授乳中の白髪染めは避けた方がいい?その考え、実は大間違いだったんです!

授乳中の白髪染めは避けた方がいい?その考え、実は大間違いだったんです!

「出産してからめっちゃ白髪が増えたんだけど…。」なんて悩むママさんは多いはず。

確かに、赤ちゃんを生んでからは体力的にも精神的にも相当キツいですからね。

ただでさえホルモンバランスが乱れて疲れやすいのに、赤ちゃんが一度ぐずり出せばなかなか泣き止んではくれず、夜中も容赦なく泣いちゃうからゆっくり休む時間もありません。

ヘトヘトになってストレスは溜まり続ける一方、白髪が増えたってちっともおかしくはないでしょう。

かといって赤ちゃんの事を考えると、母乳に悪影響がありそうだから白髪染めしたくてもできないって方も多いのでは?

そんな方に向けてハッキリ言います。

実は授乳期間中に白髪染めをしたって、赤ちゃんに全く影響ってないんですよね…。

いやいやいや、そんなワケないでしょ!何言ってんの!?

なんて思っちゃうかもしれませんが、これからお話することに耳を傾ければ神経質に悩んでいた不安もスッキリできると思いますよ。

別に授乳中でも白髪染めして良いんです!

別に授乳中でも白髪染めして良いんです!

そもそも白髪染めと言えば、大手メーカー商品にも『妊娠中は使わないでください』なんて書かれていますよね。

それに皮膚から化学成分を吸収してしまう『経皮毒』なんて言葉もあるため、赤ちゃんの体にかなり悪いイメージが強く、白髪染めしたくてもできない!なんて人もたくさんいると思います。

でも、そんな白髪染めのイメージって大きな間違いだったんですよ。

髪の中まで染めようとするから赤ちゃんに悪影響が出るだけ!

確かに、白髪染めの成分がママさんの体内に浸透し、それが母乳を通して赤ちゃんに悪影響が出る可能性は完全に否定できないので、“白髪染め=赤ちゃんに悪影響が出る”という考えはあながち間違いではありません。

赤ちゃんの事を思うと、不安になってしまう気持ちもわかります。

でも白髪染めで悪影響があるのは、髪を内側から染めるジアミンやキューティクルを開くアルカリ剤のような、『髪を内側からしっかり染める刺激成分』がヤバイだけなんですよ。

つまり、刺激が強い成分を使って髪を内側まで『染める』のではなく、髪の表面を『ぼかす』だけなら授乳中でも全く問題はないわけです。

そう考えると、赤ちゃんにも悪影響が出る可能性がある白髪染めにはこだわらず、安全を第一優先にして白髪をぼかすことに意識を向ける事。

これこそが、赤ちゃんが安全であなたも若々しさを取り戻せる最も無難な方法です。

これはダメ!授乳中の時期に避けたい白髪染めは多かった!?

これはダメ!授乳中の時期に避けたい白髪染めは多かった!?

とは言え、白髪をぼかすことに注目するとしてもどんな商品を選べばいいのかよくわからないですし、逆に「危険な白髪染めって何?」なんて聞かれても、下のような市販の白髪染めならパッと思いつきますが、他の商品まではよくわからないと思います。

パッと思いつく市販の危険な白髪染め

でも、思いのほか簡単に見分ける方法があるんです!

授乳中に避けたい白髪染め、まとめてみた!

まず授乳期間中に気を付けておきたいのが、ヘアマニキュアタイプの白髪染め。

授乳中に咲けたいヘアマニキュアタイプの白髪染め

このような白髪染めって、髪の表面をコーティングすることで白髪が目立たなくなるし、髪にササッと塗ればいいだけなので、とても使いやすそうな印象がありますよね。

でも気を付けてください、この商品に使われているタール色素って発がん性物質なんです。

髪に塗るだけならそこまで問題はありませんが、タール色素が頭皮にベタッと付いちゃえば洗い流すのが大変で、さらには赤ちゃんへ発がん性物質を送り届けることになってしまいます。

他にも、「ジアミンフリーだから安全!」といわれているオハグロ式も実は結構ヤバい白髪染め。

ジアミンを使っていない代わりに鉄分を化学反応させて染めるオハグロ式

確かに、ジアミンを使っていないのでその点に関しては安心できますが、オハグロ式ってジアミンを使っていない代わりに鉄分を化学反応させて染めるんですよ。

要するに金属アレルギーを起こしてしまう可能性があるので、赤ちゃんにもあなた自身にもリスクがあります。

そう考えると、安全のためにもオハグロ式の白髪染めは避けた方が無難です。

意外!?ヘナも授乳中は避けたい白髪染め方法だった!

そして、意外と見落としがちなのが植物染料を使ったヘナ。

「化学染料なら不安だけど植物由来の染料だったら大丈夫かも!」なんて思いがちですが、それは大きな間違い!

実はヘナって色味を調整するためにインディゴを混ぜているんですが、インディゴによって植物アレルギーが起こる可能性があるんです。

かといって、植物アレルギーが起こる可能性の少ないヘナ100%もありますが、そちらは髪がオレンジ系にしか染まらないので、かなり使いづらい感じを受けます。

そのため、赤ちゃんの安全を思いながら仕上がりに満足できることも考えれば、ヘナも避けた方がいいですよ。

授乳中も一安心!気になる白髪問題を解決させるのは○○タイプの白髪染め!

授乳中も一安心!気になる白髪問題を解決させるのは○○タイプの白髪染め!

ただ、ここまで商品を絞り込んじゃうと「逆に何を選べばいいんだろう…。」と困っちゃいますよね。

でも、安心してください!以下の3ポイントさえ押さえておけば、赤ちゃんに悪影響なく簡単に白髪対策が出来るんです。

① 植物染料・HC染料・塩基性染料で髪を染めるもの

いくら授乳中に安心して使える白髪染めでも、キレイに染まらなかったり色もが悪かったりしたら意味がないですよね。

安全なのはもちろんですが仕上がりにも満足するために、植物染料やHC染料、塩基性染料といった刺激の少ない染料をバランスよく配合しているかよく確認しておきましょう!

② 何が無添加なのかわかること

染料の確認が済んだら、次は何が無添加なのもチェックしてみてください。

実は無添加と書かれている商品でも、ジアミンやパラベンを使っていないだけで他の化学成分をたっぷり使っていた、なんて事もあるんです。

そんな商品は赤ちゃんに安全とは言えないので、無添加を選ぶのはもちろんですが『何が』まで細かく見ておいてくださいね!

③ 短時間でパパっと染めることができるもの

染めている間は当然赤ちゃんにかまってあげられる時間はありませんよね。

でも、赤ちゃんはママの事情なんてお構いなし!いないことに気づけばすぐに大泣きすることもあるので長い時間放置して染める、なんてことが出来ないことの方が多いです。

そう考えると、放置時間にだいたいどのくらいかかるとか、時間を短縮しても大丈夫とか確認しておいた方がいいでしょう。

授乳中に重宝するのはカラートリートメントタイプの白髪染め

そして、上の条件をばっちり満たしているのが白髪用のカラートリートメントです!

この白髪染めの良いところは刺激が強い染料を一切使っておらず、植物染料やHC染料、塩基性染料といった低刺激染料をうまく組み合わせています。

そのおかげで、赤ちゃんへの影響がなく授乳期間中のママさんでも安心して使うことができますし、色の染まり具合や色持ち具合も優秀なので満足できるのは間違いありません。

また、ジアミンやパラベンはもちろん、様々な化学成分が無添加で体に優しい商品が多く、安心して使い続けることができます。

そして、5分~30分と調整して染めることもできるので、「赤ちゃんを見ないといけないから…」という理由で白髪染めがなかなかできないと気にする必要もありません。

赤ちゃんのことで忙しく、安全を第一優先に考えているママさんにとってはまさにピッタリな白髪染めと言えるので、興味がある方は是非試してみてはいかがでしょうか。

特にオススメの白髪用のカラートリートメントはコレ!

特にオススメの白髪用のカラートリートメントはコレ!

そんな白髪用カラートリートメントの中でも、特にイチオシなのが利尻ヘアカラートリートメント。

この商品は植物染料やHC染料、塩基性染料を程よいバランスで配合しているおかげで、低刺激かつ染まりやすさが抜群なのが魅力!

まばらに生えてしまった白髪も1発でキレイに染まる利尻ヘアカラートリートメント

このように、まばらに生えてしまった白髪も1発でキレイに。

出産してから白髪が増え続けたって、利尻ヘアカラーがあれば大丈夫です!

もちろん色持ち具合も優秀。

利尻ヘアカラートリートメントは色持ち具合も優秀

1週間以上経ってもまったく色落ちを感じさせないので、その分頻繁に染め直す必要がない体に優しい白髪染めと言えます。

また、お風呂のついでに5分~30分程度と時間を調節して染めることもできるので、赤ちゃんがいるからなかなか時間がとれない…なんて方でも大丈夫です!

もちろん、ジアミンやパラベン他様々な化学成分が無添加ですので、赤ちゃんにもあなた自身も安全に使うことができますよ。

つまり、利尻ヘアカラートリートメントって安心できる条件をばっちり満たした授乳中のママさんにぴったりな白髪染めなんです。

赤ちゃんがすくすく元気に育って欲しいと願いながら、若々しさを取り戻したいなら是非試してみてはいかがでしょうか。

実は白髪に悩む授乳中のママさんの多くがカラートリートメントで白髪対策していた!

実は白髪に悩む授乳中のママさんの多くがカラートリートメントで白髪対策していた!

さて、ここまでで授乳中の白髪染めで悩んでいる方へ向けて、白髪用のカラートリートメントをおすすめしましたが、他のママさんって本当に白髪用トリートメントを使っているの?なんて気になった方も多いはず!

そこで、実際に白髪用トリートメントを使っているツイートを集めてみました。

p=4735_twitter1 p=4735_twitter2 p=4735_twitter3

ツイッターを見てみるとこのように、授乳期間中でも白髪染めしている方って意外に多いんです。

そして、使っている白髪染めは専ら白髪用カラートリートメント!

その中でも利尻ヘアカラートリートメントを使っている方は多いですが、赤ちゃんの具合が悪くなった…なんてこともなく安心して染められているようです。

また、こうしてみると神経質に悩んでいた白髪染めも、白髪用カラートリートメントだったら安心して問題を解決できそうな感じがありますね。

そう考えると、白髪染めトリートメントにだったらあなた自身と、そして赤ちゃんの安全を任せることができそうです。

まとめ

妊娠中もそうですが、出産後も赤ちゃんの事を考えて「この成分は大丈夫?」なんて神経質になっちゃいますよね。

特に白髪染めはアレルギーを起こして酷いかぶれや痒みが出る可能性もありますから、不安が深まるのも無理はありません。

でも、今回紹介した白髪染めトリートメントなら白髪を目立たなくさせるだけなので、刺激が強い成分を使っておらず安心して使うことができます。

その中でも利尻ヘアカラートリートメントなら、染まり具合や持ち具合も抜群で、短い時間でサッと染めることができるので授乳期間中のママさんにもおすすめです。

興味を持った方は是非手に取って見てくださいね。

 


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です