白髪だけ染めるならコレ!超簡単に白髪ゼロになる秘密、教えます

p=5051_2_top

「白髪だけを染めたいけど、面倒だし難しそう…。」

鏡で白髪をチェックしては抜いて切ってを繰り返す毎日。

抜けば増えると聞くし、切っても伸びたときにピンピンはねて目立つから白髪を染めてキレイにしたい、そう思う方も多いでしょう。

ただ、その白髪部分だけを染めるとなれば

  • 黒髪にも染料が付いて傷みそう
  • 染めた色と地毛の色が違って変に見えるかも
  • そもそも部分的に染めるのが失敗しそうで怖い

なんて疑問や悩みがつきもの…。

そう思うからなかなか手を出せない!

でも、実はそんな心配ゼロ!確実に白髪だけを染める方法があると言われたら…?

ちょっと試してみたいと思いませんか?

今回は白髪だけをキレイに染めたいというアナタの願いを叶えます!

ほんの10本程度、ピンポイントだけを傷ませずに染めたい方はもちろん、「イヤイヤ、絶対無理でしょ…。」なんて思っている方も、これからお話することに耳を傾けてみてください。

心当たりない?白髪だけ染めようとして失敗する方法はコレ!

p=5051_2_1

そもそも、なんで白髪だけを染めるのって失敗しやすいんでしょうか。

これまでに染めたことがある人なら、きっと何か理由があるんじゃないかって思いますよね。

そこでまずはその原因を探り、そこから解決策を考えていきましょう!

絶対に失敗する白髪染め方法、まとめました。

前髪や横の生え際、うなじなど人によって生える場所やタイミングが違う白髪。

生えているのを見つけては、美容院やヘアカラー剤で染めようと考えている方も多いでしょう。

ただ…それで失敗する方って結構多いんですよ。

例えば、

白髪染め

市販ではこのようなカラー剤がたくさん売られていますよね。

これを使って白髪部分を染めようとしても、根元だけが明るくなってしまったり、色ムラが出やすくなったり、意外とセルフで染めるのって難しいんです。

「それなら美容院は?」なんて思うかもしれませんが、プロの手に任せてもムラが出来たり、染まっていない箇所が出来たりなどの失敗談が結構あります。

つまり、冒頭でもお話したように白髪部分だけを染めるのは至難の業。

どうしてもムラができやすくなるので不自然に見えたり、キレイに見せようと何回も染めると髪のダメージが大きくなったり、失敗しても当たり前な方法だったんです。

無理して白髪『だけ』染めようと思うから失敗するんです!

今ここを読んでいるあなたは「白髪だけを染めたい!」と強く思っているはず。

でも、そこにこだわるのは大きな失敗原因。

そもそも、白髪だけを染めたい理由って

  • 目立たない自然な色にしたいから
  • 髪全体を傷ませたくないから

といったものが大きいと思います。

しかし、既にお話したように白髪部分だけを染めるのは、美容院でもムラが出て不自然な色になったり、髪にダメージを与えてしまったりと難しいんです。

つまり、白髪だけを染めようとしても失敗しやすく満足できない仕上がりになってしまう可能性が高いってこと。

だからこそ白髪部分だけを染めるのにはこだわらず、“目立たないように隠す”簡単な方法を考える、これこそがあなたが本当に満足できる白髪染めといえるのではないでしょうか?

5051_btn_1

確実に白髪だけ染まる方法は「ヘアマニキュア」が最強!

p=5051_2_2

白髪を目立たない自然な色に、そして髪全体を傷ませないように隠すことを考え始めたあなたへおすすめするのがヘアマニキュア。

白髪を隠すならトップクラスで満足できるサポートアイテムになるんですよ!

ピンポイントな白髪にヘアマニキュアがめっちゃ使えるその理由

というのも、既にお話したヘアカラー剤はピンポイントで染めようにも、色にムラが出来て不自然に見えたり、髪を傷めたりします。

そのため、使って後悔することが結構あるんです…が。

ヘアマニキュアは髪の表面にお好みの色を付ける白髪染め。

ヘアカラー剤のように薬剤を染み込ませて色を付けるわけではないので、髪が全然痛まないんです。

それに、脱色してカラーリングしないので、その分髪色が明るすぎない自然な感じに仕上がります。

要は気になった白髪部分に色を付けても、髪があまり傷まず自然な色にできるって事!

そう考えるとヘアマニキュアは、自然な色で傷まないように白髪染めしたい方にとって理想のアイテムと言えるのではないでしょうか。

ヘアマニキュアの中でも『ヤバい』ものは確実にあります!

そんなヘアマニキュアでも気を付けておかないと後悔してしまうものがあるんです。

過信しすぎてしまうと失敗に繋がるので購入する時は慎重に選んでくださいね。

以下の3ポイントはよく確認しておけばきっと満足できるはずですよ。

① タール色素が使われていないこと

ヘアマニキュアに限らずどのヘアカラー剤も一緒ですが、髪を染めるためにタール色素という化学成分が使われていることもあります。

ただこの成分、ちょっと危険で発がん性の疑いがあるんです。

また、頭皮や髪に触れるとダメージの原因になりますし、アレルギーを起こすこともあるので、タール色素が使われていない商品を選ぶようにしましょう。

パッケージに“黒401号”や“紫401号”という風に書かれていると、タール色素が使われているのでよく確認しておくといいですよ。

② ある程度トリートメント効果が期待出来ること

白髪を染めてキレイにしたいのは当然ですが、さらに満足するためにもできるだけツヤツヤっとした状態を維持したいですよね。

そう思う方はヘアマニキュアを選ぶときに、なるべくトリートメント効果が高い商品を選ぶといいでしょう。

商品紹介や成分を見るとトリートメント効果について書かれているので、忘れずにチェックしてくださいね。

③ 染め時間が比較的短いこと

最後に、ヘアマニキュアを選ぶときは少ない時間でもサッと塗り終わるものを選びましょう!

というのも、ヘアマニキュアで白髪を染めても、時間が経てば少しずつ色が落ちてしまいます。

もし染めるのに時間がかかる商品を選んでしまうと、タイミングによっては染めることができなかった…なんてことになるかもしれません。

そうならないためにも、どんなときでもサッと染められる商品を選びましょう!

5051_btn_2

アナタはどっち?確実に白髪だけ染める白髪染めはこういうの!

p=5051_2_3

そして、以上の3ポイントをばっちり押さえたヘアマニキュアが2つあります。

どちらも白髪だけをキレイに染められるのは一緒なんですが、得意とする特徴は異なるので紹介を見てあなた好みを選んでみてくださいね!

パパっと気になる白髪だけを染めるなら『利尻白髪隠し』を!

top_rishiri_shiraga_kakushi

「数本だけ生えた白髪を一瞬で隠したい…。」なんて思う方におすすめするのが利尻白髪かくし。

この商品はスティックタイプの形状をしていて、鏡を見ながら気になる白髪にサッと塗るだけで簡単に染めることができるんです!

利尻白髪隠し

細かい部分を染められるのはもちろんですが、染料が出過ぎることがないため健康な黒髪を傷ませずに安心して染められるのも魅力の一つ!

白髪に気づく時って時間があるときだけとは限らず、仕事前とか突然の用事とか時間がないときにたまたま見つけちゃことだってありますよね。

そんな時に「染める時間がない!」と自分に言い聞かせて出かけてしまっては、あなたの印象が落ちしてしまうことに…。

でも、利尻白髪隠しがあれば安心!どんな時でもサッと塗って、サッとキレイなあなたに大変身することができますよ。

5051_btn_3

まばらに生えた白髪だけ染める『利尻ヘアカラートリートメント』もオススメ!

top_rishiri

「まばらに生えた白髪をどうにかしたい…。」なんて方におすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!

利尻ヘアカラートリートメン

このように髪全体へとまんべんなく塗っていくカラートリートメントタイプのヘアマニキュアなので、

利尻

1回染めただけで白髪も色ムラも一切ないキレイな状態に仕上がります♪

画像だけではちょっとわかりづらいですが、“カラートリートメント”という名前どおりトリートメント効果も高いので仕上がりがとってもツヤツヤなのもポイント!

まばらに白髪が生えてしまうとその分処理をするのが大変ですよね。

スティックタイプで色を付けようにも、一つ一つ見つけては染める…なんてやっていると時間がかかりますし、なにより面倒に感じます。

でも、利尻ヘアカラートリートメントだったらまばらに生えた白髪をすべてキレイに!

そして色ムラがなく自然な髪色を楽しむことができちゃいますよ♪

5051_btn_4

まとめ

市販ではヘアマスカラなど白髪だけを染める様々な商品が売られています。

一見すると簡単そうに見えますが、実際試してみると失敗しちゃって後悔することが多いんです。

でも、ヘアマニキュアタイプなら難しかった白髪染めも簡単に染めることができます。

染め時間が短くても髪を傷ませずに染めることができるので、必要以上に髪を傷ませたくない方はもちろん、自然な色にサッと染めたい方は利尻白髪隠しや利尻ヘアカラーを試してみてはいかがでしょうか?

 


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です