白髪染めって妊娠した時でも使えるの?どうしても気になった白髪の対処法とは

「ご懐妊、おめでとうございます!」

初めての妊娠。
結婚して数年、そろそろ子どもを…と夫婦で話していたから、妊娠が発覚した時は泣くほど喜んだけど…

元々若白髪は多い方だったから、最近鏡に映る白髪交じりの自分の髪色にかなりストレスが溜まる!

かといって、染めずに白髪交じりのままでいると、通院するたびにヒソヒソされたり、「白髪あるよ!」なんて言われたりして、余計に辛い気持ちに…。

もう限界!染めたい!

なんて気持ちが日に日に増してきたけど、白髪染めって危険な薬品が入っているから、赤ちゃんへの影響を考えると、染めたくても染められず…

このまま白髪染めをせずに、おばあちゃんのような白髪だらけのまま、出産しなければいけないのか…

いえいえ、そんなことは全くありません!

今からでも、安全に白髪をケアしていくことが出来るんです!

妊娠したから白髪染めが出来ない!そう思っている人は絶対後悔する!

妊娠したからこそ、白髪対策は必須!

妊娠が発覚すると、自分よりもおなかの赤ちゃんの方を優先することが多くなりますよね。

そのため、どれだけ白髪が増えようが、赤ちゃんに悪影響を与えるのではないかと不安になり、染めたい気持ちを押し殺しがちです。

でも、実はその我慢が後々後悔する羽目になるんですよ。

妊娠中に白髪染めをせずにいて、後々後悔したって人はかなり多い!

20代前半の頃から、ちらほらと白髪があったので、定期的に美容院のヘアカラーで対処していたんですが、妊娠を機に白髪が爆増。

もちろん白髪を染めようと思いました。

でも、危険な薬品が肌から浸透して、赤ちゃんに悪影響を及ぼすかも…ってネットで知って、怖くなって染められず。

そのせいで、マタニティフォトを撮りたくても顔から下の部分だけしか撮れず、ろくな写真が取れませんでした。

やっぱり何かしら白髪対策擦しておけばよかったと、かなり後悔しています。(20代・女性)

私は、高齢出産ギリギリでの妊娠でした。

元々白髪が数本見え隠れしていたので、出産して落ち着いたら染めればいっか♪程度の認識でした。

でも、出産時期に迫ってくるとだんだんと白髪の量が増え、出産後も思いのほかバタバタ忙しく、染めるタイミングを失っていたんです。

そのため、やっと染められるって思った時には、もうすでにお祝い事で親戚一同が集まって写真を撮った後。

送られた写真を見て、孫と祖母みたいに見えちゃってショックでした。(30代・女性)

元々遺伝の関係で、若白髪が多かった私。

こまめに白髪染めをしていたんですが、妊娠が分かってからは、胎児への影響を考えて、白髪染めはいったんストップしたんですが…

妊娠中期に入るころには、おばあちゃんかって位白髪だらけの状態に。

しかもそのまま主人と写真を撮る機会が多かったので、写真に写る私は老け感MAX。

成長した子供にこの写真を見られることを考えると…正直気が滅入ります。(30代・女性)

25歳で初めて妊娠した時、日に日に白髪が多くなってきたんですが、身体のことを考えて白髪染めをしていませんでした。

でも、その時たまたま親友の結婚式の招待状が届き、安定期に入ったしちょっと息抜きでも…と思って参加しようと思ったんですが…

白髪染めをしてなかったせいで、かなり真っ白な状態で、このままじゃかなり老けている、疲れていると思われるかも。

なんて不安になってしまい、結局参加できませんでした。

親友にはこのことを伝えましたが、今思うとやっぱり白髪染めか何かして参加すべきだったと、ちょっと後悔しています。(20代・女性)

元々白髪はなかったんですが、妊娠を機に白髪交じりの白ゴマヘアに。

そのため、帽子をかぶってごまかしていたけど、やっぱり年齢の割に白髪があまりにも多いので、鏡を見るたびに悲しくなったし、

「白髪多いよ!大丈夫?」

なんて周りから心配されることも多くなって、余計辛い気持ちになることが多かったです。

しかも、出産してから親戚等に会ったときにも「老けたね~」って心無い言葉を投げられ、とても悲しい思いをしました。

現在2人目ですが、そんな辛い思いをしないぞと、白髪ケアにも努めるようにしています(30代・女性)

妊娠発覚~出産まで、意外と人に見られることはかなり多いんです!

特にお腹が大きくなっている写真は、その時にしか撮ることが出来ないので、マタニティフォトとして残しておきたい人は多いはず。

しかも、出産した後も

  • 出産・退院祝い
  • お食い初め
  • お宮参り などなど

何かとお祝い事が多く、親戚や友人と会う機会がかなり多くなります。

つまり、妊娠発覚から出産までは、お母さんとその子にとっての一大イベントが怒涛の勢いで押し寄せてくるんです。

そんな時に、おばあちゃんのような髪色で過ごしていたら、きっと周りには

「ああ、苦労しているんだな」

なんて思われること間違いなしですし、その時に撮った写真は一生残ります。

だから子供が成長した時に、「アナタってこんなに小さかったのよ♪」と写真を見せた時に、

「お母さん、なんだかおばあちゃんみたい」

なんて言われてショックを受けることだって考えられるんです。

そんなことになるくらいなら、さっさと白髪染めをしてしまった方が、気持ち的にも楽になれるのではないでしょうか。

妊娠してから出産までの白髪染め、一体何がいい?

妊娠してから出産までの白髪染め、一体何がいい?

そう考えると、やっぱり数本でも白髪はない方が良い、キレイな髪色にしたい…

なんて思った方も多いはず。

でも、実際に白髪染めすることを考えると、いったいどんな白髪染めが良いのでしょうか。

明確な根拠はない!けどやっぱり心配なヘアカラーは避けるべき

白髪染めと言われると、一番に思い浮かぶのが、ドラッグストアやスーパーなどで購入できる、下のような白髪染め。

でも、こういった商品って、

「妊娠すると、危険な薬剤が使っているカラーやパーマをすると、赤ちゃんに悪影響かも…」

なんて思ってしまって、手を出せないですよね。

特に妊娠初期は、赤ちゃんの脳や神経、内臓といった、大事な臓器が作られる時期だから…そう思ってしまう方も多いはず。

しかし実際には、そんな心配することはありません。

実は白髪染めに含まれる薬品から、奇形になる・先天性の病気が発症する…と言う医学的な証明がないんです。

そう考えると、「な~んだ市販の商品でも良いんじゃん!」って思うかもしれませんが、ちょっと待った!

確かに、市販の白髪染めを使っても、胎児には影響を与えることは考えられませんが、お母さん(母体)は別!

あのツンとしたニオイがつわりを引き起こす原因になるかもしれないし、妊娠中はホルモンバランスが乱れているから、急にかぶれる恐れもあります。

だからこそ、出来ることなら市販の白髪染めは避けた方が良いと言えるんですよ。

では、どんな白髪対策をすれば、比較的安全にキレイな髪色を保つことが出来るのか…。

それは、先輩ママさんから教えてもらうことが出来ますよ。

先輩ママさんが使っている白髪対策は、より手軽で安全なもの! 

 私も妊娠してから、白髪はたっくさん生えてきて、鏡を見るたびに老けたな…って思っていたんです。

で、思い切って白髪を染めようと思ったときに、使ったのがヘアカラートリートメント。

特に利尻は3日連続で使えばあとは週1回程度、お風呂に入る前にササッと塗るだけで簡単に白髪が目立たなくなるし、ツヤも出る。

ジアミンも入ってないから、かぶれる心配もないし、ほんとストレスフリーで出産まで迎えられました♪(30代・女性)

 妊娠が分かったからと言って、特に白髪対策は変わることはなかったですね。

と言うのも、実は私ってジアミンアレルギーで、市販の白髪染めだとかぶれるんです。

だから元々ジアミンが含まれていない、白髪染めトリートメントのLPLPを愛用していたんですよ。

あ、でもやっぱり妊娠中でも愛用商品がつかえたっていううれしさはありましたよ(笑)30代・女性)

 妊娠が分かってから1ヵ月で結構白髪が増えた時に、流石に人前に出ることもあるから…ってことで、外出する際にヘアマスカラを利用していました。

カラー剤って結構ジアミンもそうだし、なんか危ない成分とか入ってそうじゃないですか。

でもかなり白髪があるので…ってことで、付ける時間も短くて危険な成分も入っていないモノを探して使っています。(20代・女性)

 安定期に入った頃に、ふとマタニティフォトを見直していたら、思いのほか白髪が生えていることに気づいて絶望…

流石に染めないとヤバいかもって思って、母が愛用していた利尻シャンプーを使うことに。

危険な成分が含まれていなかったから安心して使うことが出来たし、何よりシャンプーだから気軽に使える!

出産後もバタバタしそうだからと、購入しておいて正解でした!(30代・女性)

 遺伝で20代前半頃から白髪が多かったんですが、妊娠したらやっぱり白髪が倍増!

見た目完全おばあちゃんって感じになってしまったので、流石にこれはと思い毛染めからトリートメントタイプの物へ切り替えました

現在は利尻ヘアカラーを利用しているんですが、白髪がしっかり染まってくれるし、ツヤツヤでコシのある髪にしてくれるので助かっていまーす。(30代・女性)

中でも特に利用が多かったのは白髪染めトリートメント!

こうして見てみると、先輩ママさんが妊娠中の白髪染め対策として起用していたのは、

  • ヘアカラートリートメント
  • ヘアカラーシャンプー
  • ヘアマニキュア

といった、徐々に髪に色が定着するタイプのモノや、髪の表面だけに色が付くタイプのものが多いことが分かります。

中でも特に多かったのが、ジアミンやパラベンといった危険な成分が一切使われていない、白髪染めトリートメント。

確かにこれなら安心して髪の色を染めることが出来そうですし、手間もかけずにサッと染めることが出来そうですね。

愛用するママさん増加中?使って損しない白髪染めトリートメントはコレだ!

そんな白髪染めトリートメントの中でも、妊娠中の方が愛用しているのが、『利尻ヘアカラートリートメント』

利尻ヘアカラートリートメント

気になったタイミングでサッと使える手間のかからなさと、植物由来の28種類の美髪成分で髪全体にツヤを与えてくれるため、髪を染めながら美髪にも繋がります。

妊娠中は何かとホルモンバランスの乱れやストレスから、白髪だけではなく髪質も低下することが多いです。

だからこそ、白髪×美髪の両方のケアが、ストレスなくキレイな髪を維持出来ると、高い人気を集めているんですよ。

まとめ

最後にもう一度だけ言わせてください。

妊娠したからこそ、白髪染めをしておかないと、必ず後で後悔します!

確かに、妊娠すると自分だけではなく、赤ちゃんの体調のことも考えて、色々と不安になることが多く、

「もし赤ちゃんに悪影響だったらどうしよう」

なんて思って、白髪が増えてきても、白髪染めを避けてしまう方は多いことでしょう。

しかし、毎日鏡を見るたびに増える白髪にストレスを感じることが多くなります。

また、妊娠から出産までは、何かと友人や親せきと会うことが多くなる時期。

そんな時に周りから「老けた・疲れた」と言われたり、白髪だらけの状態を撮られることだってあるんです。

だからこそ、余計な心配を一切吹き飛ばすためにも、思い切って白髪染めをしてしまった方が、気が楽になると思います。

その時は今回紹介した、白髪染めトリートメントを使ってみることがおすすめですよ。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です