白髪染めトリートメントはコスパ=品質と価格のバランスじゃない!その理由に納得

白髪染めトリートメントはコスパ=品質と価格のバランスじゃない!その理由に納得

コスパの良い白髪染めトリートメントを使いたい!

皆さんきっと過去に白髪染めで失敗した経験があり、同じようなミスをしたくない!と思って慎重に商品を探しているはず。

しかし、実際に『コスパ』って人によってそれぞれ捉え方が違うんです。

例えば

・お金をかけずに長持ちするもの

・価格が安くてもしっかり染まるもの

・髪や体への負担がないもの

など、一口にコスパと言ってもこんなに考え方が違う事も。

でも皆さんが求めるこのコスパの条件って、本当は全部失敗のもと!

実は白髪染めトリートメントのコスパは、皆さんがイメージしていることと全く違うんです。

今回は、そんな白髪染めトリートメントのコスパについてお話していきます!

本当に納得できる白髪染めトリートメントは一般的なコスパとはかけ離れている?

本当に納得できる白髪染めトリートメントは一般的なコスパとはかけ離れている?

まず言いたいのが白髪染めトリートメントを選ぶとき、皆さん思い思いのコスパ基準で探すと思います。

でも、実はこれって大間違いだったんです!

きっとこんな風に言われてしまうと、じゃあコスパって一体何なの?と、ますますわからなくなる人もいるはず。

そこでまずは、皆さんが勘違いしがちなコスパの解釈を一つ一つチェックしていきましょう!

安さ=正義だと考えているなら確実に失敗する

そもそも市販の白髪染めの平均的な値段って、約1,000円程度。

こう考えると、なら白髪染めトリートメントも同じくらいの値段なら続けやすいでしょ!と思いがちですが、ちょっとストップ!

実は白髪染めトリートメントの安いものと高いものの具体的な違いって、美髪ケアや染まり具合などの効果によって変わってくるため、安いからって必ず納得できる商品ってことにはならないんです。

普通に考えると安いものほど良い!となりがちですが、むしろ逆にうまく染まらないことや納得できないことが出てきて、後悔する羽目になることも。

要は白髪染めトリートメントを選ぶ際に失敗したくないのなら、安さばかり見るのではなく効果や染まり具合など、他の側面もきっちり見る必要があるということです!

品質と価格のバランス?いったいどうやってそこを判断するの?

もっと言うと、「品質に対してコスパが良い商品」を探すのって、素人目ではとても難しい事だとは思いませんか?

例えば成分1つ1つに期待できる効果やどの染料がどういう染まり方をするのか等、専門的な知識がある人ならパパッと見分けられるでしょうが、そうじゃない人にとってはかなりの難易度。

はっきり言っちゃうと、品質と価格をバランスよく見て選ぶなんてその手のプロでない限りかなり無理なことだったんです。

普通の人達がそこを重要視しても答えはなかなか見つからないので、もっと違う部分を見るようにしましょう!

確実に納得いく仕上がりにするための白髪染めトリートメントのコスパの見かた

確実に納得いく仕上がりにするための白髪染めトリートメントのコスパの見かた

今まで思っていたコスパの考えが違うというのを知ったところで、次に気になるのは納得出来る白髪染めトリートメントの探し方。

今まで当り前だと思っていたことが否定されてしまったんですから、どこを見て探せば仕上がりに納得のいくものが見つかるのかわかりませんよね。

でも、実は3つのポイントさえ押さえておけば問題なく超簡単に見つけられるんですよ!

① 1回である程度しっかり染まること

そもそも仕上がりに納得したいのなら、染まり具合を見るのは当然のことだというのは分かると思います。

なんと言っても、染まらないことにはコスパの良し悪しなんて見ることすらできませんからね。

そこで注目してほしいのが、使われている染料の種類と数。

安い白髪染めトリートメントって1種類または2種類しか使われていないけど、しっかり染まる白髪染めトリートメントは3種類も含まれているんです。

その見方のポイントは、下記の通り。

・植物染料…ウコン、クチナシ、シコンなどが含まれているか

・HC染料…HC青2、HC黄4と表記された色素があるか

・塩基性染料…塩基性青99、塩基性茶16と表記された色素があるか等。

この他、商品ごとの実際の染まり具合がどうなのかも見ておけば、問題なく1回でしっかり染まる白髪染めを見分けられることが出来ます。

② 放置時間が30分以上

また、最初からたった約5分で染まるって書いてある商品は、確実に失敗する原因にもなります。

どういう事なのかと言うと、白髪染めトリートメントは髪の表面をコーティングして色を定着させる染め方なので、そんな短時間で色が密着するわけがありません。

だからと言ってそういう商品の放置時間を長くしても、染まり具合が微妙になったり、髪がパサパサになったりする可能性があります。

こんな使い方をしたせいで、もう1回染める羽目になってしまったらコスパは当然良くなりませんよね。

だからこそ最初からしっかり30分は染め時間が必要なものを選んでおいた方が、コスパ的には良い事になるんです。

③ 内容量と染める頻度のバランス

そして、コスパを考えるのなら内容量が200g程で染める頻度が1週間程度のものを選ぶようにするとかなりグッド!

もしかしたら中身は多い方が良い!と言う人もいるかもしれませんが、内容量が多いものを選んでも、染まりが悪い・色落ちが早いなどで染める頻度が多くなるのは良くありません。

しかも内容量が多いという事はそれだけコストがかさむことにもなるので、結果的にどうあがいても良いものとは言えないですし、バランスよく値段に合った頻度で使えるものを選ぶのが一番良いという事になるんです。

マジで納得できるコスパの白髪染めトリートメントはこれ

マジで納得できるコスパの白髪染めトリートメントはこれ

そんな上記3つの条件を満たしている白髪染めトリートメントが、利尻ヘアカラートリートメント!

利尻商品画像

利尻ヘアカラーは1回でしっかり染められるよう、染料に植物性染料・HC染料・塩基性染料の3つを使用しており、色濃く染まるように工夫をしているんです。

利尻ヘアカラー実験画像

今回は白髪100%の毛束にダークブラウンで3回染めてみましたが、染める時間が約30分のため、それだけしっかりコーティングして染まりが良いのが分かりますね。

しかも内容量が200gに対し1本3,300円、セミロングの人で10回は使えるというかなりのコスパの良さ!

つまり、1回分330円とかなりリーズナブルなんです!

これだけではなく、利尻ヘアカラーの良いところはトリートメント効果もかなり高いため、髪の傷みを補修しパサつく髪に潤いを与えつつ保湿して、染め終わりは普通のトリートメントを使ったときとほとんど変わらない仕上がりにもなっちゃいます。

こんなコスパよく使えて髪の補修効果も強い白髪染め、なかなかないと思いませんか?

結局みんな安さより「白髪が目立たなくなるか」を気にしている

結局みんな安さより「白髪が目立たなくなるか」を気にしている

ここまでコスパの良い白髪染めトリートメントについて見てきましたが、実際に使ってみた人の意見を見てみないとイマイチ信用できないって人は多いはず。

そこで、白髪染めトリートメントを実際に使った人たちの本音を集めてみたので、どう思っているのか自分の目でしっかり確かめてみましょう!

p=7564_twitter1 p=7564_twitter2 p=7564_twitter3

今回のことからわかるように、必ずしもコスパ=安さを求めて白髪染めを買っている人はいないってこと。

やはり、みんな染まり具合やどれだけ白髪を隠せるかを重要視しているので、注目すべきは安さよりも使い心地と言うのがよく分かったかと思います。

その点で言えば、白髪染めトリートメントはしっかり白髪を隠せるし、かなりお得に使える白髪染めだというのは間違いないですしね!

あなたも今日から利尻ヘアカラーでコスパの良さを実感してみてはいかがでしょうか?

まとめ

白髪染めトリートメントのコスパは、値段だけ見ると悪く見える人もいるかもしれませんが、一般的なコスパの視点からトリートメントはかけ離れているため、安さ=コスパが良い!という考えはちょっと違いましたね。

本当の意味でのコスパを見るなら、なにより仕上がりに納得できるものを選ぶのが一番!

特に利尻ヘアカラーは、そういう点ではコスパ良く使える白髪染めトリートメントなので、コスパを気にする人ほど絶対使うべき商品とも言えるんです。

きっと利尻ヘアカラーを使うとコスパの良さをもっと知れるはずですよ!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です