失敗して当然!?ブリーチ後の白髪染めほど質の悪い白髪対策はなかった!

「白髪染めが先かブリーチが先か…」

明るい色を保ちつつ白髪も同時にケアしたい、そんな時にネックになるこの問題。

確かに白髪染めって予想以上に暗い感じに染まってしまうので、ブリーチをうまく使えばキレイで明るい髪色に染めることができそうだと思ってしまう人は多いはず。

でも実はそもそも白髪染めとブリーチを併用すること自体が失敗のもとに繋がるって知ってました?

今回はそんなブリーチと白髪染めの関係性から、自宅で簡単に明るい髪色を楽しむための秘訣までを一挙公開!

雑誌のような明るくておしゃれな髪色にしたい!なんて人は是非参考にしていってくださいね。

白髪染め×ブリーチの相性は良いように見えるが実は最悪

まず最初にハッキリと言っておきます。

白髪染めとブリーチの相性は、皆さんが思っている以上に最悪!

混ぜるなんてもってのほか!

…と言っても、あまりピンとこない方も多いと思うので、まずは簡単になんでそう言い切れるのかお話していこうと思います。

ブリーチして白髪染めする。ソレ、質の悪いヘアカラーなのでは?

1度元々入っている色を脱色し、白髪染めで違う新しい色に染める…これって一般的なヘアカラーの仕組みとほとんど一緒ですよね。

唯一違うポイントといえるのは、使う薬剤の『強さ』。

ブリーチ・白髪染めと別々な商品を使うってことは、言い方を変えると超強力な薬剤をヘアカラー以上に髪に塗りたくるってことになります。

とは言え、このやり方は色を抜く・髪を染めるといった工程を別々にすることで、”よりガッツリ髪に色が定着する” ため、特段悪いってわけではありません。

ただ、普通に白髪染めを使った場合よりもずっと暗い色に染まりやすくなってしまうので、明るい色にしたい場合はちょっと避けた方が良いでしょう。

白髪染めした後にブリーチしても、待っているのは最悪の展開

一方で『白髪染めした後にブリーチする』ことですが、はっきり言ってブリーチした後に白髪染めすること以上に、やるだけ無駄な染め方になります。

1度染まった髪はアナタが思っている以上に落ちにくく、1回で完璧に色が抜けることがないため、結局何度も何度も強力な薬剤を利用する必要があるんですよ。

その上、どれだけ頑張っても色ムラがでて逆プリンの状態になりますし、髪へのダメージも蓄積してしまうので、やっと明るくなった!と髪色に満足しても、今度はボサボサヘアーに悩まされるだけ。

だからこそ、最初からやらないようにするのが得策になってきますよ。

白髪が目立たず、それでいて明るい髪にするための秘訣は脱色した後が問題

とは言え、どうしても白髪を目立たなくさせつつ、かつ明るい色に染めるためにはブリーチは必要不可欠。

元々黒髪の人ならなおさら脱色しておかないと、明るめの茶色なんて髪色は夢のまた夢。

だからこそここからは、ブリーチ(脱色)した後にどう対処して明るい髪色に仕上げていけばいいのか、ここについて触れていきましょう。

ブリーチした後の髪は思っている以上に『傷ついている』

そもそも、ブリーチする(髪の色を抜く)は上の画像にあるように、髪の毛のキューティクルを無理やりこじ開け、中にある色素の色を抜くことで髪色を金髪などの明るい色にする仕組み。

つまり、髪へのダメージが尋常じゃないってワケです。

そのため、例えばこの状態に市販の白髪染めを使うとなると…先ほども紹介したような『質の悪いヘアカラー』に早変わりしてしまい、やり続けると最悪”千切れます”。

だからこそ、ブリーチした後はとにかく労わりながら明るく染めていく必要があるんですよ。

ブリーチ後の染め方には3つのポイントがある

そこで注目したいのが、ブリーチした後の白髪染めのやり方なんですが、これは下の3つのポイントが重要になってきます。

① 髪をコーティングする形で色が定着すること

髪がボロボロになるのは、『髪の中まで染めようとする』ことが一番の原因。

つまり逆に考えると、『髪の内部まで色が浸透しない』商品であれば、傷んだ髪をこれ以上ボロボロにすることがなくなるので、髪のダメージを気にせず使えるようになるってワケですよ。

② 傷んだ髪を補修してくれること

先ほどもお話したように、ブリーチ後の髪の毛はパサパサ・ボロボロになっている状態。

これでは明るい髪色にはなれても、ボサボサのちょっとみっともない感じになってしまいます。

だからこそ、ブリーチ後に白髪染めを使う時は美髪成分が豊富に含まれている物を使うようにすることをオススメしますよ。

③ 色の調整が出来ること

また、明るい髪色って意外と調整が難しく、自分が思っている以上に明るくなったり濃くなったりして不満を抱えることが多いです。

そんな心配をしないためにも、放置時間を調整することで簡単に色の調整ができるものを使うようにした方がいいのではないでしょうか。

明るい髪色を維持し続けるなら、ブリーチした後の○○が何気に良いです

そして、今お話した条件の全てを満たしているのが、ズバリ『白髪用のカラートリートメント』になるんですが、似たような商品でヘアマニキュアやヘナを想像した方も多いはず。

そこでここからはなんで白髪染めトリートメントが一番だと言い切れるのか、その理由をお話していこうと思います。

ヘナやヘアマニキュアはなんでダメ?そのワケは超簡単

と言っても、その理由は超簡単なことで『納得いく仕上がりになりにくいから』なんですよね。

確かに、ヘナやヘアマニキュアも上の条件を満たしている商品はいくつかあります。

でも、染まり具合に納得できるかと言われたらそうでもないのが事実。

ヘナは100%の物を使うとすればオレンジ系統に染まるので明るく染めることはできますが、年相応の明るさと言われると微妙な所。

それこそ「おばさん頑張ってんな」と思われるくらい明るくなってしまうんですよ。

また、ヘアマニキュアは逆に予想以上に暗く染まる上になかなか落ちないから、手直ししようにも完全に色が落ちるまである程度時間がかかるので、髪色の調整の点で見ると不合格。

ヘナやヘアマニキュアのどちらも良いものではあると思いますが、ブリーチ後に使うとなると適していないと言えますね。

よく見かける定番商品で実際に試してみてわかった『髪の明るさ』

では一方で白髪用のカラートリートメントはと言うと…これは実際に見てもらった方が早いと思います。

※放置時間30分で染めています。

今回は白髪用のカラートリートメントの中でも定番商品の『利尻ヘアカラートリートメント』で試してみたんですが、上の画像を見るとわかるように結構明るい色に染めることができることがわかりますね。

その上、明るすぎてちょっと…と思った時にも、使うたびに濃い色に染まっていくので色の調整も比較的簡単。

そう考えると、ブリーチ後の白髪染めは白髪用のカラートリートメントが何気に良い働きをしてくれると言えるのではないでしょうか。

まとめ

最後にもう一度言います。

市販の白髪染めが予想以上に暗い色に染まるからと言って、ブリーチと併用する。

なんてことは絶対にしないでください。

納得いく仕上がりになることはありませんし、確実に髪がボロボロになって今以上に老けて見られるようになるだけ。

だからこそ、ブリーチするのであれば『染めるもの』に気を付けるようにしましょう。

とは言え、今回お話したカラートリートメントは万能ではないので、ダメだったら諦めて美容院に行くことをおすすめしますよ。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です