妊娠中だから白髪染めできない?実はその考え自体が大きな間違いです!

これからママになる。

そうはいっても、女を捨てたわけではないからこそ、妊娠中に増えた白髪を放っておくのって、余計にストレスに感じる方は多いと思います。

かといっていざ白髪染めをしようにも

  • 頭皮や赤ちゃんに悪影響が出るかも…
  • 妊娠中は避けた方が良いのかわからない!
  • お店でやって貰ったほうが安心できる?
  • 安定期まで待ってから白髪染めした方が良い?

こんな不安や心配がぐるぐる回り、どれだけ染めたいと思ってもなかなか踏み出せない方は結構多いはず。

でも、実は別に妊娠中に白髪染めをしても、なにも影響はないんです!

いやいやいや、そんなことありえないでしょ?

って思うかもしれませんが、これからお話しすることを参考にすればきっと、今まで悩んでいたことがバカみたいと感じることができると思いますよ。

妊娠したら白髪染めNG?いやいや妊娠中も白髪は染められます!

妊娠したら白髪染めNG?いやいや妊娠中も白髪は染められます!

白髪染めといえば、大手メーカーですら妊婦さんの利用は控えるようにとパッケージに掲載している程、危険な薬剤が使われている物

だからこそ、おなかの赤ちゃんのことも心配だし、体調が崩れガチな時期だから…なんて言って、白髪染めしたくてもできない!

そう思っている人は結構多いはず。

でも、そんな「白髪染め」のイメージ自体が、かなり間違っているんです。

白髪染めが悪いんじゃない!超やばいのは○○成分ってだけ!

確かに白髪染め=危険なもの、この認識は間違ってはいません。

白髪染めでかぶれた!アレルギー症状が出た!なんて声は皆さんもよく聞く話だとは思いますし、不安になる気持ちもわかります。

でも、これって一般的な白髪染めに含まれるジアミンなどの刺激性の強い成分が赤ちゃんに悪そうってだけで、別に配合されていなければ妊娠中だから白髪染めできないってわけではないですよね。

つまり!妊娠中でも危険性の高い成分が使われている商品が何かを把握できさえすれば、妊娠中でも気軽に白髪染め可能ってワケです

そう言われると、なんだか一つ問題が解決した気がしてほっとしませんか?

意外と多い!?妊娠中だからこそ避けておきたい白髪染めはこれだ!

とは言え、いざ危険な成分が配合されている白髪染めはなんだ!

って言われて思い浮かぶものって市販の白髪染めくらいで、ほかの商品はあまりピンとこないはず。

でも、実は意外にも多くの白髪染めが妊娠中の方にとって避けておきたいものだったんですよ!

妊娠中に避けたい白髪染め、まとめました!

ヘアカラー

当たり前ですが、皆さんもご存じの通り一般的な白髪染め(カラー剤)はNG。

ジアミンやパラベン、過酸化水素水といった成分がこれでもか!ってくらいに含まれているので、使用を控えるのは無難ですし当たり前だといえます。

ヘアマニキュア

また、見落としがちなのがヘアマニキュア。

このタイプは髪の表面に色をコーティングすることで白髪を目立たなくさせることが出来るのですが、実は『タール色素』と呼ばれる発がん性の疑いがある成分が使われています

つまり、髪を染めるわけではないし大丈夫でしょ?なんて思っていたら大間違いってわけですね。

オハグロ式白髪染め

ちなみに、あまり知られていないオハグロ式も避けておきたい白髪染めの一つ。

化学反応で髪の内部に浸透して色を入れるため、ジアミンは配合していないとは言え、避けておいて損はないと思いますよ。

美容院での白髪染めやヘナ染めも実は妊婦さんにとっては避けてほしいこと

そしてこれは意外と知られていないことなんですが、美容院で白髪染めすることやヘナで白髪を染めること。

この2つも実は妊婦さんはできることなら避けておきたい方法なんですよ。

というのも、妊娠中ってホルモンバランスが乱れがち。

そのため、美容室の独特なニオイやヘナのような植物染料のにおいで体調を崩してしまうことが多いんです。

しかも、妊婦さんが長時間の同じ体勢でいること自体が体調を崩すだけではなく、手足のしびれなどの体の異変につながることもあります。

だからこそ、美容院での白髪染めや長時間同じ体勢でいる必要があるヘナも妊娠中は避けた方が良いといえるんですよ。

妊娠中の白髪を安心して解決させてくれるのは○○タイプの白髪染め!

ただ、ここまで言い切ってしまうと、

「あれもダメ、これもダメ!いったいどんな白髪染めが良いの?」

そう思ってしまいますよね。

でも、実は下の3つのポイントに注意してさえすれば、超簡単に妊娠中でも使うことができる白髪染めを見つけることができるんですよ!

①植物由来の成分が使われいること

先ほども詳しく紹介しましたが、白髪染めの多くは化学染料を利用して白髪を染めるのがほとんど。

でも、中には母体や赤ちゃんに影響が少ない植物由来の染料で髪を染める商品もあります。

妊娠中はなるべく体に負担がかからないように、こういった白髪染めに切り替えていくようにしましょう。

②短時間でさっと染められること

次に気を付けてほしいのがこちら。

妊娠中から産後までのことを考えると、長時間同じ体勢でいるのはやっぱり負担がかかりますし、産後なんてなかなか自分の時間をとることが出来ないことのほうが多いです。

だからこそ、短い時間でさっと白髪ケアできる白髪染めを選ぶようにするといいですよ。

③ストレスなく染めることができること

そして意外と見落としがちなポイントがここ

特に妊娠中はニオイに敏感になっていることも考えられます。

そのため、普段だと気にならないくらいのニオイだとしても、白髪染めのニオイで体調を崩してしまう…ということも考えられます。

そう考えると、妊娠中に白髪を染めるのであれば無臭または優しい香りがする白髪染めを使うようにしましょうね。

条件を満たした妊娠中に使いたい白髪染めはズバリ○○!

そして、この3つのポイントを満たしているのが、カラートリートメントタイプの白髪染めなんですよ。

というのも、カラートリートメントタイプは、基本的に植物由来の染料や低刺激の化学染料で髪の表面をコーティングするため、素手で扱えるほど安全。

1回の染め時間が10分~30分程度と短いため、体に負担をかけることもありませんし、お風呂に使ってリラックスしながら白髪を染める…なんてこともできます。

また、その名の通り”トリートメントタイプ”なので、ツンとくるキツイニオイがないのもポイント。

ニオイに敏感になる妊婦さんでも体調を気にせず使うことができます。

そのため、妊娠中の方の多くがカラートリートメントをうまく活用して、赤ちゃんに影響なく白髪のないキレイな髪色にしているんですよ。

妊娠中の白髪ケアは利尻ヘアカラートリートメントが無難

利尻ヘアカラートリートメント

そんなカラートリートメントの中でも、特に妊娠中の方にお勧めしたいのが、『利尻ヘアカラートリートメント

元々、敏感肌でも気軽に白髪染めできることを考えて作られているため、ジアミンやパラベン、過酸化水素といった刺激の強い危険な成分が一切不使用。

その上、天然植物由来の色素と、低刺激で安全な化学染料で髪をコーティングするため、仮に毎日白髪染めをしても悪い影響を与えません。

そして、利尻ヘアカラートリートメントは染め時間が30分程度と短い時間で利用ができるのもポイントの一つ。

素手で扱えるほど成分的にも安全なので、例えばお風呂で体を洗ったり、湯船につかっている間に髪を染める…なんてこともできちゃいます。

そう考えると、妊娠中の方にとって利尻ヘアカラーで染めることは安全な白髪対策としてアリと考えれませんか?

利尻ヘアカラートリートメントで染めてる妊婦さん、意外と多いんです!

利尻ヘアカラートリートメントのTwitterでの口コミ① 利尻ヘアカラートリートメントのTwitterでの口コミ② 利尻ヘアカラートリートメントのTwitterでの口コミ③

また、こうして見てもらうとわかりますが、意外と利尻ヘアカラートリートメントで白髪を染める妊婦さんは多いです。

そう考えると妊娠中の白髪対策として利尻ヘアカラートリートメントを使うことは、無難かつ安心して染めれる方法といえるのかもしれませんね。

実は白髪に悩む妊婦さんの多くがヘアカラートリートメントで染めてます!

さて、ここまで妊娠中の方でも積極的に使うことができる白髪染めは何がベストといえるのかを紹介してきましたが…

正直、本当にヘアカラートリートメントで染める事って無難な方法なの?

なんて疑問に思った方もいるはず。

でもご安心ください。

実は意外にも妊婦さんの多くが、利尻ヘアカラートリートメントに限らず、カラートリートメントを活用しているんですよ。

このように、ほかのプレママさんがカラートリートメントで白髪を染めていると言われると、白髪染のハードルが下がったような気になりませんか?

妊娠中は何かとストレスが溜まる時期。

そんな時に「白髪がある!」と感じてしまうと、さらにストレスを抱えて赤ちゃんにも悪い影響を与えるかもしれません。

だからこそ、ほかのプレママさん達のようにヘアカラートリートメントで白髪を染めしまうのが無難な方法といえるのではないでしょうか。

まとめ

妊娠中だからどれだけ白髪が目立っても、赤ちゃんのことを考えて我慢しないといけない?

いえいえ、そんなことはありません!

白髪染めに含まれる『成分』が、妊婦さんやおなかの赤ちゃんに悪い影響を与えるのであって、白髪染め自体が悪いってことではないということは、今回よくわかったはず。

妊娠中でも、白髪は染められる。

そう思った方は是非今回紹介したカラートリートメントタイプの白髪染めで、妊娠中の白髪対策をしていきましょうね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です