白髪染めでキラキラ光らないためには?実はあなたの白髪が周りにバレてるかも!

確実に白髪染め成功へ!キラキラ目立ってると言われなくなるその方法に納得!

白髪染めしてもキラキラ白髪が目立つようになるのは当たり前。

いい加減、この事実から目を背けることはやめませんか?

むしろ納得のいく仕上がりにしたいのなら、この事実は受け入れなくてはいけないことなんです。

しかし、染めるたびにキラキラするのは仕方ない…といきなり考えを改めるのは難しい事。

誰だって出来ることなら、若々しいキレイな髪色で過ごしていきたい!と思う人は多いはずです。

そこで今回は、キラキラ浮いてしまう白髪を確実に目立たなくさせる方法を、皆さんに伝授!

これを見ればきっと、染めるたびに浮いていた白髪に落ち込むこともなくなりますよ!

もう二度と白髪染めでキラキラ目立たせたくないならココが大事!

もう二度と白髪染めでキラキラ目立たせたくないならココが大事!

そもそも白髪がキラキラ目立つ理由ってなんでしょうか。

先ほど白髪が浮いてくるのは当たり前のこと、とは言ったものの、何故なのかまでは分からない人が多いはず。

そこで、しっかり染めているのに浮くのはおかしい!と思っている人のために、まずは『白髪染め』に対する考えを改めてみると、解決の糸口が見つかるようになりますよ!

 白髪を隠すために『染める』から失敗する!?

そもそも、キラキラ浮いて見える白髪を何とかしようと『染める』こと。

これが一番の大間違い!

というのも一般的に白髪染めって配合されている成分が化学反応を起こし、閉じてあるキューティクルを開いて、髪の中にまで色を浸透させる方法で染めています。

実はこの開いたキューティクルって、1回開くと二度と閉じないんです。

キューティクル画像

そのため、例えば

  • 使った白髪染めの色が『明るすぎる』
  • 根元のリタッチだけを繰り返す

なんてことを繰り返すと髪が傷んで染まりにくくなって、色落ちが早くなります。

本当は今までやってきたことって、正直『無駄な事』だったんですよ。

そこで改めて考えて欲しんですが、白髪を染める必要って本当にあるんでしょうか?

元々白髪染めって、『きれいな髪を維持するために必要な事』として行っていた人が多いはず。

しかしきれいな髪を維持するために、髪を傷めて染まりが悪くなるまで染める必要はないと思いませんか?

白髪染めって本来は『白髪を目立たなくさせる』ことが出来たら良いので、『染める』のではなく『隠す』ことに重点を置いて考えると良いんです。

そうすれば染まりにくくなることもなくなりますし、キラキラ浮かない白髪染めをするためには何よりも、『隠す』ことが大事になるんですよ。

絶対にキラキラ浮いてこない白髪染めを使うために見ておきたいポイントは?

そう考えるとどんな白髪染めが良いか、わからなくなる人もいるはず。

こんな風に結局どういう事に気を付ければ良いの?と思った人のために、見ておきたいポイント3つをこれから紹介するので、チェックしましょう!

 ① 少しずつ色を定着させるもの

まずキラキラ浮いてこない白髪にするためには、染め方に注目。

そもそも市販の白髪染めはキューティクルを開く染め方で染まりが悪くなっていくので、違う染め方をするものを選べばいいんです。

例えば、髪をコーティングして色を定着させるものなど、このような染め方をするものを選べば染まりが悪くなるという事もないので、白髪が浮くこともなくなるんです!

 ② 毎日使っても髪にダメージがないもの

また、普段使っている市販のヘアカラー剤の白髪染めって、毎日使うように出来ていませんよね?

市販の白髪染めには、髪を傷めるジアミンやパラベンと言った成分が配合されているため、髪を傷めさせ、どんどん色落ちが早くなるんです。

つまり、毎日使える白髪染めはダメージが少ない=髪が傷みにくいから色落ちもしにくい、という事になるんです。

③ 染める時間が短く済むもの

そして髪の毛を傷めないためには、染料が密着する時間が短いものを選ぶと良いですよ。

と言うのも、染める時間が短く済むという事は、それだけ染料が髪の毛についている時間が短いので、傷みを少なくさせることが出来るんです。

長い時間髪に付着すればするほど、その分髪に負担がかかりパサパサしやすくなるんですよ。

逆に染める時間が短いとその分染料が付着する時間が短いので、キューティクルが開かずに、白髪が目立つことが減るんです!

バナー画像①

キラキラ目立つ白髪とおさらば!条件を満たした白髪染め、教えます

キラキラ目立つ白髪とおさらば!条件を満たした白髪染め、教えます

そして上の条件を満たしている白髪染めが、カラートリートメントタイプの白髪染め!

このタイプの良いところは短い時間で程よく染められて、少しずつ色を付けながら最終的にはっきりと白髪が隠れるので、髪にほとんどダメージを与えないところ。

こんな風にトリートメントタイプは染めれば染めるほど白髪が隠れるので、今までの白髪染めと違い、逆に染め続ければ白髪がキラキラ目立つことがなくなりますよ!

利尻ヘアカラートリートメントは特にオススメ!

そんなカラートリートメントの中でもまず使ってほしい!って言える商品がコレ!

利尻ヘアカラー画像

利尻ヘアカラートリートメントです!

この利尻ヘアカラーは1回でしっかり染まるので染め直しの回数が少なくて良いですし、なにより化学反応によって染めるわけではないので、傷みを減らせます。

利尻実画像①

しかも髪の傷みを減らせるという事は色落ちしにくいので、以前のようにもう白髪目立ってきたかも…という事もほとんどないんです。

落ちしにくいので、白髪がもう目立ってきた…ということもほとんどありません。

利尻実験画像②

さらに毎日使っても髪にダメージをほとんど与えないので、好きなタイミングで染めることも出来ちゃいます。

その他、普通のトリートメントとしても使用出来るので、使えば使うほど髪がサラサラになる効果も期待できますよ!

キレイな髪色を維持している人は利尻ヘアカラーの愛用者が多いんです

また下の画像を見てもらうとわかるように、利尻ヘアカラートリートメントを使ってキラキラ白髪が浮かないようにしている人が多いのも特徴的。

ツイッター画像① ツイッター画像② ツイッター画像③

このように、白髪が目立ってきて困っていた人ほど利尻ヘアカラーを使っているので、同じように悩んでいる人ほど多く使っていると思うと、少しだけ安心できませんか?

特に生え際やもみあげ部分の白髪がキラキラ目立ってきた人ほど重宝しているので、そう考えると細かいところまでしっかり染められる白髪染めと言えるのではないでしょうか。

普通に染めるだけではなく、リタッチや色んな使い方が出来るのも期待できますね!

バナー画像②

逆に使ったら確実にキラキラ浮いて見える白髪染めはコレだ!

キラキラ目立つ白髪とおさらば!条件を満たした白髪染め、教えます

ここまでキラキラ目立つ白髪本当に良い商品について紹介してきたけど、逆にこれはヤバいって商品があるのも事実。

普段使っている商品も含まれているかもしれないので、良くない白髪染めも知っておくとあなたのためにも良いと思いますよ!

何個かまとめたので、これから紹介していきます。

カラー剤はとにかくキラキラ浮く原因に繋がります

先ほどから口を酸っぱくして言っていますが、カラー剤のような白髪染めだとどれだけ頑張ってもキラキラ白髪を増やしてしまう無駄な事なんです!

もう少し詳しく説明すると、ジアミンやパラベンと言った成分が原因。

これらの成分のおかげで染まりが良くなっているものの、髪に与えるダメージは深刻なものです。

つまり、髪の毛へのダメージが多ければ多いほど白髪が目立つので、カラー剤を使った白髪染めは白髪が浮きやすい!という事は覚えておくと良いですよ!

実は意外とキラキラ浮きやすい美容院での白髪染め

しかも、染まりが良い美容院での白髪染めも要注意!

実は美容院の白髪染めはお客様一人ひとりに合った薬剤を調合して染めていますが、このやり方って市販のものと薬剤をちょっと変えているってだけで、染め方自体は市販の白髪染めと変わらないんです。

つまり、『白髪が浮いてくる』という事に関してはほとんど差がないので、キラキラした白髪が気になる人ほど、美容院の白髪染めも避けた方が良いんですよ!

バナー画像③

まとめ

実際に白髪と言うのは、どうしても何度染めてもキラキラ目立ってきてしまうものです。

しかも、染め方によっては色落ちがしやすくなるので、本当の意味でキラキラ目立たせないようにするには染めること自体の意識を変えていく必要があります。

つまり、『染める』から『隠す』ことに意識を変えていくことによって、今まで悩んでいた浮いてくる白髪の悩みから解放されることになるんです。

特に利尻ヘアカラーはおすすめの商品なので、目立ってくる白髪に悩んでいる人は使ってみると、今までの悩みが無くなりますよ。

今日から白髪知らずの髪の毛にしてみましょう!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です