴は、名前の通りトリートメント効果があることとぼかしながら染められること、普通のトリートメントのようにも扱えるって部分ですね。

中でも画像で紹介した利尻ヘアカラートリートメントはトリートメントタイプの中でも特に染まりがいいので

利尻ヘアカラーは全色しっかり染まるから間違いない

画像のようにぼかして染めるタイプでも、しっかり色がつくんです。

それに加えてトリートメント効果も強いので髪のダメージも少なく済みますし、普通のトリートメントのように使う事も出来るので素手で扱えちゃいます。

しかも染める時間を調整して好きな髪色の濃さに微調整することも出来るので、融通が利きやすい白髪染めでもあるんですよ!

利尻ヘアカラーは短時間でしっかり染まる

見習うべきはビジネスマン!?短時間で染まる白髪染めで自然な髪色を維持する人たち

時短白髪染めのプロ!ビジネスマンに見習おう

今まで色々と白髪染めについて見てきましたが、正直ここまで見てもあまりピンときていない人もいると思います。

そこで注目したいのが、毎日ガンガン働くビジネスマンの白髪対策。

実は彼らの白髪対策って驚くほど簡単で私たちも実践しやすいんですよ。

白髪隠しでは納得いかない仕上がりになることも カラートリートメントは意外と好評なことが多い ヘアカラーは男性でも安心して使える ヘアスプレーだと染めたのが丸わかりに… 利尻ヘアカラーは男女兼用のため男性でも使えるのがポイント

このように白髪染めに関するビジネスマンの意見を見てみると、多くの人が「カラートリートメント」で白髪染めすることが定番中の定番なんですよね。

最初の方に説明したスプレーやマスカラのような一時的なものを使っていないのも文面から読み取れますし、時短=カラートリートメントが当たり前になっているのが分かるかと思います。

その中でも利尻ヘアカラーをリピートしている人は特に多く、好印象な人もとても多かったです。

この事から、利尻ヘアカラーは利用者も多い商品なので特におすすめ出来るんですよ!

ビジネスマンを見習って利尻ヘアカラーを使う

まとめ

白髪染めは時間がかかるので、もっと楽にしたい!という人がいるのも当然だと思います。

普通の白髪染めは髪の中まで染めるから時間がかかりますし、かといって一時的な白髪染めはすぐに色落ちするのでいちいち染めるのが面倒ですよね。

そんな手間暇かけずに使えるおすすめの白髪染めは、カラートリートメントタイプになります。

特に利尻ヘアカラーは好印象な人が多い白髪染めなので、一度使ってみるとその効果を実感できるはずです。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です