白髪染めでかぶれた人必見!美容院でもヘアマニキュアはしてもらえるんです

ヘアマニキュア 美容院 アイキャッチ

「美容院でヘアマニキュアをしたい!」

でも、いざ美容院へ行ってみると、ヘアマニキュアの文字が見当たらず…。

メニューにないのにオーダーするわけにもいきません。

「髪の傷みも少なく済み、おまけにプロに染めてもらえるのなら一石二鳥!」と思う人は多いはず。

「頭皮湿疹があるからヘアマニキュアで染めたい。美容院なら綺麗に染めてもらえると思ったのに…」

「美容院にヘアマニキュアの文字があったけど、白髪用って書いてない。市販みたいに分けていないの?」

市販では当たり前のようにあるヘアマニキュア。

そのせいか、美容院でも当たり前のようにヘアマニキュアは扱っている!と思う人もいるはず。

ヘアカラーは染みるし、染まりすぎて自分の希望の色にならないと怖い。

ヘアマニキュアなら髪と頭皮に優しくて、プロに染めてもらうのにぴったり。

髪は見た目の一番大事な部分のため、失敗しない方法で染めたい!と思うのは当たり前なんです。

そんな女性としてワンランク上のおしゃれを手に入れたいあなたのために、本記事では美容院のヘアマニキュア事情を教えちゃいます!

もうこれ以上バサバサと髪を傷ませたくない!

そんな人こそ、美容院で美しいサラサラ髪に仕上げちゃいましょう!

ヘアマニキュアはどこの美容院でも行っている?これを知ればあなたも通の人に!

ヘアマニキュア 美容院 キャッチ画像①

美容院のメニューを見ると、ヘアカラーは大々的に書かれている事が多いですが、それ以外の染め方ってあんまり大きく書かれていないことが多いんです。

というのも、それは美容院の事情が大きく関わっているから。

ヘアマニキュアで染めたい人は美容院の事情も知っておくときっと役に立ちます。

美容院でヘアマニキュアの表記がない?もしかしたら違う名前で書かれているかも!

いざ染めようと美容院に行っても、ヘアマニキュアを堂々と「行っています!」という所は多くありません。

実はヘアマニキュアは「酸性カラー」とも呼ばれており、記載がない所はこの「酸性カラー」として表記しているところも多いです。

マニキュアの別名を酸性カラーだと知っている人は少ないと思います。

「髪も傷まないし頭皮のトラブルも少なそうなのに、なんで大々的にやらないんだろう?」と思う人もいるでしょうが、実はヘアマニキュアってプロでも難しい染め方なんです。

黒髪の上から染める場合は思うような色にはなりません。

ヘアマニキュアの染め方は、黒い紙の上に色を塗っているようなものです。

黒い色に他の色を重ねても分かりにくいもの。

そのせいで思うような色に出来ず、場合によってはクレームにも繋がります。

美容院側としては完璧に仕上げたとしても、お客様側で想像と違う色だと「全然違うじゃない!」となるわけです。

けれどほとんどの美容院では行っているので、美容院でマニキュアをしたいときは酸性カラーという名前でやっているか確かめるといいでしょう。

美容院でヘアマニキュアする時の注意点

美容院でスッキリした気持ちで染めるためには、お客側もある程度はヘアマニキュアについて知識を付けておいた方が良いでしょう。

知識が少しでもあるのとないのでは、何かあった時の捉え方も変わってきます。

ヘアマニキュアで染めるときの注意点

①     ヘアマニキュアで髪色を暗くすると、明るくするのが難しい

②     色落ちが早い

③     うまく染まらないこともある

①暗くした髪色を明るくするのは難しい

白髪を隠すためにヘアマニキュアをする人は、おそらく暗めの色で染める人が多いでしょう。

実は髪色は一度暗くすると明るく染めるのが非常に難しいです。

明るく染めたい場合はマニキュアを一度落とす必要があるので、必然的に色抜きが必要になります。

この色抜きも暗い色に染めた後だと抜くのが大変なので、思うように色が抜けず想像よりも暗くなった、という人もいるんです。

美容師の技術によるところもありますが、明るく染めたいと思っている人はこの事を覚えておいた方が良いでしょう。

②色落ちが早い

ヘアマニキュアは市販に限らず、美容院で染めても色落ちが早いです。

髪の表面に色を付けているだけなので、色持ちは3週間と見ていいでしょう。

染めた最初は髪を濡らすたびに色水が出ます。

人によっては思ったよりもすぐに色落ちがした、という人もいるので、マニキュアは色落ちが早い!という事は知っておきましょう。

③うまく染まらないこともある

滅多にありませんが、白髪をヘアマニキュアで染めようと思ってもなかなか染まらないことがあります。

黒髪がうまく染まらないのはもちろんのこと、白髪でも色がうまく乗らないことがあるんです。

染まり具合は髪質によるので、人によっては「ヘアマニキュアをしたのに髪が白いまま」なんて人も…。

もし白髪の染まりが悪い場合は、染めた美容院に電話で染まっていない旨を伝えてみましょう。

パーマやカラーリングはうまくいかなかった場合、早い段階で連絡をするとやり直ししてもらえるので、確かめてみましょう。

そもそも美容院って何種類の染め方があるの?

美容院ではヘアカラー、ヘアマニキュアの他にグロスカラーなど様々な染め方が存在します。

美容院で行っている染め方

ヘアカラー

髪の内部に色を浸透させる方法。美容院で一番メジャーな染め方。髪が傷みやすいけれど、色持ちが長い。2、3か月ほど

ヘアマニキュア

髪の表面に色を付ける方法。表面に色を塗っているだけなので、約3週間で色落ちしやすい。セルフだとヘアカラーの次にメジャーな染め方。

グロスカラー

髪にツヤを出して傷みが少ない方法。ヘアカラーになる。ヘアカラーよりも染まりにくく、グロスカラーで染める場合は美容師と応相談。

ブリーチ

髪色を脱色して明るくするためのヘアカラー剤。ヘアカラー、ヘアマニキュアなどと併用して使われることが多い。

大まかに分けると主にこの四種類になります。

もっと細かく分類することも出来ますが、おおざっぱに知っておくだけでも大分違うでしょう。

白髪を染めたい場合、メジャーなのはヘアマニキュアか白髪染め(ヘアカラーに分類される)のどちらかです。

マイナーですが、グロスカラーで白髪染めを染めることも出来るので、髪の傷みが気になる人・髪にツヤを出したい人は美容院に聞いてみると良いかもしれません。

実は美容院で染めても思い通りにならないことも。ヘアマニキュアの失敗談

ヘアマニキュア 美容院 キャッチ画像②

かなりレアなケースにはなりますが、美容院で染めても「失敗した!」なんてなる人も多いです。

レアなケースとは言っても必ずないとは言えない失敗談なので、念のためどのような事があるのか知っておきましょう。

想像よりも暗い色になった

美容院で白髪を隠すためにヘアマニキュアをしてもらいました。まだ黒髪の方が多かったので、もしかしたら暗めの色になるかもという注意を受けたうえで承諾。染め終わって鏡を見たら…想像以上に真っ黒…。まるで墨汁を頭からかぶったみたいです…。

普通の白髪染めだと頭皮を痛めたことがあったので、今回美容院でヘアマニキュアをしてもらったんですがまさかここまで暗くなるとは思いませんでした…。あまりにも重く見えるのでどうにか出来ないかと検討中です…。           

30代(女性)

黒髪が多いと、どうしても元の色よりさらに暗くなることがあります。

実際は暗くなっているわけではなく、発色の関係で暗く見えているだけなんですが、あまりにも暗いとガッカリする人も多いでしょう。

染めるときは黒髪の量も考えて、美容師とよく相談してカラーを決めた方が良いです。

すぐに色がとれた

つい先日、初めてヘアマニキュアを美容院でしてもらいました。初めて染めたのでよく分からないんですが、ヘアマニキュアって結構すぐ色落ちするものなんでしょうか?

染めてもらったその日にお風呂に入って髪を洗ったら、色水が凄い出ました…。2、3日ぐらいその状態が続いて、まだ1週間も経っていないのにもう色が抜けてきたように思います…。美容院では特に説明を受けなかったので、こんなに色落ちするとは思いもしませんでした…。

20代(女性)

ヘアマニキュアは色落ちが早いです。

しかし、染める美容師の技術も関係してくるので、あまりにも色落ちが早い場合はヘアマニキュアの特性上…というよりは技術によるところも関係してくるかもしれません。

あとは使っているシャンプーにも気をつけましょう。

重曹と同じ成分のアルカリ性の強いシャンプーやリンスを使うと、マニキュアの色落ちも早くなるので、アミノ酸系のものを使うと良いです。

頭皮に色がついてかぶれた

ヘアマニキュアを美容院でしてもらっているんですが、この間染めたときにいつも担当してくれていた人がおらず、違う人が染めてくれました。

しかしその人が染めたら耳や頭皮にヘアマニキュアのカラーが付着してしまい、耳の部分はリムーバーで落としてもらったんですが、頭皮は自然に落ちてくるよと言われ、そのまま帰宅。そしたら夜寝る頃になったら頭皮がかゆくてかゆくて…。

これってアレルギー?かかぶれなんですかね?掻かないように気を付けてますが、正直もう限界です。皮膚科に行って薬を処方してもらうつもりですが、行きつけの美容院だっただけに今回は残念でなりません…。

40代(女性)

ヘアマニキュアは頭皮に色がつくとなかなか落ちません。

そのため美容院でもヘアマニキュアで染める際は、頭皮に近い根元部分は極力染めないように気を付けます。

けれど、どれだけプロでも人の手で行っているのには変わりありません。

完璧につかないようにするというのは難しいようです。

もし一度かぶれた経験のある人は、染める前に美容師にそのことをきちんとお話ししましょう。

まとめ

ヘアマニキュアはプロでもなかなか難しい染め方なので、美容院で大々的に「ヘアマニキュアをしています!」と出しているところは少ないです。

けれどほとんどの美容院は酸性カラーとして行っている事があるので、まずは美容院へ直接聞いてみましょう。

ヘアマニキュアは髪の傷みが少ないので、メリットばかりあるように思いますが実際はデメリットも多いです。

また、美容師の腕によってはかぶれや思うような色にならなかったり、トラブルが起きることもあります。

このようなことを知ったうえで、美容院で染めるときは美容師と納得がいくまで相談しましょう。

自分で染めるよりは確実にきれいにムラなく染めてくれるので、きれいに染めたい人は美容院で染めるのが一番です。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です