妊娠中だからこそ白髪染めは変えるべき!?妊婦が間違えがちな白髪染めの非常識は意外な事だった!?

お腹の赤ちゃんの健康も気になるけど、白髪だけは何とかしたい…

そう思っている方、意外に多いのではないでしょうか?

確かに妊娠中ってご自身とお腹の赤ちゃん、両方の健康を考えていると思いますが、だからと言って別に女を捨てたと言うワケでもないはず。

鏡を見るたびに白髪を見つけて悲しくなったり、ストレスを感じたりすることも多いと思います。

とは言え、白髪染めってどうしても悪影響が出そうな薬剤や成分が使われていそうだし、赤ちゃんにも悪影響がでるかもと思うと、妊娠中に白髪染めしていいの?と不安になるはず。

そこで、はっきり言います!

妊娠中の今でも出来る白髪染めってないわけじゃないし、むしろ気になるのであればやっても良いんです!

今回はなぜ白髪染めが妊婦さんに悪いと言われているのか、そのワケについて軽く触れつつ、妊娠中でも赤ちゃんの事を気にせず、安心して使える白髪染めは何なのか紹介していこうと思います。

妊娠中の白髪染めは要注意!?絶対知っておいてほしいこと、まとめました

妊娠中の白髪染めは注意しないとダメ?絶対知っておいてほしいことをまとめました

そもそも、白髪染めと言うとほとんどの商品が

白髪染め商品の中には妊娠中の使用を避けるようにと書かれているものもあります。

このように『妊婦さんは利用を控えるように』とパッケージに記載されていることが多いです。

そのため、余計に白髪染めしたくてもできない…そう思われがちではあります。

でも、だからと言って『妊婦さんは白髪染めしちゃいけない』と言うワケではないんですよ。

妊婦は白髪染めしちゃダメ!ってことはない!

確かに、白髪染め=危険な物と言う認識自体は間違っていません。

今挙げたような白髪染め商品には『ジアミン』や『パラベン』のような刺激性が強く、かぶれやアレルギー症状を引き起こす可能性が高い成分が使われていますし、薬剤の化学反応を利用して白髪を髪の中から染めていきます。

そのためホルモンバランスが乱れ、肌が敏感になっている妊娠中に使用すると薬剤に過剰な反応が出やすくなり、かぶれやアレルギー症状を引き起こしやすくなる。

加えて、薬剤自体の臭いで体調を崩すことが多いから使用を控えましょうって言われているんですよね。

つまり、直接赤ちゃんに影響が出るわけではないんですよね。

「お腹の赤ちゃんに影響が出る」、これも実は化学的な根拠がない!

もっと言うと、「赤ちゃんの発育に影響が出る」というウワサ自体、実は化学的根拠が全くないデマ。

特に『経皮毒』なんて言葉が出始め、健康や安全性に敏感な方にとっては余計に白髪染め=超危険な物、と言ったイメージが定着すると思います。

しかし、白髪染めなどのヘアカラーの経皮毒は科学的な裏付けがありませんし、そもそも赤ちゃんの栄養はへその緒、つまり血液を通して送られるため肌に薬剤が付いたところで影響が出るはずがないんです。

早い話、別に妊娠中に白髪染めしても赤ちゃんへの影響はそこまで過敏になるほど気にする必要もないってワケ。

そう考えると、妊娠に気づかずに染めてしまった、妊娠中にヘアカラーしたいけど出来ない、なんて人はホッと安心できるのではないでしょうか。

えっコレもダメなの?実は妊婦に悪影響が出やすい白髪染めはコレ!

実は妊婦に悪影響が出やすい白髪染めがある?

とは言え、いくら『赤ちゃんの発育に影響が出ませんよ』と言われても、出来る事なら安心して使える白髪染め商品を使っていきたい、もっと言うとヘアカラー剤で白髪染めすることも避け、別な商品を使いたいと考える方も多いはずです。

しかし、実はヘアカラー剤の他にも妊婦さんに影響が出る白髪対策ってあるんですよね。

という事で、妊娠中に避けておいて損はない白髪対策についてまとめてみました。

美容院での白髪染めは悪くないけど避けておいた方が得策だった!?

まずは美容院での白髪染め。
と言うのも、美容院の独特な匂いで体調を崩すことって意外に多いんですよね。

その上、妊婦さんって長時間同じ体勢でいると、体調不良だけではなく手足のしびれなどの体の異変が出ることも少なくありません。

ただ、美容院での白髪染めってカラー剤以外の方法で髪を染めてくれることも多いので、一概にダメと断言できないのも事実です。

そのため、あくまで避けておいた方が良いですが、ご自身の体調と美容師に相談しつつカラーするかどうか決めるようにするのが良いと思いますよ。

実は妊娠中の白髪染めに適していない『ヘナ』

またカラー剤のような危険な薬剤を使用せずに髪を染める方法として、最近では『ヘナ』が注目されることも多いのですが、実はこれも避けておいた方が良い白髪対策の一つ。

確かに『ヘナ』って植物染料のみで髪の表面をコーティングするように、白髪を目立たなくさせてくれるため、比較的安全に白髪染め出来るんです…が。

長時間髪に塗布しないとヘナの色を髪に定着させることが出来ませんし、結構独特な匂いもあるため、肌が過敏になり体調を崩しやすくなる妊娠中の方にとっては合わない場合もある為、避けておいた方が安全と考えることもできるんですよ。

じゃあ妊娠中の妊婦は”どこ”を見て白髪染めを選んだらいいの!?

妊娠中は"どこ"を見て白髪染めを選んだらいいのか、教えます

そう考えると、『どこをどう見て選べばいいのか』分からないと迷うだけですし、結局白髪染め出来ないじゃん、と考える人も多いはず。

そこで妊娠中の今だからこそ注目してほしい、白髪染め選びのポイントをさらっと紹介していこうと思います。

配合している薬剤・染料・成分は必ず見る事!

何よりもまず見ておいてほしいのは、やっぱりパッケージの裏に書かれている成分表。

特に、使われている染料には要注意です。

具体的に言うのであれば植物由来の染料や塩基性染料(塩基性青99などと表記)、HC染料(HC青2などと表記)と表記されている比較的低刺激の染料が使われている白髪染め商品であればOK。

比較的安全に染める事が出来ますし、逆にタール色素(赤色〇号と表記)や、1剤・2剤を混ぜて化学反応を起こして髪を染めるような商品は避けるようにしましょう。

より直感的に選ぶのであれば、『一発では確実に染まらない』商品を探すようにすると、すぐに見つけることが出来ると思いますよ。

短時間でサッと髪全体を染められること

次に注目したいのが髪に染料を付けておく時間。

何度も言いますが、妊婦さんはニオイや肌が敏感になることが多いです。

そのため、妊娠前であれば気にならない染料の匂いでも具合が悪くなってしまうことも多いですし、染料でかぶれやすくなったりする可能性もあります。

だからこそ、妊娠中に白髪染めするのであれば放置時間が短く、サッと全体染め出来るような商品を購入するようにしましょう。

極論を言ってしまえば『素手で直接髪に塗布できる』くらい、手間がかからない商品の方が比較的気楽に白髪染めしていくことが出来ると思いますよ。

傷んだ髪を同時に補修してくれるかどうかもポイント

また、妊娠中ってホルモンバランスが崩れて髪も傷みやすく、どれだけ白髪の無い髪色に出来たとしても、髪がパサついたり傷んだりしてしまいボサボサで不健康な状態になることも少なくありません。

そう考えると、白髪の無い状態を維持しつつ、痛みがちな髪を補修・保湿してくれるような商品を選ぶのも大事なポイントになってくるんですよ。

妊娠中でも安心して白髪染め出来るのは○○だけだった!

妊娠中でも安心して白髪染め出来るのは、意外と目を向けられないあの商品!

そして、上記の条件を満たしている商品になるのが、ズバリ”白髪用のカラートリートメント”なんですよね。

使われている染料は基本的に植物染料や低刺激の化学染料ですし、放置時間も基本的には30分程度。

加えてその名の通り『カラー”トリートメント”』ですので、髪を労わる成分も含まれている為、安心・安全に白髪染めしていくことが出来ますよ。

中でも特におすすめの商品はコレ!

そんな白髪染めトリートメントの中でも、特に定番な商品となるのが『利尻ヘアカラートリートメント』。

利尻ヘアカラートリートメントは妊娠中に購入して見た中でも一番良かった!

皆さんもドラッグストアやスーパーなどで見かけたことがあると思いますが、この商品は植物染料と低刺激の化学染料の両方を配合している為、1回でもある程度白髪が目立たなくなるんですよね。

利尻ヘアカラートリートメントがどれくらい染まりが良かったのか、わかりやすく毛束でも試してみたよ。

※説明書に書かれている通り、乾いた髪に塗布し30分放置

こうして見てみると暗めの色であればあるほど、1回の使用で白髪が目立たなくなっていくのが分かると思います。

また、画像ではわかりにくいのですが、使い続けることで髪にまとまりが生まれてきますし、放置時間も30分と気軽に使えるのはうれしいですね。

他の安い商品はぶっちゃけ避けた方が良いの?

ちなみに白髪用のカラートリートメントと言うと、他にも『低価格でお買い求めやすい』商品を見かけることもあると思いますが、はっきり言ってこういった商品は使うだけムダ。

と言うのも、このような安い商品って確かに利尻ヘアカラーと同様に徐々に白髪を目立たなくさせることはできるのですが、1回の使用でほとんど白髪が目立たなくさせることはできません。

もっと言うと、全く染まらない物もあることも多い上に染料自体にタール色素を使っているという事も考えられます。

そのため赤ちゃんの事、そして母体であるあなた自身の体調が気になるのであれば、使う商品はある程度厳選しておいて損はないと思いますよ。

白髪に悩む妊婦さんの白髪染めとして、カラートリートメントは定番中の定番だった!?

白髪に悩む妊婦さんの定番商品が、実はカラートリートメントだった

さて、ここまで「妊娠中でも白髪染めしても良い!」なんて散々お話してきましたが…

正直な所、本当に周りの白髪が気になる妊婦さんも同じように染めているのか、ちょっと気になっていると思います…が。

実は妊娠中でも、白髪染めをガンガン行っている人って結構多いのも事実なんですよ。

利尻ヘアカラートリートメントのTwitterでの口コミ① 利尻ヘアカラートリートメントのTwitterでの口コミ②

こうして見てみると、改めて「妊娠中でも白髪染めしても良いんだ」と思えますし、カラートリートメントも定番な方法の一つなっていることもわかると思います。

加えて確かに色持ちは悪いですが、大切な赤ちゃんの為と考えて白髪用のカラートリートメントを利用する人もチラホラと見かけることが出来るのも事実。

そう考えると、今だけでも例えば利尻ヘアカラートリートメントを使って見ることも一つの手と言えるのではないでしょうか。

まとめ

最後にもう一度言います!

妊娠中は白髪染めを避けるべき?赤ちゃんの事を考えて今は我慢するべき?

そんなことはありません!
経皮毒やら言い方が悪いですが奇形の赤ちゃんが生まれるやら、散々なことが言われていますが、そのほとんどが化学的根拠のないデマ!

妊娠中でも白髪染めはしても良いんです!

とは言え、安定期入ったら白髪染めしても良いよとは言われると思いますが、まずはかかりつけのお医者さんに相談する事。

その上で白髪染めに挑戦してくださいね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です